今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。
消費者金融ランキング

クレジットカードのリボ払いでお買い物。お金を使いすぎて困ったことは?

p-creditrevo.jpg

クレジットカードで買い物をしたり、飲食店の支払いをすることも多いと思います。

レジで小銭を一生懸命探したりすることもないですし、スマートに会計ができるので、デートのときなどは便利ですよね。おまけにカードによってはポイントやマイルが貯まるので、現金で支払うよりもお得になることもあります。

しかし、クレジットカードは便利ですが、いくら使ったのか把握しにくいという面もあります。利用明細が届いてから青ざめてしまうこともありますね。

リボ払いにすれば、毎月の支払いは一定額になるので、計画的に返済できそうな気もしますが、リボ払いだとカードローンでお金を借りているのと変わらない利息を支払うことになるので注意が必要です。

今回はクレジットカードのリボ払いでお金を使いすぎてしまった方のエピソードを紹介します。


若さゆえの過ち?まさかのクレジットカードリボ払い地獄

20歳を過ぎたときに、ちょうど気になっていたクレジット会社がカード発行のキャンペーンをやっていたので、申し込んでみた。

それから、一か月後念願だったクレジットカードを手に入れた私。なんだかこれ一枚でかなり大人になったような気になった。

はじめは大きな買い物をするときに分割払いにして使用する程度で済んでいた。そして、会社の先輩からは絶対にリボ払いにするなと口うるさく言われていた。

リボ払いの怖さを理解していなかった私は、あるとき支払方法を「全リボ」にしてしまった。地獄の始まりはここからだった。

リボ払いの魅力といえば、上限額までならいくら使っても月々の支払いが一定なこと。しかし、利率に関して私は全く理解していなかった。

私は、月々10000円払い、買い物をしまくった。そして気がつくと、リボ利用が50万を超えていた。月10000円の支払いでは利子しか払えていないのと同じだった。一向に減るどころか、残高だけが膨れ上がっていった。しかし買い物癖はなおらず。。。

クレジットカードをもう一枚作って、同じことを繰り返した。そうすると、二枚で100万の借金を背負っている状態になった。借金の感覚がどうしても薄れがちなリボ払いだが、それは確実に自分が使ったものだった。

二枚のカードで月の返済額は6万円。カードを持ち歩くのはやめ、手取り13万の給料からカードの支払い、税金、保険などの支払いをすべて払うと手元には何ものこらなかった。

財布に入れていいのは500円までと決め、苦しい生活が今も続いている。好きな洋服も買えず、友達と飲みに行くことさえも。ただひたすら働いて支払いを済ませるのみ。しかしこれは自業自得ですよね。

リボ払いはきちんと賢く利用できればこれほど便利なものはないが、私のように計画性のない人には向いていないと言い切れます。(ララさん・女性)

まだ若いうちに初めて作ったクレジットカードで買い物をしすぎてしまう方も多いですよね。

クレジットカードやリボ払いの仕組みを理解しないまま、買い物癖や借金癖がついてしまうと人生を台無しにしてしまうこともあります。気をつけたいですね。

買い物依存症?!手元に現金が残らない生活。もう戻りたくない。

当時の私は買い物依存症?とでも言っておきましょうか。とにかくブランド物が大好きで、高いものをいろいろ買ってました。特に靴。ハイブランドのものを気に入ったら買う買う!

特に高給取りなわけでもない、普通のアパレル販売員でしたので、それそれは家計は逼迫していました。

そういう買い物の支払いは常にカードだったので、カードの引き落とし日になると給料のほとんどが飛んでいく状態。

もちろん家賃くらいは払えるように計算していたんですが、そうすると本当に手元に現金がなくてその日暮らし状態でした。

手元に現金がないと食費・光熱費などに困るものですから、困った時は即座にネットオークションでいらなくなったブランド品を売ったりして、お金を手に入れてなんとか生活していました。

アパレルの仕事を辞めたのを機に、バカ買いするのも収まり、今ではとっても有意義な生活に戻っています。

高いものを買って着飾っているのもいいけれど、身の丈に合った金額じゃないとみすぼらしい生活になるんだな、と今になって思います。

あんな生活には戻りたくない・・・。物欲が収まってくれて本当によかったです。一時期はリボ地獄にもハマっていましたので本当にやばかったです。(ミカさん・女性)

ブランド物を買うのにハマってしまう女子は多いですよね?特に仕事や恋愛などでストレスが溜まっていると、つい「自分にご褒美♪」となってしまいます。

ブランド物を買うのはいいですが、身の丈に合ったお金の使い方をしないと大変なことになるので、気をつけたいですね。


ストレス解消の買い物からリボ払い借金地獄に・・・

結構重い話なんですが...。

25歳の時に上京した際、周りにほとんど知り合いもいなく、初めての就く仕事で給料も安く、一人暮らしもはじめてで不安な日々を送っていました。

ストレスを発散させる方法が、まだ何なのかわからなかった私は、100円均一で大量購入することでストレス発散していました。

ある時、知り合いの紹介で彼氏と呼べる人ができ、今まで手を付けることが無かったカードの申し込みが簡単に出来ることを知り、そこからどんどんクレジットカードで買い物をしていってしまいました。

月払いにすればいいものの、リボの恐ろしさを知らなかった私は、毎日毎日ネットで買い物をして、プラス月払いの買い物もして給料のほとんどをカードの支払にまわしていたと思います。

なので支払の翌日からは親が送ってくれる米にソースやしょうゆをかけて食べてみたり、激安のスティックパンを冷凍させて日々解凍して食べてみたり、最悪な時はコーヒーとタバコでしのいでみたり。挙句の果てには定期代をケチり、会社に行く電車代もなくなった時も1回ありました( ;∀;)

仕事が朝9時〜夜中11時とかのハードワークだったのでそんなに食べる時間もなかったですね。体重は多分10キロくらい落ちていたと思います。

で、実家に帰るときがあり私を見た親がビックリ|д゚)して問い詰められ、カードの話をし、結局肩代わりをしてもらいました。

その時の借金は親に少しずつ定期的に返済して、3年で完致しました。今思い出してもぞっとする思いでです( ;∀;)(キャミさん・女性)

寂しさやストレスから買い物に走ってしまう女の子は今も昔も変わらずけっこういるんですよね。この方はご両親が心配して借金の肩代わりまでしてくれたからよかったものの、そうでなければ本当どうなっていたことか。

クレジットカードのリボ払いで苦労した方のエピソード、やはりリボ払いの仕組みや利息について理解していなかったことが原因になっているところが共通していますね。


カード会社にとってはリボ払いは「利息」という収益が生まれるので、利用明細や会員専用サイトでもしきりにリボ払いをおすすめしてきます。

リボ払いにすると総額でいくら払うことになるのか。毎月の支払いではなく、完済までの総額でいくら払うことになるのか、きちんと確認するのをおすすめします。


この記事に関連してよく読まれている記事はこちら



みんなが選ぶ!当サイト人気のカードローン!

SMBCモビット

土日も最短で即日融資が可能!内緒で借りれるWeb完結申込みも好評!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。