他社借入あっても借りれる

カードローン2社目の審査は銀行カードローンより消費者金融が通りやすい?

2社目のカードローンはどこがいい?

プロミスでお金を借りているけど、限度額が少なくて必要な金額が借りれない!

今レイクで枠いっぱい借りてるけど、急にまたお金が必要に!

すでにカードローンでお金を借りていても、1社だけの借入ではお金が不足したり、出費が立て続けにあって枠いっぱい借りても一時的にお金が足りないこと、ありますよね。

そんな時に考えるのが2社目のカードローンの申込みです。

すでにカードローンを使ったことはあるので、借入や返済もどのように進めるか分かっています。

一度はカードローンの審査に通過しているので、年齢や仕事、収入など、申込みに必要な条件も基本的にはクリアできています。

カードローンについてはどのようなものかをキチンと知っているし、審査に通過できる生活基盤もある。

だから2社目のカードローンを申し込んで審査に通り融資を受けるのは、いくつか注意すれば案外カンタンです。

実際にカードローンを2社利用している方も、決して少なくありません。カードローン2社目の利用は申込み前にどのような点に気をつけるべきか、解説します。

2社目のカードローンは低収入だと審査に落ちやすい。返済能力は十分ある?

2社目のカードローンは借入先が銀行カードローン・消費者金融系カードローンどちらの場合でも、審査通過の決め手になるのは収入です。

ズバリ、収入が多いと2社目のカードローンの審査は有利で、収入が少ないと審査は不利です。

パートやアルバイトなど、そもそもの年収が少ない方は、今現在借りている1社目のカードローンで金融会社から借りれるお金は最大限借りてしまっていることがあります。

アルバイトで毎月10万円、年収でおよそ120万円稼いでいる方が現在カードローンで40万円借りているとします。

1社目の借入先が消費者金融系カードローン(アコム、プロミス、SMBCモビット、アイフルなど)であれば、すでに総量規制で制限される年収の1/3相当のお金を借りている状態です。

そのため、この方に対して消費者金融でお金を貸すことは、法律上の理由でできません。
1社目の借入先が銀行カードローンだった場合は、消費者金融よりも限度額が大きい分、すでに収入に対してかなりの金額を借りていることになります。

年収の少ない方は返済能力自体が低いと銀行や金融会社からみなされますから、さらに別のカードローンで借りるのは難しいです。

https://cardloan-now.net/qanda/lowincomeother.html

前年より収入増なら2社目の申込前に限度額の増額を考えてみよう

もし前年よりも収入がアップしている場合は、2社目のカードローンを申し込む前に、今契約中のカードローンで今以上に枠を増やすこと、限度額の増額ができる可能性はないか考えてみましょう。

一度審査には通過している上にきちんと返済実績もあるので、新たなカードローンを申し込むよりも話が通りやすい場合もあります。

限度額の増額はカードローン会社側から増額案内がある場合はそれを了承するだけで増額できます。

しかしこちらから増額をお願いする場合は増額のための審査が行われます。

ほとんどの場合、増額審査では収入証明書類の提出が求められます。

前年度から年収が変わっていない、もしくは年収が増えている場合は、収入証明書を提出して増額審査を受けると限度額が増額されることもあります。

しかし逆にボーナスカットや転職などに伴う年収ダウン、会社を辞めて雇用形態が正社員からアルバイトに変わったなど、年収が著しく下がってしまった場合は要注意です。

前年より年収が下がった人が増額審査を受けると、限度額は増えるどころか、逆に限度額を減額され、限度額を超過した分の借入をすぐ返済するよう求められることもあります。

2社目のカードローンを申し込む前に、昨年より年収が増えているかを確認し、年収のプラス要素があれば、収入証明書を用意して今借りているカードローンで増額申請をしてみましょう。

増額ができなかった、あるいは増額はできたが追加融資の枠が不十分だった、そんな場合に2社目のカードローンを検討しましょう。

カードローンの限度額の枠を引き上げたい。限度額の増額方法と増枠審査について アコムもプロミスも、いざというときにすぐお金を借りることができる、とても便利な存在です。 急な飲み会や給料日前の生活費が厳しいと...

1社目が銀行カードローン。2社目も銀行カードローンで借りれる?

銀行カードローンは総量規制対象外で年収の1/3の制限に関係なく借入ができるため、限度額が大きく申込み時点での初回限度額も消費者金融より多いです。

最初に借りたカードローンが銀行カードローンで、2社目も同じく低金利の銀行カードローンで借入を考えている場合、注意したいのはやはり年収です。

銀行カードローンも貸したお金がきちんと返済されなければ損失ですから、基本的には収入に応じた限度額の設定をしてきます。

1社目の銀行カードローンでもすでに審査で収入に応じた限度額を設定して融資していますから、2社目も銀行カードローンで借りるとなると、さらに高収入の方でなければ審査通過は難しいです。

基本的に銀行カードローンは融資額が大きい分だけ消費者金融よりも審査は厳しく、年収や住居、家族構成などからその人の返済能力をシビアに判断してきます。

審査の際、他社借入・返済状況は申込者からの申告に加え、銀行でも別途、個人信用情報を調査して正確な借入・返済状況を調べてきます。

そのため嘘の申告をしてごまかすことも絶対にできません。

銀行カードローンで借りている人が2社目も銀行カードローンで借りるとなると、普通の会社員の年収では不十分であり、審査に落ちることが多くなります。

現在の借入金額にもよりますが、およその目安として年収が500万円に満たない方は、2社目も銀行カードローンで申し込むのは止めておきましょう。

最初の銀行カードローン申込当時と比べて、年収が200万円→500万円など飛躍的に増えている場合は2社目も銀行カードローンでいける可能性はあります。

どちらにも該当しない場合、2社目のカードローンは消費者金融系(アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットなど)がおすすめです。

いずれにせよ銀行カードローン利用者が2社目も銀行カードローンで借りれるのは、高収入の方のみであると、覚えておいてください。

借金あるけどお金借りたい。借金があっても借りれるカードローン徹底解説!【体験談あり】 プロミスで枠いっぱいまで借りてるけど、アイフルでも借りれるの? すでにカードローンでお金を借りてる。限度額いっぱいまで借りている...

2社目も消費者金融系カードローンで借りるなら総量規制に注意!

1社目、2社目に関わらず消費者金融系カードローン(アコム、プロミス、SMBCモビット、アイフルなど)でお金を借りる場合は、貸金業法による総量規制に注意が必要です。

これは貸金業社の過剰な貸付を禁止するために定められた法律で、消費者金融からの借入を最大でも年収の1/3以内に制限するものです。

これは複数の消費者金融で借りた場合も、借入合計額が年収の1/3までに制限されます。
年収300万円の人が総量規制の範囲で借りれるのは、年収の1/3に相当する100万円までです。

この人が1社目のアコムで50万円借りていたら、2社目の消費者金融では最高でも50万円までしか借りれません。

消費者金融系カードローンで借りれるのは最大でも合計で年収の3分の1までと覚えておいてください。

銀行系カードローンは総量規制による制限はなく、年収の1/3どころか年収以上のお金を借りることも法律上は問題ありません。

しかしそれでも銀行は収入を度外視した多額の融資を行えば、返済困難になって貸付金が回収できなくなるリスクが大きくなるので、やはり収入に応じた返済可能な金額しか融資はしてくれません。

銀行も金貸しですから「金を貸すのはかまわんが、お前さんきちんと返済できるんか?」とシビアに見ていますよ。

総量規制オーバーでも借りれる、年収の1/3以上の借り入れが可能な消費者金融は? 総量規制オーバーでも借りれる消費者金融 アイフルの「借り換えMAX」 消費者金融の借り換えローンは総量規制対象外。総量規制の借金を借り...

専業主婦の2社目のカードローンはどこがいいのか

自身に収入のない専業主婦の場合は消費者金融では法律上、借入できませんから、1社目は銀行カードローン、そして2社目も銀行カードローンという選択肢しかありません。

専業主婦でも利用可能な銀行カードローンはいくつかありますが、いずれも貸付金額は30万円〜50万円程度で制限しています。

しかし1社あたり30万円〜50万円までOKであれば、2社、3社と契約すれば合計で90万〜150万円まで借りれると考えるのは誤りです。

消費者金融のように法律上の決まりはないものの、収入のない専業主婦の方ですでに30万〜50万円もの借金がある方には、どの銀行も審査で否決してきます。返済能力から判断して融資はしないというわけです。

残念ながら、専業主婦の方におすすめできる2社目のカードローンはありません。

カードローン2社目を申し込んでも審査に落ちる方

  1. 現在のカードローンの返済に遅延や滞納がある方
  2. 自身に収入のない専業主婦の方
  3. 1社目契約後、退職・転職等で収入が大幅に下がった方
  4. パート・アルバイトでそもそも収入が少ない方(年収100万円以下の方)
  5. 無職の方

こうした方は、2社目のカードローンを申し込んでも審査に落ちて借りれない場合がほとんどです。

特に1社目のカードローンの返済が遅れている方は2社目はまず確実に審査に落ちます。延滞している支払いをまず返済するのが先決です。

専業主婦の方、無職の方も今借りているカードローン以外でお金を借りるのは、そのままでは確実に審査に落ちます。

お金を借りる前にパートで働きに出る、就職先を見つけるなどして自身の収入源を得ることをまず考えましょう。

入社してまだ1ヶ月目とか、就業直後でも収入があれば消費者金融では借りられます。

カードローン2社目を申し込む際の注意点

収入証明書類を用意しておく

2社目のカードローン申込は収入証明書類の提示を求められることも多いです。

カードローン会社によって異なることもありますが、収入証明書として有効なのは源泉徴収票や確定申告書の控え、納税証明書、給与明細2ヶ月分などになります。

これらのうちで用意できるものは申込前に用意しておきましょう。

申込時に他社借入件数・借入金額は正確に記入し嘘はつかない

他社借入があると審査では不利になると考え、申込の際に他社借入状況はゼロと答えて申し込む方もいますが、これはダメです。

カードローン会社の審査では個人信用情報から借入状況は全部調べられるので、嘘をついていれば確実にバレますし、嘘をついたという事実が審査で不利になります。

他社借入が審査で不利になることはありますが、他社借入が4件、5件など度を過ぎた借入でなければ決定的に不利にはなりません。

しかし嘘をつけば確実に審査で不利になります。

カードローン2社目からお金を借りるためのまとめ

カードローン2社目の注意点
  • そもそも収入の少ない人は2社目の借入は難しい。
  • 1社目2社目ともに銀行カードローンで借りれるのは高収入の方のみ。
  • 現在の1社目のカードローンの返済を確実にきちんと行なっているのが2社目を借りるための大前提。
  • 消費者金融で借りる場合は総量規制(借入は年収の1/3まで)に注意する。
  • 収入証明書類(源泉徴収票や確定申告書の控え、納税証明書、給与明細書など)を用意する。
  • 申込み時に他社借入状況に嘘の申告はしない。

2社目のカードローンの申込みはこうした点に注意すれば、それなりの収入がある方であれば問題なく借りれます。

しかし大切なのは借りた後の過ごし方です。カードローンも2社目になると借入金額もかなりの額になるはずです。

カードローンは返済期間が長いほど利息の返済も多くなりますから、きちんと計画を立てて早期完済を目指すのが大切です。

審査に通る!
カードローン
主な特徴

プロミス
銀行カードローンやアコムで借りた人が次に選ぶカードローン。2020年3月期の審査通過率は大手5社ではNo.1。


アイフル
他の大手に比べて他社からの「借り換え・おまとめ」にも積極的。他社借入ある人に特におすすめ。

アコム
初めてのカードローンがアコムという人も多いが他社借入中の方も審査可能。銀行カードローンやプロミスで借りている人にオススメ。

You cannot copy content of this page
大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら