今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜お金を借りたい時に借りれる金融情報サイト
今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜お金を借りたい時に借りれる金融情報サイト
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

奨学金返済できない!滞納は3ヶ月でブラックリスト!甘えでなく払えないなら減額や返還猶予の手続きを!

p-shogakukin01.jpg

学生時代、大学や専門学校の学費や一人暮らしの生活費を日本学生支援機構などの奨学金を利用して支払いに充てていた方も、今はとても多いですよね。

奨学金の借入先として多くの学生が利用する日本学生支援機構の公式サイトでは、「平成27年度予算における事業規模は貸与金額が約1 兆1 千億円、貸与人員は134 万人に上る」「奨学生は2.6人にひとり」との記載もあります。

実に多くの方が学生時代は奨学金のお世話になっていることが伺えますね。

日本学生支援機構の奨学金は第一種奨学金(無利息)、第二種奨学金(利息付)の2種類ありますが、どちらも借りているお金なので、学校の卒業後は返還義務があります。

返済した奨学金は、次の学生のための奨学金に充てられるので、奨学金の返還はとても大切です。

奨学金の利息は日本学生支援機構の場合、第二種奨学金でも利息は年利3%が上限と定められています。

実際には年2%前後で運用されており、それほど高金利というわけではありません。(ちなみにクレジットカードのキャッシングの利息は実質年率18%。)

しかし、日本学生支援機構の奨学金の支給額は月額3万円、5万円、8万円、10万円、12万円と決まっています。

そのため、大学生活の4年間を奨学金を利用していた場合、4年間合計で144万円〜480万円もの借金を背負うことになります。大学を出たての新社会人にとっては、厳しい金額ですね。

日本学生支援機構の奨学金の返済は貸与が終了した月から7ヶ月後に、奨学金の返済がスタートします。3月に卒業して就職した年の10月から返済が始まる形です。


卒業してすぐからの返済ではないので、その分だけ良心的といえば良心的です。しかし奨学金を利用して大学を卒業した方にとっては、奨学金の返済はとても頭の痛い問題ですよね。

奨学金の返済額と返済期間。返済が苦しい・払えないときは?!


日本学生支援機構の奨学金の返済は、借りた金額に応じて返済期間や月々の返済額が決まります。

480万円借りた場合、日本学生支援機構のWebサイトから返済期間と月々の返済額を割り出すと、

480万円÷割賦金の基礎額24万円=20
240回(20年間)で返還
480万円÷240回=2
月々2万円+利息分の返済

となり、 月々2万円+利息分を20年間にわたり返済することになります。

22歳で大学を卒業後、42歳でようやく奨学金の返済が完了する形です。

240回払いを20年にわたり続けるのは、ひたすら気の遠くなる話ですが、奨学金は繰り上げ返済も可能です。

繰り上げで返済した分に関しては利息が発生しないので、繰り上げ返済するほど利息分の支払いが少なく済むのでお得です。

奨学金を繰り上げ返済できれば御の字ですが、実際には就職先の仕事がうまくいかなかったりで、返済が困難になることもでてきます。

収入の減少や失業などにより奨学金の返済が苦しい・払えないときは、月々の返済額を減らす減額返還、一定期間だけ返済をストップする返還期限猶予などの手続きをすることができます。

しかし、返済を延滞・滞納しているときは減額返還の手続きはできませんので注意が必要です。

生活が苦しくて奨学金の返済がどうしてもできない場合は、返済を延滞してしまう前に早めに減額返還や返還期限猶予の手続きをしましょう。何もせずに黙って返済を遅らせてしまうのだけは、いろいろ面倒になるので絶対にダメです。


奨学金の返済を延滞するとどうなるの?

奨学金の返済遅れは延滞金が発生する!

奨学金は毎月期日までにきちんと返済しないと、延滞金が発生します。

日本学生支援機構のサイトによると、返還期日の翌日から返還した日までの日数に応じて、平成26年3月28日以降は年(365日当たり)5%の割合を乗じて計算した額の合計額が賦課されます。

返済が遅れると年利5%の延滞金が日割りで発生するということですね。

ただし、返還が1回遅れた場合は次回に2ヶ月分まとめて振替が可能です。

1回、1ヶ月だけの遅れなら延滞金は発生せず、振替不能が2回続くと2回分の延滞金が発生します。

銀行の残高不足などで奨学金返済の振替ができなかった場合も、1回だけなら大目に見ますということですね。1回ならついうっかりということもありますからね。


奨学金返済は3ヶ月以上の滞納になるとブラックリストに掲載される!

奨学金の返済の滞納は1ヶ月目なら次回にまとめて2ヶ月分を返済すれば利息もつかずセーフ。

2ヶ月分の滞納になると、以降は年率5%の延滞金が発生します。

そして延滞が3ヶ月目、3回分の返済を滞納すると、個人信用情報に事故情報として記録されることになります。

俗にいう「ブラックリストに載る」という状態です。

個人信用情報に事故情報が記録されると、金融会社や金融機関からは「経済的信用度の低い人」という認識になります。

すると、今後クレジットカードを新規に作れない、カードローンや自動車ローンなど各種ローンの審査に通らない、という状況なります。

また、携帯電話を機種変更したりする場合、手持ちのお金がないと、本体を割賦で分割払いすることもありますが、これもできなくなり、一括払いを求められます。

日本学生支援機構が個人信用情報に事故情報として登録する条件は、

  1. 返還開始後6か月経過時点で延滞3か月以上となっていた場合
  2. 返還開始から6か月経過した後は、延滞3か月以上となった場合

となっています。

延滞した分の奨学金を、利息と延滞金を含めてきちんと返済した後も、個人信用情報には5年間、事故情報として記録が残ります。

1度3ヶ月以上の延滞をしてしまうと、信用面では5年間も不利益を被ることになってしまうのです。

返済した奨学金は、次の学生に貸与するための奨学金に当てられます。

日本学生支援機構にとっては、奨学金の返還がなされないのは奨学金制度の継続に関わる問題のため、このような厳しい措置を取っているようです。

奨学金の返済も3ヶ月以上の延滞になると、個人信用情報に記録が残り、別のところからお金を借りて返済する、ということもできなくなります。病気や失業などで奨学金の返済が困難な場合は、返済を滞納してしまう前に減額返還や返還期限猶予の手続きをしましょう。


払えないものは払えない!奨学金の返済を無視して延滞を続けるとどうなる?

奨学金の返済が滞っている場合、日本学生支援機構からは電話や文書による督促が行われます。自宅だけでなく勤務先にも電話連絡がある場合があります。

それでも返済が行われなかったり、減額返還や返還期限猶予などの手続きが行われないと、業務委託している債権回収会社から督促が行われるようになります。

債権回収会社の督促は、電話や文書はもちろん、自宅や勤務先への訪問も行っています。自宅や勤務先に訪問した際は、直接現金を徴収することはありませんが、なぜ延滞しているかの事情説明や、いつまでに返済できるのかの回答を求められることになります。

今はカードローン会社でも自宅や勤務先まで直接督促に訪れることはまずありませんから、奨学金の督促は非常に厳しいと言えます。


そうならないためにも、奨学金の返済はきちんと行う。払えない場合は早めに減額返還や返還期限猶予の手続きを取ることをおすすめします。


奨学金の返済、どうしても払えないなら自己破産すればOKなの?

奨学金の返済がどうしても無理な場合、自己破産して借金をゼロにしようと考える方も少なくないと思います。

自己破産をする場合、奨学金の返済も、免責が下りれば他の借金と同じように清算することもできます。奨学金も含めて借金をゼロにすることができるのです。

ただし問題なのは、奨学金の場合、契約時点では本人は未成年の場合がほとんどなので、家族や親戚が連帯保証人になっていることが多い点です。

そのため、自己破産をすると、奨学金として借りていたお金の返済義務は、連帯保証人となっている家族や親戚の方に移ります。

自己破産をして自分は奨学金の返済義務から逃れても、親や親戚の方が代わりに返済することになるので、とても借金がゼロになるとは言い難い状況になってしまいます。

また、連帯保証人となっている親や親戚の方にも返済する経済的な余裕がないと、最悪の場合、親や親戚の方も自己破産をすることになります。

他の借金と違い、奨学金の場合は自分さえ自己破産すればOKとはならず、連帯保証人にまで迷惑が及ぶのが非常に難しいところです。

致し方なく自己破産という選択肢を選ぶ場合、必ず連帯保証人となっている方とよく相談してから決めて下さい。

借金問題解決シミュレーションはこちら

 

奨学金の返済のためにカードローンで借金するのはどうなの?

奨学金の返済費用をカードローンで借りるのは、場合によってはアリです。

何もせずそのままズルズルと奨学金の返済の延滞が3ヶ月に及ぶと、ブラックリスト入りしてクレジットカードも作れなくなります。そしてどこからもお金を借りることができなくなります。

それを回避するために、奨学金返済の延滞分だけをカードローンで借りるというのは、人によっては有効です。

奨学金返済の延滞も2ヶ月までならギリギリセーフです。

延滞している2ヶ月分の奨学金返済費用、およそ1〜4万円だけをカードローンで借りて奨学金返済に回します。

これで奨学金返済滞納によるブラックリスト登録を、とりあえずは回避できます。

カードローンで4万円だけ借りることもできるの?と思う方もいるでしょう。カードローンは特に消費者金融系なら4万円だけ借りることも全然できます。

4万円を年利18%で30日間借りた場合の返済利息は、4万円×0.18÷365×30日=592円

592円の利息の支払いで、ひとまず奨学金返済滞納3ヶ月によるブラックリスト登録を回避できるとも言えます。

その後は奨学金の返済に加えてカードローンの月々返済が加わりますが、カードローン会社への4万円の返済も、プロミスなら月々2,000円から行えます。

月々返済額が少ないと、返済回数が増えて利息が大きくなるデメリットはあります。

しかしカードローンならクレジットの分割払いやリボ払いと違い、余裕のある時にいつでも繰上げ返済、一括返済ができます。

アルバイトや副業で少しでも収入を増やして返済に回すことができれば、十分、家計のやりくりの改善は可能です。

一時的に借金をしても、その後に奨学金の返済も含めてお金の目処が立つのなら、きちんと計算した上でカードローンを積極的に利用すべきでしょう。

何度も言いますが、奨学金も延滞が3ヶ月続くと、カードローンでお金を借りることもできなくなってしまいます。

ズルズルと行動を先延ばしにして身動きが取れなくなってしまう前に、先手を打って家計の立て直しを図るためなら、カードローンの利用もおすすめできます。


奨学金返済を滞納してしまう前に!


奨学金の返済は、3ヶ月滞納するとCICなどの指定信用情報機関に5年間、ブラックリスト登録されてしまいます。

ブラックリスト登録から5年間はクレジットカードの新規申込みやローンを組むことができなくなります。携帯端末の月賦払いでの購入もできません

そうならないために、滞納が3ヶ月に達する前にカードローンで5万円(奨学金返済2〜3ヶ月分程度)のお金を借りて、奨学金の返済に充てましょう。

日本学生支援機構の奨学金は、返済を滞納している状態だと奨学金の減額返還や返還期間猶予などの手続きもできません。

滞納する前に手を打つこと。返済の遅れを無くすことが、まず何より大切です。

お金に困っている状況なので、カードローンは月々の最低返済額が少ないところがおすすめです。どのカードローンも家計に余裕ができたときに、いつでも繰上返済・一括返済が可能です。

おすすめカードローン

#プロミス

プロミス

即日融資も可能!初回30日間無利息!
来店不要。必要書類はネットで提出。Web完結も対応可能!限度額50万円以内なら免許証だけで借りれる!※初回30日間無利息はメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

実質年率借入限度額審査時間融資まで
4.5%~17.8%1〜500万円最短30分最短1時間融資も可能
解説記事へ公式サイトへ
##

アコム

免許証だけ・パスポートだけでも申込可能。
初回は最大30日間金利0円!提携コンビニATMで24時間借入・返済できる。審査が不安な方におすすめ。
※他社借入中の方も審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用できない場合もあります。※お借入れ総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要となる場合があります。

実質年率借入限度額審査時間融資まで
3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間
解説記事へ公式サイトへ
モビットモビット

SMBCモビット

Web完結申込みなら電話連絡なし!誰にも内緒で借りられる!
来店不要・保証人不要。必要書類のメール提出が可能。10秒簡易審査で結果がすぐわかり手続きも早い!
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。※他社借入中の方も審査可能ですが利用状況によっては契約できない場合があります。

実質年率借入限度額審査時間融資まで
3.0%~18.0%800万円10秒で簡易審査結果表示最短即日
解説記事へ公式サイトへ


この記事に関連してよく読まれている記事はこちら