カードローンコラム

お金を借りる理由〜みんなどんな理由でカードローンで借りてるの?

「本当にカードローンでお金を借りようかどうしようか」

初めてカードローンを利用しろと考えている方にとっては、悩ましいところかもしれませんね。

とにかくお金が必要で、どうしてもお金を借りなければならないという人なら切羽詰っているだけに迷う余地はないかもしれません。

しかし「今月ちょっと生活費が苦しいな」「今月行く予定の旅行の費用が少し足りないかもしれない」という状況の人は、カードローンを利用してお金を借りた方が良いのか、考えてしまうと思います。

実際にクレジットカードのキャッシングやカードローンを利用してお金を借りている人は、どんな理由で利用することにしたのでしょうか。

キャッシング利用の一番の理由は生活費不足のため

金融庁の委託調査によると、過去3年以内にクレジットカードのキャッシングを利用してお金を借りた方の利用目的は、

第一位生活費不足を補うため
第二位欲しい物を買うためのお金が足りなかったため
第三位クレジットカードの利用代金支払いの不足を補うため

となっています。

この上位3つの理由がお金を借りた理由の全体の7割を占めています。

やはり「今月は生活費が足りなくてちょっと苦しいな」という理由でお金を借りる方が一番多いのです。

お金を借りる理由として続いて多いのが欲しいものを買うためや、クレジットカードで買い物しすぎたためといった理由ですね。

割と皆さん、ちょっとお金が足りないなと感じた時に、一時的にクレジットカードのキャッシングやカードローンでお金を借りてやりくりをしているということがわかります。

「ちょっと今月はお金のやりくりが厳しいな。」

そんな風に感じたら、難しく考えずに割と気軽にカードローンを利用しても良いのかもしれませんね。

もちろんカードローンでお金を借りたら、後からきちんとお金を返済していくことが大切になってきます。いくら借りたのか、毎月いくらの返済になるのかをきちんと把握しつつ、

「先月カードローンでお金を借りたから、今月は買い物を控えて節約♪節約♪」

といった心がけで、早めの完済を目指して利用すればよいのではないでしょうか。

立場や収入が変わればお金を借りる理由も変わる!

ただし、お金を借りる理由は、会社員だったり、パートや学生の方など、立場が違うと理由も大きく変わるようです。

ざっくり切り分けると、以下のような住み分けになります。

生活費不足でお金を借りる
自営業、派遣・契約社員、パートアルバイト

欲しい物のためにお金を借りる
経営者・役員、公務員、学生

お金を借りる理由の中で一番多いのが生活費不足を補うというものですが、会社員や公務員など属性別でみていくと、生活費不足を理由にお金を借りるのは、主に自営業や個人事業主の方、派遣社員・契約社員の方、パート・アルバイトの方が多くなっています。

やはり生活費の不足を理由にお金を借りるのは、毎月の収入が安定しない自営業の方や、そもそも収入がそれほど多くない派遣社員やフリーターの方が多いのですね。

また、欲しいものを買うためという理由でお金を借りる方は、会社経営者や役員、公務員、そして学生の方が多くなっています。

欲しい物を買うためにカードローンでお金を借りる方は、比較的高収入な会社経営者や安定した収入がある公務員など、比較的収入に余裕がある層が多くなっています。収入が多い分、お金の使い方も派手になるのでしょうか?

学生の場合は、やはり卒業旅行など、学生時代のうちにしかできないことのためにお金を借りる傾向があるようです。

お金を借りる理由は人それぞれですが、きちんと返済できる範囲内でうまくやりくりすることが大切です。

出典・参考:金融庁委託調査「貸金業利用者に関する調査・研究」

大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら