お金と借金に関する話

クレジットカードの平均利用額、みんな毎月何万円くらいカード使ってるの?

クレジットカードは便利でポイントがたまるなどお得なことも多い反面、いくら使っているかがわからなくなるなどのデメリットもあります。

時にはクレジットカードを使いすぎて、利用明細を見て請求額にびっくりすることもありますよね。

そんなときに気になるのが、他の人たちはいったい毎月いくらくらい、クレジットカードを利用しているのかということ。

他人のふりを見て我がふり直せ、ですね。

そこでクレジットカードの平均利用額について調べてみました。

平均額といってもクレジットカードの利用額は個人差が大きい

一つだけ注意したいのが、クレジットカードで毎月いくら使っているかは、個人差が非常に大きいということです。

いつもニコニコ現金払いでクレジットカードをほとんど使わずに過ごしている方もいます。

一方、法人経営者や自営業の方、会社員でも副業でせどりや転売ビジネスをしている方などは、仕事の関係でクレジットカードで毎月何十万もお金を使っていることも多いです。

普通のサラリーマンや派遣社員、アルバイトの方でも、毎月の家賃をクレジットカードで払っている場合はクレジットカードの請求額自体も高額になってきます。

クレジットカードの利用額については、平均値というものは説得力があるように思えて実は案外あてにならない指標でもあります。

そこを踏まえて記事を読み進めてくださいね。

クレジットカードの月々支払い金額は平均5.4万円!

一般社団法人日本クレジット協会が毎年行なっている「クレジットに関する消費者向け実態調査」平成28年度版の調査結果によると、クレジットカードの月々の支払い平均額は約5.4万円となっています。

また、JCBが行った「クレジットカードに関する総合調査」2015年度版の調査結果でも、月平均カード利用額は約5.3万円という数字が出ています。

日本クレジット協会の調査結果とほぼ同じですね。

クレジットカードの平均利用額はおよそ5.4万円くらいと言えそうです。

ただしこの5.4万円という数字は、あくまで平均額であることに注意が必要です。

調査対象の中に毎月クレジットカードで100万円以上使うような大金持ちが数名いるだけで、月々の支払い平均額はグッと上昇してしまいます。

実際、日本クレジット協会の調査では、月々の支払い金額は3万円以下という回答が有効回答数全体の半数近くに達しています。

月々の平均利用額である5.4万円を参考にするよりも、クレジットカードを持っている人の半数は月々3万円前後の支払いで済んでいるという事実を参考に考えたほうがよさそうです。

みんな、クレジットカードで毎月なににお金を使っているの?

JCBの「クレジットカードに関する総合調査」2015年度版によると、クレジットカードの利用はオンラインショッピングでの利用が最も多く、次いで2番目に携帯電話料金の支払い、そしてスーパーマーケットでの利用と続いています。

オンラインショッピングでは銀行振込で現金を支払うより、クレジットカードで支払うほうが、一括払いならほとんどの場合で手数料もかからずお得です。

さらに決済もその場で完了するので、支払いのための煩わしさもなく便利ですからね。

携帯料金やプロバイダー料金、電気代・ガス代など、毎月の固定費をクレジットカードで支払う方も多いです。

ポイントやマイルがたまるクレジットカードで固定費を払うと自動でポイントが貯まってお得ですからね。

クレジットカードの平均的な利用額からは、わりとみなさん健全・堅実に家計を切り盛りしている姿が浮かんできますね。

クレジットカードの高額利用は20万円〜40万円台の無計画な浪費が一番危ない!

一方、カードを使いすぎてしまった!クレジットカードの高額請求に焦ってしまった!

そんな高額利用のケースは、当サイトで独自に行ったアンケート調査結果がこちらの記事にあります。

クレジットカードの一ヶ月の最高請求額、いくらでしたか? クレジットカードの利用明細が届いて、あまりの請求額の多さにびっくりしてしまった経験はありませんか? クレジットカードは買い物や旅...

こちらのアンケートですが、1ヶ月の最高請求額が20万円以内の方が全体の約半数でした。

しかし逆に言えば、1ヶ月で20万円以上クレジットカードでお金を使ってしまった方も半数近くいる計算です。

中には1ヶ月で100万円を超える金額をクレジットカードで支払ったツワモノもいます。

しかし1ヶ月で100万円を超えるクレジットカードの利用は、結婚式の式場費用や新婚旅行など、あらかじめ計画して有効にお金を使った人ばかりでした。

さすがに1ヶ月で100万円以上ものお金を無計画に使ってしまった人は皆無。

むしろ1ヶ月で20万円から40万円くらいの金額をクレジットカードで無計画に使ってしまう人の方が目立ちました。

ブランド品やビンテージものを衝動買いしたり、スマホのゲームアプリで課金しすぎて請求額に驚いたりといった浪費です。

20万円から40万円というと、カードローンでも申し込み後の初回の融資でなんとか借りられる金額です。

そして実際にクレジットカードの請求の支払いのためにカードローンでお金を借りる方も少なくありません。

浪費が原因で借金をしてしまうのは一番良くないパターンです。

そういった人はカードローンの返済もなかなか進まず、さらに借入を増やしてしまう傾向もあります。

もし自分のクレジットカードの利用明細を見て、中途半端な金額の浪費が多いと感じたら要注意です。

クレジットカードの請求を見て目玉が飛び出るような経験を、自身のお金の使い方を見直すきっかけにしてくださいね。

You cannot copy content of this page
大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら