カードローンコラム

仮想通貨で儲けたい!カードローンで借金してビットコイン買うのはアリ?

2017年、投資に詳しい人の中で一番ホットな投資対象は、ずばり仮想通貨(暗号通貨・ビットコイン等)だったのではないでしょうか?

M-1グランプリ2017の優勝者「とろサーモン」の久保田さんがテレビでM-1の優勝賞金の使い道を聞かれ、

「仮想通貨をいっぱい買いたい」

と語ったことで初めて仮想通貨の存在を知った方も多いでしょう。

2017年、仮想通貨がどれほどホットだったか、少し解説しますね。

9万円が1年で230万円に?2017年高騰をつづけたビットコイン

仮想通貨の中でも最もメジャーなビットコイン(BTC)は2017年始めは1ビットコイン=9万円程度でした。

しかし2017年12月には1ビットコイン=200万円以上にまで価格が上昇、実に20倍以上の価格になりました。

ビットコインの2017年のチャートです。

さらにビットコインは2017年8月にはハードフォーク(分岐)してビットコインキャッシュ(BCH・BCC)という新たな仮想通貨を生み出しました。

このビットコインキャッシュはビットコインを持っている人には自動的に同じ数だけ付与され、当初は1ビットコインキャッシュ=8万円程度でしたが、2017年12月には30万円まで価格上昇しています。

ビットコインキャッシュの2017年のチャートです。

ビットコインを持っているだけでタダで手に入れられたコインにも、実に30万円以上の値段がついたのです。

2017年の1月に約9万円で1ビットコインを買った人は、12月には約230万円にお金が増えていたというわけです。

ビットコイン以外の仮想通貨も全て年初から価格が数十倍に上昇!素人でも儲かる?

仮想通貨はなにもビットコインだけではありません。

こちらはビットコインについでメジャーな仮想通貨の一つ、イーサリアム(ETH)の2017年の価格チャートです。

2017年1月は1イーサリアム=900円前後だったのが、2017年12月には1イーサリアム=9万円前後になっています。

わずか1年で価格が100倍も上昇したことになります。

またイーサリアムもビットコインと同じようにハードフォーク(分岐)してイーサリアムクラシック(ETC)という新たな仮想通貨が生まれました。

イーサリアムクラシックの価格チャートです。

こちらもビットコインと同様に、イーサリアムの保有枚数と同数が自動的に付与されました。

当初は1イーサリアムクラシックが約130円だったのが、2017年12月には3000円以上の値段が付いています。

2017年1月に約9万円で100イーサリアムを買った人は、イーサリアム自体の価格上昇とイーサリアムクラシックの価格上昇で、12月には1000万円以上になっていたわけです。

ビットコインもイーサリアムも、年初に10万円にも満たない投資で始めたものが、年末には数百万円に増えていたのです。

2017年に価格が急騰した仮想通貨はビットコインやイーサリアムだけでなく、他のどの仮想通貨を買っても価格上昇している状態でした。

2017年は投資の素人でも年初に仮想通貨を買っていただけで誰もが大儲けしていたのです。

フリーターや無職でも仮想通貨で億万長者?!お金のない人はカードローンで借りて始める?!

2017年はフリーターで収入の少ない人や無職の人でも、たまたま運良く年初に仮想通貨を始めて、大金持ちになった人も少なくありませんでした。

少ない資金から始めて1年以内に100倍にできる投資なんて、他にはなかなかありません。

しかも仮想通貨を取引所で買っておくだけというお手軽さ。

ビットコインなどの仮想通貨は取引所に口座開設すれば、誰でも購入できます。

日本国内で仮想通貨を購入できる取引所は、有名なところで以下の取引所があります。

日本国内の主な仮想通貨取引所

coincheck(コインチェック)
出川哲朗のテレビCMでも人気。国内取引所としては取扱仮想通貨の種類が最多。

bitflyer(ビットフライヤー)
ビットコイン取引量日本一。大手金融会社が株主で安心感あるが取引手数料が高い。

Zaif(ザイフ)
日本発の仮想通貨モナコインの取引ができる。株式会社フィスコ仮想通貨取引所が運営。

このような仮想通貨の価格の上昇ぶりをみて、今お金がない人、借金を抱えている人でも、

「カードローンで資金を借りて仮想通貨投資を始めても、すぐに儲けて完済できそう!やるしかない!」

と考えても、おかしくはありませんね。

お金のない人がカードローンでお金を借りて、仮想通貨取引を始めるのはどうなのでしょうか。

カードローンの借入理由に「仮想通貨取引の資金として」とすると審査に落ちる

カードローンの申込にあたって、借入理由は正確に正直に書くのが原則です。

アコムの公式サイトを見てみると、資金使途は「生計費に限ります。(ただし、個人事業主の方は、生計費および事業費に限ります)」となっています。

そのため、ここで借入理由に「仮想通貨取引の資金として」と記載してしまうと審査に落ちる可能性が高くなります。

ビットコインや仮想通貨取引は、生計費とは関係ない投機性が高い資金使途とみなされ、審査は確実に不利になります。

まあ、当然といえば当然ですね。

しかしそこは一計を案じる方が大半だと思います。

今月の生活費をすべてビットコインや仮想通貨の取引所に入金してしまったので、生活費が足りなくなった。だからカードローンで生活費を借りる。

こういう建前でカードローンでお金を借りることは、現実的には可能かもしれません。

しかし決しておすすめできるものではありません。本当にやめてくださいね。

生活費が足りない。プロミスやアコムなどのカードローンで借りるのはどうなの? 生活費が足りない。どうしてもお金を借りたい。 親に「生活費が足りなくて・・・」なんて話すのは、自立できていないみたいで情けないで...

仮想通貨取引にもリスクはある。借金してすべきでない理由

借金してまで仮想通貨の取引をしてはいけない理由は、仮想通貨取引に伴うリスクにあります。

国内仮想通貨取引所の一つであるコインチェックの公式サイトにある「仮想通貨取引を行う際の注意点」を見てみると、以下の文章が記載されています。

仮想通貨は、サイバー攻撃等により、全部又は一部を消失する可能性があります。

外部環境の変化(仮想通貨に対する法規制の強化を含みます。)、当社の財務状況の悪化、委託先等の破綻等によって、当社の事業が継続できなくなる可能性があります。当社が破綻した場合には、お客様の資産を返還することができなくなり、お客様に損失が生じる可能性があります。

このように、いくら今は仮想通貨が儲かるといっても、サイバー攻撃によってある日突然お金が全て消え、それによって取引所が事業を継続できなくなると、取引所に入金したお金は一切戻ってこなくなる恐れがあるのです。

カードローンで借金をして仮想通貨取引をはじめた方が、万が一そのような事態に遭遇すると、借金の返済だけが残ることになってしまいます。

仮想通貨の取引所がハッカーに狙われてビットコインがごっそり盗まれてしまう事件は、日本ではかつてマウントゴックス事件と呼ばれる事件が起きていますし、海外の取引所でも同様の事件が起きています。

また、価格がすでに高騰しているビットコインやその他のアルトコインは、いつバブルが崩壊してもおかしくないと言われています。

今から借金をして仮想通貨取引を始めても、仮想通貨の価格が急落して、利益が出るどころか損失を出してしまう可能性も以前よりはるかに増しています。

仮想通貨取引は投機性が非常に高い金融商品です。カードローンで借金してまで取引資金を捻出するのは危険ですから、やめておきましょう。

すでにカードローンの契約をしている人が仮想通貨取引を始めるのは?

すでにカードローンの審査に通って契約中の方が仮想通貨の取引を始めるのはどうでしょうか?

「カードローンの借金があるから仮想通貨の取引をしてはいけない」という法律はありませんから、仮想通貨取引をすること自体は問題ありません。

問題になるのは、仮想通貨取引の資金をどうするかという点です。

カードローンの借入がある人がビットコインを購入したりする場合は「毎月の返済を絶対に滞らせない」というのが原則でしょう。

借金の返済をきちんと進めつつ、それ以外の余裕資金で仮想通貨の取引を行うのが非常に大切です。

もちろんカードローンで追加融資を受けて、その資金を仮想通貨取引所に入金する、というのは絶対にいけません。

追加融資を受けてもビットコインで一発勝負して大儲けすれば一括返済できる!

モナコインやネム、リップルで儲かったらまとめて返済するんだから、いいじゃないか!

という考えもあるでしょう。

しかしそれは、

パチンコで勝ったらまとめて返済する!
競馬で一発大穴当てたら一括返済する!

と言っているのと、側から見ればほとんど同じです。

お金を貸している銀行や金融会社にとっては、非常に不誠実な態度に映るのです。

知られなければいい、バレなければいい、という考えでは、いつかそれが原因で辛い出来事となって、大きな間違いだったと気づくことになります。

繰り返しになりますが、仮想通貨の取引にはリスクが伴います。

カードローンで借金をしてまで仮想通貨の取引を始めるのは本当にやめてくださいね。

You cannot copy content of this page
大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら