カードローンコラム

プロミスにSMBCモビット。カードなしでお金を借りれるカードレスのWeb完結カードローン

カードレスのWeb完結カードローンとは?

カードローンといえばローンカードを使ってATMからお金を引き出すイメージが一般的かもしれません。

しかし中にはローンカードの発行なしでお金を借りたり返済できるタイプのカードレスのカードローンも登場しています。

カードなしのカードレスキャッシングなら、ローンカードを誰かに見られる心配もないし、カードが自宅に郵送されてこないので、家族に借入がバレる心配もありません。

また、カードの発行や郵送がないので、無人契約機に行く必要もなく、契約完了から実際に融資を受けるまでの手続きが早く、即日融資も受けやすいというメリットがあります。

一見、メリットばかりに思えるカードなしのカードレスキャッシングですが、実際のところはどうなのでしょうか。

自宅にローンカードを郵送したりローンカードを自動契約機で受け取る必要もなく、完全にカードレスで借入や返済ができるのは、有名なところではプロミスのWeb完結、そしてSMBCモビットのWeb完結申込みがあります。

プロミスやモビットのカードレスキャッシングでカードなしでお金を借りる方法やメリット、デメリットについて解説します。

プロミスでカードなしのカードレスキャッシングでお金を借りる方法

プロミスでカードなしのカードレスキャッシングするには、まずパソコンやスマホでプロミス公式サイトからWeb完結で申し込みをします。

プロミスでWeb完結で申し込むには、口フリ(口座振替)による返済とカードなしを選べば、ローンカードの発行なしでカードローン利用ができるカードレスキャッシングになります。

プロミスのカードレスでの借入方法

カードレスでプロミスを利用する場合、お金の借入は自分の銀行口座への振込入金のみになります。

プロミスからの銀行振込は、プロミスの瞬フリサービスに対応している銀行口座なら24時間いつでもすぐ振込入金可能ですぐお金を借りることができます。振込手数料はプロミス持ちなので振込手数料無料です。

振込依頼はプロミスの会員サイトからできます。会員番号、暗証番号が必要なので、メモ帳アプリなどで控えておきましょう。

プロミスのカードレスでの返済方法

プロミスへの月々の返済は口フリ(口座振替)銀行振込による入金プロミスATMからの入金で行います。銀行振込による返済はインターネット振込返済振込手数料無料でさらに24時間即時完了するのでおすすめです。

インターネット振込返済対応の銀行は三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行の5行。

インターネット振込返済はまずプロミスの会員サイトにログイン後、インターネット返済ボタンをクリックして返済額を指定、利用する銀行を選択後に各銀行のオンラインバンキングのサイトへログインします。

インターネット返済で振込手数料無料にするには、まずプロミスの会員サイトから返済金額などの指定をしてから銀行のオンラインバンキングにログインすることが必要です。

いきなり銀行のネットバンクから振込しても手数料を取られる場合があるので注意が必要です。

また、プロミスはカードなしでも返済についてはプロミスATMからカードなしの返済できます。

プロミスATMに入ったら画面でカードなしを選択、名前、生年月日、電話番号の入力でプロミスATMからの返済ができます。

カードなしでプロミスを利用するなら三井住友銀行かジャパンネット銀行口座がほぼ必須!

プロミスでWeb完結のカードレスキャッシングで銀行振込による借入・返済ともに24時間いつでもすぐ完了できるのは、三井住友銀行かジャパンネット銀行に預金口座を持っている場合のみになります。

プロミスのカードレスキャッシングを本当に便利に使いこなすには、この2行のどちらかの預金口座が必要ですね。

プロミスのカードレスキャッシングは銀行振込が基本なので、ATMから現金を引き出すには銀行のキャッシュカードが必要です。

現金でお金が必要な場合は、銀行キャッシュッカードで銀行ATMやコンビニATMからお金を引き出すことになります。

SMBCモビットのWeb完結申し込みは電話連絡もなしになるカードレスキャッシング!

SMBCモビットのWeb完結申込みは、カードの発行がないだけでなく、オペレーターによる職場への電話連絡までなしで済ませられます。職場に金融会社からの電話連絡があるのが困る方にとっては嬉しいサービスです。

モビットのWeb完結申込みが利用できるのは、三菱UFJ銀行か三井住友銀行に預金口座がある人で、かつ社会保険証をお持ちの方のみになります。

社会保険証は勤め先の会社から支給されるため、お持ちの方は正社員としてお勤めの方や、一部の契約社員・派遣社員の方にほぼ限定されます。

パートやアルバイト、自営業の方などは社会保険未加入で自分で国民健康保険に加入している方がほとんどですが、こういった方は残念ながらモビットのWeb完結申込みは利用できません。

モビットのWeb完結は借入は自分の口座への銀行振込のみ。返済は口座からの自動引き落とし、もしくは返済用口座への銀行振込となります。

銀行振込での借入・返済はその都度、振込手数料が必要です。

実はデメリットも多いカードなしのカードレスキャッシング!

カードなしで利用できるカードレスカードローンのメリットとしては、冒頭に挙げた、

  1. ローンカードを誰かに見られる心配がない。
  2. カードを受け取りに行ったり自宅に郵送してもらう必要がない。
  3. カードの発行や郵送が必要ないので手続きが早く、申し込みからの即日融資も受けやすい。

といった点が挙げられます。

しかし、カードがなくお金の借入や返済も銀行口座を通じた取引に限定されるため、それに伴うデメリットもいくつかあります。

カードレスのデメリット1:直接コンビニATMが使えない

カードレスの場合、ローンカードがないためコンビニATMから直接お金を借りたり返済することができない場合が多いです。コンビニATMは銀行のキャッシュカードで自分の口座からお金を引き出すときに利用します。

ローンカードを持たない代わりに、人によっては銀行のキャッシュカードを持ち歩く必要が出てくるでしょう。

ただしSMBCモビットではスマホにモビットアプリをインストールすれば、セブン銀行ATMならカードなしでお金を限度額の範囲で引き出すことができます。

カードレスのデメリット2:借入・返済の取引がすべて通帳に記帳される

カードレス利用の場合、借入・返済ともに銀行口座を通じた取引になるため、取引がすべて通帳に記帳されてしまうというのが、人によってはデメリットになります。

カードレスなので家族にカードが見つかる心配はありませんが、家族に通帳の中身を見られたら借入がバレるという場合です。

一人暮らしの方などで完全に自分専用の口座で利用するのであれば全く問題ありません。

しかし名義は自分でも家族共有口座として利用している場合は、家族に内緒でキャッシングすることはできなくなります。利用にはまず自分だけの口座を用意することが必要です。

カードレスのデメリット3:利用する銀行口座によって制限がある場合も

カードレス利用の場合、特定の銀行の口座でなければその機能をフルに活かせない場合があります。

例えばプロミスのWeb完結だと振込融資は全国約200の金融機関に対応していますが、こちらからの振込返済はご利用の銀行口座のワンタイムパスワード等がどうしても必要になります。ただしプロミスの返済用口座へのネット振込手数料は無料になります。

また、モビットのWeb完結も三井住友銀行か三菱UFJ銀行に預金口座を持っていなければ利用できません。

このように利用できる銀行口座に制限があることも、カードレスキャッシングのデメリットと言えるでしょう。

一見便利なように思えるカードなしのカードレスキャッシングにも、現状ではデメリットもいくつかあるのがわかりますね。

カードレスではなく通常のローンカードを使った借入や返済は、ローンカードさえ誰にもバレないように管理できれば、借入や返済はすべてATMから直接行えるので、取引がすべて通帳に記帳されることもありません。

カードレスのWeb完結は自分にとって致命的な欠点でなければ利用するのもおすすめですが、そこはきちんと見極めることが大切です。

You cannot copy content of this page
大手カードローンNo.1の審査通過率「プロミス」
詳細はこちら