他社借入あっても借りれる

収入が少ないパート・アルバイトが他社借入あっても借りれる銀行カードローンは?

パートやアルバイトなどフルタイムで働くのが難しく収入が少ない人で、すでにカードローンで借金がある人はとても多いです。

収入が少ないからこそ貯金も思うようにはできず、突然の出費によるお金のピンチは人一倍多く降りかかってくるものです。

初めて利用するカードローンは20歳以上でご自身に収入のある方であれば、どこに申込をしてもほぼ審査に通るし、お金を借りることもできます。

しかしすでにカードローンで借金がある人が、さらに別のカードローンでお金を借りたい場合はどうでしょうか。

収入が少ないけど、他社借入の借金があっても借りれるカードローンはどこ?
そんな疑問にお答えしますね!

低金利で借りれるのは銀行カードローン。低収入で他社借入あっても借りれる銀行は?

カードローンの金利は消費者金融より銀行カードローンの方が年率3〜4%低いです。

カードローン実質年率即日
融資
詳細
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜
14.0%
詳細
三井住友銀行
カードローン
4.0〜
14.5%
詳細
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜
14.6%
詳細
プロミス4.5〜
17.8%
詳細
レイクALSA
(レイクアルサ)
4.5〜
18.0%
詳細
アコム3.0〜
18.0%
詳細
アイフル3.0〜
18.0%
詳細

利息の支払いを考えたら、誰もが消費者金融より銀行カードローンで借りたいと思うはずです。

しかし、パートやアルバイトの方をはじめ収入の少ない方が銀行カードローンで審査に通るのは、現在では基本的に今まで一度もカードローンを利用したことのない方が申し込む場合だけです。

一部では「銀行カードローンも審査はアコムやプロミスが行ってるから審査は通りやすい」などと言われていますが、他社カードローンを利用中の方にそれは当てはまりません。

かつては年収の少ないパート主婦でも2社、3社と複数の銀行カードローンで融資を受けられる人もいました。

しかし2017年以降は銀行カードローンによる過剰融資・多重債務問題が国会や金融庁でも取り上げられたことがきっかけで、銀行も年収の少ない他社借入のある方への新規貸付はかなり渋るようになってしまいました。

審査では銀行側も消費者金融やカード会社をはじめ他社での借入状況がわかります。

そして収入が少なく、すでに他社に借入がある方の申込みに対しては、手のひらを返すように審査が一気に厳しくなるのです。

借り換え希望で申し込みをしても、今は収入が少ないと銀行カードローンの審査には残念ながらまず通りません。

「低収入=返済能力が低い」と見なされているのです。

目安としては、前年度の税引前の年収が300万円に満たない場合は残念ながら、他社借入がある方の銀行カードローンでの借入はほぼ無理です。

パートやアルバイト収入のみで他社借入があっても借りれる銀行カードローンは、残念ながら今はありません。

銀行カードローンによる過剰融資・多重債務問題。今も銀行の審査は甘い・通りやすいのか? 銀行カードローンの過剰融資・多重債務問題とは 2016年後半から、銀行カードローンによる返済能力を超えた過剰融資、多重債務が社会...

低収入で他社借入ありだと銀行カードローンでは借りれない?!

銀行カードローンは他社借入がない状態ならパートやアルバイトはもちろん、主婦の方でも借りれる場合があります。

しかし銀行カードローンの過剰融資問題が表面化した現在では、銀行も低所得者に対しては貸し渋りの傾向にあります。

他社での借入がある年収の少ない人にとっては審査が一気に厳しくなり、借り換え目的で申し込んでも、残念ながら大半が審査落ちするのです。

また審査落ちして借りれなかった場合でも、個人信用情報に申し込みをした履歴は残ります。

すると次のカードローンの申し込みでは余計に審査で不利になる可能性があるので、試しに申し込んでみるのも避けてください。

収入が少ない。パートやアルバイトで低年収でもお金を借りれますか? 収入が少なくてお金に困っています。 低収入だけど、他にいい仕事が見つからない。 自分の夢ややりたかったことを実現するために...

借り換えOKの銀行カードローンは収入が少ない人でも審査に通る?

みずほ銀行カードローンや東京スター銀行のカードローンのように、他社からの借り換えに対応している銀行カードローンも中にはあります。

しかし他社からの借り換えは最初から融資額が大きくなるので、審査もどうしても厳しくせざるを得ません。借り換えはそもそも審査が厳しいのです。

また銀行にとっては借り換えのための融資を行なっても、利用者がきちんと現在の借入先に一括返済をせず、お金だけを借りられてしまう可能性があります。

例えば年収200万円で消費者金融に50万円の借金がある人が、銀行で借り換え目的で100万円借りれたとします。

この人がきちんと消費者金融に50万円を返済してくれたら良いですが、そうせずに100万円の枠いっぱいまで借りられてしまうと、年収200万円の人に合計150万円もの借金ができることになります。

今、ご自身にカードローンで150万円もの借金があると想像してみてください。きちんと完済できそうですか?

カードローンで年収の半分を超える借入は自己破産などの債務整理にいたるケースがとても多く、年収の少ない人ほどその傾向が顕著であるというデータを銀行や保証会社は持っています。

いわゆる「貸し倒れ」のリスクを避けるために、銀行は年収の低い人の借り換え目的の融資はとても消極的なのです。

他社借入に銀行カードローンは含むのか。消費者金融申込み時に他社借入に含む借金・含まない借金 カードローンの申込み時に必ずと言ってよいほど問われるのが「他社借入」についてです。 そもそも他社借入って、何の借金をどこ...

今、2社目も銀行カードローンで借りれるのは高収入の方ばかり!

現在、銀行カードローンで2社、3社と借入ができるのは、大企業にお勤めの方や公務員の方、年収が600万円以上あるような高収入の方がほとんどです。

今の銀行は銀行カードローンによる過剰融資が社会問題として表面化し、政府や金融庁から厳しい目を向けられています。

そのため、すでに他社借入のある低所得の方へは審査を大幅に厳格化して貸し渋るようになっています。

一方、収入が多く返済能力が十分な人に対しては、他の銀行カードローンで借入があっても収入証明書の提示を求めるなどして、今でも新規貸付の門戸を開いています。

例えば年収1000万円の方が楽天銀行カードローンで500万円を借入中とします。500万円は大金ですが、この方にとっては年収の半分にすぎない金額です。
そのため2社目の別の銀行ではまだ十分な返済能力があると判断し、カードローンで新たに50万円、100万円と貸付を行う可能性は十分にあります。

しかし年収500万円の方がすでに楽天銀行カードローンで500万円借りていたとしたらどうでしょう。2社目の銀行には「これ以上は無理」と判断され、審査には通らない可能性が高くなります。

今現在、銀行カードローンで融資を受けている方の2社目の借入先は、プロミスやアイフルなどの消費者金融系カードローンしか実質的に選択肢がありません。

とはいえ、銀行カードローンでの借入がある方は消費者金融より審査が厳しいとされる銀行カードローンの審査に通った実績があるわけです。

審査に関してはそんなに心配はいりませんよ。

カードローン2社目の審査は銀行カードローンより消費者金融が通りやすい? 2社目のカードローンはどこがいい? プロミスでお金を借りているけど、限度額が少なくて必要な金額が借りれない! 今レイクで枠...

無利息期間がある消費者金融系カードローンは他社借入あっても借りれる?

銀行カードローンで2社目を借りるのが難しいとなると、消費者金融系カードローンから選ぶしかないわけですが、どこがいいのでしょうか。

おすすめは初回30日間無利息などの無利息サービスがあるカードローンです。

無利息期間の間は利息の支払いが発生しないので、短い期間で完済できれば消費者金融とは言っても銀行カードローンより利息の支払いが少なくなることもあります。

無利息期間のある消費者金融系カードローンは以下のとおりです。

カードローン無利息期間所属グループ
アコム契約日の翌日から30日間無利息三菱UFJフィナンシャル・グループ
プロミス契約後、初回借入の翌日から30日間無利息SMBCグループ
SMBCモビット無利息期間なしSMBCグループ
アイフル契約日の翌日から30日間無利息アイフルグループ
レイクALSA
(レイクアルサ)
Webで申込むと契約日の翌日から60日間無利息
または借入額5万円まで180日間無利息
※注1
新生銀行グループ

同じ初回30日間無利息でも、無利息の適用条件が各社で異なるので注意が必要です。

無利息サービスの内容でおすすめできるのは、契約日ではなく実際にお金を借りた日の翌日から30日間無利息が適用されるプロミス、そして5万円まで180日間無利息があるレイクALSA(レイクアルサ)です。

しかし、できれば現在の借入先と金融グループが同じにならないカードローンを選ぶのが賢明です。

借金あるけどお金借りたい。借金があっても借りれるカードローン徹底解説!【体験談あり】 プロミスで枠いっぱいまで借りてるけど、アイフルでも借りれるの? すでにカードローンでお金を借りてる。限度額いっぱいまで借りている...

消費者金融系カードローンで借りれるのは年収の1/3相当の金額まで

消費者金融系カードローンを利用するのに注意したいのが、総量規制による貸付制限です。

消費者金融やクレジットカードのキャッシングでの借入は、総額で年収の1/3までに貸付が制限されています。

アルバイトで毎月10万円の収入がある人なら年収は約120万円です。消費者金融系カードローンで借りれるのは、最大でも120万円の1/3である40万円までです。

パートで毎月5万円の収入がある人なら年収は約60万円です。その1/3なので最大20万円までしか借りられません。

ただし消費者金融でも貸金業法に基づく借換ローン(おまとめローン)や事業者向けローンなら借入が年収の3分の1を超えても借りれる可能性があります。

しかし借入残高が多くなるほど返済がさらに大変になってくるので、借りすぎには注意が必要です。

総量規制オーバーでも借りれる、年収の1/3以上の借り入れが可能な消費者金融は? 総量規制オーバーでも借りれる消費者金融 アイフルの「借り換えMAX」 消費者金融の借り換えローンは総量規制対象外。総量規制の借金を借り...

奨学金の返済やカードの支払いに滞納があると審査に通らない

カードローンの申し込みの前に注意したいのが、奨学金の返済やクレジットカードの支払いなどです。

カードローンの返済は毎月きちんと滞納せずに行っていても、それ以外の金融会社の支払いに滞納があると、カードローンの審査には通りません。

収入が少なくお金に困っている場合も当然あると思います。

しかし支払いを滞納してしまう前でなければカードローンの契約はできないので、お金がピンチだとわかったら今の支払いを滞納してしまう前に手を打つべきです。

収入が少ない人でも他社借入あっても借りれるけど、毎月の総返済額には要注意

収入が少ない人が他社借入中に別のカードローンでさらにお金を借りる場合、注意したいのが毎月の返済額です。

プロミスなどは月々2000円からの返済で返済額は少ないですが、それでも2社、3社と複数のカードローンで借りていると、毎月の返済額はそれなりの金額になってきます。

収入が少ない分、返済に充てられるお金も多くはありませんから、それぞれのカードローンで最低返済額での返済になっていくかと思います。

しかし最低返済額での返済だと利息の支払いばかりが増えて、なかなか借金が減りません。

無理は禁物ですが、早期に完済できるよう在宅でもできるような副業に取り組むのをおすすめします。

アコム、プロミス、アイフル...。毎月の最低返済額の少ないカードローンを選ぶ 「ご利用は計画的に」とはよく言われることですが、カードローンやクレジットカードのキャッシングでお金を借りるときに、ほとんどの人は「この...

【体験談】離婚後の生活のため、イオンカードとプロミス、アコムの3社で借りました。

人生には予期せぬ問題が降りかかることがあります。

カードキャッシングや消費者金融は絶対利用することはないだろうと思っていても、思わぬ事態に利用を余儀なくされることもあります。

今回は離婚した後でただでさえお金がないところに、親御さんの急病もあってまとまったお金が必要になってしまったという女性にお話を聞くことができました。

体験者パーソナルデータ
CATさん(仮名)/30代後半/女性
カードローン利用年:2011年
借入先:アコム(パソコンから)
借入当時の職業:パート・アルバイト
当時の年収:100万円
初回借入金額:20万円
最大借入金額:30万円
申込時の他社借入:2社あり
申込んだ曜日:平日
審査結果連絡:その日のうち

アコムでキャッシングするきっかけは何だったのですか?

元々最初に借りたのはイオンクレジットのカードローンでした。

私は主婦でパートをしていましたが、夫と離婚することになり、独立費用のため少しまとまったお金が必要でした。

ジャスコでよく買い物をしていたので、その際特典などが受けられるイオンのカードを作っていて、借金という意識はなく気軽な気持ちでお金を借りました。そのお金で引越し、新居の家財など最低限そろえました。

その後フルタイムパートの職をみつけ働き出しましたが、親が急病で入院するなど諸事情が重なり、生活が苦しくなり、アコムやプロミスなどの消費者金融からも30万づつ借りるようになりました。

離婚して新生活を始めてお金がないところに親御さんの急病とは、本当に大変ですね。アコム以外にもお金を借りて必死でお金を工面されたのですね。

アコムに借入を申込んだ際の会社への電話連絡はどう対応されました?

勤務先にはどちらからの電話も個人名を名乗る電話がかかってきて、アコムとかプロミスですというようなことは言われませんでした。

取り次いでくれた会社の人も、知り合いからかかったきたと思ったようで、私も普通に確認に、はいとかそうですだけで返答して、確認が終わりました。

念のため申し込み時に、私が会社に必ずいる時間帯を伝え、その時間内にかけてきてくれるようお願いしてありました。

アコムもプロミスも在籍確認の会社への電話連絡の内容はほとんど同じだったのですね。職場への電話連絡は自分が会社にいる時間を伝えておくのは賢い方法ですね。

アコムやプロミスで借りたお金の返済はやはり大変でしたか?

結局3社から借りることになってしまい、当初は36回払いで返していました。

しかしそれでは最終的に金利が結構な額になってしまうので、なんとか元金を減らそうと少しでも繰り上げて返済できるようにしました。

借金を返すためにさらに借金を重ねてしまう事だけは避けたかったので、パートをもう一つ探してダブルワークにして、その分の収入を繰り上げ返済にあてるようにしました。

もちろん日々の生活も切り詰め、節約をしながら返済し、2年程で完済することができました。

パートのダブルワークで3社からの借入を2年で完済されたのですね。借り入れた金額からすると節約も相当されたはずです。本当にすごいと思います!パートとはいえ、けっこう高収入だったのですね。

いろんな会社のキャッシングを使って、何か良かった点はありますか?

やはり手元にお金がない時に、どうしてもまとまったキャッシュが欲しい時は、カードローンは便利だとは思います。

イオンクレジットのように普段買い物で利用していてなじみのあるものでしたら、キャッシングの際も特に面倒な審査などはなく融資してくれましたのであっけないくらいでした。上手に利用すればピンチの時など助かります。

確かにクレジットカードのキャッシング機能は入会時にキャッシングをつけておけば、いつでもすぐに使えるようになりますからね。

ではキャッシング利用で何かデメリットに感じる部分はありましたか?

借りる時は手軽ですが、金利は18%はつくので、少額でも返済が長引けば金利がどんどんかさんでしまいます。

最初は20万、30万といった少額のつもりでしたが、数社から借入してしまい総額も100万ほどいってしまいました。

1社は少額でも3社の返済となると、返済額、金利がバカになりません。ついつい安易に数社から借り入れてしまったことに後から後悔しました。

複数の会社から借入を行うと、利息も高いし、どのくらい返済できているかの把握も面倒になってきますよね。借りるのは気軽にできても返済は収入から生活に必要なお金を差し引いた金額からしかできませんし、大変ですよね。

これからカードローンを利用する方に何か一言ありますか?

毎月無理のないように返済していけばいいとか、足りなくなったらまた他のカードローンから借りればいいとか安易な気持ちはもたず、借金の総額をきちんと把握して欲しいです。

どうしてもピンチな時は仕方ないですが、手軽だからと借金グセをつけないことも大事だと思います。

その通りですよね。どうにもならないピンチの時以外は手軽にカードローンを利用しないようにはしたいですね。

※インタビュー内容はプライバシー等を考慮して加筆・修正の上、掲載しています。

注1※審査結果表示は年末年始を除く8時10分〜21時50分の間。毎月第3日曜日は8時10分〜19時まで。上記以外の時間帯は審査結果をメールで連絡。※初回お借入れ額5万円まで180日間無利息は契約額1万円~200万円まで ※初回Webで申込むと60日間無利息はWebで申込いただき、ご契約額が1~200万円の方。30日間、60日間、180日間無利息と併用不可。無利息期間経過後は通常金利適用。※初回契約翌日から無利息 ※最短即日融資は21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。審査によりご希望に沿えない場合がございます。・申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方・遅延損害金(年率):20.0%・ご返済期間・回数:最長8年、最大96回・担保・保証人:不要・貸付利率(実質年率):4.5%~18.0%・ご融資額:1万円~500万円・ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
You cannot copy content of this page
大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら