今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

専業主婦でも融資可能なお金を借りれるカードローンはどこ?


一部の銀行カードローンの中には、現在仕事をしていない専業主婦の方でも借りれるカードローンがあります。

申し込みには配偶者の方に収入がある、というのがどの銀行にも共通の条件で、その他、銀行ごとに年齢やお住まいの地域などの条件が加わります。

収入のない専業主婦の方が融資対象の場合、銀行カードローンといえど、貸付限度額には制限が設けられています。きちんと返済できる範囲で利用しましょう。

※銀行カードローンによる過剰融資が国会でも取り沙汰された2017年4月以降、専業主婦向けの融資の案内を自粛する銀行が増えています。当サイトにも銀行側からの記載削除要請があり、残念ながら当サイトでも一部しか掲載できません。しかし実際には大手メガバンクをはじめ融資可能な銀行はいくつもあります。


p-sengyoshufu01.jpg

専業主婦の前に立ち塞がる「毎月一定の安定した収入」の壁

専業主婦の方でもお金が必要になることは当然あります。場合によっては、どこかからお金を借りなくてはいけない状況になることもあるでしょう。

しかし、カードローンの契約をする場合、契約できる方の条件には「毎月一定の安定した収入のある方」や、これに類する表現で収入のある方と記されていることが多いですね。

仕事をやめて専業主婦となっている方の場合、不動産収入や株の配当などがある方など、一部をのぞけば、自分自身には収入のない場合がほとんどですよね。

働きに出たくても、子供がまだ小さすぎる、保育園に入園できなかった、今住んでいるところは田舎すぎてパートの仕事さえなかなかない。そんな事情で専業主婦となっている方も少なくありません。

自宅でクラウドソーシングの仕事でせっせと記事を書いたりしていても、とても安定した収入とは言い難いのが現状。

「毎月一定の安定した収入」は専業主婦になった女性にとっては非常に大きな壁です。しかしほとんどのカードローンでは契約可能な方の条件にこの一文が入っています。

専業主婦の方がカードローンでお金を借りるには、どうすればよいのでしょうか?

専業主婦はアコムやプロミスでは融資が受けられない?

お金を借りるというと、アコムやプロミスなどの消費者金融系カードローンを思い浮かべる方も多いでしょう。テレビCMはもちろん、雑誌の広告や電車の車内広告などで普段から目にする機会も多いですからね。

しかし、アコムやプロミスなどの消費者金融系カードローンは、借入条件に「毎月一定の安定した収入のある方」というのが含まれるのはもちろんですが、それ以前に、専業主婦の方への融資は行えなくなっています。

これは貸金業法という法律で規制されているためで、アコムなど貸金業法の管理下にある金融会社は、専業主婦への貸付は原則禁止されているのです。

例外として、配偶者の同意と夫婦関係であることを証明する書類を提示する等をして融資が認められることもあります。しかしアコム等の大手消費者金融は審査などの手続きの自動化・効率化を進めて業務を行っていますので、特例で専業主婦で借入が認められることは本当に稀です。

残念ながら専業主婦の方はアコムやプロミスなどからお金を借りるのが実質的に不可能なのが現状なのです。


アコムがダメでも一部の銀行カードローンなら専業主婦の借入も可能!

アコムやアイフルなどの消費者金融の会社は貸金業法という法律で規制されます。

一方、銀行が直接発行している銀行カードローンは、貸金業法ではなく銀行法によって規制が行われます。この銀行法には専業主婦への貸付を禁ずるような条項はないため、銀行カードローンなら専業主婦の方でも融資が受けられる可能性は多いにあります。

とはいえ、どの銀行カードローンでも専業主婦の方に融資を行っているというわけでもありません。銀行カードローンでも専業主婦を融資対象としていないところは多いです。専業主婦でも融資対象としている銀行カードローンを選ぶことが大切です。

ただし、専業主婦にも融資可能な銀行カードローンでも、貸付限度額は最大でも30万円から50万円程度に制限しているところがほとんどです。

銀行カードローンといえば消費者金融系カードローンより低金利で限度額も大きいのが魅力ですが、残念ながら専業主婦の方にとっては、限度額が大きいというメリットは失われています。

100万円などのまとまったお金を借りるのは難しいです。しかし専業主婦という立場では返済能力にも限度がありますから、あまりに大金を借りても返済が困難になるのは目に見えています。銀行もそういった状況を考えての限度額設定をしていると考えられます。

借りたお金をきちんと返済していくことまで考えると、これは致し方ないでしょう。

収入のほとんどない専業主婦だからこそ、カードローンの利用はより一層の計画性が求められるのです。

専業主婦でも融資可能な主なカードローン

地方銀行、信用金庫のカードローンの中に専業主婦の方の借入が可能なところがあります。お住まいの地域の地方銀行・信用金庫のカードローンも調べてみるのをおすすめします。


この記事に関連してよく読まれている記事はこちら