お金に関する意識調査

10万円給付金を何に使いますか?新型コロナによる1人10万円の特別定額給付金の使いみち。【200名に緊急アンケートを実施】

新型コロナウイルス対策に伴う経済支援策として、総務省から1人10万円の特別定額給付金の支給が決定し、5月から手続きも開始されました。

参照:総務省|特別定額給付金

特別定額給付金は世帯ごとに支給されるため、世帯人数が5人の家庭なら50万円が支給されることになります。

新型コロナによる活動自粛で経済的に厳しい状況にある方も少なくないですが、そんな中で支給開始される10万円給付金の使い道について、緊急アンケート調査を行いました。

10万円給付金、もらったら何に使いますか?

【調査方法】ネットでの回答式アンケート
【調査地域】全国
【調査期間】2020/4/30(1日のみ)
【有効回答数】200名(男性69・女性131)
【年齢分布】
10代/4名、20代前半/16名、20代後半/38名、30代前半/43名、30代後半/36名、40代前半/26名、40代後半/16名、50代前半/12名、50代後半/7名、60代/3名

集計の結果は、やはり生活費と、生活の不安からくる貯金という回答が全体の半数以上を占めました。

もらった10万円で何かを購入すると回答された方も多かったですが、個別の回答を見ると「欲しいものを買う」というよりは、外出自粛に伴う巣篭もり消費で「家庭内で快適に過ごすためのもの」を購入する人が多い傾向がありました。

それぞれの意見を聞いてみましょう。

休業で収入減少。10万円給付金は生活費に回さざるを得ない!

生活費にすると回答された方で多かったのが、自粛による休業で仕事がなくなり収入が大幅に減ってしまったという意見です。

在宅勤務になり、残業ができなくたった為収入が減ったので生活費に充てる予定です。引き続き緊急事態宣言が解除されることがなければ来月以降も同じように収入が減ったままなので全部使わずに残しておきたいと思っています。(40代女性・1人世帯)

私の仕事は学校に準じるようになっています。この状況ですので、仕事はまったくありませんし、会社からの給付も月平均の20%が1ヶ月分しか出ませんでした。なので家賃などの生活費に充てるつもりです。(30代女性・1人世帯)

まだ決めてはいませんが、ほとんど食費や水道光熱費の支払いなどの生活費にあてられると思います。個人経営の飲食店で働いていますが、ここ2か月ほどほとんど収入がなくなってしまい、その状況もこの先どれだけ続くかわからないのでこの10万円(×3)は本当に助かります。(30代男性・3人世帯)

生活費に使う予定です。会社もコロナの影響でほぼ休業状態になり、給料もかなり減りました。一人暮らしではあるので、正直貯金を切り崩しても限界があります。おうち時間も増え、光熱費もその分増えます。ギリギリの生活なので、少しでも給付金があるとありがたいです。(20代男性・1人世帯)

私の場合は日雇い派遣で仕事をしていたため、2月の後半から仕事が激減しました。少ない貯金で何とか生活は出来ましたが、今後の見通しはまるで立ちません。給付金がいつになるのかは分かりませんが、その月の家賃、光熱費、通信費にあてようと考えています。(30代男性・1人世帯)

仕事が激減して収入が途絶えてしまうと、自粛して大人しく生活することさえ厳しいことがひしひしと感じられます。

悲痛な叫びも多い中、やはり給付金の存在はありがたいですね。

10万円給付金を貯金するのは生活不安とコロナ後の旅行のため

貯金をすると回答した方の意見を見てみると、大きく2つの傾向がありました。

まず一つめはコロナがいつ終息するかわからないため、先を考えて貯金したり、必要なものを揃えるのに使うという意見。

貯金。新型コロナウイルス流行後、収入は減っているのに価格が上がったマスクやアルコール消毒液を購入しなければならず、支出が増えている気がするので、給付金はできるだけ貯金に回したいと思います。(30代女性・2人世帯)

今はまだ給料が下がっているわけではありませんが、今の状態が長く続くとボーナスや給料が減ってくるかもしれないので、そんな時のために一旦貯金しておこうと思っています。そして家賃や光熱費、食費などに使おうと考えています。(30代男性・1人世帯)

今後コロナの収束がいつになるか分からない状況なので半分は貯金に回し、残りの半分で衛生用品(マスクや消毒液)と冷凍庫を買おうと思っている。冷蔵庫は、スーパーなどに行く回数を減らした為に一度に買う量が増え、今の冷凍庫では手狭になってきているから。(50代男性・3人世帯)

コロナが終わるのがいつなのか読めない中、必要なときのために備えておこうというのはごく自然な考えですね。マスクとか高くなってますからね。

10万円給付金はコロナ後の旅行のために貯金

さすがに今すぐ旅行するのははばかられますが、コロナが終わってからの旅行などのために10万円給付金は貯金したいという意見も多かったです。

コロナの影響の為、外出やお出掛け、旅行も行けていないので、コロナが終息した時にどこか家族で旅行に行くために貯金しようと思っています。(40代女性・4人世帯)

今後の情勢によって使い道は慎重に考えたいですが、今は外出自粛要請が落ち着いたらどこかへ友人と少し贅沢な旅行をして観光地に貢献したいと考えています。半分は貯蓄に回そうと考えています。(20代女性・4人世帯)

給付時にはまだ緊急事態宣言が出ていてお店も空いてないだろうから一旦は貯金して、解除後に友達と遊びに行った際の交際費に当てようかなと思ってます。自粛自粛で全然遊べていないので旅行に行こうと言う話になっていてそれに消えると思います。(10代男性・3人世帯)

旅行費、地元を応援するための買い物、貯金の予定です。旅行会社に勤めていた経験があることや、暮らしている場所が観光地であることもあり、この度のコロナで観光施設や宿泊施設、飲食店が大変なのが気にかかっています。実際に、3月に父の喜寿の祝いを兼ねて家族で温泉旅行をする予定だったのですが、キャンセルしました。コロナが落ちついたらまた改めて旅行をする予定なので、その旅行費に一部使いたいと考えています。また、地元を元気にしたいので、地元の飲食店のテイクアウトをたくさん利用したり、外出できるようになれば食べに出たりして使いたいです。(30代女性・7人世帯)

10万円給付金を今すぐには使えないから貯金するけど、自粛が落ち着いたら経済を回すために積極的に使いたいと考えている方たちですね。

コロナの影響で予定していた旅行を泣く泣くキャンセルした方も少なくないですからね。

自粛生活がストレスまみれなので、コロナ後に旅行して癒されたい的な意見もけっこうありました。とてもよくわかりますね。。。

10万円給付金、もらったらコレを買いたい!

10万円給付金をもらったら物品購入に充てるという方たちの意見を聞いてみましょう。

10万円給付金でゲーム機を買います!

けっこう多かったのがニンテンドースイッチなどのゲーム機を購入するという意見。

給付金でテレビゲームを買おうと思っています。まだまだコロナの影響で外出自粛が続くと思うので、家で、一人でも楽しむことができる楽しむことができるテレビゲームは今の情勢にピッタリの娯楽だと思ったからです。(30代男性・1人世帯)

現在休校中でおとなしく自宅で留守番している下の子どもにニンテンドースイッチとゲームソフトを買い、それ以外は自粛明け以降関東や関西のお笑いの劇場へ通う資金として貯金しておきたいと思っています。(40代女性・4人世帯)

コロナウイルスの影響で収入が減少しまったので、生活費の足しにしたいと思います。具体的には、食材や衣類を購入したいと思っています。また、自粛期間を楽しむためのゲーム類も購入したいと思います。(20代女性・3人世帯)

外出自粛で家の中で過ごす時間が多いからこそ、大人も子供もゲーム機が普段にも増して必要になってきていますね。

メジャーリーガーのダルビッシュ選手もゲーム動画配信を始めているし、外出しないと仕事にならない人や子供のいる家庭では、このニーズは強いようですね。

10万円給付金で在宅ワークの環境を整える!

外出自粛に伴って在宅ワークを始める人も増えているようで、ノートパソコンやデスクなどを買いたいという意見も多かったです。

部屋の模様替え。カーテン、カラーボックス、昇降型デスクなど。家で過ごす時間が増え、在宅ワークが多いので部屋の環境を大改造&大改善したいと思います!!!(20代女性・2人世帯)

10万円はクラウドワークスで仕事をするためのノートパソコンを買おうと思っています。しかし、家電量販店になかなか行けないので、しばらくはリサーチだけにとどめてコロナ終息後に買いにいくのを楽しみにしています。(30代女性・2人世帯)

在宅ワーカーで、コロナウイルスのため仕事が減って生活が厳しいですが、これからもフリーランスとしてやっていこうと思います。それで、今までタブレットとスマホだけでどうにか仕事していたので、今度からパソコンを買って、本格的にやろうと思います。(30代女性・1人世帯)

パソコンを買う費用に充てようと考えています。このご時世で本業一本では厳しいと考え、副業用にパソコンを買おうと思っています。余剰金は少しでもあったほうがいいかと思うので。(20代女性・1人世帯)

その他に物品購入と回答した方には、冷蔵庫やエアコン、テレビを買い換えるという意見も比較的多かったです。

冷蔵庫は大型にして買い出しの回数を減らすために、エアコンとテレビは外出自粛の長期化に備えてといった感じで、新型コロナの長期化に備えた動きのように感じました。

収入面はこの先も厳しいから10万円給付金を在宅ワークに使おうという考えには、たくましさを感じますね。

10万円給付金は自動車税の支払いに…。

5月という時期的なこともあり、国民年金や国民健康保険、自動車税などの「納税」と回答した方も一定数いました。

給料が激減し、職も失いそうなので、国民健康保険料、国民年金等の税金の支払いにまわしたいです。(40代女性・2人世帯)

まずは、これからくるであろう自動車税の支払いに使います。次は、生活必需品で買い換えを検討していた眼鏡の購入に使います。残りは、貯蓄、もしくは母の仕事がコロナの影響で激減し給与がもらえないとのことなので、生活費のたしにしてもらおうかと考えています。(30代男性・1人世帯)

車の車検と税金の支払いの足らない分に使う予定。元々貯金から払う予定だったが、収入も心配なご時世、10万円を足らない分に使えれば、収入の心配なこれからに少しでも貯金を残して置けるから助かる。(20代男性・2人世帯)

3人なので30万円の予定ですが、自分の10万円は5月に車の自動車税の請求が来るのでその支払いと、8月に車の車検があるのでその2つに使う予定です。やはりこの2つはまとまった出費となり、しばらく給料は基本給分しかもらえなさそうなので、この2つに使うことに決めました。(30代男性・3人世帯)

自動車税は車を持っている方なら避けようがない出費です。

ただ外出や買い出しなどの際にマイカーが活躍する機会は増えているはずなので、ここはこらえるべきでしょう。

国民年金と国民健康保険料については支払いの減免や猶予する制度も準備されています。

国民年金については保険料免除の申請が5月1日より開始されていますよ。

参照:新型コロナウィルス感染症の影響による減収を事由とする国民年金保険料免除について|日本年金機構

参照:新型コロナウイルス感染症に伴う各種支援のご案内|内閣官房庁

逆に10万円の給付金があれば自動車税分の出費は避けられるわけで、ここはプラスに考えた方がいいですね。

10万円給付金は住宅ローンや奨学金の返済に

10万円給付金を住宅ローンや奨学金の返済に充てるという声も一定数ありました。

私は給付金を5万円はマンションのローン返済に使います。主人が仕事を休業になり最低保証しか給料が出ずローンの返済が滞っているからです。残りの5万円は貯金します。自粛になってから主人も子供も家に居るので食費や光熱費が高く貯金していたお金を使ってしまったからです。(20代女性・3人世帯)

住宅ローンの返済のために貯金します。(8年後に繰り上げ返済をする予定。)1万円ほどは、楽しいおうち時間を過ごすために、美味しい専門店の料理を注文してテイクアウトし、家族みんなで食事をしたいと思います。(30代女性・4人世帯)

住宅ローン、奨学金の返済の支払いに使います。ボーナス払いにしていましたが、おそらく今年のボーナスは住宅ローンの支払いより少ない可能性が大きいので。(30代女性・3人世帯)

今年は新型コロナの影響でボーナス支給が望めない方も少なくないですからね。給付金を住宅ローンの支払いに充てるのはアリだと思います。

10万円給付金でクラウドファウンディングを通じて困っている人たちを応援!

今回のアンケートの回答では数は少ないですが、10万円給付金でゆとりがあれば自分が気に入っているアーティストやお店、サービスをクラウドファウンディングで支援するという声も複数ありました。

ローン、税金支払い、生活品の購入。勤務する会社が2か月仕事がなく休業状態で雇用の不安がある為あまり気前よくお金を使えない。個人で運営している飲食店等応援の気持ちも込めてクラウドファンディング等の支援を利用する事があるかも。(30代男性・2人世帯)

3月末で仕事を辞めてしまったため、当面の保険料や年金の支払いに充てることを主とし、その他に食費や生活費に使いたいと思っている。また、ライブハウス支援のプロジェクトがいくつか出てきているので、そちらにお金を落としたいと思っている。(20代女性・2人世帯)

生活費に充てるべき収入が減っているので、崩した貯金の補填にあてます。給付金を受け取れる時期によっては少し余るかと思うので、ミニシアター支援のクラウドファンディングの応援をしたいと思っています。さらに余裕がある場合には、給食に使われなくなった野菜や、いつもより少しランクの高いお肉などを購入したいです。(40代女性・2人世帯)

4月に入りクラウドファウンディングのCAMPFIRE新型コロナウイルスサポートプログラムを開始し、支援金振込時に掛かるサービス手数料が0%(通常12%)となり、決済手数料5%のみでクラウドファンディング実施が可能になりました。

新型コロナの影響に苦しむ多くの飲食店やライブハウス等がCAMPFIREのクラウドファウンディングで支援を求めるようになり、支援者も急速に増加しています。

10万円給付金を使って、支援を求めるお店などをクラウドファウンディングを通じて応援しようということですね。

今までになかった新しいお金の使い方で、正直とても感心しました。

こういう時だからこそできる、新しくてとても良いお金の使い方ですね!

今回のアンケート調査は新型コロナウイルスの経済的影響が甚大な中で行ったため、個別回答では窮状に見舞われ読んでいて辛くなる回答も少なくありませんでした。

国から支給される1人10万円の特別定額給付金、皆さんそれぞれに大切に使っていきたいですね。

You cannot copy content of this page
大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら