地方銀行カードローン

大正銀行カードローンは主婦・年金受給者も最高100万円の融資枠!

大正銀行カードローン

大正銀行は大阪市に本店を置く第二地方銀行で、大阪、京都、兵庫に27店舗を展開。創業は名前の通り大正時代からという歴史のある銀行です。

2016年4月に徳島銀行、香川銀行の金融持株会社であるトモニホールディングス株式会社と経営統合して完全子会社となっています。

また、経営統合前は三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)の関連会社でもあったことから、大正銀行のキャッシュカードは徳島銀行ATM、香川銀行ATM、三菱UFJ銀行ATMでも平日昼間(8:45〜18:00)は手数料無料で利用できます。

大正銀行のカードローンは営業地域である大阪、京都、兵庫県にお住まいの方が利用できます。

大正銀行カードローンについて、他の銀行と比較しながら解説していきますね。

大正銀行カードローンは金利や限度額など大手にも引けをとらない高スペック!

大正銀行カードローンは借入限度額は最高1000万円で金利も年率3.0〜14.5%、仮審査の申込み結果も最短で翌日回答を行なっています。

パートやアルバイト、学生、主婦の方、年金受給者の方も利用できますが、借入限度額は100万円までとなります。

大正銀行カードローンで100万円以上の金額を借りれるのは年収200万円以上の会社員・公務員など企業・団体勤務者の方、所得がゼロでない自営業者の方に限られます。

また、契約時に一度大正銀行の店舗に来店する必要があるため、大正銀行に来店できる方というのも条件になります。

大正銀行カードローンを他の主な銀行カードローンと比較してみましょう。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
大正銀行
カードローン
3.0〜14.5%1000万円2000円〜必須必須
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

利息や限度額の大きさでは大正銀行カードローンは他の銀行カードローンと比較しても、まったく見劣りはしませんね。

最高限度額1000万円は、銀行カードローンとしては最高クラス、金利も最低で年3.0%なのは標準的で、最高金利の年14.5%というのも他の銀行カードローンと比べて標準的です。

金利はネット専業銀行を中心に最低1%台や1%を切るところもありますが、例えば住信SBIネット銀行の場合は最高限度額で借りて、さらに住宅ローンや証券口座の利用もしていないと最低金利にはなりません。

極端に低い金利を提示しているところはこうした付帯条件もつくので注意しなくてはなりませんが、大正銀行カードローンの最低年率3.0%というのはそのような付帯条件がないので、良心的でわかりやすいと言えます。

大正銀行カードローンは審査は翌日回答も可能ですが、来店やローンカードの郵送があるため、申込み当日中の融資はできません。

アコムやアイフルといった消費者金融などで借入中の方の借り換えやおまとめには対応していませんが、大正銀行ではカードローンとは別に「大正おまとめフリーローン」という借り換え・おまとめ専用フリーローンがあります。

こちらは実質年率4.8〜13.8%。借り換えやおまとめで利用したい方は、カードローンではなく大正おまとめフリーローンを申し込むとよいです。

大正銀行カードローンの返済額と返済方法について

大正銀行カードローンの返済は借入残高に応じて月々2000円からで、毎月10日に大正銀行の返済用口座から引き落としされます。

毎月の返済額は借入残高に応じて変わりますが、借入残高ごとの返済額を他の銀行カードローンとも比較してみました。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
大正銀行
カードローン
2000円2000円1万円2万円3万円4万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

月々の返済金額については他の銀行カードローンと比較しても少ない部類になるでしょう。最低返済額が月々2000円からなのは、比較した中では他に三井住友銀行と三菱UFJ銀行しかありません。

特にパートやアルバイトなどで収入の少ない方にとっては、月々の返済額が少ないのは生活の負担が少なくありがたいですね。

カードローンは家計に余裕があるときはATMから返済用口座に入金することでいつでも随時返済ができるので、月々の最低返済額は少なめな方がよいです。

大正銀行カードローンの申込みと審査について

大正銀行カードローンに申込みができるのは、以下の条件を満たす方になります。

  • 保証会社(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)の保証が受けられる方
  • お申込み時の年齢が満20歳以上70歳未満の方で信用事故がなく、安定継続収入のある方
    ※年金をお受取り・主婦・学生・パート・アルバイトの方
    ※お借入れ金額100万円超は65歳以下、勤務者・自営業者の方(勤務者の方は年収200万以上、自営業者の方は所得がゼロでない方)
    ※お借入れ金額300万円超は所得を証明する書類が必要です。
  • 大正銀行にご来店いただける地域にお住まいまたはお勤めの方

信用事故がなく、安定継続収入のある方とあるので、他のカードローンで借りていて返済の遅延や延滞のある方、奨学金の返済を2ヶ月以上滞納している方、クレジットカードの支払いが滞っている方などは、借金返済目的の借入であっても借りることはできません。

大正銀行カードローンの審査は保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が行なっています。

即日融資も可能なプロミスのカードローンの会社なので、仮審査の結果は大正銀行カードローンも最短即日回答ができますが、契約は来店での手続きになり、ローンカードが郵送で自宅に届くまで借入はできません。

申込みから実際にお金を借りるまでに一週間はかかると見ておきましょう。

大正銀行カードローンは限度額が大きいものの、100万円以上の申込みには年収200万円以上という条件があります。

銀行カードローンとはいえ、収入に応じた金額しか借りられないのはよく理解しておきましょう。

さらに借り換え専用ローンをカードローンとは別に用意している分、他社借入がある方にとっては審査が厳しい可能性も高いです。

借り換えではないけど、さらにお金を借りたいという方は、消費者金融でまだ借りていないところを当たる方が審査に関しては無難です。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら