今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

保険証でお金を借りたい。健康保険証だけでお金を借りることは可能?

p-hokensho01.jpg

カードローンを新規契約してお金を借りる場合、申し込み者の本人確認書類として主に利用されるのが、運転免許証・健康保険証・パスポートです。いづれか1点が本人確認書類として利用できます。

運転免許証を本人確認書類として利用する方が多いですが、運転免許証を持っていない方は健康保険証を利用する場合も多いでしょう。保険証だけでお金を借りることはできるのでしょうか?

※健康保険証もカードローン申し込みの際の本人確認書類として利用できますが、平成28年10月からは「犯罪収益移転防止法」が改正され、保険証のように顔写真を含まない本人確認書類は追加の書類が必要になります。

本人確認書類に健康保険証を利用する場合は住民票や公共料金領収書など保険証に記載の住所と同一の住所が確認できる公的書類も合わせて用意してください。

詳しくは政府広報オンラインー 平成28年10月から手続きが変更になりました。銀行口座やクレジットカードを作る際などの「本人確認」に、ご理解とご協力ををご覧ください。


保険証でお金を借りることは可能!しかし、いくつか注意すべき点も!

健康保険証といっても、発給先によっていくつか種類がありますね。

主な健康保険証の種類は以下の通り。

社会保険証 組合保険証 国民健康保険証
主に会社員の方が会社から支給されている保険証。全国健康保険協会(協会けんぽ)が発行。
会社員、公務員、自衛官の方等、保険組合に加入している企業や団体でお勤めの方が支給されている保険証。各企業の健康保険組合や公務員の共済組合等が発行。
自営業・個人事業の方、またはパート、アルバイトでお勤め先の健康保険に加入されていない方の保険証。地方自治体が発行。
借入◎ 借入◎ 借入△


健康保険証のうち、会社から支給される社会保険証、保険組合に加入している団体から支給される組合保険証の場合、保険証だけでお金を借りれる可能性は高いです。

それ以外の健康保険証でも、お金が借りられないわけではないですが、借入可能額が極端に低かったり、追加の書類提出を求められることなどがあります。

特に自営業や個人事業主の方で国民健康保険証をお持ちの方の場合、借入希望額に関わらず、収入証明書類の提出を求められることも多いです。

収入証明書類の提出が必要ない範囲の借入希望額で申し込む

さらに保険証だけでお金を借りたい場合、借入希望額を収入証明書の提出が必要ない範囲の金額にすることが大切です。

消費者金融のカードローン(アコム、プロミス、SMBCモビット、アイフル)の場合、借入希望額を50万円以下、現在他社借入中の方は、現在の借入限度額+今回の希望額が100万円以下になるように申し込みます。

銀行カードローンの場合、収入証明書類の提出が必要になる借入希望額は、それぞれの銀行によって異なります。

収入証明書類不要で融資可能な金額は、総量規制対象外の銀行カードローンの方が大きいです。

しかし、原則不要なだけで、他の属性情報(住居、勤続年数等)や他社での借入状況などによっては、収入証明書類の提出を求められることもあります。

借入希望額を収入証明書類不要の金額で抑えても、書類の提出を求められる場合もないわけではありません。自営業や個人事業主の方は提出を求められる場合が多いので注意してください。

# 以前は「限度額300万円以下は収入証明不要!」などとしている銀行カードローンがほとんどでしたが、銀行カードローンの過剰融資が国会でも取り沙汰され、2017年以降、銀行カードローンでも消費者金融と同じような基準で収入証明書類の提出を求めるようになっています。

健康保険証が本人確認書類として使えないカードローンもある!

健康保険証を本人確認書類として利用可能なカードローンは多いですが、中には健康保険証が利用できないカードローンもあります。

その一つがアイフルのカードローンです。

アイフルの場合、本人確認書類は本人の顔写真付きのものを原則としているため、写真のない健康保険証は本人確認書類として利用できないのです。

顔写真付きの証明書であれば、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなどが本人確認書類として利用できます。

保険証だけでお金を借りたい場合、こうしたカードローンではお金を借りることはできないので、申込みしないよう注意しましょう。


運転免許証より健康保険証の方が契約にメリットがある場合も!

カードローンの新規契約にあたって、本人確認書類に運転免許証よりも健康保険証を使った方が、メリットがある場合もあります。

特に社会保険証の方、組合保険証の方の場合、カードローン会社からすると、本人確認だけでなく、申込者の属性もある程度まで読み取れるというメリットがあります。

運転免許証だと本人の職業や勤務先まではわかりません。さらに現在無職でお金を借りても返済能力がないという方でも、運転免許証を持っている方は多いでしょう。

しかし、勤め先から発行されている社会保険証や組合保険証なら、現在きちんとお勤めであり、さらに勤め先まで確認できるというわけです。

現にSMBCモビットのカードローンは社会保険証か組合保険証を提示するWeb完結で申し込むと、電話連絡なしで申し込みが完了します。

カードローンの新規契約時は、勤め先への在籍確認の電話がかかってきますが、カードローンと保険証の種類によっては、この勤め先確認の電話連絡もなしにすることができるのです。

ただし、国民健康保険証など、勤め先までが明らかになっていない保険証では、このメリットはありません。

保険証だけでお金を借りたい場合、社会保険証や組合保険証を持っている方は、SMBCモビットのWeb完結のように電話連絡なしで借りれるなど、多少なりともメリットになることがあります。


ただし、まとまったお金を借りるなら保険証以外に収入証明書も必要になります。保険証だけではなく収入証明を用意していた方が、申込がよりスムーズになることが多いです。

また、同じ保険証でも、国民健康保険の場合は、勤め先までは保険証だけではわからないため、金融会社にとっては社会保険証や組合保険証と比べると信用度が下がります。

保険証だけでお金を借りるなら、お持ちの保険証の種類をきちんと確認することが大切。社会保険証か組合保険証の方であれば、保険証だけでお金を借りるのもおすすめと言えますね。


この記事に関連してよく読まれている記事はこちら