消費者金融でお金を借りる

アイフルで今すぐお金を借りる|他社借入あっても借りれる?審査と金利・返済額について

アイフル
スマホで申込み→無人契約機で契約完了ですぐ借りられる。
初回最大30日間金利ゼロ円!1000円単位で借入OKで必要な分だけお金を借りられる!来店不要。無人契約BOX内の電話応対も可能。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。※他社借入中の方も審査可能ですが利用状況によっては契約できない場合があります。
 
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間融資も可能
アイフルの特徴

審査は最短30分!即日融資も可能!

誰にも内緒に知られずにカード受け取りが可能!

初めて利用する方は契約日から30日間無利息で借入が可能!

即日融資も可能!借りやすいアイフルのカードローン

アイフルのカードローンはスマホやパソコンからのインターネット申込み、無人契約機、アイフル店舗で借入の申込みができます。

アイフルは1000円単位で借入が可能で、さらに審査は最短30分。今どうしても必要な金額だけを素早く借りることができます。

借入のスピードでいえば最短コースはスマホからの申込み。

スマホから今その場ですぐに申し込んで、審査結果がわかるまで最短30分。

その間に近くのアイフルの無人契約機か無人契約でんわBOX「てまいらず」の場所を調べます。

審査通過がわかり次第、すぐ直行。無人契約機でカードを受け取って、その場でお金を引き出すというのが最速です。

アイフルで急いで今すぐお金を借りるなら、この方法がおすすめです。

アイフルなら誰にも知られずカード受け取りが可能。

アイフルのカードローンを契約した場合、カードの受け取りは自宅への郵送、もしくは無人契約でんわBOX「てまいらず」での受け取りを選ぶことができます。

自宅への郵送の場合はご本人様限定配送で届くので安心してカードを受け取ることができます。

それでも同居の家族にバレないか心配な方は、自宅以外でカードを受け取れる無人契約でんわBOX「てまいらず」を利用しましょう。運転免許証、パスポートなどの本人確認書類を持って近くの無人契約電話BOX「てまいらず」に行き、そこで電話してカードを発行してもらえます。

借金するのを誰にも知られたくない。そんな場合は、プライバシーの配慮も行き届きているアイフルのカードローンがおすすめです。

アイフル公式サイトはこちら

アイフルでいくらお金を借りれるの?

アイフルの借入限度額は最高800万円まで。

しかしアイフルは貸金業法で規制される消費者金融なので、個人への貸付は総量規制により年収の1/3までに制限されています。

アイフルで800万円を借りるには、最低でも年収2400万円は必要ということになります。普通の方がアイフルで800万円も借りるのは難しそうですね(汗)

アイフルに初めて借入を申し込む方の初回借入可能額は、それほど多くありません。年収300万円の方が、いきなり初回から年収の1/3に相当する100万円をアイフルから借りられるかといえば、それはまず無理です。

申し込む方の属性や条件によりますが、アイフルでは他社での借入がない方であれば、初回は年収の1/10相当額が借入限度額になれば良い方ではないでしょうか。

アイフルでは何かまとまったお金を借りるというよりも、交際費や生活費などの不足を補うために数万円、十数万円を借りるといった利用法が向いています。

50万円、100万円といった大金を借りたい場合はまず銀行にあたってみるのがおすすめです。急ぎでちょっとしたお金が必要なら、アイフルの方が向いています。

アイフル公式サイトはこちら

アイフルの審査に通るには?

アイフルの貸付対象者は、アイフル公式サイトによると「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」となっています。

パートやアルバイトの方は会社員の方と比べたら収入は少ないですが、定期的な収入がある方であれば貸付対象となっているので、アイフルならパートやアルバイトの方でも審査に通ってお金を借りることもできます。担保や連帯保証人も不要ですから、誰にも頼らずにお金を借りることができますね。

アイフルの審査は最短30分。1分でも早く借りたい、とにかく急ぐ場合は、スマホなどインターネットから申し込み後、フリーダイヤルに電話すると審査も早く進めてもらえます。

審査についてはアイフルも他社カードローンと同じように自動審査を進めています。年齢、職業、年収、居住区部などによるスコアリング評価の他、他社での借入状況、返済状況なども個人信用情報データベースへ瞬時にアクセスして判断材料とされます。

他の消費者金融からすでに借りていて返済が遅れている、奨学金の返済や携帯料金の支払いに未払いがあるなど、金融事故がある場合は、アイフルの審査には落ちてしまう可能性が高くなります。

アイフルの審査は決して厳しくはなく多くの方が借入可能ですが、金融事故情報にだけは敏感です。思い当たる節がある方は申し込まない方がいいでしょう。

アイフル公式サイトでは申込み前に事前に融資可能か1秒でわかる「1秒診断」も用意されています。借入可能かは申し込む前にある程度のアタリをつけることができます。

アイフル公式サイトはこちら

アイフル申込みに必要な書類

アイフルの申込みに必要な書類は多くありません。最低限必要なのが本人確認書類のうちのどれか一つ。

その上で希望する借入額や就業状況に応じて収入証明書類のうちどれか一つの提出が必要です。

本人確認書類
運転免許証・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付きのみ)

アイフルでは本人確認書類は顔写真付きのものが原則です。そのため健康保険証はアイフルでは本人確認書類として利用できません。

アイフルでは健康保険証、年金手帳、年金証書での本人確認は行っていません。

収入証明書類
源泉徴収票、確定申告書、住民税決定通知書、所得証明書、給与明細書(直近2ヶ月分、地方税(住民税)の記載がある場合、直近1ヶ月のみで可となる場合もあります。)

本人確認書類は記載されている住所が現住所と異なる場合は、電気・ガスなど公共料金の領収書か住民票の写し、印鑑証明書のうちどれかが必要になります。

アイフルでの利用限度額50万円以上、アイフルと他の貸金業者(消費者金融)を合わせて総額100万円を超える借入を希望する場合は、収入証明書類の提出も必須になります。

本人確認書類は運転免許証が使えるので、いつも持ち歩いている方も多いでしょう。収入証明書は借入希望額が大きい場合や自営業の方などは必要になってきます。申込み前にあらかじめ用意しておきましょう。

アイフルの返済方法。口座振替の自動引き落としがラク

アイフルで借りたお金の返済日は、毎月決まった日までに返済する約定日制と、初回借入日から35日毎に返済を行うサイクル制の2つの支払いサイクルがあり、利用者はどちらかを選んで返済することになります。

アイフルの返済は毎月決まった日の約定日制がおすすめ。

返済のしやすさや返済計画の立てやすさで選ぶなら、毎月決まった日までに返済する約定日制がおすすめ。サイクル制は35日おきなので、毎月返済期日が変わってしまい、返済日をうっかり忘れてしまうことが多くなります。

約定日制にして「毎月〇〇日はアイフルへの返済の日」と決めておいた方がわかりやすいです。

それでもスケジュール管理に不安のある方は、アイフルでは支払期日3日前にメールでお知らせするサービスも無料で提供しています。これを利用するといいでしょう。

返済期日が土日祝日にあたる場合は、翌営業日が返済期日になります。

返済方法は、銀行振込、口座振替(自動引き落とし)、アイフル店舗・ATMからの返済、提携ATM、コンビニATMからの返済ができます。手数料は以下の通り。

返済方法 手数料 備考
銀行振込 振込手数料が必要 振込手数料はお客様が負担
口座振替(自動引き落とし) 無料 所定の手続きが必要。
アイフル店舗 無料 営業日・時間は、店舗により一部異なります。
アイフルATM 無料 営業日・時間は、店舗により一部異なります。
コンビニATM・提携ATM 1万円以下/108円
1万円以上/216円
出金時の手数料は次回入金時に精算。

アイフルへの返済は、アイフル店舗やアイフルATMでの返済が手数料無料でお得です。お住まいやお勤め先の近くにアイフルATMがあれば、そこを利用するのがよいです。

コンビニ・提携ATMの利用は出金(借入)・入金(返済)ともに1万円以下が108円、1万円以上が216円のATM利用手数料が発生します。

ATM手数料と利用可能な提携ATMを他社と比較すると、以下のようになります。

提携ATMでカードローンを比較

カードローン 提携ATM手数料無料 提携ATM手数料あり
アコム アコムATM 提携コンビニATM
三菱UFJ銀行、イオン銀行、熊本銀行、親和銀行、第三銀行、東京スター銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行(借入のみ)、広島銀行、福岡銀行、北海道銀行、北陸銀行
プロミス プロミスATM
三井住友銀行
提携コンビニATM
三菱UFJ銀行、東京スター銀行、福岡銀行、イオン銀行、第三銀行、熊本銀行、西日本シティ銀行、横浜銀行、ゆうちょ銀行、親和銀行(借入のみ)、広島銀行(借入のみ)、八十二銀行(借入のみ)
アイフル アイフルATM 提携コンビニATM
三菱UFJ銀行、イオン銀行、西日本シティ銀行、親和銀行、福岡銀行(借入のみ)、熊本銀行(借入のみ)
SMBCモビット 三井住友銀行 提携コンビニATM
三菱UFJ銀行、イオン銀行、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、ゆうちょ銀行、北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行、北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、中京銀行、百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、トマト銀行、西京銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行
三菱UFJ銀行バンクイック 提携コンビニATM
三菱UFJ銀行
三井住友銀行カードローン 提携コンビニATM
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
みずほ銀行カードローン みずほ銀行
イオン銀行
提携コンビニATM(月4回まで無料)

※ATM手数料ありの場合、ATM手数料はすべて借入・返済ともに1万円以下110円/1万円以上220円です。
※提携コンビニATMはセブン銀行、ローソン銀行ATM、イーネット(ファミマ、ミニストップなど)
※アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットはクレディセゾンATMも利用可能。SMBCモビットはプロミスATMも利用可能です(ATM手数料あり)
※2019年10月01日時点

ATM手数料に関してはアイフルは他社カードローンと比較して、手数料無料で利用できるところが少ないです。ここはアイフルのデメリットかもしれませんね。

アイフルへの銀行振込での返済は振込手数料が発生します。

しかし、ご利用の銀行口座によっては銀行側で一定回数の振込手数料が無料になるところもあります(住信SBIネット銀行や新生銀行など)。こうした銀行口座の利用で振込手数料を節約する方法もあります。

アイフルへの返済は、口座振替の自動引き落としが一度手続きが済めば、手数料も無料で一番ラクです。口座振替の手続きはWeb上から行えますが、引き落とし日は銀行口座によって指定の日が決められています。毎月3日、27日、28日のどれかで指定している金融機関が多いです。ゆうちょ銀行だと毎月27日が引き落とし日になります。

アイフルからの自動引き落としは、アイフルが直接行うのではなくアイフル100%子会社のライフカード株式会社を通じて行われます。そのため、通帳には「ライフカード(カ」という引き落とし名で記帳されます。

アイフルへの返済は、自動引き落としにすると通帳にもクレジットカードの引き落としにしか見えないよう記帳されるので、借入だと家族に知られたくない場合にも言い訳ができますね。

アイフルの返済金額。金利は安い?毎月いくらの支払いになるの?

アイフルで借りたお金の毎月の最低返済額は、支払期日までの借入金額に応じて以下の表のように変わります。

借入後残高 返済金額(約定日制) 返済金額(サイクル制)
〜10万円 4,000円 5,000円
10万〜20万円 8,000円 9,000円
20万〜30万円 11,000円 13,000円
30万〜40万円 11,000円 13,000円
40万〜50万円 13,000円 15,000円
50万〜60万円 16,000円 18,000円
60万〜70万円 18,000円 21,000円
70万〜80万円 21,000円 24,000円
80万〜90万円 23,000円 27,000円
90万〜100万円 26,000円 30,000円

借入残高が10万円以下なら、毎月支払の約定日制だと月々4,000円です。

もちろん家計に余裕のあるときは5,000円、6,000円と、4,000円以上返してもOKです。最低返済額以上に支払った分は繰上げ返済として扱われ、借入残高に反映されます。

アイフルでは毎月の最低返済額は4,000円からです。これなら毎月のお小遣いから支払いに当てられる方も多いのではないですか?

しかし注意したいのが、毎月最低返済額での返済をすると、どうしても返済回数が増えてしまい、その分だけ金利の支払いが多くなる点です。

ここで仮に10万円を借りた場合の返済回数と返済金額、金利の支払い額を表にまとめてみました。

アイフルで10万円借入時の金利の支払額

返済期間 返済回数 各回返済金額 返済総額 金利支払額
1年 11回 10,000円 109,106円 9,016円
2年 24回 5,000円 119,712円 19,712円
2年8ヶ月 32回 4,000円 126,194円 26,194円

同じ10万円の借入でも、1年で完済するのと、最低返済額の4000円づつ2年8ヶ月かけて完済するのとでは、金利分の支払い額に大きな差が出てきます。

もちろん、借入金額が10万円ではなく、20万円、30万円と、もっと大きくなれば、金利の支払い額も大きくなります。早めに完済できるのなら、どんどん早く繰上げ返済してしまった方が、当然金利は安く済みます。

借りたお金は早く返済した方が、利息の支払い額は少なく済むのでお得です。 でも、毎月の給料やお小遣いの額は決まっていて、毎月の返済可能な金額もある程度決まっている方も多いでしょう。毎月無理なく支払いができる金額を決めて返済を進めていけば大丈夫ですよ。

アイフル公式サイトはこちら

アイフルの在籍確認。職場への電話連絡なしでも大丈夫?

アイフルのカードローンを申し込む場合、基本的に在籍確認は必ず行われます。在籍確認なしでお金を借りられることはありません。

勤め先の確認は、その人に収入があることの裏付けを取る意味が大きく、金融会社としては融資を行う前の必須事項となっています。残念ながらこれを避けて通ることはできません。

しかし、アイフルでは、在籍確認を職場への個人名による電話連絡ではなく、勤め先が確認できる書類で代行できる場合があります。

職場への在籍確認の電話連絡がどうしても困る場合は、申し込み後すぐに電話でオペレーターに在籍確認の方法について相談しましょう。

電話連絡以外の方法で在籍確認を行うための書類を準備

在籍確認が行える書類としては、以下のものが上げられます。

勤め先から支給の給料明細書(直近のもの)

本人の氏名と会社名がきちんと同一紙面に掲載されていることが最低条件になります。

在籍確認を電話以外で行う場合のデメリット

貸付限度額が低めに設定される。

退職したばかりでも直近の給与明細なら持っているものです。金融会社にとってはやはり電話での在籍確認が一番確実で、書類での在籍確認は信頼性という面で電話より劣ります。そのため、書類で在籍確認を行う場合は、初回貸付金額も低めに設定されることが多いです。

書類の準備が必要

在籍確認のための書類を準備しなければならないので、電話での在籍確認に比べて、どうしても手間がかかります。

在籍確認を電話以外で行うメリット

職場への電話連絡を避けられるので借入の職場バレを防げる。

これが一番のメリットという方もいらっしゃるでしょう。普段から外線電話の多い職場ならともかく、自分宛に電話がかかることは滅多にない職場なら助かりますね。

土日など職場が休みの日でも融資を受けられる。

書類で在籍確認ができれば、職場が休みで誰もいない日にお金を借りる場合でも手続きが行え、即日融資できる場合があります。

借りすぎない!アイフルの女性限定カードローン「SuLaLi」

初回利用は30日間無利息!女性専用ダイヤル&ショートメッセージ連絡で安心!来店不要のWEB完結申込み!※既にアイフルで契約中の方はご利用になれません。
 
実質年率 18.0%
借入限度額 10万円
収入証明書 原則不要
融資まで 契約手続き後、最短即日融資も可能

アイフルでは女性限定のカードローン「SuLaLi(スラリ)」の取り扱いもあります。

こちらは借入限度額10万円。貸付対象者は「満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、アイフルの定める基準を満たす方。」となっています。

会社勤めのOLさんや派遣社員や契約社員として仕事をしている女性の方はもちろん、パート勤めの主婦の方でも貸付対象になります。

女性オペレーターのみの女性専用ダイヤルが設置されているので「初めてでちょっと不安なんだけど・・・」「こんなこと相談してもいいのかな」なんてことも気軽に聞けます。

10万円をアイフルのSuLaLiで借りた場合、返済額は毎月4000円づつ(※毎月約定日払いの場合)。

利息は年利18.0%ですが、実際にお金を借りてから初めて利息が発生するシステムで、年会費や手数料はかからないため、家計のピンチに備えて契約だけしておく、というのも安心で賢い利用法ですね。

SuLaLiのカードを持っていれば、いつでもすぐアイフルからの借入が可能になります。今すぐお金が必要!というわけではないけど、急な出費に備えて持っておくと良いでしょう。

銀行より低金利で借りれるアイフルのファーストプレミアムカードローン

実質年率9.5%以下!銀行のカードローンより低金利!
アイフルが初めてなら最大30日間利息0円!来店不要。23歳以上で年収300万円以上ある方専用の低金利カードローン!
 
実質年率 3.0%〜9.5%
借入限度額 100万円〜800万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間融資も可能

アイフルでは年率3.0〜9.5%、限度額100万円から800万円までという、低金利なファーストプレミアムカードローンの取り扱いもあります。

申込み条件は

  • 満23歳〜59歳の方
  • 一定の年収がある方(年収300万円以上)
  • アイフルを初めて利用する方

となっています。

ファーストプレミアムカードローンは限度額が100万円からですが、法律により融資額の総額が年収の1/3以内に制限されている総量規制対象の貸付となるため、利用には最低でも年収300万円あることが必要になります。

しかし年収が300万円以上ある方にとっては、銀行カードローンよりも低金利になる場合があります。

限度額別に主な銀行カードローンと金利を比較すると、以下のようになります。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
アイフル
ファーストプレミアム
カードローン
3.0〜9.5%3.0〜9.5%3.0〜6.5%3.0〜5.5%3.0〜4.5%3.0〜4.5%3.0〜4.5%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

例えば借入限度額が100万円超200万円以下の金額を借りる場合、アイフルのファーストプレミアムカードローンは年率9.5%からの金利です。

しかし他の銀行カードローンを見てみると、借入限度額100万円超200万円以下の金額を年率9.5%より低い金利で借りれるところはほとんどないのがわかります。

場合によっては銀行カードローンからの借り換えといったことも考えられるほどの低金利なのです。

総量規制による年収制限には注意しつつ、条件に合う方であればおすすめのカードローンです。

【参考】アイフルでお金を借りた人の体験談がある記事一覧

http://innovation-crew.biz/test01/qanda/aifulother.html http://innovation-crew.biz/test01/qanda/othercompany.html http://innovation-crew.biz/test01/qanda/consumeromatome.html
アイフル
スマホで申込み→無人契約機で契約完了ですぐ借りられる。
初回最大30日間金利ゼロ円!1000円単位で借入OKで必要な分だけお金を借りられる!来店不要。無人契約BOX内の電話応対も可能。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。※他社借入中の方も審査可能ですが利用状況によっては契約できない場合があります。
 
実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 800万円
審査時間 最短30分
融資まで 最短1時間融資も可能