今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

お昼休み中にお金を借りる方法。昼休み中にカードローンの新規契約はできる?

昼休み中にお金を借りるなら
SMBCモビット

10秒簡易審査で結果がすぐわかる!入力項目も少なく申込みが簡単

プロミス

三井住友銀行のローン契約機でカード受取ができ、職場の人に見られても安心。

アコム

審査も早く、むじんくんも全国各地にあり。初回30日間無利息。

p-lunchbreak01.jpg

午後からすぐお金が必要!
会社が終わったらすぐ用事があるのに、手元にお金がない!

そんな時、銀行口座にきちんと残高があって、銀行のキャッシュカードも手元にある方なら、お昼休みにコンビニや銀行のATMからお金を引き出してこれば、何も問題はありません。

しかし、給料日前の金欠で銀行の口座残高もほとんどない。。。

そんな場合も諦めてはいけません。

なぜなら、平日のお昼休み(12時〜1時)という1時間弱の短い間でも、カードローンを申し込んでお金を借りることができるからです。

手元にスマホと運転免許証か健康保険証があれば、カードローンの申込みは可能です。

さらに銀行のキャッシュカードが財布の中にあれば、カードローン会社からの振込入金完了後に、近くの銀行やコンビニATMからお金を引き出してくることができます。

銀行のキャッシュカードが財布に入っていれば、お昼休み中にカードローンを申し込んで現金を手にすることも不可能ではないのです。

お昼休み中にカードローンを申し込んで契約するには?

お昼休み中にスマホからカードローンを申し込んで契約するには、申し込みから審査、融資までの一連の手続きがスピーディーに行われるカードローンを選ぶことが、まず大切です。

申込みから実際にお金を手にするまでの手続きが早いカードローンは、

  1. 審査結果がいつわかるのか(昼休み中なので、遅くとも30分以内)
  2. 申込み画面の入力項目の数(少ないほど簡単で早い)
  3. 当日中に現金を手にできるか(銀行振込、もしくはカード受取後のATM引き出しで)


この3点を満たしているカードローンです。

実際、どのカードローンがこの条件を満たしているのか、検証してみました。


審査結果が出るのが早いカードローンは?

いろんなカードローンがある中で、審査結果が出るのが最も早いのが、SMBCモビットのカードローンです。

SMBCモビットは申込み項目を全て入力後、10秒簡易審査により、わずか10秒で借入可能かどうか、そして借入可能な金額までわかります。

審査結果がすぐにわかれば、その後の本人確認書類の提出など、次の手続きにもすぐに進むことができますよね?

お昼休み中に全ての手続きを完了するには、SMBCモビットのように、審査結果がすぐにでるカードローンを選ぶべき。

審査結果が出る早さでは、SMBCモビットについで、プロミスのカードローンがおすすめです。

プロミスは審査が最短30分で完了です。最短30分なので、逆に言えば最低30分は審査結果を待つ必要があります。

しかし、プロミスはその後の銀行振込やカード受取の手続きの利便性が高いので、お昼休み中にギリギリ現金を手にするまで手続きを進めることも、状況によっては可能です。


入力項目が少なく、簡単に申し込めるカードローンは?

カードローンの契約は、ネットで何かモノを購入するときと違い、本人情報以外にも必須入力項目がいくつもあります。

カードローンの申込みには、以下のような入力項目を全て埋める必要があります。

お客様情報
(氏名、生年月日、性別、婚姻の有無、メールアドレス、携帯電話番号)
ご自宅情報
(住所、電話番号、居住形態、居住年数、家賃または住宅ローン、同居する家族の人数など)
勤め先情報
(会社名、会社電話番号、業種、雇用形態、勤続年数、年収、月収、保険種別、給料日など)
他社借入状況
(住宅ローン以外の銀行・信販・消費者金融のキャッシングお借入れ件数の合計件数、合計金額)
契約希望金額

ただし、全てのカードローンで全く同じ入力項目が設定されているわけではなく、カードローンによっては、入力項目を絞り込んで、簡単に申込みができるようにしているところもあります。

その代表例がSMBCモビットのカードローンです。

SMBCモビットのカードローンの場合、婚姻や家族構成、居住年数、月収、給料日などの項目は省略され、記載する欄が設けられていません。それだけ早く入力が完了するということですね。

他のカードローンでは入力項目に多少の違いはあるものの、SMBCモビットほど入力項目数を必要最小限に絞っているところは見当たりません。中にはアンケートなど、申し込みとは関係ない項目の入力を求められるところもあります。

入力項目が少なく、簡単に申込みができるという点ではSMBCモビットのカードローンが、他社より一歩、抜きんでています。


お昼休み中に申し込みから融資までが可能なカードローンは?

審査結果が出るまでの早さ、申込みの簡単さの2点を見てきて、すでにSMBCモビット、プロミスに絞られています。

SMBCモビットとプロミスは銀行振込なら平日午後2時50分までに振込依頼の手続きが完了すれば、その日のうちに自分の銀行口座にお金を振り込んでもらえます。

平日のお昼休み中に申込み、審査結果の連絡、本人確認書類のアップロード、振込依頼までの手続きが完了すれば、お昼休み中に自分の銀行口座にお金を振り込んでもらうことができます。

審査結果が出るのが早いSMBCモビットやプロミスのカードローンなら、お昼休み中に振込依頼の手続きまで、到達することも可能です。

銀行のキャッシュカードが手元にある方なら、振込依頼が完了したら、すぐ近くのコンビニや銀行のATMへダッシュです。ATMでお金を下ろしてこれば、お昼休み中にお金を借りられるというわけです。

プロミスのカードローンは三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座なら24時間いつでもすぐ振込入金ができます。その他の銀行口座でもSMBCモビットと同様に、平日午後2時50分までに振込依頼の手続きが完了すれば、その日のうちにお金を振り込んでもらえます。

自分の銀行口座のキャッシュカードが手元にある方は、SMBCモビットかプロミスに申し込めば、お昼休み中でも借入までの手続きを進めることができ、お金を借りることも可能です。

銀行キャッシュカードが手元にない方は、プロミス・アコムならお昼休み中に借りれる場合も

銀行キャッシュカードが手元にない方は、近くの無人契約機でローンカードを受け取ったのち、ATMでお金を引き出す必要があります。プロミスのカードローンはこの点で大きなメリットがあります。

プロミスのカードローンは、無人契約機の設置台数が業界No.1。さらに全国のプロミスの無人契約機だけでなく、全国各地の三井住友銀行のローン契約機コーナーでもローンカードの受取ができます。

お昼休みにプロミスの無人契約機には入りづらい方も、三井住友銀行のローン契約機なら銀行に用事がある風を装って入れますよね?

銀行キャッシュカードが手元にない場合は、お昼休み中の職場の人へのバレにくさという点で、プロミスのカードローンが良いのです。

しかし、審査で30分以上待ち、さらにローン契約機まで足を運ぶとなると、お昼休みの時間だけでは難しい場合もあります。

職場のすぐ近くにプロミスか三井住友銀行がある方のみ、お昼休みにプロミスで借りることをおすすめします。

また、アコムのカードローンもプロミスほどではありませんが、全国各地に無人契約機のむじんくんがあります。すぐローンカードを受け取って借りる場合にはおすすめできます。

p-lunchbreak02.jpg

三井住友銀行のローン契約機コーナーでもプロミスカードを受け取れます。

昼休み中にお金を借りるなら
SMBCモビット

10秒簡易審査で結果がすぐわかる!入力項目も少なく申込みが簡単

プロミス

三井住友銀行のローン契約機でカード受取ができ、職場の人に見られても安心。

アコム

むじんくんでカード受取できればスグ。初回30日間無利息。


この記事に関連してよく読まれている記事はこちら