銀行カードローン

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利・返済額比較。審査は通る?在籍確認は?

ジャパンネット銀行のネットキャッシングは最高限度額1000万円、年率2.5%〜18.0%というカードローンです。

ジャパンネット銀行に口座を持っている方なら、口座にネットでログインしたりするときに、一度は目にしたことがあるカードローンですね。

他の銀行カードローンに比べてどんなメリットやデメリットがあるのか、比較しながら解説していきます。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの主要スペックを徹底比較!

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの主なスペックを他の銀行カードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
1.59〜18.0%1000万円3000円〜対応申込可能不要必須
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

金利は最低金利は年率1.59%と低金利になっていますが、最高金利の年率18.0%は他の銀行カードローンよりも3〜4%高い金利になっています。

年率18.0%というのは消費者金融のカードローンとほぼ同じ金利で、ジャパンネット銀行ネッキャッシングは銀行カードローンとしては金利が高いと言えます。

限度額は最高1000万円ありますが、カードローンで1000万円も借金をする方はほとんどいないでしょう。最低金利の年率1.59%も限度額が1000万円になってはじめて適用される金利なので、ほとんどの方にとっては適用されることのない金利です。

専業主婦も借りれるが在籍確認の電話は夫の職場へ

また、ジャパンネット銀行ネットキャッシングは2020年3月時点では、夫(配偶者)にきちんとした収入のある専業主婦の方も申し込みが可能です。

ただし、カードローンの申し込みで通常行われる勤め先への在籍確認の電話は、夫の勤め先に連絡が行くことになります。そのため専業主婦の方の申し込みは事前に夫の了承を得ておくことが大切で、夫に内緒でバレずにお金を借りることは難しいです。

専業主婦の方にとっては借入先の数少ない候補かもしれませんが、年率18.0%という消費者金融と同様の高い金利なのもあり、正直なところあまりおすすめはできません。

毎月の最低返済額は3000円からで、毎月の家計に占める返済の負担は少ない方です。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利を限度額別に他の銀行と比較!

カードローンの金利は借入限度額が大きくなるほど低金利になっていきます。

そこでジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利を限度額別に、別の銀行カードローンと比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
18.0%12.0%・15.0%8.0%・10.0%6.5%6.0%5.5%5.0% 4.0%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

借入限度額が100万円以下の場合はジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利は一律で年率18.0%です。

この金利は同じ限度額で比較した場合、他の銀行よりもかなり高金利です。みずほ銀行カードローンと比較すると同じ100万円以下の限度額でも年率4.0%もの差があります。

年収が高く勤め先が公務員や上場企業などで属性が良い人は、初回から限度額が100万円以上になる場合もあります。ただし限度額が100万円を超えても、他の銀行と比較すると金利は低いとは言えません。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの金利で唯一、他の銀行カードローンよりメリットがあるといえるのは、初回借入に限り、金利が30日間無利息になるサービスを行なっている点です。お金を借りてすぐ完済できるのであれば、利用にはメリットがあります。

初回30日間無利息アコムなどをはじめとする消費者金融系カードローンがよく行なっているサービスです。金利の高さと合わせて考えると、ジャパンネット銀行ネットキャッシングは銀行カードローンというよりも消費者金融に近い存在と考えた方が良さそうです。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの毎月の返済額は?

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの毎月の返済額は、借入残高が10万円以下の時は3000円からです。毎月の返済日は1日~28日・月末のいずれかで好きな日を指定できます。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングでは返済方式が残高スライド元利定額返済方式AとBの2パターン用意されています。

A方式は月々の返済額が少なめに設定されています。B方式は毎月の最低返済額が1万円からとなっていて、A方式よりも毎月の返済額が多めになっていますが、借金の完済を早く進めたい方にはおすすめです。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングのA方式の場合の返済額を他の銀行カードローンと比較してみました。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
3000円3000円1万円2万円3万円4万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

毎月の最低返済額については、三井住友銀行カードローンや三菱UFJ銀行のバンクイックの方が低くなっており、これらのカードローンの方が毎月の支払いの負担は少なく感じるでしょう。

しかし毎月の返済額が少ないと完済できるまでの借入期間が長期化し、そのぶんだけ利息の総支払額が高くなるので注意が必要です。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの申し込み

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの利用にはジャパンネット銀行の預金口座が必要なので、預金口座がない方はネットキャッシング申し込みと同時に口座開設を申し込むことになります。

すでに口座を持っている人は、ジャパンネット銀行のネットバンクにログインして申し込みを行います。

口座のない人
ネットから申し込み
 ↓
本人確認資料の提出
 ↓
審査結果連絡(メールにて)
 ↓
キャッシュカードとトークンの発送・受取
 ↓
借入開始

ジャパンネット銀行に口座のない方に申し込みは、口座開設の手続きもあるので時間がかかりますが、審査結果が出た段階で初回の借入のみ、他の銀行や金融機関の口座へ振込融資が可能です。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの審査はプロミスのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社となって行なっています。即日融資のスピード審査のノウハウがある会社の保証なので、審査結果は遅くとも数日中にメールで連絡があります。

初回の借入に関しては、キャッシュカードや振込に使うトークンが郵送で届く前にお金を借りることができるようになっています。申し込みからの即日融資は難しいですが、近日中にお金が必要な場合でも十分対応できます。

総評:ジャパンネット銀行ネットキャッシングはスペック的に中途半端

ジャパンネット銀行ネットキャッシングは最高限度額こそ1000万円までとなっていますが、カードローンでお金を借りるのに1000万円という金額は、ほとんどの方にとっては現実感のない金額です。

金利も初回30日間無利息のサービスはあるものの、年率18.0%からの金利は消費者金融と同じで、銀行カードローンではありますが低金利とは言い難い数字です。

申し込んですぐにお金を借りたい場合は消費者金融の方がよく、金利に関しては他の銀行カードローンの方がよいという、どっちつかずの中途半端な印象が拭えません。

ジャパンネット銀行の口座をすでに持っている人でも銀行カードローンは即日融資ができませんから、借入までに数日を要します。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングで借りるよりも、金利で選ぶなら三菱UFJ銀行バンクイックなどのメガバンクのカードローン、即日融資で急いで借りたいならアコムやアイフルといった消費者金融のカードローンがおすすめです。

カードローン実質年率借入限度額審査時間無利息サービス
プロミス4.5%〜17.8%1〜500万円最短30分初回借入日から最大30日間無利息※1
アコム3.0%〜18.0%最高800万円最短30分契約日の翌日から最大30日間無利息
アイフル3.0%〜18.0%最高800万円最短30分契約日の翌日から最大30日間無利息
SMBCモビット3.0%〜18.0%最高800万円10秒で簡易審査結果表示
レイクALSA4.5%〜18.0%最高500万円申込後の画面で結果表示初回「5万円まで180日間無利息」
または「借入全額30日間無利息」
※1:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら