今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

借り入れ多くても借りれるカードローン。他社借入件数3件、4件、5件でも大丈夫?

p-tashakariire34501.jpg
カードローンの借入が増えて新規の借入をした結果、他社借入件数が2件、3件、4件と増えてしまう方は、決して少なくありません。

他社からの借入も現在2件で次が3件目という場合は、しっかり収入があって返済もきちんと行なっており、総量規制の貸付制限にも余裕がある場合は、借りれるカードローンもあります。

しかし銀行カードローンと消費者金融、クレジットカードのキャッシングなど、借入が自由なローンの借り入れが4件、5件と多くなってくると、審査にもなかなか通らなくなってきます。


他社借入件数が増えると新規借入は難しい。狙い目は消費者金融

現在カードローンやキャッシングの他社借入が4件あり次が5件目という場合、カードローンの審査は厳しくなってきます。

銀行カードローンと消費者金融系カードローンがありますが、4件目、5件目となると銀行カードローンでの借入はほとんど不可能です。

おまとめローンや借り換え目的で申込みをしても、年収1200万円とか、よほど収入が多い方でないかぎり審査には落ちます。

消費者金融のカードローンであれば、銀行カードローンよりも借入できる可能性は多少あります。

しかし総量規制による年収の1/3以内という貸付制限に対して、まだ余裕があることが条件になります。

借入件数ごとの審査通過の可能性についてまとめると、だいたいこのようになります。

他社借入件数3件目4件目5件目
銀行カードローン非常に厳しい
不可能不可能
消費者金融
可能厳しい非常に厳しい


借入件数に関しては銀行より消費者金融の方が比較的融通が効くことは間違いありません。

借入件数が多い方は、まだ借りていない消費者金融のカードローンに絞って申込みを検討しましょう。

しかしアコムやアイフルなど大手の消費者金融ではすでに借りてしまっている方も多いでしょう。4件目、5件目となってしまう借入なら消費者金融の貸金業法に基づく借換ローン(おまとめローン)を中心に考えるのがおすすめです。


統計データでわかる他社借入件数が3件、4件、5件あっても意外に借りれる実態

消費者金融がどの程度まで借入件数が多くても借りれるのかを示すデータがあります。

指定信用情報機関のJICCでは、登録している会員のうち貸金業者のみに限定した無担保無保証貸付を対象とする統計を毎月行なっています。

これは消費者金融会社とクレジットカード会社のキャッシングでの貸付の統計となり、銀行の各種ローンでの借入は含まれていません。

このデータでは3ヶ月以上なんら入金がなく延滞している人の情報は異動しているため、調査時点で滞納等の問題がなく借入残高がある方のデータとなっています。

借入件数登録人数登録残高合計一人当たりの残高
借入件数1件698.4万人26,636億円38.1万円
借入件数2件231.9万人16,498億円71.1万円
借入件数3件84.1万人8,017億円95.3万円
借入件数4件25.8万人3,080億円119.4万円
借入件数5件以上8.8万人1,387億円157.6万円
合計1049.2万人55,618億円53.0万円(全体の平均金額)
出典:加入する貸金業者が登録する無担保無保証貸付けを対象とした統計(株式会社日本信用情報機構)より残高がある者の借入件数毎の登録状況(平成31年1月末時点)

これによると、消費者金融やクレカのキャッシングで借入がある人は全国でおよそ1049万人、そのうち借入件数が4件の人が25.8万人、5件以上は8.8万人となっています。

割合としては少ないものの、借入件数4件と5件以上の両方を合わせると全国に34.6万人もおり、借入件数が多くても意外に借りれる実態がわかります。

#さらにこのデータでは借入件数ごとに1人当たりの借入残高も集計されており、借入件数が5件以上の方の一人当たり借入残高は157.6万円となっています。

消費者金融やカードキャッシングのみで5社から157.6万円の借金ですから、1契約あたりは30万円ほどで借入金額は多くはないです。

しかし借入件数に関しては審査結果次第とは言え、意外と融通が利くことが読み取れますね。


借り入れが多くても、まだアイフルで借りていない人には希望あり

借り入れが多くても、まだ返済の滞納がない人でアイフルで借りていない人であれば、アイフルがおすすめです。

アイフルは大手消費者金融の中では唯一、銀行系列に属していない独立系消費者金融です。

同じ消費者金融でも、銀行系列で銀行カードローンの保証業務まで行なっているアコムやSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)等に比べて、他社借入の審査影響が少ないと言われています。

アイフルでは貸金業法に基づく借り換えローン「かりかえMAX」も積極的に扱っており、こちらは総量規制オーバーの年収の3分の1を超える借入もできます。

通常のWebからの申込み後に電話でオペレーターさんに「借り換え希望」である旨を伝えると、貸金業法に基づく借り換えローンの説明をしてもらえます。

アイフルのかりかえMAXは他の消費者金融での借入だけでなく、銀行カードローンやクレジットカードのリボ払い残高の借り換えも可能です。

借り換えにより「他社借入件数が減る」「総量規制対象となる借入が減る」といったメリットがあるのも見逃せません。

おすすめの貸金業法に基づく借換ローン
アイフルの貸金業法に基づく借換ローン「借り換えMAX」

年率3.0〜17.5%。大手で唯一、クレカのリボ払い残高と銀行カードローンでの借金の借り換えも可能。100万円以上の借り換えは貸金業法により最大でも年率15%です。ネットで通常のローン申し込み後、オペレーターからの電話着信時に「他社からの借り換えのため、借り換えMAXに申し込みたい」と告げると詳しく案内してもらえます。

アイフル公式サイトへ

 

収入=返済能力。収入が少ないと3件目でも厳しい。

すでに他社借入が2件、3件とあり、さらに新しくカードローンを申し込む場合、収入証明書類の提出を求められることがほぼ必須です。

3件目、4件目ともなれば銀行カードローンでの借入は難しいので、消費者金融を選ぶことになりますが、消費者金融でも融資希望額と他社借入との借入合計額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必須です。

借入合計額が100万円に満たなくても、年収が少ない、勤続年数が短いなど属性がよくない場合は収入証明書類の提出が求められることが多いです。

直近2ヶ月分の給料明細書や源泉徴収票などをきちんと用意することが大切です。

しかし借り入れが多い場合は、すでに収入に対してかなりの割合の借入をしてしまっていることも多いです。

特に収入の少ない方は、収入から食費や家賃などの生活費を差し引いた可処分所得がそもそも少ないです。毎月返済に充てられる金額も必然的に少なくなるので、その分だけ返済能力も低いと金融会社からは見られています。

パートやアルバイトなどで収入が少ない方は、3社目、4社目ともなると審査に通らず借りれないケースも少なくありません。

収入=返済能力という点を貸金業者は非常にシビアに見ていますから、これまでそれなりに収入があり、2社・3社と借入ができた方も失業や転職などで収入が減った場合は、新たな借入は非常に難しくなります。

審査の際は現在の借入状況・返済状況は個人信用情報機関でのデータ照合で見抜かれてしまいますから、その上で収入が減っているとなると、審査ではかなり不利です。

収入に対して、無理のある借入とならないよう注意が必要です。

収入が少ないパート・アルバイトが他社借入あっても借りれる銀行カードローンは?
収入が少ないパートやアルバイトで他社借入がある人、カードローンで借金があっても借りられる銀行カードローンはココ!低収入で他社借入あっても借りれる銀行カードローンについて。
2019-01-14


他社借り入れが多くても、借入件数を少なく申告する嘘は絶対にバレる!

借入件数が多いと審査に不利になるのは間違いありません。しかしだからと言って新しいカードローンに申し込む際に借入件数や合計借入金額を実際より少なく記入して申し込むのはいけません。

下記は主な金融業者が加盟している個人信用情報機関の一覧です。

CICJICC全国銀行
個人信用情報センター
アコム
プロミス
アイフル
SMBCモビット
レイクALSA
新生銀行カードローン
みずほ銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
日本学生支援機構(奨学金)


CIC(株式会社シー・アイ・シー)
正式には株式会社シー・アイ・シーという会社ですが、貸金業法に基づく指定信用情報機関として内閣総理大臣からの指定を受けています。主に割賦販売等を行うクレジットカード会社が加盟しています。
Credit Information Center(CIC)

JICC(株式会社日本信用情報機構)
CICと同じく国からの指定を受けている指定信用情報機関で、株式会社日本信用情報機構という会社です。貸金業、リース事業、保証事業などの金融事業を営む会社が主な加盟会員です。
日本信用情報機構

全国銀行個人信用情報センター
全国の銀行が加盟する一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が運営する個人信用情報機関です。全国銀行個人信用情報センターの加盟会員は個人信用情報機関同士の情報交流ネットワークのCRIN(Credit Information Network:クリン)を通じてCICとJICCに提携しており、CIC・JICCの持つ個人信用情報を照会できます。
全国銀行個人信用情報センター

CIC、JICC、全国銀行個人信用情報センターのいずれも加盟していない貸金業者はまずありません。あるとすればヤミ金です。

金融業者は実際にあなたが現在どのくらい借入をしているか、こうした信用情報機関へのデータ照合で簡単に把握できます。

その上で申込内容と実際の借入状況にズレがあれば、金融業者側では「この人は嘘をついている」もしくは「現在の借入状況を正確に把握できていない」という判断をすることになります。

どちらも審査において、不利にはなっても有利になることは決してありません。

申込時の嘘はマイナス要因にしかならないので、借入件数が多くても変なことは考えず、きちんと正確に申告することが大切です。


4件目、5件目は審査に落ちやすいが短期間の連続申込みはさらに審査に通らない。

借入件数が4件目、5件目となると、すでに収入に対してすでに借入している金額が多い場合は審査に通らなくなってきます。

しかし、お金を借りるのを急ぐあまり、1件審査に落ちたすぐあとに別の消費者金融へ申込をするのもおすすめはできません。

特に銀行や大手消費者金融では短期間での2件以上の複数の借入申込に対し、自動的に無条件で審査を落とす、いわゆる「申込みブラック」という状態になります。

1日のうちにアコム、プロミス、アイフルのカードローンにそれぞれ申込みをすると、どこかで借りれるどころか、どこも借りれない可能性があります。

それでもカードローンを申し込むのが初めての人なら最初に申し込んだところでは借りれる可能性が高いですが、すでに他社借入が数件ある人だと可能性はほぼゼロです。

しかし中小の消費者金融であれば申込みブラックは発動しませんので、4件目からの借入は中小消費者金融も借入先候補にいれると良いです。

どうしてもお金を借りたいけど、どこからも借りれない審査が通らないなら
どうしてもお金を借りたいけど、どこからもお金を借りれない。審査に通らない。債務整理、自己破産などで借りれない場合はどうするか。無職でもどうしてもお金を借りたい時はどうか。総量規制でお金を借りれないケースはどうすればお金を借りれるか。どうしてもお金を借りたいけど借りれない時のケース別解決方法をまとめました。
2019-04-17
安心して借りられる中堅消費者金融一覧。ヤミ金以外で即日融資で借りるには?
アコムやアイフルなど大手カードローン会社からは借りられない方も借りれるのが中堅消費者金融の大きなメリットですが、中には正規の貸金業者を装う違法業者も残念ながら存在します。
2018-05-25


借入件数よりも借入金額!消費者金融で借りるなら総量規制に注意!

借り入れが多い人が注意しなくてはならないのは、借入件数そのものより、現在の他社借入の合計借入金額の方です。

消費者金融でお金を借りる場合、他社借入を含めた総借入金額は総量規制により年収の1/3以内に制限されています。

たとえ今消費者金融1社からしか借りていないとしても、年収300万円の方がその1社から100万円の限度額を付与されていたら、借入金額が年収の1/3に達しているので他の消費者金融からはもうこれ以上お金を借りれないのです。

逆に現在消費者金融4社から借入がある人でも、その4社の限度額の合計が年収の1/3以内に収まっていて、さらにまだ余裕があるのであれば、5社目の消費者金融も借りれる可能性があります。

総量規制は借入金額については厳しく制限していますが、借入件数についての制限はありません。借入件数の多い方は、今の借り入れ先での限度額の合計が年収の1/3を超えていないか、申込みをする前に今一度確認しましょう。

総量規制オーバーでも借りれる、年収の1/3以上の借り入れが可能な消費者金融は?
総量規制オーバーでも借りれる、年収の1/3以上の借り入れが可能な消費者金融について。他社借入の多い人は銀行カードローンでの借換えも審査が厳しいです。総量規制で借りれないと考えている方、総量規制以上借りたい方へ、消費者金融で総量規制を超えても借りれる条件やコツをまとめています。
2019-03-18


借り入れ多くて審査が不安なら、正式申込前のお試し診断を!

借り入れが多いと新たなカードローンの審査に通るか不安になりますね。

そんな時は正式申込前に、匿名・無料で行える消費者金融各社の「お試し診断」をやってみるのをおすすめします。

お試し診断がある主なカードローン

カードローンお試し診断名入力項目
プロミスお借入診断生年月日、年収、他社借入金額
アコム3秒診断年齢、年収(総支給額)、カードローン他社借入金額
アイフル1秒診断年齢、雇用形態、年収、他社借入金額(※銀行カードローンを含む)

お試し診断は正式な申込ではないので「融資可能と思われます」という回答が出なくても審査落ちにはなりません。

銀行カードローンでの借り入れがある人は、アイフルのお試し診断がおすすめです。

アイフルのお試し診断は銀行カードローンを含んだ他社借入件数・他社借入金額でお試し診断してくれるため、実際の審査結果により近い結果が出ます。

さらにアイフルは特定の銀行グループに属さない独立系消費者金融です。銀行カードローンの借入による審査への影響が、他の消費者金融より少ない点も見逃せません。

他社借入に銀行カードローンは含むのか。消費者金融申込み時に他社借入に含む借金・含まない借金
消費者金融系カードローンの申込み、他社借入に銀行カードローンの借金は含めるの?銀行カードローンの申込みは他のローンも他社借入の借金になるの?カードローンの申込み時に他社借入件数・他社借入金額に含める借金、含めない借金についてわかりやすくまとめました。
2018-12-04


借り入れ件数が多いならおまとめローンに借り換えて借り入れ件数を減らす方法も

借入件数が多くて審査に通るか不安なら、まずは借入件数を減らすことも考えてみましょう。おすすめなのは「おまとめローン」の利用です。

借り換え・おまとめにより借入件数を減らすことができるだけでなく、銀行カードローンでも消費者金融のカードローンでも、おまとめローンは総量規制対象外になっていることがほとんどなので、総量規制対象となっている借入を減らすこともできます。

ただし、借入件数の多い方が新規でおまとめローンや借換ローンを申し込むのは審査が通りにくいです。

まずは今借入をしているカードローンで、借換ローンを扱っているところがあれば、現在の借入をおまとめローンに切り替えて、他社借入もまとめることができないかを相談してみましょう。

おまとめローン・借換ローンは融資額が大きいため収入証明書類の提出を求められることが多いです。

以前より収入が下がっている方だと収入証明書類の提出は既存の借入の限度額を下げられる恐れもあるので難しいですが、収入をキープしている、もしくは増えている方にとっては問題ないはずです。

おすすめの貸金業法に基づく借換ローン
アイフルの貸金業法に基づく借換ローン「借り換えMAX」

年率3.0〜17.5%。大手で唯一、クレカのリボ払い残高と銀行カードローンでの借金の借り換えも可能。100万円以上の借り換えは貸金業法により最大でも年率15%です。ネットで通常のローン申し込み後、オペレーターからの電話着信時に「他社からの借り換えのため、借り換えMAXに申し込みたい」と告げると詳しく案内してもらえます。

アイフル公式サイトへ


この記事に関連してよく読まれている記事はこちら