他社借入あっても借りれる

他社借り入れがあっても借りられる銀行カードローン。借り換えの審査に通る方法とは?

アコムで借りてても借りれる銀行カードローンは?

アコム、プロミス両方で借りると銀行カードローンでは借りれないの?

こういう疑問や悩みをお持ちの方、実はけっこういると思います。

消費者金融のカードローンやクレジットカードのキャッシングで借金があるけど、銀行カードローンの方が低金利だから借り換えをしたい。

最初はよく知らないまま消費者金融で借りたけど、いま利息の支払いに苦労してるから次に借りるなら少しでも金利の低い銀行カードローンがいい。

でも、銀行カードローンは借金があると審査に通らないんじゃないか?

このような悩みにお応えするべく、借金があっても借りれる銀行カードローンについて検証します。

2017年からの過剰融資問題で他社借入あっても借りれる銀行カードローンは激減!

銀行カードローンは2017年より以前は消費者金融からの借り換えやおまとめローンとして利用する人も多くいました。

消費者金融より金利が低く借入限度額も大きい銀行カードローンは消費者金融からの借り換え先としても非常に人気だったのです。

銀行カードローンを借り換えやおまとめローンとして利用する人は、当然ながら他社借入が何件かある人たちです。

そのため銀行カードローンのほとんどは、他社借入があっても借りれるカードローンでもありました。

しかし2017年以降、銀行カードローンによる過剰融資と自己破産者の増加が社会問題化したのをきっかけに、多くの銀行が他社借入のある人への審査を厳格化し、貸付を渋るようになりました。

今では銀行カードローンは、カードローンの利用自体が初めての方や、借金を完済して今はまったく他社借入のない方でないと審査は簡単には通らなくなっています。

しかし、他社借入あっても借りれる銀行カードローンは今では珍しいものの、まったくないわけではありません。

メガバンクの銀行カードローン3社の他社借入対応状況を確認

銀行カードローンの過剰融資問題への対応をどこよりも強く求められているメガバンク3行(三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)の他社借入ある人への対応を検証してみましょう。

三菱UFJ銀行バンクイックは借金があっても借りられるか

三菱UFJ銀行バンクイックでは公式サイト上に「お借入診断」のコンテンツがあります。

このお借入診断によると、他社の借入状況については3件までは「バンクイックをお申込可能と考えられます。」という診断結果が出ます。

しかし他社借入状況が4件になると「ご入力いただいた内容では、バンクイックのご利用が可能かどうか判断できませんでした。」という診断結果になります。

判断できませんでした、というのは実質的に融資不可、申し込みをするな、という意味です。

実際の審査ではこれよりさらに厳しくなるので、他社借入が1件だけなら審査可決もあるかといった感触です。

ただし「お借入診断」では他社借入が1件でも借入額が800万円を超えると「ご入力いただいた内容では、バンクイックのご利用が可能かどうか判断できませんでした。」に表示が変わります。

単純に他社借入件数だけで判断しているわけでもなさそうです。

三井住友銀行カードローンは借金してても借りれるのか

三井住友銀行カードローンもかつては借り換えやおまとめローンとしての利用を積極的にPRしていましたが、今では公式サイト上にはどこにもそのような記載はありません。

逆に借り換えやおまとめローンとしての利用は不可、という記載もありませんが、そのような利用は想定していないという体で断りを入れているようです。

三井住友銀行カードローンでは申込方法に30万円までのかんたんお申込と最大800万円までの通常お申込の2つがあります。

このうち、30万円までの「かんたんお申込」の方には、入力項目に他社借入に関する記載欄がありません。そのため30万円までであれば、他社借入がある人でも借りれる可能性はゼロではないと考えられます。

金融庁や銀行各行が神経質になっている「過剰融資」。

これに該当しない少額の融資であれば、他社借入があっても貸付を検討する、といったスタンスのようです。

みずほ銀行カードローンは他社借り入れあっても借りれるのか

みずほ銀行カードローンは2017年の過剰融資問題以降も他のメガバンクとは違い、他社借入1件からの借り換えのみ対応可能と公式にアナウンスしています。

そのため、他社借入がある人では絶対に借りれない、というわけではないようです。

融資額の大きくなる複数社からの借換やおまとめローンとしての利用は無理ですが、金融庁等が問題とする過剰融資に該当しない範囲であれば、他社借入がある人への貸付も可能性としてはゼロではないようです。

銀行カードローンの過剰融資問題への対応を厳しく求められているメガバンク3行ですが「他社借入は1件まで」「30万円まで」など、過剰融資に該当しない範囲の貸付であれば他社借入がある人への融資を検討する意向はあるようです。

とはいえ審査では奨学金の返済や携帯端末の月賦払い、クレジットカードのリボ払いなど、カードローン以外の支払い状況も照合されます。金融会社への毎月の支払い全てと収入のバランスに余裕がなければ、やはり審査通過は難しいでしょう。

ネットバンクの銀行カードローンは他社借入あっても借りれるか

ネット専業銀行のカードローン(ジャパンネット銀行ネットキャッシング、楽天銀行スーパーローンなど)は、ネット専業で実店舗を持たないコスト面での優位性から、以前はどの銀行も低金利での借り換えやおまとめローンなどで他社借入がある方にも積極的に融資を行ってきました。

ただ、やはり銀行カードローンによる過剰融資が金融庁や国会で問題視されるようになると、他社借入がある人への融資は他行と同様に審査が厳しくなりました。

借換やおまとめなど、他社借入が何件もある人向けのカードローンの利用案内は、ほとんどのネット専業銀行が停止しているのが現状です。

しかし今でも唯一、じぶん銀行カードローンだけは公式サイト上で「借り換えもOK」と表記しており、他社借入がある人でも毎月の返済に対して十分な収入がある方なら融資の可能性はあります。

とはいえ多重債務で返済がギリギリになっている方にとっては、じぶん銀行カードローンは過剰融資が社会問題になる以前から審査通過率は低かったです。融資の可能性はあるものの、借入に対して十分な収入(返済能力)があることが審査通過の必須条件になります。

地方銀行のカードローンなら他社借入あっても借りられるのか

銀行カードローンによる過剰融資問題において、カードローン顧客獲得の多くを占めていたのはメガバンク3行、ついでネット専業銀行でした。地方銀行は銀行カードローンの営業面では大きく出遅れていました。

メガバンク3行ではカードローンの申込み当日の即日融資も可能だったのに対し、地方銀行のカードローンは審査に時間がかかったり、契約のために銀行の営業時間中の来店が必要だったりと総じて使い勝手が悪かったため、過剰融資と言われるほど契約数を伸ばした地方銀行はほんのごく一部だったのです。

しかしその分、銀行業界全体でのカードローン融資の自粛に関しては、地方銀行ではメガバンクが引き起こした問題のとばっちりを受けたという認識も強く、やや消極的な傾向が見受けられます。

地方銀行カードローンは営業エリア内にお住まいであることや、預金口座の開設や来店が必須となるところも多いですが、他社借入のある方の借り換えにも対応しているところが今でもいくつかあります。

一例として東京・赤坂に本店を構える東京スター銀行が挙げられます。

東京スター銀行は第二地方銀行ではありますが、今でもおまとめローンの取り扱いがあります。こうした銀行カードローンなら他社借入の借金があっても借りられる可能性は十分にあります。

今住んでいる地域で申し込み可能で、他社借入があっても借りれる地方銀行のカードローンを確認してみましょう。

地方銀行は全国に64行、第二地方銀行は全国に41行もあり、中には借り換えやおまとめに対応していて借金があっても借りれる銀行カードローンもあります。

地方銀行のカードローンは利用者がその銀行の営業エリア内に在住であることが条件になっているところも多いです。他社借入ありで銀行カードローンを利用したいなら、お住まいの地域にある地方銀行のカードローンをチェックしてみてください。

銀行のフリーローンなら借金があっても借りれるのか

消費者金融と違い、銀行で資金使途が比較的自由な個人向けローンはなにもカードローンだけではありません。多くの銀行ではフリーローンという金融商品も取り扱っています。

銀行のフリーローンの中には、消費者金融などの他社借入の借り換え・おまとめに利用できるものもあり、他社借入がある人でも審査に通る場合があります。

ただしフリーローンはコンビニATMなどでいつでも借入できるわけではなく、一度銀行振込等でまとまった額の融資を受けて以降はひたすら返済のみで、繰り返し借入ができるカードローンとは使い勝手が異なります。

銀行のカードローンとフリーローンの違いについては以下の記事にまとめています。参考にしてください。

銀行のカードローンとフリーローンの違いは何?借りるならどちらが有利? カードローンとフリーローンの違いは何? 個人が銀行でお金を借りる場合、住宅ローンのような目的別のローンと、カードローンやフリーロ...

保証会社の違う銀行カードローンなら他社借入あっても審査に通過するのか

ほとんどの銀行カードローンは、審査を行う保証会社が銀行本体とは別に存在します。カードローンの審査を銀行が直接行っているわけではありません。

主な銀行カードローンの保証会社一覧

銀行カードローン保証会社
赤いメガバンクのカードローンアコム株式会社(アコム)
みずほ銀行カードローン株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
住信SBIネット銀行SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
新生銀行カードローンレイク新生フィナンシャル株式会社(レイクALSA)
オリックス銀行カードローン新生フィナンシャル株式会社、オリックス・クレジット株式会社
ジャパンネット銀行ネットキャッシングSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
じぶん銀行カードローンアコム株式会社(アコム)

このように銀行カードローンは大手消費者金融会社が保証会社を務めている場合がとても多く、特にプロミスのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社とアコムは保証事業にも注力していて、地方銀行のカードローンでもこの2社が保証会社となっていることが多いです。

保証会社は審査を行うだけでなく、返済の長期滞納や延滞があった際に債務者に代わって銀行へ返済を行う「代位返済」の義務を負っています。

審査を行う保証会社が現在の他社借入先と同じ会社であれば、保証会社は同じ一人の債務者に対してより大きな返済リスクを負うことになるので、審査は厳しくなります。

そのため、現在の他社借入先のカードローンと保証会社が違うカードローンを次の借入先に選ぶことで、審査に通る可能性は多少上がります。

とはいえ銀行カードローンも保証会社が違えば借金があっても100%絶対に借りられるわけではなく、審査に通る可能性がわずかに良くなる程度だと考えてください。

どの銀行カードローンの保証会社も審査の際には、あなたが申告した以上に正確に他社借入状況を調べます。きちんと返済をしていても、返済能力に余裕がないとみなされたら、残念ながら審査には通りません。

借金あるけどお金借りたい。借金があっても借りれるカードローン徹底解説!【体験談あり】 プロミスで枠いっぱいまで借りてるけど、アイフルでも借りれるの? すでにカードローンでお金を借りてる。限度額いっぱいまで借りている...

借金があっても借りられる銀行カードローンはある。しかし審査は消費者金融より厳しい

借金があっても借りれる銀行カードローンについて、メガバンク、ネットバンク、地方銀行、そして銀行のフリーローンまでを一通り解説してきました。

過剰融資には該当しない少額融資なら大手メガバングでも融資の可能性はあるものの、銀行カードローンは少額融資でも消費者金融より審査が厳しく、さらに2018年からは審査や手続きにも時間がかかるようになりました。

地方銀行の銀行カードローンなら東京スター銀行おまとめローンのように、今でも他社借入がある人が借り換えやおまとめローンとして利用できるところもいくつかあります。

借金があっても借りられる銀行カードローンは、借り換えやおまとめといった他社借入がある人の利用が前提となっている銀行カードローンを地方銀行の中から見つけるのが現状では唯一の方法です。

ただし地方銀行のカードローンも次第に融資姿勢をメガバンクに寄せていく傾向があります。

またお住まいの地域によって利用できる地方銀行のカードローンが限られる欠点もあります。

消費者金融の借り換え・おまとめローンなら総量規制を超えても借りれる

借金があっても借りれる銀行カードローンもありますが、やはり2017年の銀行カードローン過剰融資の社会問題化以降は審査が厳しくなっているのが事実としてあります。

銀行カードローンの審査が厳格化したあとに注目を集めているのが消費者金融各社の「貸金業法に基づく借換ローン(おまとめローン)です。

貸金業法の総量規制により年収の3分の1を超える貸付を行えないのが消費者金融のカードローンですが、この「貸金業法に基づく借換ローン」は総量規制の例外対象(顧客に一方的有利となる借換え)となるため、特別に年収の3分の1を超える貸付を行えます

ローン名限度額実質年率返済回数返済期間
アイフルの借り換えローン「借り換えMAX」最大500万円12.0%~17.5%1回~120回最長10年
アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン最大300万円7.7%~18.0%2回~162回最長13年7ヵ月
プロミスのおまとめローン最大300万円6.3%~17.8%1回~120回最終借入後最長10年
フクホーの借り換えローン最大200万円7.30%~20.00%2回~120回借入日から最長10年
アローの貸金業法に基づく借換ローン最大200万円15.00%~19.94%2回~180回最長15年

消費者金融の貸金業法に基づく借り換えローンは一見すると金利が高く思えます。

しかし融資額が100万円を超えると年率15.0%が貸金業法による法律上の最高金利となるため、借り換えで利息の負担も少なくなる可能性が十分あります。

もし「総量規制で消費者金融からはもうお金を借りられない」といった動機から借金があっても借りれる銀行カードローンを探しているなら、消費者金融の貸金業法に基づく借換ローンについても検討してみてください。

おすすめの貸金業法に基づく借換ローン

アイフルの貸金業法に基づく借換ローン「借り換えMAX」
年率3.0〜17.5%。大手で唯一クレカのリボ払い残高と銀行カードローンでの借金の借り換えも可能。ネットで通常のローン申し込み後、オペレーターからの電話着信時に「他社からの借り換えのため、借り換えMAXに申し込みたい」と告げると詳しく案内してもらえます。

You cannot copy content of this page
大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら