カードローンコラム

銀行系カードローンの審査は甘い?消費者金融と同じ審査基準で借りれるの?

保証会社が消費者金融の銀行カードローンは審査が甘い?

カードローンを申し込んでお金を借りたい時、担保や保証人を求められることは、特にありません。

それは、カードローン会社やカードローン提携の保証会社が、あなたが差し出すべき担保や保証人に代わって保証を行ってくれるからです。そしてカードローンの審査は、この保証会社によって行われます。

しかし、金利が安い・限度額が大きい銀行カードローンでどこか借りようかと調べていると、保証会社の欄に

「アコム株式会社」
「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」

など、わりと聞き慣れた会社の名前が出てくることに、気づいたことはありますか?

カードローンの審査は保証会社によって行われる。

ということは、

「三菱UFJ銀行のカードローンに申し込むけど、保証会社がアコムになっているので、アコムの審査を受けるの?」
「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社って、プロミスの会社だよね?」
「三井住友銀行カードローンで借りるのに、プロミスの審査を受けるの?」

ちょっと混乱してしまうかもしれませんね。

実際のところ、銀行カードローンを申し込むのに、アコムやプロミスの審査を受けることになってしまうのでしょうか?銀行カードローンの審査は消費者金融と同じなのでしょうか?

銀行カードローンの審査を行う保証会社は消費者金融だった?!

銀行系カードローンの中には、審査を行う保証会社が、アコムやSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)になっているものも、意外と多いです。

これは、銀行が、銀行にとっては小口融資であるカードローン事業を始めるにあたって、消費者金融のもつスピーディーな与信管理システムや債権回収のノウハウの提供を受ける形でサービスを開始したところが多いからです。

消費者金融会社が保証会社になっている主な銀行カードローンを調べてみました。

消費者金融が保証会社になっている主な銀行カードローン

カードローン保証会社
三菱UFJ銀行カードローンアコム株式会社
じぶん銀行カードローンアコム株式会社
セブン銀行ローンサービスアコム株式会社
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
住信SBIネット銀行SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
横浜銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
ジャパンネット銀行SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
新生銀行カードローンレイク新生フィナンシャル株式会社
オリックス銀行カードローン新生フィナンシャル株式会社、オリックス・クレジット株式会社

アコムやプロミスはもちろん有名な消費者金融系カードローンですが、新生フィナンシャル株式会社も新生銀行レイクとは別にカードローンを発行している消費者金融の会社です。

大きな金融グループに属する銀行は、同じグループ内の消費者金融会社に保証会社になってもらうことが多いようです。

実はアコムは信用保証会社としても全国屈指の大企業だった!?

アコム、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)は、カードローン事業とは別に、信用保証事業も行っています。

信用保証事業とは、銀行や信用金庫、その他金融機関に対し、与信・審査ノウハウと債権回収ノウハウを提供する代わりに、提供先から保証料を徴収するというビジネスモデルです。

アコムの2016年3月期決算資料を見ると、アコムのローン事業(無担保、有担保の合計)の営業収益は1,293億円。これに対し、アコムの信用保証事業の営業収益は415億円あります。

実にアコムの営業収益全体の約1/4は信用保証事業によるものなのです。

一般向けには消費者金融のイメージしかないアコムですが、信用保証会社としても、営業収益が400億円以上もある、非常に大きな会社なのがわかりますね。

一方、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)も、信用保証事業に関しては、2016年3月期の時点で三井住友銀行、横浜銀行、住信SBIネット銀行をはじめとする全国189の金融機関と提携し、保証残高は1兆円を超える規模となっています。

つまり、アコム、SMBCコンシューマーファイナンスともに、信用保証会社としても全国屈指の大企業なのです。

消費者金融というイメージが圧倒的に強いアコムやSMBCコンシューマーファイナンスですが、どちらの会社も営業収益のかなりの割合を信用保証事業が占めています。

単純にアコムを消費者金融の会社とだけ見ていると、それは正確な姿ではなかったのがわかりますね。

消費者金融が審査をする銀行カードローンの審査が甘いというのは大間違い!

銀行カードローンだけどアコムが保証をしている、プロミスが保証しているといっても、実際は、だから審査が甘いとか、そんな議論がまったく無意味なくらい、ビジネスとしてシビアに審査や保証が行われています。

与信情報をスピーディーに照会し、素早く審査結果を出すため、消費者金融から審査のシステムの提供を受けている銀行カードローンも多いのは事実です。

しかし、与信情報のシステム(仕組み)の提供は受けているものの、審査基準は別に存在しています。

アコムと三菱UFJ銀行のバンクイックとでは、審査を行うシステムは同じでも、審査基準は同じではないのです。

保証会社は審査を行うだけでなく、延滞や貸し倒れが発生した場合に、代位弁済しなくてはいけません。

代位弁済とは、お金を返済できなくなった債務者に代わって保証会社に貸付金を一括返済してもらうことです。

バンクイックで借りたお金をずっと延滞していると、保証会社のアコムがバンクイックへ債務者の代わりに全額返済し、代わりにアコムが債務者へ債権回収することになるのです。

代位弁済のリスクを負っている保証会社が審査を甘くすることはない!

考えてみてください。

保証会社は審査だけでなく、延滞時の代位弁済や債権回収も行っています。

もし仮に、アコムが三菱UFJ銀行のカードローン審査を甘い基準にして、本来なら審査に落ちる人もどんどん審査に通過させて、三菱UFJ銀行のカードローンで融資を実行したとします。

その結果、三菱UFJ銀行のカードローンで滞納者・返済不能で自己破産などの債務整理を行う利用者が続出したとします。

しかし、その損失は保証会社となっているアコムが三菱UFJ銀行に代位弁済で全てを支払う形で負担しなければならないのです。

そしてその後は、返済不能で払えない人からも、なんとか貸付金を回収するという、非常に難しい債権回収までしなくてはなりません。

保証を受け持つ銀行カードローンの審査を甘くすることは、保証会社であるアコムやSMBCコンシューマーファイナンスにとっては、自分たちの首を絞めるのと同じなのです。

銀行カードローンは、貸金業法で融資額に制限を受ける消費者金融のカードローンより、借入限度額が大きいです。

それだけに、保証会社にとって審査を甘くするのは大損害につながる危険も高くなります。

だからむしろ、銀行カードローンの審査は自社の消費者金融カードローンの審査よりも厳しくしていると考えるのが自然です。

保証会社が消費者金融の会社だからといって、銀行カードローンの審査が同じように甘いとは考えない方が賢明です。

カードローンの審査に落ちると、保証会社が同じ会社の別のカードローンも審査に落ちる?

カードローンごとに審査基準は違うので、保証会社が同じでも、絶対審査に落ちるわけではありません。

ただ、保証会社が同じなら、審査基準は違っても審査スキームは基本的に同じなので、できれば同じ保証会社のカードローンは避けるのがおすすめです。

保証会社が複数あるカードローンなら、いづれか1社の保証会社の審査に通れば借入ができます。審査に不安がある方は、保証会社が複数ついている銀行カードローンを選ぶのもおすすめです。

保証会社が複数ある銀行カードローン

カードローン保証会社
オリックス銀行カードローン新生フィナンシャル株式会社、オリックス・クレジット株式会社
楽天銀行スーパーローン楽天カード株式会社、株式会社セディナ
スルガ銀行カードローンスルガ・キャピタル株式会社、ダイレクトワン株式会社、株式会社オリエントコーポレーション
静岡銀行カードローンセレカ静銀ディーシーカード株式会社、新生フィナンシャル株式会社
You cannot copy content of this page
大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら