今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜お金を借りたい時に借りれる金融情報サイト
今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜お金を借りたい時に借りれる金融情報サイト
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディングで今すぐお金を借りる|審査と金利・返済について。即日融資は可能?

#

J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディング

銀行カードローンより低金利!
あなたに関する様々なデータをAI技術で診断。申し込みから借入までスマホ・PCのみでスピーディー!

実質年率借入限度額審査時間融資まで
0.8%~12.0% 10万円〜1,000万円
(10万円単位)
最短30分最短即日融資
J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディング詳細

J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディングの特長

AI技術であなたの融資可能性を診断するAIスコア・レンディング!

金利は年率0.8%〜12.0%で低金利!

収入証明書類の提出は50万円以下の場合は原則不要

借入も返済もカードレスで!

審査は最短30分!最短即日融資も可能!


J.Score(ジェイスコア)はビッグデータとAI技術を活用した全く新しいフィンテック企業として、みずほ銀行とソフトバンクの出資で2016年11月に設立された金融会社です。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは、申込者に関する様々なデータをみずほ銀行とソフトバンクがそれぞれに持つビッグデータと先進的なAI技術を活用して分析・AIスコア化して融資の可能性や貸付利率、契約金額を決めるサービスです。

AIスコアは1000点を上限として算出され、AIスコアによって貸付利率・契約限度額が決まります。

J.Score公式サイトを見てみる

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは低金利!

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの特徴はAI活用ばかりではありません。

無担保ローンとしては、金利の低さに注目すべきでしょう。

主なカードローンと金利を比較してみました。

カードローン 実質年率 最高限度額 即日融資
J.ScoreAIスコア・レンディング 0.8%~12.0% 10万円〜1,000万円
(10万円単位)
最短即日融資
三菱UFJ銀行バンクイック 1.8%〜14.6% 500万円 不可
みずほ銀行カードローン 2.0%〜14.0% 800万円 不可
三井住友銀行カードローン 4.0%〜14.5% 800万円 不可
アコム 3.0%〜18.0% 800万円 可能
プロミス 4.5%〜17.8% 500万円 可能
アイフル 3.0%〜18.0% 800万円 可能
SMBCモビット 3.0%〜18.0% 800万円 可能


J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの金利は最高でも年率12.0%です。これは主要な銀行カードローンと比較しても低金利となります。

J.Score(ジェイスコア)は総量規制により年収の1/3を超える金額を借りることはできませんが、それでも審査通過すれば年率12.0%以下で借りれることは確実です。

さらに金利はみずほ銀行の口座がある方およびソフトバンクまたはワイモバイル利用者なら情報連携により、最大で年率0.2%の金利が引き下げられる場合もあります。(※引き下げ後の最低金利は年率0.8%)

この金利の低さは他のカードローンにはない大きなメリットです。

低金利でお金を借りたい人にとって、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは検討してみる価値は十分あると言えます。

J.Score公式サイトを見てみる

 

J.Score(ジェイスコア)の申込みの流れと審査について

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングは以下の流れで申込みをします。

1:公式サイトからAIスコア診断後、スコアレンディング申込み

2:仮審査結果連絡(メールにて連絡)

3:書類提出(Webアップロードにて。本人確認書類、収入証明書類を提出)

4:本審査結果連絡(メールにて。最短30分)

5:スマホ・PCにて契約手続き

6:契約完了後に借入

AIスコア診断の申し込みは個人信用情報には載らない

AIスコア算出のみなら信用情報機関への情報照会は行われないので、自分のAIスコアが何点くらいなのかを確かめてみても大丈夫です。AIスコア診断は無料でできます。

本審査申込時の他社借入件数・金額は銀行カードローン・フリーローンも含めること

AIスコア診断と仮審査結果に納得してJ.Score(ジェイスコア)の本審査に進む際は、他のカードローンと同様に他社借入件数・借入合計金額を記入します。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングでは、申し込み時の他社借入総件数、他社借入総額は住宅ローン、教育ローン、自動車ローンを除く、無担保ローンでの借入れについて記入します。

他の消費者金融系カードローンでの借入やクレジットカードのキャッシング以外にも、銀行カードローン、銀行フリーローンについても、利用していれば他社借入件数・借入金額に加えて記入しなければなりません。

奨学金の返済やクレジットカードのリボ払い・分割払いの残高については、他社借入に含めなくて大丈夫です。

本審査の結果連絡は早ければ申し込み当日中、最短30分で連絡があります。

連絡が遅い場合も本審査の進捗状況は「メンバーシップ」ページの「お申し込み・審査状況確認」から確認できます。

J.Score(ジェイスコア)の在籍確認

本審査通過後は他のカードローンと同じように、J.Score(ジェイスコア)でも在籍確認の電話連絡が行われる場合があります。

在籍確認に関しては勤め先に電話をかけられては困るなど、特別な事情がある場合は事前にジェイスコアのお客様専用フリーダイヤルへ電話しましょう。

ただし電話は平日9時〜19時の受付で、土日祝日・年末年始はやっていないので、その点だけ注意が必要です。

J.Score公式サイトを見てみる

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの返済について

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングで借りたお金の返済は、

  1. 口座振替
  2. Pay-easy(ペイジー)
  3. 銀行振込

の3つの方法があります。

口座振替

口座振替は毎月26日が返済日となります。J.Scoreの会員ページから口座振替の申込みができます。

銀行口座はみずほ銀行以外でも、インターネットバンキングが利用できる銀行口座であれば口座振替が利用できます。手数料は無料です。

Pay-easy(ペイジー)

Pay-easy(ペイジー)は会員ページから、利用している銀行のインターネットバンキング口座にログインして振込返済します。

Pay-easy(ペイジー)に対応しているインターネットバンキングができる銀行口座が必要ですが、Pay-easy(ペイジー)払いの場合は振込手数料が無料なのがメリットです。

銀行振込

銀行振込で返済する場合は、振込手数料が必要になりますが、毎月の返済日を自分で指定できるメリットがあります。毎月1日でも毎月30日でも、好きな日を返済日とすることができます。

返済日を含む14日前から振込による返済が可能です。

J.Score(ジェイスコア)は借入もパソコン・スマホからできますが、返済もインターネットバンキングを利用したペイジー払いや口座振替が便利です。

ローンカードも発行されずカードレスなので、コンビニATMを中心に借入や返済を行いたい方には向いていないかもしれません。

ネットバンキングを使ってキャッシュレスで借入や返済をしたい人、忙しくてATMに並んでいる暇のない人には向いていますね。

返済額は残高スライドリボルビング方式で、毎月の最低返済額は1000円から借入残高に応じて変わります。

繰上げ返済や一括返済については他のカードローンと同じように、いつでも特別な手続きも必要なく、ペイジーまたは銀行振込で入金することで返済できます。

J.Score公式サイトを見てみる

 

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングのメリット・デメリット

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの最大のメリットは、融資が決まれば消費者金融他社のカードローンより低金利で借りれる可能性がある点でしょう。

金利は最大でも年率12.0%で、最大利率で比較すればメガバンクの銀行カードローンより低金利です。

遅延損害金も消費者金融他社では年率18.0%〜20.0%なのが普通ですが、J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングの遅延損害金は年率12.0%です。

他のメリットとしては、カード発行がなくカードレスで借りれる点が挙げられます。コンビニATMからお金を出金する場合は、自分の預金口座に入金してもらい、それを自分の口座から出金する形になります。

カードがなく、ATM利用時も銀行キャッシュカードを利用するので、借金していることがバレにくい点もやはりメリットでしょう。

AIスコア・レンディングのデメリット

低金利で借りれるのが魅力のJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングですが、デメリットとして挙げるとすれば、現状では消費者金融と同じ扱いの金融会社なので、貸付金額が総量規制によって制限される点です。

金利は低くても、他社借入を含めて年収の1/3を超える金額をJ.Score(ジェイスコア)で借りることはできません。

また、AIスコアが非常に高得点だった方でも、金融事故の記録が残っている方は審査に通らず、お金を借りることはできません。

J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングにおいて、AIスコアの数字は非常に重要な要素ですが、AIスコアがどんなに良くても融資の際は個人信用情報の記録の方が優先されます。

金融事故があれば借りれないのは他のカードローンも同じなので、これはデメリットとまでは言えないかもしれません。

しかしAIスコア診断で融資に期待を持ってしまうケースは多いと考えられるので、あえてデメリットとして考えます。

J.Score公式サイトを見てみる

 

J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディングの商品情報


ご利用対象
以下のすべての条件を満たす個人のお客さま
・ご契約時の年齢が満20歳以上、満70歳以下の国内に居住するお客さま
・安定かつ継続した収入の見込める方
(学生・留学生で、アルバイトなど安定収入がある方もお申込みいただけます。また永住権のない外国人の方もお申込み可能です)
(※)審査の結果によってはご利用不可の場合がございます。
契約極度額
10万円~1,000万円(10万円単位)
融資額
1万円以上(1千円単位)
貸付利率
(実質年率)
0.8%~12.0%
(※)貸付利率(年率)0.8%はみずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携を行い、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。
(※)Yahoo! JAPANと情報連携を行うことでさらに金利が年0.1%ずつ下げられます。
(なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です。
・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある
・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある
・情報連携に同意された日の前日時点で「Yahoo!プレミアム」会員である)
遅延損害金
(実質年率)
12.0%
資金使途
自由
ただし投機性資金、事業性資金はご利用できません。
ご返済方式
残高スライドリボルビング方式。
最低約定返済額1千円(1千円単位)。
ご返済期間
ご返済回数
最終借入日後 原則最長10年/1~120回
契約極度額に応じて、以下のご返済回数となります。
30万円以下:36回以内
30万円超100万円以下:60回以内
100万円超1,000万円以下:120回以内
担保・保証人
不要


#

J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディング

銀行カードローンより低金利!
あなたに関する様々なデータをAI技術で診断。申し込みから借入までスマホ・PCのみでスピーディー!

実質年率借入限度額審査時間融資まで
0.8%~12.0% 10万円〜1,000万円
(10万円単位)
最短30分最短即日融資
J.Score(ジェイスコア)AIスコア・レンディング詳細