地方銀行カードローン

横浜銀行カードローンの審査と金利。専業主婦も月々2,000円からの返済で借りれる

横浜銀行カードローンの特長

最高限度額1,000万円&実質年率1.9%〜14.6%の最高スペック!

パート・アルバイトでも借入可能。専業主婦の利用も可能!

返済は月々2,000円から!

利用は神奈川県、東京都、群馬県(前橋市、高崎市、桐生市)に在住の方限定

横浜銀行カードローンは首都圏の方限定の金利が安いカードローン!


横浜銀行カードローンは最高限度額が1,000万円で金利も実質年率1.9%〜14.6%。地銀カードローンでありながら、カードローン商品としてのスペックはメガバンクのカードローン以上のものを持っています。

年収がそれなりにある人で100万円、200万円といったまとまったお金が必要な方はもちろん、限度額は最高1,000万円までの間で10万円単位で設定されるので、収入の少ない方でも審査に通過すれば最低でも10万円は借りれることになります。

銀行カードローンの毎月の返済は1万円単位といったところが多いですが、横浜銀行カードローンの毎月の返済額は最低2,000円からです。なので、収入の少ない方であと10万円だけ借りたいという人にもおすすめできます。専業主婦の方も月々2,000円からの返済なら無理なく利用できますよね?

パート・アルバイトの方も借入可能。さらに専業主婦や年金収入のみの方も借入可能です。しかし学生の方は利用できません。

横浜銀行カードローンは横浜銀行の口座を持っていない人でも申込みは可能ですが、利用までに口座開設する必要があります。

また、利用できるのは横浜銀行の営業エリア内にお住まいの方(神奈川県・東京都全域、群馬県前橋市、高崎市、桐生市)に限定されます。

この地域内にお住まいの方で低金利の銀行カードローンで借入を考えている方なら、検討すべきですね。

横浜銀行カードローンの審査

横浜銀行カードローンの審査は、保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が行います。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社はプロミスのカードローンを発行している会社です。最短30分で審査回答があるプロミスのカードローンほどではありませんが、横浜銀行カードローンも審査結果の連絡は最短翌日で非常に早いです。

インターネット申込みは仮審査申込みという扱いです。ただし仮審査通過後に契約書類や本人確認書類などに仮審査申込み時の内容と相違があれば、本審査落ちという形で契約が成立しない場合もあります。

このように横浜銀行カードローンの仮審査で申し込んだ内容は本審査にも影響しますので、適当な回答をして申し込まないようにしましょう。

審査結果の連絡は電話で行われます。申込みをしてからしばらくの間は、知らない電話番号から着信があってもちゃんと応答するようにしましょう。

仮審査申込みについては横浜銀行カードローン受付センターが業務に当たっていますが、カードローン受付センターは平日はもちろん、土日祝日も午前9時から午後5時まで営業しています。

土日祝日も営業しているので、土日の申込みでも仮審査申込みの結果連絡があります。平日があまりに忙しくてカードローンの申込みができない方は、土日に申込みをするのもおすすめですよ!

横浜銀行カードローンの月々返済額は2,000円から!金利と返済方法について

横浜銀行カードローンで借りたお金の返済は毎月10日に指定の横浜銀行の口座から自動引き落としで返済されます。

返済額は前月の返済後の借入残高に応じて変わり、借入残高が10万円以下の時は2,000円/月になります。借入残高別の返済金額は以下の通り。

約定返済時の借入残高月々の最低返済額約定返済時の借入残高月々の最低返済額
10万円以下2,000円/月300万円超350万円以下40,000円/月
10万円超20万円以下4,000円/月350万円超400万円以下45,000円/月
20万円超30万円以下6,000円/月400万円超450万円以下50,000円/月
30万円超40万円以下8,000円/月450万円超500万円以下55,000円/月
40万円超50万円以下10,000円/月500万円超600万円以下60,000円/月
50万円超100万円以下15,000円/月600万円超700万円以下65,000円/月
100万円超150万円以下20,000円/月700万円超800万円以下70,000円/月
150万円超200万円以下25,000円/月800万円超900万円以下75,000円/月
200万円超250万円以下30,000円/月900万円超1,000万円以下80,000円/月
250万円超300万円以下35,000円/月1,000万円超85,000円/月

毎月10日の自動引き落としによる返済以外にも、お金に余裕のあるときはATMからの随時返済もできます。

横浜銀行ATMのほか、コンビニに設置のセブン銀行ATM、イーネットATMならびにローソンATMの各ATMでいつでも追加返済ができます。

一括返済、全額返済したい場合は、横浜銀行ATMかインターネットバンキングのはまぎんマイダイレクトを利用します。元金と利息を含めた返済総額がわかるので、その金額を入金もしくは振込すれば完了です。ATMからの一括返済はATMの仕様上、入金額が100万円以下の場合だけ利用できます。

横浜銀行カードローンの申込みの流れ・必要書類

必要書類は本人確認書類として、下記4つのうちいずれか1点が必要です。

  1. 運転免許証
  2. 健康保険証
  3. パスポート
  4. マイナンバーカード

日本以外の外国人の方は、永住権の記載がある在留カードもしくは特別永住者証明書が必要です。

借入希望額が310万円以上の場合は、本人確認書類とは別に、収入証明書類も必要になります。

  1. 源泉徴収票
  2. 納税証明書
  3. 確定申告書
  4. 住民税決定通知書

これらのうち1点のコピーが必要です。

申込みの流れ

横浜銀行カードローンは以下の流れで申込み手続きが進みます。

1:パソコン、スマホで横浜銀行カードローン公式サイトより申込み

2:審査結果の連絡(最短即日)

3:FAX・郵送で書類送付(本人確認書類、契約書)

4:銀行振込で入金可能に!

5:ローンカードが郵送で自宅に到着

まずはスマートフォンやパソコンからインターネットで横浜銀行カードローンの申込みページにアクセスし、必要事項を記入して送信します。

審査結果の連絡は最短でその日のうちに電話連絡で行われますが、申し込んだ時間帯によっては翌日連絡になることもあります。

ただしインターネットからの申込みは「仮審査申込み」扱いなので、正式な申込みは案内に沿って書類を提出するところからになります。

審査通過の連絡を受けたら、契約書類と必要書類の提出ですが、横浜銀行カードローンの申込みは書類の送付をネットではなく郵便かFAXで行うことになります。申込みが他社のようなWeb完結でないのはデメリットかもしれませんね。

横浜銀行に自分名義の口座を持っていない方は、契約書を送付する前に横浜銀行の口座開設を行います。口座開設の手続きはスマホアプリなどでオンラインから申込みができますが、通帳が届くまで1週間はかかるので、近くの横浜銀行本支店に足を運んで口座を作る方が早いです。

契約書類は横浜銀行から郵送で送られてきたものを記入して返送しますが、急いでお金を借りたい場合は公式サイトから契約書類をダウンロードし、郵送ではなくFAXで契約書類・本人確認書類を送信しましょう。

契約書類の返送が完了すると「横浜銀行カードローン」カードが自宅へ簡易書留郵便で届けられます。ローンカードが届き次第、カードローンを利用できるようになります。

横浜銀行カードローンは営業エリアが限定されている分、ローンカードの送付もそれほど時間はかかりません。カード到着まで2〜3日といったところです。

横浜銀行カードローン申込み時の注意点

横浜銀行カードローンは申込みがWeb完結ではなく、契約書類・本人確認書類の郵送またはFAX送信が必要です。急いで契約したい場合は近くのコンビニなどからFAX送信しましょう。

また、申込み時点では横浜銀行に預金口座は持っていなくても大丈夫ですが、カードローンの利用には横浜銀行に口座が必要になります。仮審査通過後、契約までの間に口座を開設する必要があります。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら