地方銀行カードローン

四国銀行カードローンは預金口座があれば低金利で借りやすい!

四国銀行カードローン

四国銀行は高知県高知市に本店があり、四国・中国地方を営業基盤とする地方銀行です。

高知にお住まいの方はもちろん、四国のほかの県にお住まいの方でも比較的馴染みのある銀行ですね。

生活費やちょっとした出費でお金が足りなくなったときに、四国銀行では個人向け融資のカードローンとして、

この2つのカードローンを主に取り扱っています。

どちらのカードローンが良いのか、他の銀行と比べてどうなのか。いろんな角度から比較・検証してみますね。

四国銀行のカードローンの特徴

四国銀行カードローン4s


四国銀行の2つのカードローン(カードローン4’S、フリーカードローン)に共通する特徴として、以下の点が挙げられます。

  1. 専業主婦の方も配偶者に安定した収入があれば申込み可能
  2. 四国銀行の預金口座があれば来店不要のWeb完結申込みも可能
  3. 契約完了後にすぐ融資を受けることも可能
  4. 四国銀行の住宅ローン利用者は金利が0.5%引き下げられる

専業主婦でも借りれる!

四国銀行の2つのカードローンはどちらも主婦やパートの方も配偶者に安定した収入があれば利用可能です。

フリーカードローンの方は主婦・パートの方は30万円までの申し込みができます。カードローン4’Sの方は限度額の制限は設けられていませんが、こちらも30万円程度までは申込みできると考えてよいでしょう。

今は専業主婦の方の申込みを禁止している銀行カードローンも多いので、主婦の方にとってはありがたいはずです。

四国銀行の口座があればWeb完結で契約後にすぐ借りれる!

四国銀行のカードローンはすでに四国銀行の預金口座を持っている方であれば、Web完結申込みが利用でき、来店不要で契約することができます。

どちらのカードローンも契約後にすぐお金を借りることが可能で、カードローン4’Sは契約後、ローンカードの到着前に返済用口座に振込融資でお金を借りることができます。

フリーカードローンの方は専用ローンカードの発行がなく、現在利用中のキャッシュカードやフォーシーカードで契約完了直後からお金を借りれるようになります。

契約までの手続きさえ順調に進めば、どちらのカードローンも申込みから1週間程度でお金を借りることも可能です。

四国銀行の住宅ローン利用者は金利優遇!

さらにすでに四国銀行と住宅ローンの取引がある方であれば、カードローンの金利は提示されている金利よりさらに0.5%低い金利が適用されます。

四国銀行に口座があったり、すでに取引のある方にとっては四国銀行のカードローンは借りやすい内容になっています。

四国銀行のカードローンを他の銀行カードローンと比較

四国銀行の2つのカードローンの主な商品スペックをほかのメガバンクなどの銀行カードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
四国銀行
カードローン4’S
4.0%〜14.6%10万円〜800万円2000円〜利用可能四国銀行の口座が
あれば来店不要
必須
四国銀行
フリーカードローン
4.8%〜13.3%30万円〜800万円1万円〜利用可能四国銀行の口座があれば
50万円まで来店不要
必須
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

金利面ではカードローン4’Sはほかの銀行とほぼ同じですが、フリーカードローンは最高金利が13.3%で少し低い金利となっています。

借入限度額についてはほかの銀行とほぼ同じ。月々の最低返済額はカードローン4’Sはメガバンクのカードローンと同じで少ないですが、フリーカードローンは1万円からの返済で、ほかと比較すると高い印象です。

契約手続きに関してはメガバンクやネット専業銀行のカードローンが来店不要・口座開設も不要なところが多いですが、四国銀行のカードローンは預金口座がない場合は契約までに来店して口座開設する必要があります。

四国銀行の預金口座がない人にとっては正直に言って不便ですね。

四国銀行カードローンの金利を限度額別に徹底比較

四国銀行のカードローンの金利を限度額別に細かく分けて、他の銀行カードローンと比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
四国銀行
カードローン4’S
14.6%・13.6%12.6%・11.6%10.6%・9.6%8.6%・8.1%7.6%・7.1%6.1%5.1%4.0%
四国銀行
フリーカードローン
8.3%・10.3%・13.3%4.8%・7.8%4.5%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

四国銀行カードローン4’Sは100万円以下の場合、50万円までが年率14.6%。70万円コース、100万円コースで13.6%の金利です。

フリーカードローンは限度額300万円までは年率8.3%・10.3%・13.3%のいずれかになります。

100万円までの限度額で借りたい場合は四国銀行のフリーカードローンが最も低金利で借りれる可能性が高いですね。

借入限度額が300万円を超えると、四国銀行のカードローンはどちらも他の銀行とほぼ同じかやや高い金利になります。

100万円までの金額を借りたいときに、四国銀行のカードローンは他の銀行よりメリットがあると言えそうです。

四国銀行カードローンの毎月の返済額は多い?少ない?

四国銀行のカードローンの毎月の最低返済額を借入残高別にして、他の銀行カードローンと比較しました。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
四国銀行
カードローン4’S
2000円2000円1万円2万円4万円5万円
四国銀行
フリーカードローン
1万円1万円1万円2万円4万円6万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

四国銀行のカードローン4’Sは最低返済額が2000円からで、三井住友銀行などとほぼ同じ金額です。

四国銀行のフリーカードローンは1万円からの返済で、他の銀行よりも高い印象です。

どちらのカードローンも借入残高が50万円を超えてくると、毎月の最低返済額はほぼ同じになります。

カードローンはいつでも追加返済・繰上げ返済ができるので、月々の最低返済額は少ない方が家計のやりくりはしやすくなります。

特に主婦の方など収入が少ない方は最低返済額の少ないカードローン4’Sの方を選ぶと良いでしょう。

四国銀行カードローンの申し込み

四国銀行のカードローン4’Sとフリーカードローンの申込み手順はおよそ以下の通りに進みます。

1:パソコン、スマホで四国銀行の公式サイトより申込み

2:電話で審査結果のご連絡※4〜5営業日かかる場合もあり

3:正式申込書をご自宅に郵送※Web完結の方は不要

4:申込書・必要書類を持参して来店※Web完結の方は不要

5:契約完了※最短で契約日当日の振込融資も可能

6:ローンカード発送※10日程度かかる

フリーカードローンは専用のローンカードがなく、四国銀行のキャッシュカードや、クレジットカード一体型キャッシュカード「フォーシーカード」がローンカードとしても利用できるようになります。

四国銀行ではインターネット支店の「龍馬支店」もありますが、カードローンを利用するためにはインターネット支店ではなく実店舗での預金口座が必要です。

四国銀行の預金口座がない方は預金口座の開設でキャッシュカードを受け取るまでに2週間程度の時間がかかります。

カードローンを利用するために口座開設するというよりは、口座をすでに持っている人のためのカードローンと考える方が現実的ですね。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら