地方銀行カードローン

但馬銀行カードローンは専業主婦でも100万円借りれる!低金利でスピード融資も可能!

但馬銀行カードローン

但馬銀行は兵庫県豊岡市に本店を構える地方銀行です。

創業は1897年(明治30年)と100年以上の歴史を持つ銀行で、幾度の商号変更を経て1956年より現在の但馬銀行の名称となっています。

預金残高は9000億円以上、貸出金残高は7000億円以上で、地方銀行・第二地方銀行の中でもさらに規模の小さい銀行です。

店舗は兵庫県内を中心に、大阪や京都にも数店舗、合計73店舗で営業しています。

但馬銀行のカードローンは但馬銀行の営業エリアである兵庫県全域、京都府、大阪府の一部地域にお住まいの方が利用できます。

但馬銀行のカードローンについて、他の銀行カードローンとも比較しながら解説していきますね。

但馬銀行のカードローンは口座開設なしで契約までWebで完結!

但馬銀行のカードローンは以前は4種類ありましたが、2020年6月現在、新規契約できるのは但馬銀行カードローンのみです。

  1. 但馬銀行カードローン

但馬銀行カードローンは預金口座から自動引落で返済する口座ありタイプのほか、但馬銀行に預金口座がない方もローンカードと提携ATMからの借入・返済により誰でも借りられる口座なしタイプとがあります。

口座から自動引落で返済するか、ATMから直接入金で返済するかで選べます。

但馬銀行カードローンは借り換え・おまとめOK!

但馬銀行カードローンは金利は年率1.9〜14.5%、限度額は最高1000万円までのカードローンです。

他社借入の借金の借入の見直しにも利用できます。

口座ありタイプの方はクレジットカードの引き落としなどで口座残高が不足する際、自動的に不足分をカードローンから借入できる機能も付与できます。

パートやアルバイト、専業主婦の方も100万円を上限に利用でき、審査を行う保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社となっています。

但馬銀行に預金口座を持っている方で、まとまった金額を借りたい方、キャッシングの借入を借り換えたい方は、口座ありタイプの方がおすすめです。

但馬銀行カードローンのスペックを他の銀行カードローンと比較!

但馬銀行のカードローンのスペックを他の銀行カードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
但馬銀行カードローン
口座なしタイプ
1.9〜14.5%1000万円2000円〜利用可能利用可能不要不要
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

但馬銀行のカードローンは最高限度額が1000万円あり、大手メガバンクの銀行カードローンとも遜色ない内容です。

金利については、表記上では他行とそれほど大きな違いはありません。

アコムやプロミスといった消費者金融系カードローンほどのスピード感を求めるのは無理がありますが、融資実行までのスピードは早い方です。

但馬銀行カードローンの口座ありタイプは他社からの借り換えやおまとめにも対応しています。他社借入中の人は口座ありタイプで申し込むとよいです。

専業主婦の方の融資については但馬銀行カードローンではすべて利用可能です。金利やATM手数料などの条件を比較して選ぶとよいです。

但馬銀行のカードローンはいずれも来店不要で申込みができますが、口座なしタイプは但馬銀行の預金口座が必要です。

スペックをひと通り比較してみましたが、但馬銀行のカードローンは他の銀行と比較しても、特別なデメリットは見当たりませんね。

但馬銀行カードローンの金利を限度額別に比較!

但馬銀行カードローンの金利を限度額別に他の銀行と比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
但馬銀行カードローン1.9〜14.5%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

但馬銀行のカードローンの金利を厳密に限度額で分けることはできませんでしたが、この表を見るだけでも読み取れることがいくつかあります。

まず100万円以内の限度額で借入を申し込む場合です。

100万円以内の限度額だと金利は最高金利を適用されるケースがほとんどですが、但馬銀行カードローンの年率14.5%なら他行と金利はほぼ一緒です。

100万円以内の借入を希望するなら但馬銀行のカードローンを選んでも他の銀行と比べて金利面で損することはなさそうです。

また、カードローンで800万円も借りる人はなかなかいないと思いますが、その場合でも但馬銀行のカードローンは金利面ではまずまず優秀と言えます。

金利についてまとめると、低金利で借りたい人には但馬銀行カードローンはおすすめと言えそうです。

但馬銀行カードローンの毎月の返済額は高い?安い?

但馬銀行カードローンの毎月の最低返済額を借入残高別に他の銀行と比較してみました。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
但馬銀行カードローン2000円5000円1万円2万円3万円4万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

但馬銀行のカードローンは最低返済額が月々2000円からとなっています。

申込みは自分の収入と生活にかかる費用を見直して、毎月最低いくらならきちんと返済に充てられるかを計算してからの方が良さそうです。

逆に借入残高が50万円を超えてくると、月々の返済額は他の銀行と比べても標準的といえる金額になってきます。

50万円以上の金額を借りたい方であれば、どのカードローンと比べても返済の負担はあまり変わらないはずです。

但馬銀行のカードローンは専業主婦の方もお金を借りれるのがメリットですが、毎月の最低返済額は確実に返済できるかどうかを検討してから、申込みをした方が良いでしょう。

但馬銀行のカードローンは兵庫県・大阪府・京都府に居住またはお勤めの方に限定されてしまいますが、金利も低く、使い勝手も他の銀行カードローンと同等で、まずまずおすすめできるカードローンです。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら