今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

クレジットカードのリボ払い借金地獄、カードローンへの借り換えで楽になる?

p-revokarikae01.jpgクレジットカードのリボ払いの残高が増えてしまったのが原因で、カードローンでお金を借りたいと考える方も少なくないですね。

クレジットカードをどれだけ使っても毎月の支払い額が一定で済むのがリボ払いのメリットと言われます。

しかし、つい気が大きくなって買い物をしすぎるなどで、知らずにリボ払い残高が増えてしまい、毎月の支払いがリボ払い手数料ばかりになってしまうなどのデメリットもあります。

気づけばリボ払いの借金の残高が50万円、100万円といった金額になってしまった方もいます。

毎月の支払いがリボ払い手数料ばかりになってしまうと、いつまでたっても完済できる気がしませんし、手数料だけでかなりの金額を払うことになってしまいます。

新たにカードローンでお金を借りてリボ払いの借金を一度全額完済し、カードローンの返済をする方が借金の返済はラクになるのか、借金の総額は少なくなるのか、検証してみました。

楽天カードで50万円をリボ払いで返済する場合

クレジットカードのリボ払いの例として、楽天カードでリボ払い残高が50万円になってしまったケースを想定します。

楽天カードのショッピングリボ払いは

リボ払い手数料 実質年率15.00%
リボ残高20万円以下 5,000円/月
リボ残高20万円超 10,000円/月
毎月の支払い金額 5000円or10,000円+リボ払い手数料

という形になっています。

リボ払い手数料はリボ払い残高に実質年率15.00%を掛け算し、さらに12で割った金額になります。

50万円のリボ残高がある場合、その月のリボ払い手数料は

50万円×15.00%÷12=6,250円

となります。

その月の支払い総額は、

10,000円+6,250円=16,250円

16,250円が楽天カードの口座引き落とし日に銀行口座から引き落とされます。


楽天カードで50万円をショッピングリボ払いで完済した場合のシミュレーションを、楽天カードの返済シミュレーションで確認してみました。結果は以下の通りです。

支払い回数 50
支払い手数料合計 159,375円
支払い総額 659,375円
毎月返済額 10,125円〜16,250円(支払い後残高により変動)
リボ払い実質年率15.00%

50万円を毎月リボ払い1万円コースでの返済なので、返済回数は50回、それに対するリボ払い手数料は完済までに合計159,375円も払うことになります。

リボ払いなので、50万円の借金なら毎月なんとか返済できる金額ではありますが、リボ払い残高が100万円、200万円となると、返済期間も長期化し、その分だけ多くのリボ払い手数料を支払うことになります。


50万円を三井住友銀行カードローンで借りて返済する場合

銀行カードローンの返済例として、三井住友銀行カードローンで50万円を借りて、楽天カードと同様に返済回数は50回で完済するとどうなるか。

三井住友銀行カードローンの返済シミュレーションで確認してみました。

支払い回数 50
支払い利息合計 169,062円
支払い総額 669,062円
毎月返済額 13,381円(毎月一定額を返済)
実質年率14.5%で試算

三井住友銀行カードローンで50万円を最高金利である年率14.50%で借りた場合、楽天カードのリボ払いと同じ返済回数で完済すると、支払い総額は楽天カードの方が9,687円安く済むという結果になりました。

楽天カードが実質年率15.00%、三井住友銀行カードローンは実質年率14.50%。わずかとはいえ三井住友銀行カードローンの方が実質年率は低いです。

さらに同じ支払い回数にもかかわらず、支払い総額は三井住友銀行カードローンの方が高くなりました。

意外な結果ですよね。


クレジットのリボ払いは毎月一定額が確実に元本返済に充てられる!

実はリボ払いの返済は、毎月のリボ支払いのコース金額が元金の返済に確実に充てられる点で、カードローンの返済とは大きく異なります。

利息の発生源となる借入残高を、リボ払いの方は毎月5000円または1万円と、確実に減らすことができます。

一方、カードローンは借入残高が多い場合、特に返済開始初期のうちは月々返済額の大部分が利息の支払いに充てられてしまい、利息の発生源である借入残高をなかなか減らすことができません。

毎月の支払い後残高を比較するとわかりますが、毎回三井住友銀行カードローンの方が楽天カードより支払い後の残高が多くなっています。

支払い利息は残高に対して発生するので、残高の減りが遅い三井住友銀行カードローンの方が、金利は低いにも関わらず支払い総額は多くなってしまうというわけです。

ただし、銀行カードローンは融資枠が大きくなると、そのぶんだけ金利もさらに低くなります。

三井住友銀行カードローンも商品設計上は最大で金利が年率4.0%まで下がります。

返済途中で融資枠の増額案内等があれば、途中からでも金利が低くなります。その場合はカードのリボ払いよりも支払い総額が安くなる可能性はあります。

リボ払いの借金をカードローンで借り換えるなら、カードローンの金利が何パーセントになるかにまず注目してください。


リボ払いの借金からカードローンへの借り換えは、金利が3%以上低くなるのが条件に

クレジットカードのリボ払いをカードローンに借り換えるなら、カードローンの金利が何パーセントになるかが判断のポイントとなります。

実質年率がほとんど同じであれば、返済方法の違いによりクレジットカードのリボ払いの方が返済総額は少なくなることが検証でわかりました。

カードローンの申し込みをして審査の結果、金利がリボ払いの実質年率より少なくとも3%以上は低くなければ、カードローンに借り換えるメリットはほぼないと考えていいでしょう。

むしろリボ払いでうっかり借金地獄にハマってしまった方にとっては、新たなお金の借入先ができることでさらに借金を増やしてしまうリスクの方が大きくなりがちです。

カードローン金利がリボ払いの金利とほとんど変わらないのであれば、カードローンの正式な契約は見送りましょう。


この記事に関連してよく読まれている記事はこちら



みんなが選ぶ!当サイト人気のカードローン!

SMBCモビット

土日も最短で即日融資が可能!内緒で借りれるWeb完結申込みも好評!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。