自営業者・個人事業主でも借りれるカードローン。個人事業主がお金を借りるポイントは?

自営業や個人事業主の方がカードローンでお金を借りる場合のポイントについて解説します。

個人事業主のカードローンは生活資金と事業資金を区別しよう

自営業の方がカードローンを利用する場合は、借入目的が事業資金か生活資金かをきちんと区別する必要があります。

カードローンは事業性資金としての貸付は行っていない場合が多く、事業資金を目的とした借入はほぼ審査に通りません

銀行や消費者金融のカードローンを申し込む際は、借入目的を「生活費として」「生活資金として」とします。あくまで生活資金としてであり、事業とは関係のない借入であることを、きちんと伝えるようにします。

事業性資金としての借入はできませんが、生活費、生活資金としての借入なら自営業や個人事業主の方も、審査を経てカードローンでお金を借りることはできます。

管理人

オフレコですが、仮に実際には事業でお金が不足して困っているとしても、生活費を事業に回し、足りないのはあくまで生活費で、生活費を借りたいという体裁にしましょう。自営業や個人事業の方、ココとっても大切です!

目次

自営業・個人事業主の方におすすめのカードローン

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行の銀行口座がなくても利用可能。ローンカード利用の場合、三井住友銀行のATMはもちろん、コンビニATM、ゆうちょ銀行ATMも利用手数料無料です。ローンカードでATMだけで利用すれば、銀行の通帳などに取引履歴が残りません

三菱UFJ銀行カードローンバンクイック

三菱UFJ銀行の口座がなくてもカードローンの利用が可能。提携コンビニATMも利用手数料無料で使え、ATMからの取引だけに徹すれば通帳に記帳されず、誰にもバレずに借りれます。

自営業・個人事業主はカードローンの審査に通らない?

会社員や公務員の方と違い、自分でビジネスを営む自営業や個人事業主の方は、カードローンの審査も厳しい傾向があります。

自営業の方なら、独立後にクレジットカードを作ろうとしたら、審査に落ちて作れなかったという経験がある方も多いはずです。カードローンも同様の傾向があります。

独立して数年が経過し、営業実績が何年かあれば、確定申告書の控えや納税証明書を提出することで、金融会社の審査の印象はグッと良くなります。

しかし独立直後ではいくら売り上げがしっかり出ていても、それを公的な書面で示すことが難しいですよね。

ほとんど仕事をしていない実質的に無職の人でも、税務署に開業届を一枚提出するだけで、個人事業主になることはできます。

お金を貸す金融会社からすれば、きちんとビジネスを軌道に乗せている自営業の人と、無職同然の自営業の人とを明確に区別する方法がありません。

だから特に営業実績の短い自営業の方に対しては、お金を貸しても大丈夫か、怪しい奴じゃないかという印象が強くなります。

管理人

自営業や個人事業主の方がカードローンでお金を借りるには、こうした点を十分に認識して、その上でカードローンの審査に向けた対策を取ることが大切です。

自営業者がカードローンで審査に通るためには?

サラリーマンやアルバイトの方がカードローンを申し込む場合は、一定金額までは収入証明書の提示が不要でお金を借りられることが多いです。

しかし、自営業や個人で商売をしている方の場合、収入証明書類の提示を求められないことの方が稀で、カードローンの申込みにあたってはほぼ必ず金融会社から収入証明書の提示を求められます。

収入証明書にあたるのが確定申告書の控えや納税証明書などです。確定申告書の控えに税務署のハンコをもらっている方はそれを準備します。

例としてオリックス銀行カードローンの場合、個人事業主・会社経営の方には、以下の書類のうちのいづれか1つが所得証明書類として利用できます。

1:住民税決定通知書、または課税証明書
2:納税証明書(その2)
3:確定申告書(付表含む。税務署の受領印のあるもの。E-tax利用の場合は申告書の写しと受信通知が必要)

オリックス銀行カードローン以外の別のカードローンでも、自営業の方が収入証明書類として提示を求められるのは、上の3点のうちのいづれかである場合がほとんど。青色申告をしている方は、青色申告決算書の提示を求められる場合もあります。

確定申告書を提出する際に控えのハンコを押してもらうのを忘れていた方は、税務署などで納税証明書の交付手続きをする必要があります。カードローン申し込みの前にひと手間ふえてしまいます。注意してください。

管理人

カードローン申込み時の収入証明書の提出は、本人確認書類の提出と同じで、カメラアプリで写真撮影したものをネットからアップする方式になっているところがほとんどです。書類を揃える手間はありますが郵送の手間はありません。

事業性資金としてお金を借りたい場合は?

自営業で自分で商売を営まれている方がお金が必要になった場合、事業向けの融資なら銀行の事業者向けローンをはじめ、日本政策金融公庫、商工ローン、農家の方ならJAなど、お金を借りる選択肢は調べたらけっこうたくさんあるものです。

全国の都道府県でも独自の中小企業向け融資制度を設置していて、商工会議所などを通じて支援を仰ぐこともできます。

しかし、いずれの事業向け融資も、実際にお金が借りられるまでに非常に時間と手間がかかるというのが欠点でしょう。

事業計画に則って、あらかじめ必要なことがわかっている資金なら借りやすいですが、事業の運営資金が足りない、資金繰りが苦しいといったときに、早急にお金を用意するには向かないものです。

急ぎで資金が必要な場合はプロミスやアコムのカードローンで一時的にお金を借りるということを考える方も少なくないですね。

自営業で資金繰りですぐ借りたいならビジネスローンの活用も

カードローンで借りたお金は資金使途は原則自由ですが、事業向けには使えない決まりになっていることもあります。

商売の資金繰りが苦しい場合の繋ぎ融資として利用する場合は、カードローンよりも自営業者向けのビジネスローンの利用を検討すべきです。

消費者金融系カードローン会社でも自営業者向けのビジネスローンを用意しているところがあります。acom.html”>アコムでも自営業者向けローンがあります。

ビジネスローンなら通常のカードローンとは違い、消費者金融でも総量規制対象外でまとまったお金を借りることができます。

消費者金融で借りるというと、どうしても利息の支払いが高いイメージがあります。返済期間が長くなると確かに利息の支払いがバカ高いです。しかし一時的に資金が不足していても、売掛もかなりあってすぐ返済できそうな状況であれば、素早く融資を受けられる消費者金融のビジネスローンはありがたい存在です。

管理人

すぐに返済可能な資金の使い道であれば、自営業の資金繰りに役立つのが消費者金融のビジネスローンです。いざというときにうまく活用して、商売繁盛につなげてくださいね。

【体験談】自営業でもプロミスの審査に通る。生活費不足でカードローン融資を受ける

自営業や個人で事業を営まれている方で、いろいろ事情があってカードローンでお金を借りる方もみえます。

自営業の方の場合、普通の会社員やアルバイトの方がお金を借りるのとはまた違った難しさや厳しさがあるように思います。

今回は自営業でプロミスのキャッシングを利用した方にお話をお聞きできました。

体験者パーソナルデータ
フランピーさん(仮名)/40代後半/男性
カードローン利用年:2012年
借入先:プロミス(無人契約機から)
借入当時の職業:自営業
当時の年収:340万円
初回借入金額:40万円
最大借入金額:90万円
申込時の他社借入:なし
申込んだ曜日:平日
審査結果連絡:30分ほど

管理人

プロミスを利用したきっかけは何ですか?

自営業をしており、数年前から既に経営的に厳しい状況下にありました。子供もかかえて生活費も不足、経営の為の資金繰りなども非常に困難な状況下に陥っており、業者等への支払いも滞り、その為契約を切られる可能性まで出て来る状況でした。

銀行に融資を相談したりもしましたが、その時点で銀行融資も目一杯でどうすることも出来ず、消費者金融で借入する事には大きな不安はありましたが止むなく借入する事になりました。

最初は少なめに借りましたが、それだけで好転せず続けて借入をする事になってしまいました。

管理人

そうでしたか。生活費にも困る状況では自分で商売されるのは本当に大変ですね。

管理人

プロミスからの職場への在籍確認の電話連絡はどんな感じでしたか?

自分自身が経営者なので、会社の近くの無人機だった為、一旦会社に帰り電話を受けました。

ほとんど個人営業のような状態だったので、誰かが別に出る事もなく、無人機でオペレーターと対応しており、話は通じていたので手続き上行った感が強かったです。

結局、対応してくれたオペレーターが電話してきたので電話があると言う確認さえ取れれば終了と言う感じで終わりました。

管理人

そうでしたか。自分の会社なら自分が電話に出ればOKですからね。在籍確認といっても自分の家に電話がかかってくるような感覚かもしれないですね。

管理人

プロミスのカードローンで借りたお金の返済は進んでいますか?

借りたのが困窮した状態だったので、中々上手く返済出来ずに困りました。

最低金額返済月も多々あり、現在も完済出来ていない状態です。それ以降、何とか他の消費者金融で少額を借りて返済したり、消費者金融を行ったり来たりの返済状態です。

途中で病気で入院したり、会社も倒産したりで、一時全く返済出来ない時期もありました。

現在も返せたり返せなったりで、増えはしても、全く少なくはならない状態です。今もなかなか完済出来るめどがついていません。

管理人

そうですか。他の消費者金融からも借りる多重債務の状態になっていますね。利息の支払いだけで精一杯の状況ではないですか?利息さえきちんと払っていれば金融会社の方はうるさく言わないかもしれませんが、返済が進まないのは苦しいところですね。

管理人

プロミスを利用して、良かった点とか、ありますか?

取りあえずは、その場しのぎが出来たことが利点だったと思います。

また、銀行や他の金融機関よりは借り入れの手続きや審査が厳しくないです。更に自身の現状を一応は聞いてくれ、相談に乗ってはくれるし、止むを得ない事情がある場合は返済出来ない月があることも一応は理由によって認めてもらえる。

返済が滞っている状態でも、年収の三分の一の余裕があれば借り入れが可能なところも助かっています。

管理人

確かに銀行の事業向け融資に比べたら、プロミスは身近で借りれる存在ですね。返済についてもいろいろ相談には応じてもらえる点も助けられていますね。

管理人

プロミスを利用して、これは失敗だったと思うことは何ですか?

やはり利息が大きいことと、自分の様に返済が滞ったりすると期限の利益の権利を失って、全額返済を迫られますが、遅延損害金や利息も月々分ではなく、借入残高全額に掛ってしまうので、雪だるま式に借入金が増えていきます。

相談しながら返済を行っていけば融通がある程度利きますが、最終的にどんな金額になるのか、今から考えると恐ろしいです。

管理人

そうですね。銀行の事業融資よりプロミスの利息は高いですよね。遅延損害金まで発生する状況になると、本当にどうにもならなくなる恐れもありますよね。

管理人

もしこれからプロミスを利用しようという方がいたら、何をアドバイスしますか?

借りなくて済むなら絶対に借りない事。それに尽きると思います。

とは言え、自分もそうでしたが、借りる人はそれだけ困窮しているから借りるのだろうとも思います。借りる場合は絶対に返済できる範囲で行う事と、利息の計算は提示されているものではなく、自身でもきちんと計算するべき。

無理すれば、我慢すれば借りずに済むなら絶対に借りないことをお薦めします。最低返済額の言葉に騙されて、返済が少なくて済む様な気にならない事が大切です。

管理人

そうですね。短期間の借入なら消費者金融は便利ですが、返済が長期にわたると利息がどのように膨れ上がるかを知らない人も多いですよね。なんとか完済できるよう、元気出してくださいね。

※インタビュー内容はプライバシー等を考慮して加筆・修正の上、掲載しています。

目次
閉じる