地方銀行カードローン

沖縄銀行のカトレアカードローンとチェキット、低金利で選ぶなら200万円がポイントに!

沖縄銀行カードローン

沖縄銀行は那覇市の久茂地に本店を構える地方銀行です。

設立は昭和31年と戦後生まれの銀行です。

沖縄県内に64の店舗や出張所を構え、県外店舗は東京のみという、沖縄県のみに集中した店舗展開をしています。

沖縄銀行では個人向け融資のローンは非常に多彩に取り扱っています。

教育ローンや住宅ローン、アパートローンはもちろんのこと、軍用地を所有する軍用地主の方専用ローンや公務員ローン、沖縄銀行と取引のある会社の沖縄県在住社員の方が利用できる職域社員ローンなど、他の銀行ではまず聞かれない個人ローンを取り扱っています。

カードローンもカードローン専用商品としては4種類ありますが、他にも公務員ローンや職域ローン、軍用地主ローンにはカードローン形式でちょっとした借入をATMから行えるサービスも用意されています。

今回は主に沖縄銀行のカードローンである

  • おきぎんカードローンチェキット
  • カトレアカードローン
  • カトレアカードローンセレクト
  • プラスワン

の4つについて解説していきます。

沖縄銀行に口座があればカトレアカードローン、なければチェキットがおすすめ!

沖縄銀行には特徴のある4つのカードローンがあります。
おきぎんカードローンチェキット
カトレアカードローン
カトレアカードローンセレクト
プラスワン

来店不要・口座なしで借りれるチェキット

おきぎんカードローンチェキットは最高限度額1000万円までで、沖縄銀行のカードローンの中で唯一、沖縄銀行の預金口座がなくても来店不要で借りれるカードローンです。

限度額は最高1000万円まで、金利は年率3.75%〜14.6%です。銀行カードローンとしては他社に引けを取らないスペックです。

申込みは名前と連絡先のみで、詳しい事は電話でやりとりできる「クイック!仮審査申込み」ができます。パソコンやスマホの扱いが苦手な方はこちらが便利です。

審査は原則として当日中に回答を行なっていて、休日や夜遅い時間の申込みでなければ、申込み当日に審査結果がわかります。

審査は保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証で行われます。

固定金利で低金利のカトレアカードローン

沖縄銀行のカトレアカードローンは限度額300万円までで、年率9.8%の固定金利のカードローンです。

100万円以下の限度額でも年率10%以下の低金利で借りれるのが魅力です。

申込み条件は申込時20歳以上で完済時65歳以下の方で、勤続年数1年以上、年収150万円以上の沖縄県内在住者に限られます。

申込みはネットから、もしくはスマホのおきぎんアプリからも行えます。

利用には沖縄銀行の普通預金口座が必要です。

審査はおきぎん保証株式会社の保証で行われます。

沖縄銀行の住宅ローン利用者ならカトレアカードローンセレクトに決まり!

沖縄銀行のカトレアカードローンセレクトは沖縄銀行で住宅ローンを利用している方限定のカードローンです。

限度額は10万円、20万円、30万円、50万円、100万円、200万円、300万円の7コース。年率3.90%の低金利が魅力です。

申込み条件はカトレアカードローンの利用条件に加え、沖縄銀行の住宅ローンを利用していること、直近1年間で返済の延滞がないこと、他にプラスワンを除く沖縄銀行のカードローンの利用がないことが条件になります。

総合口座にセットして自動融資ができる沖縄銀行プラスワン

プラスワンは沖縄銀行の総合口座にセットして、残高不足時に自動融資が受けられるカードローンです。

限度額は30万円・60万円の2パターンしかありませんが、年率8.5%の低金利で借りれるのが魅力です。

返済は総合口座の普通預金口座に入金する都度、借入残高に返済として充てられる随時返済となっています。

沖縄県在住で完済時70歳未満の方が利用できます。

審査はおきぎん保証株式会社が行います。

沖縄銀行のカードローンのスペックを他社カードローンと比較!

沖縄銀行の4つのカードローンの詳細スペックを他のメガバンクやネット専業銀行のカードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
おきぎんカードローン
チェキット
3.75%〜14.6%1000万円2000円〜利用可能不要不要
沖縄銀行
カトレアカードローン
9.8%300万円5000円〜必須必要
沖縄銀行
カトレアカードローン
セレクト
3.90%300万円5000円〜必須必要
沖縄銀行
プラスワン
8.5%60万円随時返済必須必要
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

沖縄銀行のカードローンはいずれも即日融資や借り換え利用などの面では対応していませんが、金利が低いのが大きな魅力といえます。

特にカトレアカードローンの年率9.8%、プラスワンの年率8.5%の固定金利は100万円以内でお金を借りたい時には他社よりメリットが大きいです。

申込みには沖縄銀行の預金口座を持っていることと、正式契約には来店が必要になるのが条件になりますが、そのデメリットを十分に補うだけの金利面でのメリットがあります。

おきぎんカードローンチェキットは来店不要・口座開設不要で沖縄銀行の口座がない方も沖縄県内在住であれば申込み可能で、他のカードローンより間口が広くなっています。

返済額も月々2000円からとネット専業銀行のカードローンと変わらない金額設定で家計に負担が少ないのが特徴です。ちょっとした金額を簡単な手続きで借りたい方にはおすすめです。

沖縄銀行のカードローンの金利を限度額別に他社と比較!

沖縄銀行のカードローンの金利を他の銀行カードローンと限度額別に比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
おきぎんカードローン
チェキット
14.6%14.6%7.25%6.75%4.25%3.75%3.75%3.75%
沖縄銀行
カトレアカードローン
9.8%
沖縄銀行
カトレアカードローン
セレクト
3.90%
沖縄銀行
プラスワン
8.5%
(60万円まで)
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

一番限度額の大きいおきぎんカードローンチェキットは、限度額200万円までが年率14.6%となっていて、100万円以内での借入ならよいですが、100万円から200万円の限度額では他社より金利が高くなってしまうケースが多くなります。

しかし限度額300万円、400万円で借入をするなら固定金利であるため、他社カードローンより金利が低くなるケースが多くなります。限度額600万円くらいまでは他社より低金利を提示することが多いので、まとまったお金を借りたい方にはおすすめのカードローンといえます。

沖縄銀行のカトレアカードローンは限度額300万円までで年率9.8%の固定金利ですが、200万円を超える借入になると、同じ沖縄銀行のカードローンチェキットの方が低金利になります。

200万円以内で借りたい場合はカトレアカードローン、200万円以上の金額で借りるならチェキットを選ぶのがおすすめです。

沖縄銀行のプラスワンは限度額こそ60万円までですが、その限度額で年率8.5%以下で借りれるカードローンは他社にもありません。60万円以内で少額の借入を行いたいならおすすめです。

沖縄銀行で住宅ローンを利用している方ならカトレアカードローンセレクトの一択です。300万円までを年率3.9%で借りれるカードローンは他にありません。

住宅ローンの審査に通っている実績があるので、所定の条件を満たしていればカードローンの審査自体はそれほど厳しくはないはずです。

沖縄銀行のカードローンの月々の返済額を比較!

沖縄銀行のカードローンの月々の最低返済額を他のカードローンと比較してみました。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
おきぎんカードローン
チェキット
2000円2000円1万円15000円3万円4万円
沖縄銀行
カトレアカードローン
5000円5000円1万円2万円3万円4万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

沖縄銀行のカードローンのうち、カトレアカードローンとカトレアカードローンセレクトは返済額が同じです。

また、総合口座にセットして自動融資ができるプラスワンは毎月の返済額の設定がされていない随時返済になるため、ここでは掲載していません。

毎月の返済額で比較すると、おきぎんカードローンチェキットの方は2000円からの返済で、三井住友銀行カードローンと並んで返済額が少ないです。毎月の家計への負担は少ないといえます。

カトレアカードローンの方も月々5000円からの返済は銀行カードローンとしては標準的な返済額の設定です。

沖縄銀行のカードローンは毎月の返済額に関しては無理なく進められるよう配慮されているといえます。

自分がいくらの限度額で借りて、その際の月々の返済がいくらになるのかを確認し、さらに自分が毎月いくらまでなら返済に充てられるかを考えてから、カードローンを選びましょう。

沖縄銀行のカードローンは借入希望額に応じてチェキットかカトレアカードローンかを選ぶのが賢いと言えそうですね。200万円までならカトレアカードローン、200万円以上ならチェキットが金利が低くなるのでおすすめです。

メガバンクやネット専業銀行のカードローンよりも金利面では安くなるケースが多く、沖縄銀行の預金口座をお持ちの方にとっては、どのカードローンも借入先候補として検討するべきです。

月々の返済額も少なめに抑えられているし、余裕があればATMから追加返済もできますからね。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら