地方銀行カードローン

静岡中央銀行の2つのカードローンの審査情報。金利や限度額を他社と徹底比較!

静岡中央銀行カードローン

静岡中央銀行は設立は大正時代までさかのぼる歴史の古い銀行です。

静岡県沼津市に本店があり、静岡県内に29店舗、神奈川県内に16店舗を持つ、地方銀行の中でも小さい部類に入る銀行です。

同じ静岡県内で172の本支店を持つ静岡銀行、同じ沼津市内に本店を構えて県内79の支店を持ち、不動産投資家の間では知名度も高いスルガ銀行と比べると、静岡中央銀行は街中でもそれほど目立つ存在ではありません。

静岡中央銀行ではしずちゅうCSカードローンと、しずちゅうプレオカードいう2つの個人向けカードローンを扱っています。

個人向け融資の面では静岡中央銀行は他の銀行と比較してどうなのでしょうか。解説していきますね。

静岡中央銀行のカードローンは専業主婦も借りれる

静岡中央銀行しずちゅうCSカードローンは実質年率3.5〜14.6%。借入限度額は最大800万円。借入残高が10万円以下の場合は月々2000円からの返済です。

限度額の大きさを生かした借り換えやおまとめ目的の借入も可能で、専業主婦の方も50万円を限度に利用ができます。

申込みはネットからできますが、契約の際は近くの静岡中央銀行の支店まで来店での手続きが必要です。

来店しての契約手続きが完了しても、郵送でローンカードが届いてからはじめてカードローン利用ができるため、即日融資も無理で、契約から融資まで1週間程度は必要です。

一方、静岡中央銀行のしずちゅうプレオカードは限度額こそ最大300万円までですが、申込みに来店不要、静岡中央銀行の預金口座なしでも利用が可能です。

金利は実質年率6.0〜14.5%で、パートやアルバイトの方はもちろん、専業主婦の方も30万円までの借入ができます。

来店不要で静岡中央銀行の口座も不要ですが、申込みは静岡県、神奈川県、東京都のいずれかにお住まい、またはお勤めの方に限られます。

来店は不要ですが、契約書類を郵送で送るため融資までに多少時間はかかります。

静岡中央銀行のカードローンを他の銀行カードローンと比較!

静岡中央銀行の2つのカードローンを、同じ県内の静岡銀行やスルガ銀行をはじめとする他の銀行カードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
静岡中央銀行
CSカードローン
3.5〜14.6%800万円2000円〜対応50万円以内必須必須
静岡中央銀行
プレオカード
6.0〜14.5%300万円1万円〜30万円以内不要不要
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

静岡中央銀行しずちゅうCSカードローンは融資まで1週間以上かかったり、契約に来店が必須というデメリットはあるものの、その他の面ではスペック的にも他の銀行カードローンと互角といったところです。

静岡銀行のしずぎんカードローンセレカとスルガ銀行カードローンは、銀行振込で申込み当日中の即日融資ができますが、静岡中央銀行のしずちゅうCSカードローンはこの点で大きく出遅れていますね。

しかし最高限度額が同じスルガ銀行カードローンとでは、金利と月々の返済額の少なさ、専業主婦の方も利用可能な点で上回っています。

急いでお金を借りる必要がない場合は静岡中央銀行のしずちゅうCSカードローンの方がいいですね。

静岡中央銀行のプレオカードの方は金利は限度額が少ない分、最低金利は他の銀行より高くなっていますが、限度額別で比較すれば他社と同じ水準の金利です。

来店不要・口座開設も不要で申込みができますが、審査結果の連絡は翌営業日までにあり、その後、郵送で契約書類などのやりとりがあるため、即日融資には対応していません。

静岡中央銀行のカードローンはどちらも即日融資に対応していない点が他の銀行カードローンと比べたときのデメリットになっています。

静岡中央銀行のカードローンは金利が安い?他の銀行と徹底比較!

静岡中央銀行しずちゅうCSカードローンとしずちゅうプレオカードの金利を限度額別に他の主な銀行カードローンと比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
静岡中央銀行
CSカードローン
14.6%11.8%8.8%6.8%4.8%4.5%4.0%3.5%
静岡中央銀行
プレオカード
8.5〜14.5%6.5〜10.5%6.0〜10.5%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

限度額別に見ると、静岡中央銀行しずちゅうCSカードローンは借入限度額300万円を超えたあたりで他社よりも有利な金利を提示しているのが目立ちます。

限度額100万円を超えるとみずほ銀行カードローンのコンフォートプランより常に0.5〜1.0%低い金利になってきます。

ネット専業銀行の楽天銀行、じぶん銀行と比較しても金利面ではほぼ互角で、特に限度額が大きくなるほど静岡中央銀行しずちゅうCSカードローンの良さが目立つ傾向があります。

静岡中央銀行しずちゅうCSカードローンは消費者金融などの他社借入中の方の借り換えやおまとめにも対応しているので、限度額が大きいほど金利が下がるのは、借り換えを検討している方には大きなメリットになるはずです。

ただし借り換えは初回の借入から限度額が大きい分、銀行にとってはリスクの大きい融資になります。パートやアルバイトなどで収入の少ない人だと審査に落ちてしまいます。申込みはそれなりの収入がある方だけにしておきましょう。

一方でプレオカードの方は限度額100万円まではどの銀行カードローンより低金利で借りれる可能性がありますが、100万円を超えるとオリックス銀行カードローンの方が低金利になる場合があります。

プレオカードは限度額200万円を超える申込みは税込年収400万円以上の方が対象となっており、200万円以上の申込みはそれなりに収入のある方に限られます。

100万円以内の借入を希望する場合にプレオカードを選ぶのが良さそうです。

静岡中央銀行カードローンの月々返済額と返済方法

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
静岡中央銀行
CSカードローン
2000円2000円1万円15000円25000円3万円
静岡中央銀行
プレオカード
1万円1万円1万円2万円25000円3万または4万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

静岡中央銀行のしずちゅうCSカードローンは毎月の返済額が2000円からと、銀行カードローンの中では少ないです。

他社と比較すると、三井住友銀行カードローンと返済額はほぼ同じで、同じ静岡県内のスルガ銀行カードローンよりも毎月の返済額は少なく、家計に優しいです。

もちろん借りたお金はどんどん積極的に返済を進めないと、借入残高に応じた利息が発生するので、少ない最低返済額でゆっくり返済していくのはおすすめできません。

返済方法は毎月10日に返済用の静岡中央銀行の預金口座からの自動引き落としです。

自動引き落としで返済するのは借入残高に応じたその月の最低返済額なので、早期の完済を目指すならATMなどから入金して随時返済をどんどん進めていくのが大切です。

ただし随時返済で当月の最低返済額を支払ったあとも、毎月10日には自動引き落としが行われるため、最低返済額分の金額は預金口座に残すようにしてATMで返済する必要があります。

プレオカードの方は毎月の最低返済額は1万円以上となっています。

プレオカードは口座なしで利用できる分、口座からの自動引き落としによる返済ができません。

毎月1日〜10日の間に静岡中央銀行ATMまたはセブン銀行ATMで限度額別の最低返済額を上回る金額を入金することで返済していきます。

プレオカードの返済方法はATMからの入金のみで、銀行振込による返済はできません。

銀行振込や自動引き落としはできないものの、そのおかげで通帳に記帳されずに借入も返済もできますから、家族に内緒でお金を借りたい場合もプレオカードの方がいいでしょう。

静岡中央銀行カードローンの申込みと審査について

静岡中央銀行のしずちゅうCSカードローンの申込み対象者は以下の条件に当てはまる方になります。

  • 申込時年齢が満20歳以上満70歳未満の方
  • 安定継続した収入が見込める方
  • 保証会社(オリックス・クレジット株式会社)の保証が受けられる方
  • 当行の営業区域にお住まい、またはお勤めの方

外国人の方は永住許可を受けている方

審査は保証会社であるオリックス・クレジット株式会社が行っています。
一方、静岡中央銀行プレオカードの方の申込み条件は、

  • 申込時満20歳以上65歳以下で安定した収入のある方、およびその配偶者
  • 静岡県、神奈川県、東京都のいずれかにお住まい、またはお勤めの方
  • 株式会社セディナまたはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受けられる方

となっています。

どちらが審査に通りやすいかでいえば、審査を行う保証会社が2社になっているプレオカードの方でしょう。

2社のうちどちらかの審査に通ればOKですし、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社はプロミスのカードローンを発行している消費者金融の会社でもあります。

特に希望額100万円以内の申込みであれば、プレオカードの方が商品設計の上でも審査に通りやすいと思われます。

静岡中央銀行のしずちゅうCSカードローンは契約に来店が必須なのが面倒ではありますが、専業主婦の方も50万円まで申込みができて、月々の最低返済額も2000円からと少ないです。

低金利で返済額も少ないのは、生活がカツカツになりがちな収入の少ない方にとってはありがたいことです。

限度額が大きく借り換えやおまとめローンとしても利用できますが、年収で400万円を下回るようだと審査には通りづらいようです。

収入が少ない方が初めてカードローンを利用する場合や、収入がそれなりにある方の低金利ローンへの借り換えなどに利用するのが静岡中央銀行のCSカードローンのおすすめの利用法です。

プレオカードは専業主婦の方も借りれますが、毎月の返済額が1万円以上なのが収入の少ない方にとっては苦しいところ。

ただ審査に通りやすいのはおそらくプレオカードの方なので、毎月の返済には十分注意しながら活用していきましょう。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら