今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜借りたい時に借りれる銀行・消費者金融審査情報

今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜借りたい時に借りれる銀行・消費者金融審査情報
消費者金融系カードローンは今すぐお金が必要なときに、即日融資も可能なスピード対応で借りれる便利さが大きなメリット。銀行カードローンなら低金利で利息が安いのがメリット。カードローン各社の特長を踏まえて、自分にあったカードローンで借りて上手に活用しましょう。
PICK UP!!
今すぐ!即日融資可能なカードローン
今すぐ!今日中に借りれるのはココ!
ちょっとだけ借りたい!少額融資特集
生活費や交際費に。1〜5万だけ借りたい!

安心で人気カードローンPick Up!!

アコム

初めての方なら最大30日間金利0円!
最短30分で審査回答。免許証だけでも借りれる。利息はご利用日数分だけ。ネットや提携ATMで24時間借入・返済が可能

実質年率借入限度額審査時間融資まで
3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間
詳細はこちら公式サイトへ

今すぐ借りれる人気のカードローン

低金利が人気の銀行カードローン

今すぐお金が必要!借りるなら誰から?どこから?

生活費が足りない、学費が足りない、車検費用が足りない、急に引越しをしなければならなくなった、冠婚葬祭でどうしてもお金が必要etc。

お金のピンチは誰だって避けたいものですが、やむにやまれぬ事情でお金が足りない、お金がないという状況は誰にでも起こりえます。

そんな時、カードローンでお金を借りるという方法で救われる方も多いです。

いざという時に、誰にも知られずにすぐお金を借りることができるのがカードローンのメリット。

親からお金を借りたり、友人からお金を借りるような場合は、利息がつかないというメリットはあるでしょうが、お金が必要な事情を説明して了解を得る必要があります。

しかし、ある程度まとまったお金を借りるとなると、親や友人も貸せる余裕がなかったり、すぐに用意できないことだってあります。

カードローンは利息の支払いが発生するとはいえ、すぐにまとまったお金を用意できるという点で非常にありがたい存在です。中には一定期間なら無利息で借りることができるところもあります。

大手の消費者金融や銀行をはじめ、カードローンはいろんなところから出ていますが、単純にお金を貸すというばかりでなく、返済方法や利息の発生の仕方、借入や返済のしやすさといったところから、自分にとって一番使いやすいところを選ぶのが大切です。

当サイトではカードローンを様々な切り口から比較したり、利用した方の体験談を参考に、あなたにとって借りやすい、返済しやすいカードローンを選べるようにご案内しています。

即日で今すぐお金を借りるために必要なもの

ネットにつながる端末(スマホ、タブレット、PCなど)
運転免許証、もしくは健康保険証のどちらか1点

カードローンで即日融資で今すぐお金を借りるために必要なものは、原則、上記2点のみ!

今、スマホをお持ちの方で、財布の中に運転免許証や健康保険証があれば、今すぐスマホからカードローンの申込みができます。

それ以外に書類等が必要になるケースは

借入希望金額が100万円以上の場合
すでに他社から借金がある方が50万円以上の融資を希望する場合
その他、金融会社から提出を求められた場合

のみです。

銀行振込かATMでの現金の引き出しによって、カードローンの融資を受けられます。

銀行のキャッシュカードが財布の中にあれば、自分の銀行口座にお金を振り込んでもらって、近くの銀行やコンビニのATMへ。なければ近くの無人契約機に併設の専用ATMからお金を引き出せます。

ネットを介したカードローンの申込みでも、最短1時間融資を実現しているところもあります。

お金に困って、慌てて友達や先輩、後輩、家族や親兄弟に「お金を貸して!」と頼むより、カードローンを申し込んだ方が、早くお金が手元に届くこともザラです。

急いでお金が必要なら、なおのことカードローンをうまく活用していきましょう。

今日中にカードローンでお金を借りるまでの流れ

今日中にカードローンで銀行振込でお金を借りたい方

今、銀行のキャッシュカードを持っていて、平日14時前なら、

スマホからカードローン申込み

カードローン会社の審査

カードローン会社に銀行振込で
自分の口座に入金してもらう

近くのATMからキャッシュカードで引き出し

という流れで、カードローン会社から銀行振込でお金を借りることができます。

クレジットカードの引き落とし残高不足などで、銀行振込で今日中に借りたい場合は、銀行の当日中の振込可能時間に注意です。

平日午後3時を過ぎると当日中の銀行振込は基本的にできませんから、それまでにカードローンの申込みと契約手続きを終える必要があります。

審査には最短でも30分かかるところが多いですから、遅くとも平日14時までには申込みをしなくてはいけません。

どうしても銀行振込で今日中にお金を借りたい場合、お持ちの銀行口座とカードローンの組み合わせによっては、平日14時以降の申込み・契約完了でも、今日中に振込入金が可能なこともあります。

アコム
楽天銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行の口座への振込は、初回のみ平日18時まで振込受付が可能(振込実施は19時まで)

プロミス
ジャパンネット銀行、三井住友銀行の口座への振込は「瞬フリ」で24時間いつでも振込が可能。

楽天銀行、三菱東京UFJ銀行に口座がある方はアコムが、ジャパンネット銀行、三井住友銀行に口座をお持ちの方はプロミスなら平日14時以降の振込入金が可能です。

カードローンの選択肢は狭まってしまいますが、平日14時以降だけどどうしても銀行振込でお金を借りたい方は、アコムかプロミスを選ぶことになります。

今日中にカードローンで現金を借りたい方

今銀行のキャッシュカードを持っていない、土日や平日14時以降で今日中に現金を手にしたいなら、カードローン各社の無人契約機の活用がポイントです。

スマホからカードローン申込み

カードローン会社の審査

最寄りのカードローン無人契約機で
ローンカード受取

ATMからローンカードで引き出し

という流れでカードローンでお金を借ります。

ローンカードは郵送で自宅に送られてくる場合が多いですが、郵送で家に届くのを待っていたら、今日中にお金を借りることはできません。

無人契約機やローン契約機コーナーなら、その場でローンカードを発行してくれるので、面倒でも近くの無人契約機やローン契約機コーナーに足を運ぶことになります。

スマホから申込みをして、審査通過の連絡を受けたら、近くの無人契約機に行ってローンカードを発行してもらいましょう。

となると、カードローンで今日中に現金を借りたい方は、近くに無人契約機があるカードローンを選ぶことが必須条件になります。

カードローンの無人契約機やローン契約機コーナーがあるカードローンは以下の通り。

カード受取可能な無人契約機のあるカードローン一覧
カードローン審査時間実質年率月々の最低返済額無人契約機
営業時間(平日)
アコム最短30分3.0%~18.0%3,000円〜8時〜22時
※一部異なる場合もあります
プロミス最短30分4.5%~17.8%2,000円〜9時〜22時
※一部の契約機は21時まで
SMBCモビット10秒簡易審査結果表示3.0%~18.0%4,000円〜8時〜21時
アイフル最短30分4.5%~18.0%4,000円〜9時〜21時
新生銀行カードローンレイク申込完了画面に表示4.5%~18.0%3,000円〜8:45〜21時
三菱東京UFJ銀行バンクイック早い1.8%~14.6%1,000円〜
※借入利率年8.1%以下の時
9時〜20時
※テレビ窓口受付時間
※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。
三井住友銀行カードローン早い4.0%~14.5%2000円〜9時〜21時
※ローン契約機コーナー受付時間

無人契約機の営業時間内にローンカードを受け取りに行って、併設されているATMや近くのコンビニATMでお金をおろせば、現金でお金を借りられます。

無人契約機やローン契約機の場所は、各カードローンの公式サイトや会員専用サイトから調べることができます。

カードローン選びは毎月の最低返済額に注意!

今日中になんとしてもカードローンでお金を借りたい気持ちはわかりますが、お金を借りる際に必ず考えなければならないのが、毎月の返済についてです。

カードローン各社では、借入残高に応じた毎月の最低返済額というものを設定しています。

借入残高ごとの毎月の最低返済額は、カードローンによってかなり金額が違っています。

次の表を見てみてください。

カードローン最低返済額表
  〜5万円 〜10万円 〜30万円 〜50万円 返済方式
プロミス 2,000円 4,000円 11,000円 13,000円 残高スライド元利定額返済方式
アコム 3,000円 5,000円 13,000円 15,000円 定率リボルビング方式
アイフル 4,000円 4,000円 11,000円 13,000円 借入後残高スライド元利定額リボルビング
SMBCモビット 4,000円 4,000円 11,000円 16,000円 借入後残高スライド元利定額返済方式
新生銀行レイク 3,000円 4,000円 11,000円 13,000円 元利定額リボルビング方式or残高スライドリボルビング方式
三井住友銀行カードローン 2,000円 2,000円 6,000円 10,000円 残高スライド元利定額
みずほ銀行カードローン 10,000円 10,000円 10,000円 10,000円 残高スライド方式

この表をみると、同じ10万円を借りた場合でも、プロミスなら月々4,000円の支払いで返済をして行くことができますが、みずほ銀行カードローンでは、毎月1万円ずつ返済していかなければならないことがわかりますね。

また、30万円以上のお金を借りる場合は、逆にみずほ銀行カードローンの方がプロミスやアコムより毎月の最低返済額は少なくなるのがわかります。

きちんと計画的にカードローンを利用するために、毎月の給料、毎月のお小遣いの中から、自分が月々いくらなら返済可能か、考えてみましょう。

給料の額も毎月決まっており、毎月の小遣いが3万円しかない方なら、月々2,000円なら払えるけれど、月々1万円となると、きちんと返済できるかどうかわからない、そんな方も出てくると思います。収入が少なく、毎月返済できる金額も少ない方は、金利は高くても、月々の返済額が少なくて、確実に返済していけるプロミスやアコム、レイクなどがおすすめです。

ある程度の収入がある方で、30万円以上のまとまったお金を借りるなら、みずほ銀行カードローンなどの方が、毎月の最低返済額が少なくなり、生活への負担も軽くなります。

もちろん、カードローンの返済は、毎月の返済金額を多くすることで、返済回数を少なくすれば、金利の総支払額も少なくなります。完済するのが早ければ早いほど、利息の負担は少なくなります。

しかし、無理な返済金額を設定して、生活費のやりくりに困るようでは、結局またお金を借りることになり、なかなか借金生活から抜け出せなくなります。

カードローンでお金を借りるのに、金利の低いところを選ぶのが基本ではありますが、毎月いくら返済して行くのか、という点も必ず確認してカードローンを選ぶようにしてください。

自分が毎月確実に返済できる金額で、確実に返済を進めていく、ということがとても大切です。

よく言われることですが、「ご利用は計画的に」ですよ!

今すぐ10万円借りれる?100万円借りれる?カードローンを借入限度額で選ぶ

今すぐお金が必要といっても、必要な金額は人それぞれ。今すぐ3万円だけ借りたい場合もあれば、今すぐ100万円絶対に借りたいという場合もあるでしょう。

お金を借りると一言で言っても、借りる金額によって、カードローン選びのポイントも変わってきます。

今すぐ1万円、3万円、5万円、10万円を借りたい場合は消費者金融系がおすすめ!

1万円、3万円、5万円といった、10万円以内の比較的少ない金額で借りたいなら、融資までのスピードが速く申し込み手続きも簡単な、アコムやプロミス、アイフルといった消費者金融系カードローンが断然おすすめ。

金利が高いイメージのある消費者金融系カードローンですが、借りる金額が10万円以内であれば、利息分の支払いも思ったほど大きく膨れ上がりはしません。

実質年率18%で10万円を30日間借りた場合の利息は、

10万円×18%÷365日×30日=1,479円

年利18%で10万円を一ヶ月借りても、利息は1500円弱なのです。5万円を1ヶ月借りるなら利息は700円ちょっとですね。

1万円、3万円、5万円といった金額なら、副業で稼いだり臨時収入があれば、すぐ完済できる金額です。

さらに消費者金融系カードローンの場合、初めて利用する方は最大30日間金利ゼロ円など、金利優遇サービスを受けられるところが多く、こうした特典を生かすと、実は金利は安いのです。

50万円、100万円といった大金を借りる場合は、全額返済まで何年もかかり、月々の支払い回数も多くなるので、金利が低い方が圧倒的に利息の支払いが少なくなります。

しかし10万円以内の借入で、完済までの支払い回数が少ない借入であれば、最大30日間金利ゼロ円などの特典のある消費者金融系カードローンの方が、実は金利が安いのです。

50万円、100万円といった金額を借りるなら銀行系カードローンがおすすめ!

今すぐ50万円必要!今すぐ100万円借りたい!

そんな、10万円以上のまとまったお金を借りたい場合は、銀行が発行する銀行系カードローンがおすすめ。

アコムやプロミスなどの消費者金融系カードローンは、融資までのスピードは速いですが、貸金業法により、貸付金額が年収の1/3以内の金額に制限されています。

そのため、年収の少ない方は、そもそも消費者金融系カードローンでは大金を借りることができません。

また、消費者金融系カードローンでは、実際の返済能力を見るため、相手が誰であっても初回貸付金額はおよそ20万円以内に抑え、数回の返済を確認した後に限度額を増額するという方法をとっています。

そのため、年収の多い人でも初回からいきなり50万円や100万円といった、まとまったお金を借りることは難しいのです。

その点、銀行系カードローンは貸金業法ではなく銀行法で監理されるため、貸付金額を大きく設定することができます。借入できる金額は年収や他社借入状況などにもよりますが、50万円や100万円といった金額を借りることも可能なのです。

10万円以上の金額を借りたい場合は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行をはじめ、銀行が直接発行している銀行カードローンがおすすめです。

カードローンでお金を借りれる人・借りれない人

カードローンは誰でも絶対お金が借りれるというものではありません。審査に通って借りれる人・審査に落ちて借りれない人がいます。

「学生だけど借りれるの?」「専業主婦でも借りれるの?」

特に初めてカードローンでお金を借りようと考えている方なら、そんな疑問を持つ方もいるでしょう。

一方で、実際に申し込みをして審査に落ちる前に、明らかに借りれない人というのも存在します。どのような方がカードローンでお金を借りれるのか、どんな方が借りれないのか、まとめてみました。

カードローンでお金を借りれる人

会社員・公務員の方
ほとんどのカードローンで申し込みが可能です。しかし年収や勤続年数、他社借入・返済状況などによって、限度額が低く抑えられたり、審査に通らない場合もあります。

派遣社員・契約社員の方
ほとんどのカードローンで本人に安定した収入があるとみなされるので、派遣社員・契約社員の方も申し込みが可能です。

アルバイト・パートの方
本人に安定した収入があれば、アルバイトやパートでも借りれるカードローンは多いです。ただ一部のカードローンでは会社員・公務員としてお勤めの方と貸付対象者を制限しているところもあるため、そういったカードローンでは借りれません。

自営業・個人事業主・フリーランスの方
ほとんどのカードローンで申し込みが可能ですが、事業に使うお金としての利用はできないところがほとんどです。資金使途を事業性資金ではなく、生活資金、レジャー資金などとして申し込む必要があります。また、事業性資金としての借入もできる自営者専用カードローンやビジネスローンもあります。

社長・会社経営者の方
資金使途を事業性資金としてではなく、生活資金やレジャー資金などとしてカードローンを申し込むことは可能です。

専業主婦の方
基本的に収入のない専業主婦の方へは貸付を行っていないカードローンがほとんどですが、一部の銀行カードローンの中には、配偶者の方に安定した収入があれば、本人が収入のない専業主婦の方でも借入ができるところもあります。ただし、夫の同意書が必要だったり、貸付金額が50万円までなど、一定金額までに制限されているところがほとんどです。

20歳以上の学生
20歳以上の学生でアルバイト収入のある方なら、ほとんどのカードローンで申し込みが可能です。アルバイトをしていない20歳以上の学生でも、一部の銀行カードローンでは親・保護者の同意書があれば借入可能なところもあります。

年金受給者
収入が年金のみの年金受給者の方でも、一部の銀行カードローンでは借入可能なところもあります。ただし、貸付対象者に65歳とか70歳未満など、年齢制限を設けているカードローンがほとんどなので、年齢制限にかからない歳の方という条件がつきます。

住宅ローン・車のローンがある方
住宅ローンや車のローンを返済中の方でも、返済に延滞や滞納がなければカードローンの申し込みができます。銀行で住宅ローンを借りている場合は、その銀行のカードローンで金利の優遇を受けられる場合もあります。

カードローンでお金を借りれない人

債務整理経験者(自己破産、任意整理など)
過去5年以内に債務整理(自己破産、任意整理、特定調停、個人再生)を行った方は、個人信用情報に事故情報が残っているので、ほとんどのカードローンで審査に落ちてしまいます。現在任意整理中や個人再生中で、協議で定められた残債の支払いを行っている方もやはり審査に落ちてしまいます。ただし中小の街金では借りられる可能性はあります。

他社借入中で返済に延滞・滞納がある方
現在利用中のカードローンの返済に延滞や数ヶ月の滞納がある方も、個人信用情報に事故情報が載っているので、カードローンの申し込みをしても審査に落ちてしまいます。「現在きちんと返済できていない=返済能力・返済意志がない」とみなされるので、金融会社からは非常に厳しく判断されます。

無職・ニートの方
現在まったく仕事をしていない無職の方、自宅に引きこもって働いていないニートの方も、本人に安定した収入があるとはみなされず、カードローンでお金を借りることはできません。

20歳未満の未成年
18歳、19歳など未成年の方もカードローン会社では貸付対象にしていないところが大半で、申し込みできないところがほとんどです。一部の学生ローンでは親・保護者の同意の上で借りれるところもあります。

カードローンって、何?

カードローンは銀行や金融会社が提供するローンの一つで、決められた限度額の範囲内ならいつでも借入が可能なローンです。

契約後には専用のカードが発行され、そのカードを使って銀行やコンビニATMでお金を引き出すように借りれることが多く、そのためカードローンと呼ばれています。

カードローンは他の住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどと違い、一回だけ大金を借りて、後はひたすら返済を進めるのではなく、限度額の範囲内でいつでも追加の借入ができるのが大きな特徴です。

カードローンなら生活費やちょっとした出費でお金が足りない時に、1万円、2万円、5万円と、不足した金額だけをいつでも借りることができます。

借りすぎは禁物ですが、使い方によっては家計のやりくりにとても助かる存在です。

どのカードローンが一番いいの?

銀行や消費者金融各社からいろいろなカードローンが登場していますが、どのカードローンが一番いいのかは、借りる人によって異なります。

とにかく低金利で借りたい方もいれば、何が何でも絶対に今日中に即日融資でお金が借りれないと困るという方もいるでしょう。夫には絶対に内緒でバレずに借りたいという方もいるはずです。

カードローンは金利だけでなく、借入限度額、審査通過率、融資までのスピード、振込やATM利用時の各種手数料など、選ぶにあたって検討すべき事項がいくつもあります。

当サイトではカードローンを様々な角度から比較しています。自分の条件に最適なカードローンを選んでくださいね。

カードローンを申込むときの在籍確認って?

お金を借りるため、スマホや近くの無人契約機などでカードローンの申込みをすると、審査に通過したのちに在籍確認が行われます。

在籍確認とは、あなたが申込みした際に記入した勤務先にきちんと勤めているかどうか、金融会社から電話を入れて、勤め先の確認を行うことです。

例えばA社のカードローンに申込んで審査に通過したら、A社から勤め先に電話連絡が行くわけです。

でも「A社の○○です。▲▲さんはいらっしゃいますでしょうか?」みたいな電話ではないので安心です。

ほとんどの場合、オペレーターさんの個人名で「○○です。▲▲さんはいらっしゃいますでしょうか?」という電話がかかってきます。

しかしそれでもカードローンでお金を借りることが勤め先の人にバレてしまうのではないか!という心配も出てきます。

オペレーターさんによっては電話を掛ける時間帯を自分が電話に出られる時に指定したり、肩書きを決めて名乗ってもらったりといった相談に乗ってもらえることもあるようです。在籍確認が不安な方は自分に都合のよい方法を相談してみるとよいでしょう。

職場の人と仲が良ければ正直に事情を話しておくのもよいですし、「クレジットカードを新しく申込んだ」「オークションでやりとりしてる人だ」みたいな言い訳を用意しておくのもよいですね。

また、中には指定銀行の利用と所定の書類を提出することで、書類で在籍確認を行えるカードローンもあります。職場に電話がかかってくるのがどうしても嫌な人は、こうしたところも借入候補に考えてみましょう。