今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の審査・金利・保証会社について

p-yuchoshitaku01.png

ゆうちょ銀行カードローン「したく」はゆうちょ銀行が取次窓口となって紹介されている金融商品です。

ゆうちょ銀行カードローン「したく」は、郵便局のゆうちょ銀行が発行しているカードローンと思っている方も少なくないでしょう。

ゆうちょ銀行と名前が付いているので、ゆうちょ銀行発行のカードローンのように見えますが、実はゆうちょ銀行は取次窓口となっているだけで、実際に取り扱っているのは静岡に本店を構える地方銀行のスルガ銀行です。

しかしゆうちょ銀行ATMは平日7:00〜18:00は手数料無料で出金できるなど、ゆうちょ銀行がスルガ銀行への取引を媒介しているだけに、ゆうちょ銀行が関連するサービスは多少優遇されています。

実質的にスルガ銀行のカードローンではありますが、全国の郵便局が取り扱い窓口にもなっているため、全国どこにお住まいでも利用可能なカードローンになっています。


ゆうちょ銀行カードローンしたくの金利と限度額、特徴について

ゆうちょ銀行カードローンしたくの借入限度額は0万円以上500万円以内で、初回申込み時点での利用限度額は最高300万円まで。金利は実質年率7.00%〜14.90%となっています。

限度額は銀行カードローンとしては他社と比較して最高500万円はやや少ない方です。

金利も最高金利の14.90%は銀行カードローンとして標準的ですが、最低金利の7.00%は500万円借りた場合で比較しても消費者金融なみの割高感があります。

それほど金利が安いわけではないので、数百万円を借りる用途での利用であれば他社の銀行カードローンを検討するべきです。

ただし100万円以内の借入であれば他の銀行カードローンと同等の条件での借入となります。

専業主婦の借入はできませんが、パート・アルバイト、年金受給者も申し込みOKなので、年収が少なく借入金額もそれほど多くならない方であればおすすめと言えます。

利用には銀行口座が不要で、ゆうちょ銀行、スルガ銀行どちらの銀行口座も新たに開設する必要はありません。

借入・返済はローンカードを使って全国のゆうちょ銀行ATMやセブン銀行ATMなどから出金・入金する形になります。

ゆうちょ銀行カードローンしたくの審査と保証会社について

ゆうちょ銀行カードローンしたくの審査は2段階

ゆうちょ銀行カードローンしたくの審査は仮審査・本審査の2段階審査です。

始めの仮審査の結果は最短30分のスピード回答をしています。

仮審査に通過すれば正式な申込書が郵送されてくるので、それに記入して本人確認書類を添えて返送すれば本審査が行われます。

本審査にも通過すればローンカードが発行され、自宅に郵送で届き次第、カードローンの利用ができるようになります。

仮審査の結果回答は早いですが、契約書と本人確認書類の郵送と返送、そしてローンカードの自宅郵送と、借入までに3回の郵便のやりとりがあるため、申込みから借入までは早くても1週間はかかります。

ゆうちょ銀行カードローンしたくの保証会社

ゆうちょ銀行カードローンしたくの審査は保証会社であるSDP株式会社が行なっています。

このSDP株式会社はスルガ銀行の100%子会社なので、実質的にスルガ銀行が保証業務を行なっているような状態です。

保証会社はローンの返済がきちんとなされない場合に債務を負担する代位弁済のリスクを負っていますが、その保証会社が100%子会社であれば、自社にも代位弁済のリスクが及びます。

そうなると自然な流れとして、審査はどうしても厳しくせざるを得なくなります。

ゆうちょ銀行カードローンしたくの審査は甘いか厳しいかでいえば、そのような事情から厳しいと言えます。

スルガ銀行には他にも住宅ローンや目的ローンなどで数多くの金融商品があり、SDP株式会社は一部の住宅ローンの保証会社になっていますが、保証会社としてはそれほど大きな会社ではありません。

借入件数が3件、4件、5件など他社借入の多い方にリスクを取って融資を行うことは、期待しない方がいいでしょう。


ゆうちょ銀行カードローンしたくの返済方法と月々の返済額

ゆうちょ銀行カードローンしたくで借りたお金の返済は、毎月1日が約定返済日(返済期日)となっていて、毎月20日から月末までの間に月々返済額をATMか銀行振込で入金することになります。

ゆうちょ銀行カードローンしたくは銀行口座不要で借入ができますが、銀行口座がないため自動引き落としによる返済には対応していません。

毎月の返済額は返済時の借入残高に応じて以下の表に基づき決定されます。

ゆうちょ銀行カードローンしたくの月々返済額

ご返済時の借入残高約定返済額
10万円以下3千円以上
10万円超20万円以下6千円以上
20万円超30万円以下9千円以上
30万円超40万円以下1万2千円以上
40万円超50万円以下1万5千円以上
50万円超100万円以下2万円以上
100万円超150万円以下3万円以上
150万円超200万円以下4万円以上
200万円超250万円以下5万円以上
250万円超300万円以下6万円以上
300万円超350万円以下7万円以上
350万円超400万円以下8万円以上
400万円超450万円以下9万円以上
450万円超500万円以下10万円以上

借入残高が10万円以下なら、その月の最低返済額は3,000円です。

追加返済はATMから多めの金額を入金することでいつでも可能で、特別な手続きは一切不要です。

毎月20日から月末までの約定返済期間に多めに入金した場合は、入金額から最低返済額を差し引いた金額が追加入金される形になります。


ゆうちょ銀行カードローンしたくとスルガ銀行のカードローンはどっちがいい?

ゆうちょ銀行カードローンしたくが実質的にスルガ銀行の取り扱いなので、スルガ銀行が直接扱っているカードローンとではどちらがいいのか比較してみました。

ゆうちょ銀行カードローンしたくスルガ銀行カードローン
借入限度額10万円〜500万円10万円〜800万円
実質年率7.00%〜14.90%3.90%~14.90%
融資まで約1週間最短即日
書類の郵送必要不要
最低返済額3000円〜/月3000円〜/月
対応地域全国各地全国各地
保証会社SDP株式会社スルガ・キャピタル株式会社
ダイレクトワン株式会社
株式会社オリエントコーポレーション

スルガ銀行カードローンは最短即日融資も可能で、ローンカードが郵送で届くまでの間も銀行振込による融資が受けられます。

地方銀行のカードローンですが、全国どこにお住まいの方でも利用可能で書類の郵送も必要なく、本人確認書類なども写真画像をアップロードすればOKのWeb完結申込みです。

さらに審査を行う保証会社もスルガ銀行カードローンはグループ会社のスルガ・キャピタル、ダイレクトワンだけでなく、外部のオリエントコーポレーションも加えた3社保証体制。

審査に通りやすいのも、どちらかと言えばスルガ銀行カードローンの方でしょう。

銀行カードローンとしてはスルガ銀行カードローンの方が金利や限度額はもちろん、いろんな面で総合的に上ですね。


ゆうちょ銀行カードローンしたくと他のカードローンとの比較

カードローン借入限度額実質年率即日融資
ゆうちょ銀行カードローンしたく10万円〜500万円年7.00%〜14.90%
三菱UFJ銀行バンクイック10万円〜500万円年1.8〜14.6%
三井住友銀行カードローン最高800万円年4.0〜14.5%
オリックス銀行カードローン最高800万円年1.7〜17.8%
アコム800万円年3.0〜18.0%振込・無人契約機で可能
プロミス1〜500万円年4.5〜17.8%振込・無人契約機で可能


他のカードローンと比較してみると、ゆうちょ銀行カードローンしたくは限度額が上がっても金利が最高で年率7.0%までしか下がらないのが厳しいですね。

限度額500万円まで借りた場合だと消費者金融系カードローンのアコムやプロミスよりも金利が高くなります。

かといって即日融資にも対応していませんから、10万円程度のお金をすぐ借りたいといったニーズにも対応できていません。

ゆうちょ銀行カードローンしたくはまだまだサービスに改善の余地がありそうですね。

今後どのように変わっていくのかに期待したいところです。


この記事に関連してよく読まれている記事はこちら



みんなが選ぶ!当サイト人気のカードローン!

SMBCモビット

土日も最短で即日融資が可能!内緒で借りれるWeb完結申込みも好評!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。