他社借入あっても借りれる

アイフル等のおまとめローン後にまた借りるのは契約違反か。一括請求は来るのか【他社借り入れ】

2017年以降、銀行は他社借り入れがある人への融資は審査を厳格化し、銀行カードローンをおまとめローンとして活用することは難しくなってきました。

そんな中、注目を集めているのがプロミスやアコム、アイフルなど大手消費者金融系カードローンのおまとめローン(貸金業法に基づく借換ローン)です。

アイフルやアコムなどで借りていて、おまとめローンの案内を受けた方も少なくないでしょう。

おまとめローンに借り換え後、いくら月々の返済がラクになるとはいっても、借金そのものがなくなるわけではありません。

おまとめローンは返済専用ローンですが、お金に困ってまた借りたいと考えることも時にはあるでしょう。

ただ、アイフルやプロミス、アコムなどのおまとめローン後の他社借り入れについては「契約違反じゃないのか」「一括請求されるんじゃないか」と不安な方も多いようです。

実際のところ、おまとめローン後の他社借り入れはどうなのか、わかりやすく解説しますね。

おまとめローンに借り換え後、他社借り入れでまた借りることは可能?

アイフルやアコムなど消費者金融のおまとめローンに借り換えをすると、それまでの他社での借り入れについては借入残高がなくなり、融資枠がまるまる残る形になります。

借り換えた他社の解約が契約条件になっていなければ、この他社での融資枠でまたお金を借りること自体は可能です。

ただし、この他社での借り入れは、おまとめローンの利用が発覚してしまうと追加融資のできない返済専用ローンに変わってしまいます。

例えば、アコムでの借り入れを全額アイフルのおまとめローンに借り換えたとします。

アイフルのおまとめローン借り換えにより、アコムで融資枠に余裕ができて再びお金を借りれるようになります。そこでアコムでもさらにお金を借ります。

このアコムでの借り入れが、アイフルのおまとめローン借り換え後のものだとアコム側に知られると、アコムでは限度額をゼロにして追加利用を停止します。アコムでの借り入れは返済専用ローンになるということです。

これはアイフルにとっては自社の貸付はおまとめローンで総量規制対象外ですが、アコムにとってはアイフルの貸付が総量規制対象となり、自社の貸付が総量規制を超えた借り入れに相当してしまうために起こります。

消費者金融のおまとめローンに借り換え後、お金を他社でまた借りること自体は可能ですが、通常のカードローンとして限度額の範囲内で自由に借入ができるのは、契約者の与信チェックでおまとめローンに借り換えたのが発覚するまでの期間だけです。

銀行カードローンの借り換え・おまとめとは違い、消費者金融のおまとめローン後の借り入れは総量規制も意識しなければならない点に注意が必要です。

借金あるけどお金借りたい。借金があっても借りれるカードローン徹底解説!【体験談あり】 プロミスで枠いっぱいまで借りてるけど、アイフルでも借りれるの? すでにカードローンでお金を借りてる。限度額いっぱいまで借りている...

おまとめローンに借り換え後に他社借り入れでまた借りるのは契約違反なの?

アイフルやアコムなどのおまとめローンに借り換えた後、限度額まで余裕が生まれた借り換え前のカードローンでお金を借りること自体は、契約書にそのような条項が盛り込まれていない限り契約違反には当たりません。

アコム、プロミス、アイフルの3件で借りていた方がアイフルのおまとめMAXに借り入れをまとめた後、アコムやプロミスでまた借りるのがアイフルへの契約違反になるのかの判断は、アイフルと交わした契約書を確認しなければなりません。

借り換え後に他社借り入れでまた借りるのが契約違反になってしまうかは、契約者の収入や他社借入状況などによりケースバイケースで異なる場合があります。

申込時に「例えばですけど、借り換え後にまたお金が必要になってしまった場合に、契約が残っている別のカードローンでお金を借りるのは契約違反になりますか?」など、仮の話として質問して電話などで確認するのをおすすめします。

おまとめローンに借り換え後、また借りると一括請求される?

消費者金融のおまとめローンに借り換えた後、別のカードローンでまた借りると契約違反となり、一括請求されるんじゃないかと不安な方もいると思います。

結論から言えば、借り換え後に他社のカードローンで借り入れをしても、一括請求・一括返済を求められることはほとんどありません

再びアコムでの借り入れをアイフルのおまとめMAXへ借り換えた場合の例ですが、アイフルのおまとめMAXヘ借り換え後にアコムで借りても、アコム・アイフル双方から一括請求・一括返済を求められることはほとんどありません。

返済に関してはこれまで通り、借入残高に応じた金額を毎月返済していくことになります。一括請求されることはありませんが、アコムから借りたお金は総量規制を超えた貸付とみなされ、返済専用ローンに切り替わります。

ただし総量規制以上にお金を借りることだけを目的に意図的におまとめローンを利用するなど、金融会社から「悪質」と判断された場合は、貸付金を一括請求される可能性もゼロではありません。

おまとめローンは本来、既存の借入による月額返済金額や総返済額を軽減することを目的とした金融商品です。その目的から外れる利用に関しては、厳しい措置を取られることもあります。

総量規制オーバーでも借りれる、年収の1/3以上の借り入れが可能な消費者金融は? 総量規制オーバーでも借りれる消費者金融 アイフルの「借り換えMAX」 消費者金融の借り換えローンは総量規制対象外。総量規制の借金を借り...

消費者金融のおまとめローンはどこがいいの?

主な消費者金融のおまとめローン(貸金業法に基づく借換ローン)をまとめてみました。

ローン名限度額実質年率返済回数返済期間
アイフルのおまとめローン「借り換えMAX・おまとめMAX」最大800万円3.0%~17.5%1回~120回最長10年
アコムの貸金業法に基づく借換え専用ローン最大300万円7.7%~18.0%2回~162回最長13年7ヵ月
プロミスのおまとめローン最大300万円6.3%~17.8%1回~120回最終借入後最長10年
新生フィナンシャルのおまとめローン
「完済応援プラン(借換プラン)」
最大300万円13.00%~17.00%1回~96回最長8年
フクホーの借り換えローン最大200万円7.30%~20.00%2回~120回借入日から最長10年
アローの貸金業法に基づく借換ローン最大200万円15.00%~19.94%2回~180回最長15年
エニーのおまとめローン最大500万円5.0%〜15.0%1回~120回借入日から最長10年

金利については最高金利が年率18.0%や20.0%など、おまとめなのに普通のカードローン金利と変わらないじゃないか!と思うかもしれませんね。

金利については100万円以上の借入になると利息制限法により、金利は最大でも年率15.0%と上限金利が法律で定められています。

おまとめローンに借り換えた結果、借入が100万円以上になる場合は年率15.0%以上になることはないのです。

消費者金融のおまとめローンを利用するなら、限度額が100万円以上になるかをひとつの目安にするとよいです。

消費者金融のおまとめローン徹底解説。総量規制対象外で中小は比較的審査が甘い?デメリットとおすすめは? アイフル、アコム、プロミスの3社からお金を借りてるけど、毎月の借金返済が苦しい。。。 カードローンの借入先が3社、4社となってく...

おまとめローンは返済期間が長い分、利息の総支払い額が増えてしまう可能性も

消費者金融のおまとめローンで金利以外に注目すべきなのが、返済回数・返済期間です。

通常のカードローンの返済期間はおよそ5年が最長です。一方おまとめローンになると、最長10年、15年と非常に長期になります。

おまとめローンに借り換えることにより、金利が下がり、毎月の返済額が少なくなるのは確かです。

しかし月々の支払いが少なくなった分、油断していると返済期間が非常に長期におよび、結果的により多くの利息を支払うハメになる可能性も十分あります。

返済期間が長くなればなるほど利息の支払いが多くなるのは、カードローンやおまとめローンに限らず、すべてのローン商品に言えることです。

月々の返済額が少なくなったといっても、余裕のあるときは繰り上げ返済を進めていくのはカードローンと同じだと思ってください。

審査に通るならおまとめローンは銀行カードローンの方がいい

消費者金融のおまとめローンは銀行カードローンで借り換え・おまとめ対応しているものと比べると、やはり金利が高いというデメリットがあります。

また、おまとめローンに借り換えた後にまたお金を借りる場合でも、消費者金融のおまとめローンは総量規制の制限が気になります。

審査に通ることができれば、銀行のおまとめローンを利用したいものです。

メガバンクの銀行カードローンは2017年以降、他社借り入れのある人への融資が厳格化している一方で、地方銀行ではまだ他社からの借り換えに対応した銀行カードローンもあります。

東京スター銀行のスターワン乗り換えローンは返済専用のおまとめローンです。

金利が年率12.5%で来店不要、仮審査も最短3日で返答があります。

正社員・契約社員・派遣社員の方で、前年度の税込年収が200万円以上の方に限定して利用可能なおまとめローンですが、申し込みは全国どの地域にお住いの方でもできます。

200万円の借り入れでも東京スター銀行のスターワン乗り換えローンなら月々3万円弱で返済できます。

まだおまとめローンの借り入れ先を選定中なら、東京スター銀行のおまとめローンも検討してみてください。

東京スター銀行おまとめローンの審査に通過する条件。金利と返済額はどうなのか。 アコム、プロミス、三井住友銀行カードローンの3社からお金を借りていて返済が大変。 毎月の返済を少しでもいいから減らしたい。 ...

アイフルやアコムなど消費者金融のおまとめローン利用後に元のカードローンでの借り入れがバレると、一括請求こそされないものの、元のカードローンも返済専用ローンになってしまいます。

どのカードローン会社も個人信用情報データベースで顧客の与信チェックは定期的に行っていますから、借り換え前のカードローンで借りると、遠からず借り入れはバレてしまいます。

おまとめローンに借り換えた後に再び元のカードローンでお金を借りるのは、返済が困難になる可能性も高いので、決しておすすめできることではありません。また借りるとしても十分注意して利用してくださいね。

You cannot copy content of this page
大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら