今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜お金を借りたい時に借りれる金融情報サイト
今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜お金を借りたい時に借りれる金融情報サイト
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

借金あるけどお金借りたい。他社借り入れの借金があっても借りれるカードローン

借金してても借りれるカードローン

アコム
多くの人が他社借入中でも利用していて安心。2件目、3件目の借り入れにおすすめ。

プロミス
他社借入あっても申込み可能。2件目、3件目の借り入れに利用する人も多いカードローン。

アイフル
銀行系列でなく他社カードローンと資本や保証の関係がないのが他社借入中の人には有利に。他社借入が3件以上ある場合はアイフルの返済専用ローン、借り換えMAX・おまとめMAXがおすすめ。

他社借入ありの人は収入証明書類の準備も必要です。カードローンの他社借入がすでに3件ある人は借り換え・おまとめを前提に考えましょう。


お金が必要「アコムで借りてるけどプロミスでも借りれますか?」

「プロミスで枠いっぱいまで借りてるけどアイフルでも借りれるの?」

すでにカードローンでお金を借りてる。限度額いっぱいまで借りているけれど、さらにお金が必要になってしまった。

安心してください。
借りれる!
すでにカードローンで借金がある他社借入中の人でも、現在の収入と借入・返済状況によっては消費者金融系カードローンなら新規契約も可能です。

カードローンの他社借入中の方の申込対応は大まかに分けると、以下のようになります。

金融会社他社借入の対応
銀行カードローン
現在は他社借入が1件でもあると厳しい。
大手消費者金融
他社借入1件、2件までは問題ないが3件あると審査が厳しい。すでに3件ある方は貸金業法に基づく借換ローン(おまとめローン)がおすすめ。


過剰融資問題で審査が厳しくなった銀行カードローンは、現在では他社借入がある人にとっては非常に狭き門です。

しかし「銀行カードローンで借金があり、消費者金融でも借りている」といった、すでに複数のカードローンで借入がある人は、実際には数多くいます。

他社借入が1件、2件程度なら現在の収入や借入・返済状況によっては、借金があっても借りれるカードローンは大手消費者金融を中心にいくつもあります。

他社借入3件あるいはそれ以上の借入が多い人も、全く借りる方法がないわけではありません。

【目次】
  1. 他社借り入れあっても借りれるカードローンは消費者金融系!
  2. 他社借入ある人の2件目、3件目のカードローンは何を基準に選んだらいいの?
  3. 他社借入あるけど年収が少ない人(300万円以下)はお金借りれる?
  4. 他社借入が銀行カードローンの人がお金を借りるには
  5. 消費者金融2社で他社借入ある人がお金を借りるには
  6. 銀行カードローンと消費者金融の両方で他社借入ある方が借りるには
  7. 審査が不安なら。正式申込前にお試し診断ができるカードローン
  8. 2件目、3件目のカードローンはいくら借りれるの?
  9. 他社借入が多い以前に他の支払いに滞納があると審査に通らない。
  10. 2件目、3件目のカードローンが絶対に借りれない方
  11. 借金あるけどお金借りれる?さまざまな疑問に答えます!
  12. 借金があっても借りれるカードローンはある。要は返済能力。


他社借り入れあっても借りれるカードローンは消費者金融系!

多くの人が他社借入中でも借りてる安心のアコム

アコム

免許証だけ・パスポートだけでも申込可能。
初回は最大30日間金利0円!提携コンビニATMで24時間借入・返済できる。審査が不安な方の2件目、3件目の借入にもおすすめ。
※他社借入中の方も審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用できない場合もあります。

実質年率借入限度額審査時間融資まで
3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間
詳細はこちら公式サイトへ
2件目、3件目に借りる人も多いプロミス
#プロミス

プロミス

即日融資も可能!初回30日間無利息!
来店不要。必要書類はネットで提出。Web完結も対応可能!限度額50万円以内なら免許証だけで借りれる!※初回30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

実質年率借入限度額審査時間融資まで
4.5%~17.8%1〜500万円最短30分最短1時間融資も可能
詳細はこちら公式サイトへ
審査が不安な方におすすめ!アイフル
アイフルアイフル

アイフル

スマホで申込み→無人契約機で契約完了ですぐ借りられる!
初回30日間金利ゼロ円!1000円単位で借入OKで必要な分だけお金を借りられる!来店不要。無人契約BOX内の電話応対も可能!

実質年率借入限度額審査時間融資まで
3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資も可能
詳細はこちら公式サイトへ


他社借り入れあっても借りるには収入証明書類も必要!

2社目、3社目のカードローンを申し込む場合、運転免許証などの本人確認書類以外にも、収入証明書類の提出が求められます。

特にプロミス、アコムなどの消費者金融系カードローンでは、現在の借入額と新たに申し込む希望額の合計が100万円を超える方は、必ず収入証明書類の提示を求められます。忘れずに準備してください。

#収入証明書類には源泉徴収票確定申告書の控え納税証明書などもありますが、多くの方にとっていちばん用意しやすいのは直近の給料明細書でしょう。これを忘れずに準備してくださいね。


   

他社借入ある人の2件目、3件目のカードローンは何を基準に選んだらいいの?

アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビット、レイクALSAなど、消費者金融系カードローンは大手だけでもいくつかあります。

すでにカードローンでお金を借りている方が別の消費者金融系カードローンでお金を借りたい場合、どこを選ぶのがベストでしょうか。

そのヒントは消費者金融各社が所属している金融グループにあります。

カードローン所属グループ詳細
アコム 三菱UFJフィナンシャル・グループ 申込み
プロミス 三井住友銀行グループ 申込み
SMBCモビット 三井住友銀行グループ 申込み
レイクALSA 新生銀行グループ 申込み
アイフル アイフルグループ 申込み


大手消費者金融のカードローンが属する金融グループは2018年4月現在、このようになっています。

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)とSMBCモビットはどちらも同じ三井住友銀行グループです。

さらにSMBCモビットはプロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の子会社で、この2社はとても密接な関係にあります。

現在プロミスからお金を借りている人がSMBCモビットで新たにお金を借りたいと思っても、この2社は大元が一緒なので同じ会社に借金を申し込むような形になります。

そのため審査に通る可能性も貸付金額もあまり期待はできないでしょう。

このように、他社借入がある人の新たな借入先は、現在利用中のカードローンと金融グループが被らないところを選んでいきます。

プロミスに他社借入がある人なら、SMBCモビット以外のアコム、アイフルのどちらかで選ぶべきです。

プロミスとアコムの両方で借りている人なら、次はSMBCモビットではなく独立系金融グループのアイフルを選ぶべきです。


他社借入が銀行カードローンの人も次の借入先は金融グループが異なるところを!

今、他社借入が銀行カードローンである人もこの金融グループの表を参考にして、次の借入先を選ぶのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンで借りている人なら三井住友銀行グループ以外の消費者金融系カードローン、アコムやアイフルを選ぶのがベストです。

新生銀行カードローンレイクで借入がある人なら、レイクALSAは候補から外すべきです。

簡単にまとめると以下の表のようになります。参考にしてください。

現在利用中の
銀行カードローン
金融グループおすすめの
消費者金融
某メガバンク
カードローン
三菱UFJフィナンシャル・グループプロミスSMBCモビットアイフル
三井住友銀行
カードローン
三井住友銀行グループアコムアイフル
みずほ銀行
カードローン
みずほフィナンシャルグループプロミスアコムアイフル
新生銀行
カードローン
新生銀行グループプロミスアコムアイフル


他社借入あるけど年収が少ない人(300万円以下)はお金借りれる?

年収が少ない人(およそ年収300万円未満の方)で現在カードローンで借入がある場合、新たな借入先には消費者金融系カードローンプロミス、アコム、アイフル、モビットなど)がおすすめです。

年収が少なめの方の追加借入におすすめ!

プロミス
メールアドレスとWeb明細利用の登録で初回30日間無利息。三井住友銀行のローン契約機も利用可能。

アコム
多くの人が利用していて安心。初回最大30日間無利息もあります。

アイフル
初回30日間金利ゼロ円あり。

年収300万円未満で他社借入ありの場合、低金利の銀行カードローンはまず審査に通りません。現在の借入先とは別の消費者金融で少しでも金利が安いところを選ぶのがベターです。


アルバイトやパートの方、派遣社員の方など年収の少ない方は、銀行カードローンは初めてカードローンを利用する場合を除いて審査にはほぼ通りません。銀行・消費者金融を問わずカードローンで借入がある方なら、次の選択肢は消費者金融になります。

ただし、消費者金融での借金は合計で年収の1/3相当額までと総量規制で制限されているので、あまりに収入が少ない方や返済が遅れている方は2社目でも審査に通らない場合があります。

次のカードローンの選び方については、前章の他社借入ある人の2件目、3件目のカードローンは何を基準に選んだらいいの?を参考にしてください。



他社借入が銀行カードローンの人がお金を借りるには

今現在、他社借入が銀行カードローンだけの方が次に借りるなら、別の銀行カードローンではなく消費者金融系カードローンプロミス、アコム、アイフル、モビットなど)がおすすめです。

銀行カードローンの方が金利は低いですが、よほど属性が良く年収の多い方でない限り、今は2社目の銀行カードローンは審査に通らないことが多いからです。

銀行カードローンからの2社目に人気!

プロミス
メールアドレスとWeb明細利用の登録で初回30日間無利息。三井住友銀行のローン契約機も利用可能。

アコム
多くの人が利用していて安心。初回最大30日間無利息もあります。

アイフル
銀行カードローンの保証業務をしていないので審査も安心。

銀行カードローンからの2社目に人気なのは大手消費者金融の安心感のあるカードローンです。1社目の保証会社になっていない消費者金融を選ぶのがポイントです。プロミスは無人契約機の多さや振込手数料無料など使い勝手の良さで一番人気があります。


今現在、銀行カードローンで融資を受けている方の2社目の借入先は、プロミスやアイフルなどの大手消費者金融系カードローンがおすすめです。

今、銀行カードローンでの借入がある方は、消費者金融より審査が厳しいとされる銀行カードローンの審査に通った実績があるわけです。

現在の借入で返済状況に問題がなければそんなに心配はいりませんよ。


銀行カードローンからの2社目は1社目の保証会社ではない消費者金融を!

銀行カードローンで借りている方が2社目の借入先を考えるとき、注意したいのは審査を受け持つ保証会社が消費者金融の会社になっていることが多い点です。

例えば三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

銀行カードローンからの2社目として消費者金融のカードローンで借りる場合、1社目の保証会社になっている消費者金融は避けた方がよいです。

というのも、保証会社になっている消費者金融にとっては自社のカードローンでも融資をすると、銀行カードローンの保証額と合わせたトータルの貸付リスク金額が増えることになります。

すると、2社目のカードローン申し込みでは審査に通らない、融資額が少なくなるといった可能性が出てきます。

そのため、2社目となる消費者金融のカードローンは、今借りている銀行カードローンの保証会社になっていないところがおすすめなのです。

主な銀行カードローンの保証会社は以下の通りです。今借りている銀行カードローンの保証会社になっていない消費者金融を選ぶと良いです。

みずほ銀行カードローンで借りている方は保証会社はオリコなので、どの消費者金融を選んでも大丈夫です。

主な銀行カードローンの保証会社一覧

銀行カードローン保証会社
某メガバンクのカードローンアコム株式会社(アコム)
みずほ銀行カードローン株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
住信SBIネット銀行SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
新生銀行カードローンレイク新生フィナンシャル株式会社(レイクALSA)
オリックス銀行カードローン新生フィナンシャル株式会社、オリックス・クレジット株式会社


銀行カードローンで年収の1/3以上借りていても消費者金融で借りれるの?

銀行カードローンで借入をしている方の場合、すでに銀行カードローンで年収の1/3に相当する金額を借入していることも少なくないです。

年収300万円の方なら、銀行カードローンで100万円借りていたら、すでに年収の1/3相当の借金があることになります。

プロミスなどの消費者金融系カードローンは貸金業法により、年収の1/3以内の金額に貸付金額が制限されています(総量規制)。

しかし銀行と消費者金融では管理する法律が異なっています。

銀行銀行法
消費者金融貸金業法

このように貸金業法で規制されているのは消費者金融系カードローンで、銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法で管理されています。

そのため、銀行カードローンですでに年収の1/3に相当するお金を借りているとしても、消費者金融やカードキャッシングでの借入がなければ、貸金業法による総量規制の範囲では「まだお金を借りていない」ということになるのです。

もちろん、プロミスやアイフルなども審査の際は銀行カードローンでの借入・返済状況の参照ができるので、あなたの現在の借入・返済状況を踏まえた初回融資額が設定されます。

「銀行カードローンで年収の1/3以上の借入があるから消費者金融では絶対に借りられない」というわけではありません。そこは安心してください。

銀行カードローンからの2社目におすすめ!

プロミス
メールアドレスとWeb明細利用の登録で初回30日間無利息。三井住友銀行のローン契約機も利用可能。

アコム
多くの人が利用していて安心。初回最大30日間無利息もあります。

アイフル
銀行カードローンの保証業務をしていないので審査も安心。


 


消費者金融2社で他社借入ある人がお金を借りるには

今現在、プロミス、アイフル、アコム、モビットといった消費者金融のみで借入のある方が新たに借りるなら、他社からの借り換えができるカードローンがおすすめです。

借り換えでカードローンを利用するのは、当然ながら初めて借金をする方ではなく、すでに他社でカードローンの借金がある方です。つまり、

借り換えOK=他社借入中もOK

ということ。

現在消費者金融で借入がある方も、借り換えができるカードローンなら他社借入ありなのを理由に審査に落ちる可能性は低いのです。

他社からの借り換えができるカードローン

みずほ銀行カードローン
1社からの借り換えに対応。複数の借入先がある場合、みずほ銀行はそのうちの1社だけの借り換えに対応しています。金利が低いので最も借入額が大きい借金の借り換えがおすすめです。金利は一番高い場合でも年率14.0%。利用にはみずほ銀行の預金口座が必要です。

東京スター銀行カードローン
借り換えコースあり。東京スター銀行のスターワンバンクローンは限度額300万円以内の範囲なら通常のカードローンと同じく繰り返し借入が可能。地方銀行ですが全国各地から申込み可能。利用には東京スター銀行の預金口座の開設が必要です。

アイフルのかりかえMAX・おまとめMAX
借り換え・おまとめ可能な消費者金融。アイフルは消費者金融ですが、貸金業法に基づく借り換えローン(年率12.0%〜17.5%)・おまとめローン(年率12.0%〜15.0%)を扱っていて、これは総量規制オーバーでも借りれます。

現在キャッシングや消費者金融で借入のある方も借り換えOKのカードローンなら借りられる可能性があります。


ただし、これら借り換えOKのカードローンの審査に通るためには

年収が300万円以上あること

借り換え目的で申し込むこと

この2つが必要です。

他社からの借り換えができるカードローン申込みは、現在の借入金額にもよりますが、年収300万円を境に審査通過率が極端に下がる傾向にあります。

審査に通過するには、やはりそれなりの収入があることが絶対条件となります。その上で現在の消費者金融1社あるいは2社での借入を借り換え可能なカードローンに借り換えるのです。

「今アコムで50万円借りているけどさらに50万円借りたい」

「プロミスとアイフルで合計100万円借りているけどまだお金が必要」

そんな方も借り換え目的で申し込むのがおすすめです。

消費者金融での借金を銀行カードローンや借換ローンに借り換えることで、現在借りている消費者金融の融資枠にも余裕が生まれます。

借り換え目的であれば現在の借入を理由に審査落ちする可能性は低く、さらに限度額もある程度つけてもらいやすいというわけです。


借り換え後は総量規制の枠も復活する!

消費者金融ですでに年収の3分の1近い借入がある方は、まず現在の借入を借換ローンや銀行カードローンへ借り換えるのがおすすめです。

総量規制で制限されている消費者金融での借入を、総量規制とは無関係で借りれる借換ローンや銀行カードローンに借り換えて、借金を移動させるのです。

そうすれば、現在利用中の消費者金融系カードローンの年収の3分の1という総量規制の範囲内での借入は、銀行カードローンからの借入で返済することによって、再び融資枠が復活します。p-othercompany02.png

今の消費者金融での借入枠に再び余裕ができるので、再びお金が必要になった場合でも追加の借入ができるようになります。また、借換ローンや銀行カードローンの方が金利が低いため、返済額が減るメリットもあります。

しかし借換ローンや銀行カードローンを利用して総量規制の枠に余裕を作り出すこの方法は、借金の総額自体が増えることにつながります。借りすぎには十分に注意してください。


カードローンの借金があるなら知っておきたい総量規制について

他社借入中の方が次のカードローンを申し込む際には、総量規制に注意しなくてはなりません。

総量規制とは、貸金業者からの融資額をその人の年収に応じて金額制限する規制のことです。総量規制は貸金業者の貸しすぎによる多重債務者の増加を防ぐ目的で、平成22年6月18日から実施されています。

総量規制により貸金業者での借入残高が年収の3分の1を超えると、新規の借入ができなくなります。年収600万円の方なら、貸金業者で借りれる金額は最大でも200万円までということです。

アコムのカードローンは借入限度額が最大800万円となっていますが、これはあくまで商品設計上の借入限度額です。アコムで800万円を借りるなら、年収は少なくともその3倍である2400万円は必要になります。

年収が300万円の方なら、年収の3分の1は100万円です。アコムなど貸金業者やカード会社のキャッシングで借りれるのは最大100万円になります。

また、総量規制は借入金額については制限していますが、借入件数については制限していません。

そのため、年収300万円の人の場合、

年収300万円の人
1社から100万借入中 → 他社からはもう借りれない
5社から合計70万借入中 → 他社からあと最大30万円借入可能

ということになります。

今、消費者金融で借金がある方は、新たに借入を申し込む前に必ず現在の借入総額がいくらかを確認してください。


銀行カードローンと消費者金融の両方で他社借入ある方が借りるには

今、銀行カードローンはもちろん消費者金融1社で借入がある方でさらにお金を借りるなら今借りている消費者金融とは別の消費者金融系カードローンがおすすめです。

プロミスで借りているならプロミス以外のアコムやアイフル、モビットのカードローンのどれかです。

おすすめ消費者金融系カードローン

アイフル
信頼性の高い事前診断。独自資本かつ銀行カードローンの保証業務も行っていないため、他社借入の影響も他より少なめ。貸金業法に基づく借り換え・おまとめローンも取り扱っています。

アコム
多くの方が利用していて安心。初回30日間無利息もあり。

プロミス
アイフル、アコムですでに借入のある方はこちらがおすすめです。

銀行カードローンと消費者金融どちらも借入ありの方は、事前診断に信頼性のあるアイフルでまずは1秒診断するのがおすすめ。


銀行と消費者金融系カードローン両方に借入している場合、少なくとも借入件数が2件はあり、すでに収入に対してけっこうな割合の借入をしているはずです。

その状態では過剰融資問題が発覚して以降、審査が厳しくなっている銀行カードローンで新たに借入を申し込むのは、みすみす審査に落ちに行くようなもの。

そうなると必然的に選択肢は消費者金融系カードローンになってきます。

しかし、消費者金融系カードローンの借入は、総量規制で年収の1/3までに総融資金額が制限されています。

すでに消費者金融でも借入があるので、総量規制の制限には注意しなければなりません。

今契約中のすべての消費者金融系カードローンからすでに年収の1/3に相当する金額を借りている場合は、残念ながら申込みはできません。

その場合、可能性は低いですが、消費者金融での借入を借り換える目的で金融会社各社が取扱う「貸金業法に基づく借換ローン」を利用しましょう。

現在利用している消費者金融で「貸金業法に基づく借換ローン」を扱っていれば、そちらに借り換えるのをオペレーターさんに相談してみるのもよいです。
【参考記事】プロミス、アイフル、アコムなど消費者金融のおまとめローン借り換えのメリット・デメリットは?


他社借入ありで審査が不安ならアイフルの1秒診断でまずチェック!

銀行カードローンと消費者金融の両方で借入があると、申込み時の審査に通るか不安になるものです。

そんな時におすすめなのが、アイフルの事前借入診断「1秒診断」です。

アイフル以外にもプロミス、アコムでも事前診断サービスはありますが、アイフルがおすすめなのは他社借入金額に銀行カードローンでの借入も含めた金額で診断しているからです。

実際に消費者金融の審査では銀行カードローンでの借入・返済状況も個人信用情報照会で確認しています。

しかしプロミス、アコムの事前診断は他社借入状況を消費者金融での借入だけを対象としているので、事前診断と本番の審査結果に大きな食い違いが出る可能性があります。今すでに銀行カードローンで借りている方にとっては結果の信頼性が高くありません。

その点、アイフルの1秒診断は銀行での借入も含めた現在の借入状況をトータルで診断してもらえるというわけです。

すでにアイフルで借入をしていて他社を検討中の方も、アイフルの1秒診断で審査結果のおよその感触を掴むことはできるはずです。申込み前に試してみるのをおすすめします。


審査が不安なら。正式申込み前にお試し診断ができるカードローン

正式申し込み前にお試し診断ができるカードローンはいくつかあります。

申込み前の事前診断は各カードローンの公式サイトから、簡単な質問項目に答えるだけで、誰でも無料ですぐ利用できます。氏名・住所など個人情報の記入なしで事前診断できます。

お試し診断がある主なカードローン

カードローンお試し診断名入力項目
プロミスお借入診断生年月日、年収、他社借入金額
アコム3秒診断年齢、年収(総支給額)、カードローン他社借入金額
アイフル1秒診断年齢、雇用形態、年収、他社借入金額(※銀行カードローンを含む)
レイクALSA(レイクアルサ)お借入れ診断生年月日、本人年収、他社借入件数・他社借入金額(※銀行カードローンを含む)


お試し診断の結果、特に問題がなければ以下のような診断結果が出ます(プロミスの場合)。

p-promiseotamesi01.png

#お試し診断を行った結果、「融資可能と思われます」という回答が出たら、現在借金があってもまた新たにカードローンを申し込んで借りられる可能性があります。そのまま申込みをしても良いでしょう。
おすすめ消費者金融系カードローン

アイフル
信頼性の高い事前診断。独自資本かつ銀行カードローンの保証業務も行っていないため、他社借入の影響も他より少なめ。貸金業法に基づく借り換え・おまとめローンも取り扱っています。

アコム
多くの方が利用していて安心。初回30日間無利息もあり。

プロミス
アイフル、アコムですでに借入のある方はこちらがおすすめです。

銀行カードローンと消費者金融どちらも借入ありの方は、事前診断に信頼性のあるアイフルでまずは1秒診断するのがおすすめ。


2件目、3件目のカードローンはいくら借りれるの?

カードローンの借入が2件、3件となると、銀行カードローンだけではなく、消費者金融のカードローンを利用している方も多いでしょう。

プロミス、アコム、アイフルやモビットはともに消費者金融のカードローンなので、貸金業法による総量規制の対象となっています。

今、消費者金融とクレジットカードのキャッシングでの借入がある方は、現在の借入合計額と合わせて年収の1/3以内に収まる金額が借りれる上限となります。

年収240万円の方の場合、年収の1/3相当額は80万円になります。この80万円がこの方が消費者金融やクレジットカードのキャッシングで借りられる上限です。

この方が現在消費者金融のカードローンで50万円の借入があると、残りは30万円です。実際には利息の加算も含めて年収の1/3以内に収まるよう、カードローン会社で限度額が決められるので、追加で新たに借入可能なのは15万円くらいになります。

このように、自分の年収の1/3相当の金額から、現在の借入合計額を差し引いた金額が、新たなカードローンで借りられる金額の最大値になります。

消費者金融各社は貸金業法に基づく借換ローン・おまとめローン以外で総量規制以上の貸付を行うと法律で罰せられるため、年収の1/3以上の金額を貸し付けることは基本的ありません。


他社借入が多い以前に、他の支払いに滞納があると審査に通らない。

カードローン申込み時の他社借入件数・借入金額には含まれないものの、気をつけたいのが奨学金の返済やクレジットカードの支払いです。

奨学金の返済は毎月きちんと支払っている人なら問題ありませんが、奨学金の返済を2ヶ月以上滞納していると、個人信用情報に金融事故情報として記録されます。

奨学金返済の滞納は2ヶ月まではセーフで、3回滞納するといわゆるブラックリスト入りします。

クレジットカードの支払いも数日程度の遅れならカード会社の温情で延滞金を払うだけで済むことが多いです。

しかしカード会社からの電話に出ないなど、滞納したまま不信感を抱かせる状態が続けば個人信用情報に事故情報として記録されます。

そうなるとアコムをはじめとする大手消費者金融の審査には通らなくなってしまいます。

他社借入あっても借りれるかなどを気にする以前に、クレジットカードや奨学金返済など、すべての支払いで滞納がないか、今一度確認しておきましょう。


2社目、3社目のカードローンが絶対に借りれない方

お試し診断を試した結果、融資可能と思われますという判定が出ても、正式申込みでは絶対に借りれない方というのも存在します。

それはどのような方かというと、

  1. 現在の借金の返済が遅れている方、滞納している方
  2. 任意整理・個人再生などの債務整理中の方
  3. 現在仕事をしておらず無職で収入のない方

などです。該当する方はカードローンの申込みは諦めてください。

まず現在の借入先で返済を滞納している方は、残念ながら新規でカードローンを申し込んでも審査に落ちます。

「滞納分を返済したいから借りるんじゃ〜!」という声も聞こえてきそうですが、こればかりは仕方ありません。金融会社にとってきちんと返済していない人は、一番信用のない方なのです。

また現在債務整理中で、任意整理・個人再生により借金の引き直しをして返済中の方も借りるのは無理です。個人信用情報に事故情報が載っていますので、新たなカードローンでの借入は残念ながら不可能です。

借金はあるけど今は事情があって仕事をしていない、収入がないという方も、残念ながらカードローンの審査には通りません。まずはアルバイトや派遣の仕事に就くことを第一に考えましょう。



借金あるけどお金借りれる?さまざまな疑問に答えます!


Q:100万円以上の借金があってもさらに借りることはできる?

レイクで100万借りてるけど他に借りれる所はありますか?

すでに200万円以上の借入があるけど、さらに借りることはできる?

確かに今借りている金額が100万円、200万円という規模になってくると、さらに借りたくても借りれるかどうか不安になってきますよね。

しかし実際のところ、他社借入中の方が新たにカードローンを申し込む際、審査では現在借りている金額そのものよりも、現在の収入と借入金額とのバランスが重視されます。

たとえレイクALSA(レイクアルサ)で100万円借りているとしても、あなたの年収が800万円ほどあり、レイクALSA以外に借入がないのなら、アコムでも借りれる可能性は十分にあるでしょう。

しかしあなたの年収が200万円ほどで、すでにレイクALSAで100万円借りているのなら、収入とのバランスからみて、アコムでは借りられないか、借りれたとしても限度額はかなり低めに抑えられる公算が大です。

金融会社から問われるのはあなたの現在の借金の金額ばかりではありません。現在の収入やきちんとお勤めかなど、貸したお金の返済能力に関する部分を非常に重視しています。

単純にすでに100万円借りているとよそでは絶対に借りられない、といった決まりや規制があるわけではありません。

100万円という借金そのものより、ご自身の収入から考えて無理なく返済可能な借入であるかを判断してください。

Q:他社借入件数4社、5社、6社あるけどお金を借りたい。借りれるところは?

現在の他社借入が4件、5件、6件となると、借入件数だけでカードローンの審査に落ちてしまう場合がほとんどです。

銀行の借り換え・おまとめローンなら全ての借入をまとめることを前提に申し込んでみるのも一つの手ですが、審査に通過できるかはかなり微妙なところです。

消費者金融であれば、借入件数はともかく、借入総額がすでに総量規制の枠(年収の1/3)にひっかかっていたらお金を借りるのは難しいです。

消費者金融でも「貸金業法に基づく借換ローン」「おまとめローン」なら借換が条件となりますが、年収の3分の1以上でも借りれる可能性はあります。ただし銀行カードローンと比較すると金利は高いです。

また、「総量規制以上に融資可能!」「他社借入件数5件、6件の方も融資の相談に応じます」といった文言で積極的に融資しているように見える金融サイトも探せば見つかると思います。

しかしそういった業者は貸金業登録していない非正規の金融業者、いわゆるヤミ金の可能性が非常に高いです。甘い言葉に乗って融資を受けてしまうと、トイチやトゴといった高金利の利息の支払いを要求されるなど、さらに大変な状況になるのは目に見えています。間違っても絶対に申込みをしてはいけません。

さらには「多重債務者救済連盟」「全日本多重債務者貸金組合」など、実在しない架空の団体を名乗って違法業者を紹介するサイトも存在します。

借入件数が増えてしまってお金を借りれない人の弱みにつけ込む、こうした悪質な業者には十分気をつけてください。

Q:他社借入中の専業主婦がさらにお金を借りるには?

現在借金をしている専業主婦の方の中には、専業主婦になってから今の借金を作ったのではなく、仕事をしていて収入のある時にカードローンでお金を借りるようになり、完済する前に妊娠や出産を機に仕事を離れざるを得なくなった方も少なくないと思います。

しかし仕事をしていた時と比べると、専業主婦の女性がカードローンで新たにお金を借りるのは一気にハードルが上がります。

まず、アイフルやプロミスといった大手の消費者金融のカードローンでは法律により自身に収入のない専業主婦の方の新規申込みはできません。

一部の銀行カードローンでは専業主婦の方も借入可能なところがあります。

ただし審査を通過できる可能性は、他社借入のない主婦の方と比べると低くなる点は否めません。

専業主婦の方が借入可能な銀行カードローンについては別ページにまとめています。見ておいてください。
【参考記事】専業主婦でも融資可能なカードローン

Q:他社借り入れあっても100%借りれる、絶対に借りれる金融はあるの?

他社借り入れがある状態でさらに新たにカードローンを申し込むのは、借り入れが多い人ほど審査が不安になってしまうものです。

他社借り入れがあっても100%審査に通る絶対に借りれる金融はどこなのか?ネットで一生懸命に探してしまう気持ちもわかります。

しかし残念ながら100%確実に審査に通る、絶対に借りれる金融というのはありません。ネットで出てくる「100%借りれる金融」「絶対借りれる金融」というのは、間違いなく違法業者、ヤミ金です。

ヤミ金業者は借り入れが多くて不安になっている人が藁をもすがる思いで必死になっているのを利用して融資を持ちかけます。

ヤミ金はほぼ無審査なので、考えようによっては非常に簡単にお金を借りれるわけです。しかし返済するのは非常に大変です。

さっさと完済してヤミ金と縁を切りたくても、振込返済の口座が毎回変わるなど巧みな方法で完済させてもらえず、利息をひたすら請求される場合もあります。

たとえ審査が不安でも、違法業者からはお金を借りるのは絶対にダメです。



借金があっても借りれるカードローンはある。要は返済能力。

借金あるけどお金借りたい。でも、借金しててもお金借りれるのか。

審査に通るのか不安はあるものの、他社借入あっても返済能力があると見なされれば、借金があっても借りれるカードローンはあります。

借入金額や借入件数よりも、返済能力の有無の方が金融会社からは重視されます。

カードローンの総借入金額が300万円あっても、年収2000万円くらいある人ならまだ余裕でお金を借りることができます。

逆に他社借入1件で20万円の借入がある人でも、パートで月5万円しか収入のない人ならそれ以上お金を借りるのは難しくなります。

借金がいくらあるのか、他社借入件数が何件あるかよりも、現在の収入がいくらで返済能力が十分あるかの方がより重要です。

借金がある人のカードローンの選び方や注意すべき点はいくつかあるものの、返済能力が十分であれば、それほど心配することはありません。

#借金があっても借りれるカードローンはいくつもあります。返済能力が十分ならそれほど心配することもありません。


しかしクレジットカードのキャッシングや複数のカードローンで、気づいたら給料の大半が返済に回さなければならなくなり、生活費が全然足りないといった状況になってしまう方もいるのが実際のところです。

借金をした状態で別のカードローンに借入をすることには、こうしたリスクがあることも考えて、慎重に利用してくださいね。


借金があっても借りれるカードローン


多くの人が他社借入中でも借りてる安心のアコム

アコム

免許証だけ・パスポートだけでも申込可能。
初回は最大30日間金利0円!提携コンビニATMで24時間借入・返済できる。審査が不安な方の2件目、3件目の借入にもおすすめ。
※他社借入中の方も審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用できない場合もあります。

実質年率借入限度額審査時間融資まで
3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間
詳細はこちら公式サイトへ

2件目、3件目に借りる人も多いプロミス
#プロミス

プロミス

即日融資も可能!初回30日間無利息!
来店不要。必要書類はネットで提出。Web完結も対応可能!限度額50万円以内なら免許証だけで借りれる!※初回30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

実質年率借入限度額審査時間融資まで
4.5%~17.8%1〜500万円最短30分最短1時間融資も可能
詳細はこちら公式サイトへ
審査が不安な方におすすめ!アイフル
アイフルアイフル

アイフル

スマホで申込み→無人契約機で契約完了ですぐ借りられる!
初回30日間金利ゼロ円!1000円単位で借入OKで必要な分だけお金を借りられる!来店不要。無人契約BOX内の電話応対も可能!

実質年率借入限度額審査時間融資まで
3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資も可能
詳細はこちら公式サイトへ

この記事に関連してよく読まれている記事はこちら