今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

カードローンの繰上げ返済や一括返済はどうやるの?

p-kuriageikkatu01.jpg

カードローンで借りたお金は、ローン会社から設定された返済額を毎月返済している方も多いですね。毎月なんとか返済できているという方なら、そのまま節約などを続けて返済していけば大丈夫です。

しかし、カードローンの返済は利息がかなり発生します。できれば臨時収入が入ったときなどに、どんどん繰り上げ返済や一括返済を進めていきたいものです。

利息は日割りで発生するカードローンがほとんどですので、臨時収入があったり、まとまったお金が入ったときなどは、1日でも早く繰上げ返済・一括返済をした方が利息の支払いは少なくなります。

毎月の返済に加えて、余裕があるのでさらに追加で返済できそう。臨時収入が入ったので無駄使いしてしまう前に借金の返済に充てたい。そんなときはどうすればいいのでしょうか。

今回はカードローンの繰上げ返済や一括返済についてまとめました。

どのカードローンもいつでも繰上げ返済・一括返済はできる!

アコムやプロミスといった消費者金融系カードローンから、バンクイックなどの銀行カードローンまで、基本的にはどのカードローンも繰上げ返済や一括返済には対応しています。

繰上げ返済の場合は、そのまま提携ATMから入金したり、ローン会社の指定口座に振込入金をすればOKで、特に連絡も必要のないところが多いです。銀行振込で返済する場合は、振込先の銀行口座を各ローン会社の会員サイトやカスタマーデスクなどで確認するようにしましょう。

一括返済の場合は、現在の借入残高がいくらなのかをまず確認する必要があります。アイフルやレイクをはじめ、利息が日割り計算で毎日算出されているところでは、一括返済を行う日によって返済総額が変わるため、一括返済をする前に必ず借入残高を確認するようにしましょう。

一括返済を銀行振込で行う場合は、端数もきちんと揃えて返済することができますが、提携ATMやコンビニATMから一括返済を行う場合は硬貨での入金ができず、端数の支払いが難しい場合があります。

この場合、店頭窓口や銀行振込でお釣りを返金してくれるところもあります。また、1000円未満の端数は無利息残高、無利息残債として扱い、利息も返済期限もないまま、完済したのと同様に扱うところもあります。


カードローンの一括返済後、カードを解約したい場合は?

カードローンはお金の借入先としてはとても便利な存在です。カードローンでお金を借りてから、お金のピンチが訪れる度に、以前ほど我慢することがなくなり、安易に追加融資をするようになってしまった。いわゆる「借り癖」がついてしまったと後悔する方も少なくありません。

「せっかく完済したのに、カードを持っていてはまた借りてしまいそう・・・」

そんな思いから、カードローンの解約をしたいという場合は、各カードローンのカスタマーサポートに連絡したり、店頭窓口で相談しましょう。解約に必要な手続きを教えてもらえます。

ただカードにハサミを入れて使えなくするだけでは、プロミスのようにカードがなくてもATMから借入ができるところもあるため、不完全です。きちんと解約したい場合は必ずカード会社に連絡しましょう。

将来的に住宅ローンを組んで家を建てたいという希望をお持ちの場合もカードローンは完済したら、必ず解約するようにしましょう。

完済後に契約を解除せず契約が残っている状態は、いわばカードローンの融資枠が満額ある状態です。借入自体はなくなっていても、その事実が銀行の住宅ローンの与信審査に影響する場合があります。

完済さえしたら、カードローンの契約は自動的になくなるわけではありません。注意してくださいね。

消費者金融系カードローンの繰上げ返済・一括返済方法

プロミスの一括返済・繰上げ返済

まず会員専用サイトもしくはプロミスコール(0120-24-0365)に問い合わせて返済金額を確認する。インターネット返済、銀行振込、提携ATMから返済可能。ATMでは硬貨の取り扱いができないため、余った金額は銀行振込や店頭窓口にて返金される。


アコムの一括返済・繰上げ返済

アコムATM(むじんくん)、提携ATM、店頭窓口、銀行振込で返済可能。ATMでは1000円単位の取引なので、残った端数は無利息残高となる。無利息残高は利息や手数料は発生せず、支払い期限もなし。再びアコムで取引を始めた際に、最初の支払い時に精算される。
解約は店頭窓口へ行くか、もしくはアコム総合カードローンデスク「0120-629-215」まで問い合わせる。借入残高は会員ページで確認。


アイフルの一括返済・繰上げ返済

利息は日割りなので、1日ごとに返済総額が変わる。まず会員専用ダイヤル(0570-000417)に電話して、一括返済に必要な金額を問い合わせる。
返済はアイフル店舗、アイフルATM、提携ATM、銀行振込で可能。アイフルATMでは一度に最大99枚のお札しか扱えません。またATMでの返済はおつりがでません。硬貨の入金ができなかったなどで、返済総額より多めに支払った場合は、アイフルでの預かり金扱いとなり、アイフル店頭窓口、銀行振込、または郵送で返却を受けることができる。

SMBCモビットの一括返済・繰上げ返済

銀行振込、提携ATMからの支払いで可能。銀行振込の場合はモビットコールセンターに電話をして、返済用の振込口座の番号を聞く。返済総額は会員専用サービス「Myモビ」の「利用状況照会」で確認する。


銀行カードローンの繰り上げ返済・一括返済方法

新生銀行カードローンレイクの一括返済

利息は日割り計算で、返済総額は毎日変わる。返済日当日に会員ページで返済総額を確認。フリーダイヤルも可。
済総額を確認後、返済はレイクATMで一括返済が可能。レイクで繰上げ返済・臨時返済。多く返済された金額はそのまま元金に充当されるので、早めに多く返すほど利息の支払いは少なくなる。


三菱UFJ銀行バンクイックの一括返済

利息が日割り計算なので、返済日によって返済総額が変わる。返済日当日に返済総額を確認する。確認方法:会員ページご利用残高照会メニューで確認。電話で確認:第二リテールアカウント支店専用ダイヤル「0120-76-5919」で確認平日9:00~21:00、土・日・祝日9:00~17:00(12/31~1/3を除く)

ATMもしくは振込で返済可能。三菱UFJ銀行ATMもしくは提携コンビニATM(手数料無料)ATM初期画面の「お預け入れ」または「ご返済」を押して、「バンクイック」カードを挿入。

振込返済は会員ページで振込口座を確認。振込先は契約者ごとに個別に割り当てられている。三菱UFJ銀行のインターネットバンキング(三菱UFJダイレクト)なら振込手数料無料。


みずほ銀行カードローンの一括返済

通常はみずほ銀行の口座からの自動引き落としによる返済。繰り上げ返済はいつでも可能だが、任意返済となり、毎月の自動引き落としによる返済も継続して行われる。払いすぎてお金がないという事態に注意。みずほ銀行ATM、コンビニATMで随時、任意返済が可能。みずほダイレクト利用者はいつでも任意返済が可能。全額一括返済はみずほ銀行の店頭窓口での手続きが必要。


オリックス銀行カードローンの一括返済

返済金額は会員専用サイト「メンバーズナビ」の一括返済シミュレーション画面で確認。返済方法はオリックス銀行指定口座への振込返済。ローンカードがあればセブン銀行ATM、ローソン、Enet、イオン銀行、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、西日本シティ銀行などの提携ATMからの入金による返済(最大200万円まで)。指定口座からの引き落としによる返済(会員サイト内の「増額返済申込」から申し込む)。
 
 
楽天銀行の繰り上げ返済・一括返済

提携ATMからの入金で返済(ATM利用手数料無料、繰り上げ返済の旨の連絡は不要。)
会員サイト「メンバーズデスク」からネットバンキングを利用していつでも手数料無料で、1円単位でご返済が可能。銀行振込での返済:契約者ごとに専用のカードローン返済口座があるので、口座番号を問い合わせて確認。


この記事に関連してよく読まれている記事はこちら