※この記事にはプロモーションが含まれています。

今すぐお金が必要なとき、安心してお金を借りれる方法を徹底解説!

生活費が足りない、学費が足りない、車検費用が足りない、急に引越しをしなければならなくなった、冠婚葬祭でどうしてもお金が必要に。。。

お金のピンチは誰だって避けたいものですが、やむを得ない事情でお金が足りない、お金がないという状況は誰にでも起こりえますよね。

お金に困った時、お金を借りる方法として最も手っ取り早いのが消費者金融や銀行のカードローンです。

当サイトでは金融に詳しい専門ライターがカードローンを様々な切り口から比較し、金利の支払いや返済など気になる部分についても詳しく解説しています。

カードローン以外の公的融資制度を利用したお金を借りる方法の解説や、お金・借金に関する独自アンケート調査も実施・公開しています。

管理人

もしもお金に困った時、当サイトの情報を見ることでお役に立てたら幸いです。

今すぐお金を借りるなら消費者金融のカードローンが一番早い!

今日中にお金を借りたい

今すぐ5万円借りたい

そんなときは消費者金融のカードローンが一番早く、申込みから契約、お金の振込まで最短1時間で完了する業者もあります。

カードローンで今すぐお金を借りるために必要なものは、原則2点だけ!

カードローン申込に必要なもの
  • ネットにつながる端末(スマホ、タブレット、PCなど)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード等)

今、スマホをお持ちの方で、財布の中に運転免許証など本人確認書類があれば、今すぐスマホからカードローンの申込みができます。

それ以外にはケースバイケースで以下の書類のうちのどれか1つが必要になることがあります。

追加の本人確認書類
  • 住民票の写し
  • 公共料金の領収書(電力会社、水道局、ガス会社、NHK発行のもの)
  • 国税または地方税の領収書、もしくは納税証明書
  • 社会保険料の領収書

運転免許証に記載の住所が現住所と異なる場合に住民票や公共料金の領収書が必要です。

その他、以下の場合は収入証明書類もどれか1つが追加で必要になります。

  1. 借入希望金額が100万円以上の場合
  2. すでに他社から借金がある方が50万円以上の融資を希望する場合
  3. その他、金融会社から提出を求められた場合
収入証明書類
  • 源泉徴収票
  • 給与明細書(直近2ヶ月分)
  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書・青色申告書・収支内訳書

銀行振込かATMでの現金の引き出しによって、カードローンの融資を受けられます。

銀行のキャッシュカードが財布の中にあれば、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらって、近くの銀行やコンビニのATMへ。なければ近くの無人契約機に併設の専用ATMからお金を引き出せます。

管理人

お金に困って慌てて友達や先輩、後輩、家族や親兄弟に「お金を貸して!」と頼むより、カードローンを申し込んだ方が早くお金が手元に届くことも多いですね。

今すぐ借りれる人気のカードローン

スクロールできます
カードローン実質年率
最高限度額
融資まで
特徴
アイフル3.0%〜18.0%
800万円
最短
18分融資も可能
初回最大30日間金利ゼロ円。独立系で他社借入の審査影響が少なく、他社借入ある方におすすめ。貸金業法に基づく借り換えローンもある。申込状況によってはご希望に添いかねます。
SMBCモビット3.0%〜18.0%
800万円
最短即日
10秒で簡易審査結果表示。WEB完結なら電話連絡なしで申込み可能
プロミス4.5%〜17.8%
500万円
最短3分融資も可能
メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で初回30日間無利息
アコム3.0%〜18.0%
800万円
最短30分融資も可能
初回最大30日間金利0円。他社借入中の方も審査可能。多くの方が利用していて安心。
レイク4.5%〜18.0%
500万円
Webで最短25分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。※他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

あなたにぴったりのカードローン診断

利用条件






職業




審査時間

借入希望額



郵便局(ゆうちょ銀行)でお金を借りる

お金がなくて困ったとき、郵便局でお金を借りることはできるのでしょうか。

全国の郵便局にあるゆうちょ銀行の窓口では、ゆうちょ銀行で貯金口座のある方を対象に貯金担保自動貸付けを行っています。

ゆうちょ銀行の貯金担保自動貸付け

総合口座の担保定額貯金や担保定期貯金を担保としてお金を借りれる制度です。

預入金額の90%以内もしくは300万円のどちらか低い方を上限に借入ができます。総合口座の通常貯金の残高が不足した際の自動融資として利用できます。

通常貯金の残高を超える払戻しがあったときに、その不足分が自動的に貸し付けられます(総合口座通帳には、貸付高が「現在高(貸付高)」の欄にマイナス表示で記帳されます)。

引用元:貯金担保自動貸付けーゆうちょ銀行
管理人

ゆうちょ銀行でもお金を借りれるものの、担保定期貯金や担保定期貯金を担保とした貸付です。郵便局でまったく資産や貯金などがない方がお金を借りるのは難しいです。

銀行カードローンでお金を借りる

銀行カードローンは資金使途が自由で繰り返し借りれる上に、消費者金融のカードローンより金利も低く、借入限度額も大きいことから人気があります。

しかし2017年に銀行カードローンによる過剰融資や自己破産の増加が社会問題化して以降、金融庁の監督下で業界内でカードローン融資の自主規制が行われるようになりました。

これにより現在は銀行カードローンによる即日融資の停止、融資審査の厳格化、そして消費者金融の総量規制(年収の3分の1までの貸付金額の制限)に相当する貸付限度額の自主規制が行われています。

参考:銀行カードローンの実態調査結果について|平成30年8月22日|金融庁

こうした事情から、銀行カードローンは初めてカードローンに申込む方以外には少し借りにくい金融商品になっています。

管理人

銀行カードローンで申込み当日中にお金を借りることはできませんが、時間に余裕があり、人生初のカードローン申込みをする方にはおすすめです。

主な銀行カードローン一覧

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

銀行のカードローンとフリーローンの違いや使い分けについては、こちらの記事「銀行のカードローンとフリーローンの違いは何?借りるならどちらが有利?」を参考にしてください。

国・市役所・区役所からお金を借りる

お住まいの市役所や区役所でお金を借りる方法をいくつかご紹介します。

生活福祉資金貸付制度でお金を借りる

全国の各自治体の社会福祉協議会では、低所得者や高齢者、障害のある方などを対象とした「生活福祉資金貸付制度」を実施しています。

国・地方公共団体等における公的資金の貸付には、低所得者や高齢者・障害者の生活を経済的に支えるための貸付制度や、人材確保・自立支援援助等のための貸付制度があり、その多くは都道府県社会福祉協議会が事業を受託しています。

引用元:福祉の資金貸付制度・助成|社会福祉法人全国社会福祉協議会

生活福祉資金貸付制度は生活保護とは異なり、あくまでお金を貸す制度です。生活保護のように手当が支給されるものではなく、借金なので返済の義務があります。

参照:生活福祉資金貸付制度|厚生労働省

とはいえ活福祉資金貸付制度は担保や保証人もなしで利用できて、かつ利息の支払いも銀行や消費者金融のカードローンに比べたら非常に低金利です。

病気や怪我、勤め先の倒産などで一時的に経済的に困窮した場合は、生活再建へ向けた活動資金として借りるのはとても理にかなっていますし、そうした社会のセーフティーネットとして機能することを目的とした制度です。

市役所で借りれる母子寡婦福祉資金貸付

市役所や役場では母子家庭・父子家庭の支援を目的とした母子寡婦福祉資金貸付という制度でお金を借りることもできます。

母子寡婦福祉資金貸付制度は母子及び父子並びに寡婦福祉法という国の法律の規定に基づいて行われる貸付制度です。

幅広い用途の貸付資金があり、金利も無利息または年率1.0%(連帯保証人のない場合)でお金を借りれるのが特長です。

こちらは「母子家庭が市役所でお金を借りれる母子寡婦福祉資金貸付について」の記事で詳しく解説しています。

国の教育ローン「教育一般貸付」でお金を借りる

国の教育ローンとは政府系金融機関である日本政策金融公庫が行なっている「教育一般貸付」と呼ばれるものです。

教育一般貸付(国の教育ローン)は通常は年率1.66%(2020年4月1日時点)、返済期間15年のローンです。

しかし教育一般貸付には家庭状況に応じて金利や返済期間などの優遇制度があり、母子家庭・父子家庭の方や世帯年収が少ない方でも利用しやすいのが特長です。

国の教育ローンは日本学生支援機構の奨学金とも併用が可能で、お子さんへの仕送り費用等でお金を借りることもできます。

詳細はこちらの記事「国の教育ローン(教育一般貸付)でお金を借りる。奨学金との違いは何?返済は大変?」で解説しています。

管理人

どうしてもお金を借りたいがどこからも借りられない、そんな時はお住まいの地域の市役所や区役所などに相談するのをおすすめします。

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

急に現金が必要になったとき、お手持ちのクレジットカードにキャッシング利用枠があれば、クレジットカードで銀行やコンビニのATMからお金を借りることもできます。

クレジットカードのキャッシングは単純に現金を借りるというだけでなく、旅行や出張で海外に行く人が現地通貨を引き出すのに利用することも多いです。

両替商で日本円を現地の通貨に交換する場合、交換レートが悪くて余分にお金を払わなければならないことも多いです。

クレジットカードのキャッシングで現地通貨を引き出す場合、両替商よりも交換レートが断然良いことが多く、キャッシングの利息を後から払ったとしても、両替商で日本円を両替するよりもお得に現地通貨を手に入れられるのです。

キャッシングでお金を借りる、借金するのはマイナスなイメージもありますが、時には積極的に活用した方が得することもあります。

時と場合によってはキャッシングも有効活用できる金融リテラシーを身につけたいですね。

クレジットカードでのキャッシングについてはこちらの記事「エポスカードでお金を借りる方法。キャッシングですぐ借りれるの?」が参考になります。

中堅・中小の消費者金融や街金でお金を借りる

消費者金融はアコムやアイフルなどの有名な大手ばかりではありません。

中小規模の消費者金融も全国には数多くあり、大手・中小を合わせた貸金登録業者の数は令和2年1月末時点で1650社もあります。

参照:貸金業関係資料、貸金業者数の推移等|金融庁

中堅・中小の消費者金融は大手消費者金融と違い、広告宣伝に予算もそれほど使えません。

知る人ぞ知るという感じのあまりなじみのない金融会社がほとんどです。

大手にはない独自基準の審査で融資する街金

中堅・中小消費者金融は、大手では審査に落ちる金融ブラックの人に対して独自基準の審査を行い、特定の部分だけリスクを許容して融資を行うところがほとんどです。

例えば大阪にあるフクホーという中堅消費者金融は、過去にクレジットカードやカードローンの返済にトラブルがあって大手では借りれない方でも、現在の収入や支払状況に問題がなければお金を借りれるケースがあります。

アコムなどの大手で審査に落ちた方でも融資を受けられることから、審査が甘いと言われる中堅・中小の消費者金融ですが、決して審査が甘いわけでも審査なしで借りれるわけでもありません。

あくまで特定の要件に対してだけ審査の門戸を広げているだけで、無職で収入のない人や他社借入が多くて返済滞納中の多重債務の方などは中堅・中小消費者金融でも審査に落ちてしまいます。

中堅・中小の消費者金融についてはこちら「安心して借りられる中堅消費者金融一覧。ヤミ金以外で即日融資で借りるには?」で詳しく解説しています。

年金を担保にお金を借りる方法

高齢者・年金受給者が年金を担保にしてお金を借りる方法があります。

年金担保貸付制度は国民年金や厚生年金の年金受給権を担保として融資することが国の法律で唯一認められた公的な制度です。

独立行政法人福祉医療機構(WAM)がこの制度の唯一の実施団体として審査や融資などの事業を行っており、平成30年度では約73000件の融資実績があります。

ただしこの年金担保貸付制度は令和4年3月末で新規申込を停止することが正式に決まっています。

令和4年3月末までは申込をしてお金を借りることはできます。借入後の返済は令和4年3月末以降になっても大丈夫です。

申込停止後の代替措置として生活福祉資金貸付制度でお金を借りれるようになる予定です。

詳しくはこちらの記事「年金手帳でお金を借りる方法。年金受給者が年金を担保に借りれる年金担保貸付制度について」で解説しています。

SNS・個人間融資掲示板でお金を借りる

「お金を借りたい・お金を貸します」など、お金を借りたい人と貸したい人をつなぐ個人間融資情報の掲示板は、ネットやSNSで探せばけっこうたくさんあるのがわかります。

お金を借りたい人は多くの人がその立場になることもあり、借りたい人の意図や心境はよく理解できるでしょう。

では一方で、お金を貸したい人・個人的にお金を貸したい人とはどんな人でしょうか。

投資やビジネスで成功したお金持ちの人たちが、お金に困っている人たちを助けるために個人間融資掲示板に投稿している。

もし、そのように考えているとしたら少々危険です。

投資やビジネスで成功したお金持ちの人たちは、稼いだお金をさらに別のビジネスに回したり、リスクの少ない長期投資で安定運用するのが普通です。

間違っても掲示板を通じて知り合っただけの、借金まみれの信用のおけない人にお金を貸したりはしません。

個人間融資掲示板でお金を貸しますという人はその多くがヤミ金業者です。

金融庁でも厳しく注意を呼びかけています。

個人間融資では、個人を装ったヤミ金融業者により違法な高金利での貸付けが行われるほか、個人情報が悪用されるなどして、更なる犯罪被害やトラブルに巻き込まれる危険性があります。

引用元:SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!|金融庁

お金を借りると通常の金融会社ではありえない高金利での返済を要求されます。返済に困るとスマホや銀行口座の譲渡などを求められたりします。

「個人間融資掲示板=ヤミ金」と考えてまず間違いありません。ネット上に数多くある「お金を借りたい・お金を貸します」系の個人間融資掲示板には十分注意してください。

闇金・ソフトヤミ金からお金を借りる

驚くかもしれませんが、闇金・ソフトヤミ金からお金を借りたいという人は、意外と多くいます。

というのも、平成22年に貸金業者に対する総量規制が実施され、消費者金融やカード会社のキャッシングでの借入が年収の3分の1に制限されるようになって以降、どこからもお金を借りれない人が、致し方なくヤミ金に手を出すということが増えているのです。

さらに平成29年には総量規制対象外だった銀行カードローンの過剰融資が社会問題となり、銀行カードローンも即日融資の停止や年収に対しての貸付金額の自主規制を行うようになりました。

これにより、闇金・ソフトヤミ金に手を出さざるを得ない人は今後さらに増えると考えられます。

ヤミ金は違法業者ですし、返済利息はもちろん、会社や自宅に取り立ての電話をかけてくるなどの迷惑行為もあります。

さらに返済できない人にはスマートフォンや銀行口座の譲渡を求めてくるヤミ金業者もあります。

銀行口座の他人への譲渡は「預金口座等の不正利用防止法」に違反し50万円以下の罰金刑に処せられます。

また譲渡したスマホや銀行口座はその後、振り込め詐欺などに利用されることも多く、犯罪に巻き込まれる恐れもあります。

ヤミ金業者から借りたお金は原則として返済の義務がありません。ヤミ金から借入をして返済中の人も、ヤミ金対策専門の司法書士や弁護士に相談すれば取り立てや迷惑行為もストップし、借りたお金も返済せずに済みます。

詳しくは「ソフトヤミ金でお金を借りたい?!ブラックで借りれないからと闇金で借りる前に」の記事を参考にしてください。

奨学金でお金を借りる

日本学生支援機構などの奨学金でお金を借りて大学や専門学校に通っていた方も今は非常に多いですね。

しかし一方で昔と違い企業の終身雇用制度は崩壊し、大学を卒業した後の進路は大手企業に入社する人ばかりではなく、契約社員や派遣社員として不安定な収入で生活していく人が増えています。

学校を卒業後に奨学金の返済が始まると、苦しい生活を余儀なくされる若い人がとても多くなっています。

日本学生支援機構の奨学金は、利息の付く第二種奨学金でも年率2%前後の金利で、ほかの銀行ローンなどの金融商品と比較しても低金利です。

しかし大学を卒業した1年目の社会人にとって数百万円の借金返済は非常に重くのしかかります。

どうしても返済できない場合、奨学金を借りていた本人は自己破産で返済を逃れることもできますが、奨学金の借入は家族や親族の方が連帯保証人になっているケースがほとんどで、返済義務は連帯保証人になっている方に移り、迷惑をかけることになってしまいます。

こうした奨学金についての問題は関連記事の「奨学金返済できない!滞納は3ヶ月でブラックリスト!甘えでなく払えないなら減額や返還猶予の手続きを!」で詳しく解説しています。

低金利でお金を借りたい。金利が安いのはどこ?

お金を借りる場合、親や友人などから借りる場合を除いて、返済には利息の支払いがつきものです。できるだけ低金利でお金を借りるならどこがいいのでしょうか。

お金の使い道にもよりますが、個人が低金利でお金を借りるなら銀行で超低金利ローンを探すのが最もおすすめです。

住宅ローンやマイカーローンなどはメガバンクやネット専業銀行、地元の地銀などのサイトを調べて比較すれば、どこが低金利かはすぐわかります。

資金用途が特定ローンの枠組みに収まらないのであれば、銀行のフリーローンやカードローンで金利が安いものを調べて比較していきましょう。

カードローンやフリーローンの場合、その銀行の住宅ローンを利用している・年金受け取り口座にしている・公共料金の引き落とし口座にしているなど、すでに取引のある方を対象に金利優遇を実施しているところもあります。

銀行によってもローンには違いがあります。「三菱UFJ銀行と三井住友銀行のカードローンを金利や審査通過率で比較」の記事も参考にしてみてください。

無利息でお金を借りたい。利息なし・金利ゼロ円でお金を借りるには?

お金を借りる際に付随する利息の支払いは、誰もが無ければよいなと考えるものでしょう。

しかしカードローンの中には特定の条件を満たせば、30日間など一定期間は無利子・無利息でお金を借りれるものもあります。

カードローン無利息期間適用条件
アコム初回契約日の翌日から30日間無利息初回契約
プロミス初回借入日の翌日から30日間無利息初回利用、メールアドレス登録、Web明細利用の登録
アイフル初回契約日の翌日から30日間無利息初回契約

お金を借りても無利息期間のうちに返済が完了できる場合は、このようなカードローンを利用すれば利息なし・金利ゼロ円を実現できます。

その他に無利息でお金を借りる方法には、生活に困窮してどうしてもお金を借りたい場合に、市役所等で生活福祉資金貸付制度を申請するという手段があります。

生活福祉資金貸付制度は生活保護とは違い、生活や就学・就業のための一時的な貸付になり返済が必要ですが、返済期間も長く保証人を立てられる場合は無利子での貸付も行っています。

審査なしでお金を借りたい。審査不要のカードローンやキャッシングは?

審査なしでお金を借りたい。審査不要のカードローンやキャッシングで即日融資できるところは?

こんな方は非常に多いです。

他社借入件数の多い方、総量規制で借りれない方、金融ブラックで借りれない方、無職の方など、カードローンの審査に落ちるのが不安すぎて、審査なしで借りれるところを探してしまう。

気持ちはとてもよくわかります。

しかし残念ながら新規契約の際に審査なしで借りれるキャッシングやカードローンはありません。

審査なしで即日融資可能!と謳っている業者があれば、ヤミ金業者・悪徳業者の可能性が極めて高いです。

ただし審査があるのは基本的に新規申し込み、そして限度額の増額申請をするときだけです。

既存のお手持ちのクレジットカードを使ってお金を借りるなら、審査はすでに通過しているので審査なしです。

審査なしで即日融資を受ける方法については当サイトでも「バンドルカードのポチッとチャージは審査なしで誰でも即日融資で2万円借りれる!?」といった記事で考察しています。

質屋は審査なしでお金を借りれる

お手持ちのブランド品や時計などを質屋に持ち込み質入れしてお金を借りるなら、品物の査定額の範囲内で審査なしで借りれます。

本人確認書類は必要ですが、質屋ではカードローンの審査と違い個人信用情報にも申込み記録が残らずお金を借りれるという特徴もあります。

さらに質屋は質屋営業法という法律のもとにお金を貸すので、貸金業法の総量規制対象外でお金を借りれます。

給料日前にお金がピンチなときに質屋に品物を持ち込んでお金を借り、給料日を過ぎたらお金を返済して品物を取り戻す方も意外と多いです。

質屋まで来店する必要はありますが、お金を借りる一つの方法としておすすめできます。

生命保険の契約者貸付制度も審査なしでお金を借りれる

生保の解約返戻金を担保にした契約者貸付制度も生命保険を契約している方なら審査なしでお金を借りられます。

「契約者貸付」とは、資金が必要なときなどに、解約返還金の一定範囲内で貸付する制度です。なお、貸付金には会社所定の利息がかかります。

引用元:ご契約者貸付:お手続きの流れ|第一生命保険株式会社

生命保険の契約者貸付制度は無審査なのに加え、カードローンと比べても金利が安いという特徴があります。

生命保険会社契約者貸付金の利率
日本生命保険年率3.00%(2014年4月2日以降の保険契約)
第一生命保険年率3.00%(1999年4月2日以降の保険契約)
住友生命保険年率1.55%(2017年4月2日以降の保険契約)

(2020年6月1日時点)

解約返戻金は保険契約の期間の長さによって金額も異なります。

またネット生保など契約者貸付制度のない保険会社もあります。

管理人

生命保険に入っている方はお金を借りたい時に備えて、ご自身の保険契約や契約者貸付制度について調べておくとよいですね。

誰にも知られずお金を借りたい

家族や友人・知人、勤め先の会社の人など、誰にも知られずにお金を借りたい。バレずにお金を借りたい。借金するのを内緒にしたい。

会社の経営者や不動産投資家なら銀行から何億円借り入れたとか、借金も自慢になるところがありますが、個人の生活費など私的な出費に関しての借金は誰にも知られたくないものです。

誰にも知られずにお金を借りるとなると、家族や友人・知人には当然頼めませんから、金融会社のカードローンやキャッシングを利用することになります。

カードローンで家族にバレずにお金を借りるには?

カードローンで家族に内緒でバレずにお金を借りるには、自宅への郵便物に注意しなくてはいけません。

自宅に契約書やローンカード、利用明細などが届けば一緒に暮らしている家族にはバレてしまいかねません。

対策としては、自宅への郵送以外でローンカードや利用明細を受け取れるサービスがあるカードローンを選ぶことになります。

プロミスやアコムなどは近所の無人契約機や銀行のローン契約機コーナーでローンカードの受取が可能で、自宅へ郵送されずにカードを受け取れます。

また、ローンカードのないカードレスのカードローンもありますが、利用する場合は銀行振込での借入や返済の自動引き落としなど、通帳に記帳される取引をしないよう注意してください。

家族に通帳を見られても借金があるのを知られないよう、近くのコンビニATMでの借入・返済を心がけるようにしましょう。

誰にも内緒でカードローンでお金を借りる方法についてはこちらの記事「嫁に、夫に、家族に内緒でお金を借りたい。バレずにカードローンの契約はできる?」で詳しく解説しています。

カードローンで会社にバレずにお金を借りるには?

カードローンでお金を借りることが勤め先の会社の人にバレることは基本的にありませんが、申し込み時にカードローン会社から在籍確認といって、実際にその会社に勤めているかを確認するための電話を掛けることがあります。

オペレーターからの電話は個人名で「〇〇さんはいらっしゃいますか?」と聞き、電話に出た人があなたに電話を繋ぐか「〇〇は席を外しております」等を答えたら、在籍確認は完了します。

これだけですが、在籍確認で会社にカードローン会社から電話が入るのは絶対に避けたいなら、申し込み時にオペレーターに電話をして在籍確認について相談しましょう。

在籍確認についてはこちらの記事「会社・勤務先に電話連絡なしでお金を借りれる!カードローン審査時の在籍確認の対処法」にまとめています。

他社借り入れあるけどお金を借りたい

カードローンやキャッシングですでに借金がある、他社借入中の人がさらにお金を借りたい場合、注意すべき点はいくつかあります。

まず現在の他社借入件数と他社借入の総額がいくらかをしっかり把握しましょう。消費者金融のカードローンとクレジットカードのキャッシングは原則として総額で年収の3分の1以上の金額を借りることができません。

消費者金融ですでに年収の3分の1相当の借金がある方は、現在の借金の一部または全部をおまとめローンに借り換えるなどの工夫が必要になります。

また、他社借入といってもどの借金を含むのか、銀行や奨学金、家族や親類からの借金も他社借入に含むのか、わかりにくいところもあります。

どの借入を申し込み時に他社借入として含めるのかは、カードローン会社によってまちまちです。

他社借入があってカードローンの申し込みが不安な方はこちらの記事「借金あるけどお金借りたい。借金があっても借りれるカードローン徹底解説!【体験談あり】」が参考になります。

学生でもお金借りれる?

収入が少ない学生だからこそお金がなくて、お金が必要になってしまうことは往々にしてあります。

学業やサークル活動とアルバイトなどで収入を確保することの両立は、若い時期でなければできないほど大変で過酷な時もあります。

就職活動の時期に入ると、アルバイトの時間は取れないのに就職活動で出費はかさみ、経済的には厳しくなります。

奨学金を借りている学生もたくさんいますが、奨学金は基本的に保護者の方の同意が必要で、学生が誰にも頼らず気軽に借りれるようなものではありません。

学生ローンというものもありますが、契約時に実家の連絡先などが必要になります。返済に遅れなどが出るとすぐに実家の両親に連絡がいくという仕組みで、学生本人ではなく実家の信用でお金を貸すようなところがあるので、あまり学生にはおすすめできません。

学生でも20歳以上でアルバイトなどで自分で収入を得ている人なら、カードローンを契約してお金を借りることもできます。

学生生活を送る上で、一時的に生活費などが足りなくなった場合は、カードローンの活用も考えてみてください。

無職でお金がないから借りたい。無職でもお金借りれるの?

やむを得ない理由で仕事ができず、現在無職の方がカードローンでお金を借りるのは難しいです。

無職になる前に契約したカードローンやクレジットカードがあれば、無職であることが金融会社に知られる前であれば、お金を借りることもできます。

しかし収入がなければ返済もできず、経済的に行き詰まるのは目に見えています。

現在は無職でも仕事をするのに支障のない方は、アルバイトでもよいので仕事につくのが先決です。アルバイトでも仕事を始めた方であれば、カードローンの契約は可能です。

勤め先の会社が倒産したなど、働ける状態にありながら無職になってしまった方は、全国のろうきんの求職者支援資金融資制度や自治体提携融資などを利用してお金を借りることもできます。

参考記事「ろうきんのカードローンでお金を借りたい。アルバイトや専業主婦も借りれるの?

雇用保険に入っている場合は失業保険を受け取りつつ、こうした制度を利用して生活再建をして再スタートを目指すべきでしょう。

40歳を超えていて転職・再就職が難しい、両親の介護のために離職した等で現在無職になった方は、やはりそのままではお金を借りるのは難しいので、なんらかの方法で収入を得ることを考える必要があります。

インターネットのクラウドソーシングを活用した在宅ワークの仕事などは、納期さえ守れば勤務時間には縛られないのでおすすめです。

在宅ワークでも活動を続けて一定の収入を得て、個人事業主として開業届を出せば無職ではなくなるので、ビジネスローンやカードローンでお金を借りることも可能になります。

他にも無職でも就職のためにお金を借りる制度もあるので「お金がない無職でもお金を借りれるの?求職者支援資金融資制度について」の記事も参考にしてみてください。

専業主婦でもお金借りれる?

かつて専業主婦でも借りれるカードローンといえば、銀行カードローンでした。

しかし銀行カードローンの過剰融資による自己破産の増加等が社会問題となり、金融庁の言いなりである大手メガバンクでは、得意の手の平返しで専業主婦への貸付を一切行わなくなりました。

しかし一部の地方銀行では、配偶者に安定した収入のある専業主婦の方であれば、今でも貸付を行なっているところもあります。

ご自身にまったく収入のない専業主婦がお金を借りるのは難しいものの、パートなどで月数万円程度でも収入のある主婦の方であれば、借りれるカードローンは今でも多いです。

まずはパート先を見つけて1日でもいいのできちんと就業すれば、消費者金融系などで借りれるカードローンは出てきます。

その他、専業主婦がお金を借りる方法としては、専業主婦になる前に働いていた頃に契約したクレジットカードやカードローンを利用する方法があります。お手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があればそのまま利用もできます。

自分で働いて収入を得ていた頃と違い、専業主婦として家庭に入ってからご自身の名義でカードローンでお金を借りるのは、非常にハードルが高いです。

専業主婦でもお金を借りる方法についてはこちらの記事「専業主婦でも融資可能なお金を借りれるカードローンはどこ?」にまとめています。

管理人

夫の運転免許証をこっそりカメラで撮影し、夫の名義で勝手にカードローンを申し込むのはやめてくださいね。

個人事業主・自営業がお金を借りるには?

会社勤めのサラリーマンやOLではなく、自分でビジネスをしている方は、仕事上どうしてもお金を借りたい、お金が必要ということもしばしばあるものです。

もっとも手っ取り早い方法としては、カードローンでお金を借りるという手があります。個人事業主や自営業の方もカードローンでお金を借りること自体は可能です。

しかし事業用資金としての貸付は行わないカードローンも多いので、仕事上どうしてもお金が必要だとしても、審査に通るためにはあくまで生活資金を借りるという名目で申し込むことが大切です。

また、カードローン会社では自営業や個人事業主向けのビジネスローンでの貸付を行なっているところもあります。アコムやプロミスでも取り扱いがあります。こちらは総量規制対象外で年収の3分の1以上借りることも可能で、事業用資金として借りられます。

仕事上でまとまったお金を借りる必要がある場合は、銀行や日本政策金融公庫などで、なるべく低金利でお金を借りるべきですが、審査も厳しく、審査の手続き自体が大変でもあります。

最近はインターネットでCAMPFIRE(キャンプファイヤー)などのクラウドファウンディングプラットフォームでプロジェクトを公開して必要な資金を集める方も増えています。

ワクワクする要素のあるプロジェクトならネット上でいろんな人を巻き込んで資金を集めることも可能です。

銀行や政策金融公庫では稟議が通りそうにない事案ならこちらも検討してみるのをおすすめします。

個人事業主がカードローンでお金を借りる場合のコツについては「自営業者・個人事業主でも借りれるカードローン。個人事業主がお金を借りるポイントは?」でまとめています。

新卒の新入社員や転職したばかりでもお金借りれる?

高校・大学や専門学校を卒業して就職するときは、新生活で何かと物入りで出費が増えるものです。

スーツや通勤用バッグを買ったり、引っ越しをして生活家電の購入にかなりお金を使ったりもします。就職してから最初の給料、初任給をもらうまでの日々が非常に辛くひもじく感じることも、多くの方が経験します。

初任給をいただくまでにどうしても生活費が苦しい場合、20歳以上ならカードローンでお金を借りるのがおすすめです。

新卒の新入社員の場合、企業から内定を得たという状態では、20歳以上でアルバイト収入などがないとカードローンの契約ができませんが、入社後であればアコム、プロミス等でお金を借りることができます。

実際、初任給をもらうまでの間にお金がなくて、カードローンを契約する人はとても多いです。生活費の足しとして5万円借りたとしても、月々の返済は2000円程度からです。

奨学金を借りて大学を卒業した人でも、学生支援機構の奨学金の返済が始まるのは10月からなので、それまでにカードローンの借金完済ができるようにしていきましょう。

詳しくは「就職したばかりの新入社員・新社会人でもカードローンでお金借りれる?」の記事で解説しています。

ブラックでもお金を借りるには?

クレジットカードの代金引き落としが銀行の残高不足でできなかった。カードローンの返済を数ヶ月滞納している。数年前に自己破産した。

そんな方は、CICJICCなどの個人信用情報機関に金融事故情報が登録されています。いわゆるブラックリストというものです。

ブラックリスト掲載中のブラックの方は、カードローンでお金を借りたいけど審査に落ちて借りれないことが多くなります。銀行カードローンやアコムなどの大手消費者金融系カードローンではブラックの方は確実に審査に落ちることになります。

しかし、金融ブラックでもお金を借りる方法がまったくないわけではありません。銀行や大手消費者金融でお金を借りるのは無理でも、中堅・中小の消費者金融、いわゆる街金であれば、ブラックでもお金を借りれる場合があります。

一言で金融ブラックといっても、個人信用情報に事故情報として登録されている内容は様々です。短期間で複数の金融会社に連続申し込みをしたという軽度のものから、先月自己破産したばかりという重度のものまでいろいろあります。

その中で、街金業者が貸倒れリスクを許容できると判断されたものは、審査も通過してお金を借りることもできます。

中堅・中小の消費者金融がどのような金融事故情報に対して窓口を開いているかは、各社でそれぞれ異なり、特色があります。

自分がどのような形でブラックリスト入りしているかは、信用情報機関に情報の開示請求を行えば知ることができます。以前は郵送か窓口へ行く必要があった信用情報の開示請求ですが、今はスマホからネットを通じて手軽に行えます。

カードローンの審査に落ちた方は、一度、ご自身の信用情報の開示請求をしてみることをおすすめします。

なんとかしてお金を借りたい時はこちら「どうしてもお金を借りたいけど、どこからも借りれない審査が通らないなら」も参考にしてください。