地方銀行カードローン

京都銀行カードローンW(ワイド)はメガバンクよりも圧倒的に低金利!【京都・大阪・滋賀・兵庫・奈良限定】

京都銀行カードローン

京都銀行は京都府内を中心に大阪、滋賀、兵庫、奈良県に店舗を持つ地方銀行です。

京都にお住まいの方にとっては馴染みのある銀行ですね。

お金に困ったとき、京都銀行ではカードローンW(ワイド)という個人向け金融商品を用意しています。

京都銀行カードローンWでお金を借りるのはどうなのか。

他の銀行カードローンと比べて金利は低いのか、どんな特徴があるのか。

京都銀行カードローンW(ワイド)について解説しますね。

京都銀行カードローンWは他の銀行より低金利なのが最大のメリット!

京都銀行カードローンW
  1. 年率3.975%〜11.975%。銀行カードローンの中でもさらに低金利!
  2. 京都銀行に口座があれば来店不要で契約可能。
  3. パート・アルバイト、派遣・契約社員の方も30万円を上限に申込み可能
  4. 保証は京都クレジットサービス株式会社とオリックス・クレジット株式会社の2社体制

京都銀行カードローンWの主な特徴はこの4点です。

京都銀行のカードローン、京都銀行カードローンW(ワイド)は京都銀行に普通預金口座を持っている方が利用できるカードローンです。

京都銀行の口座がない方も、京都府・大阪府・滋賀県・兵庫県・奈良県にお住まいの方であれば、近くの店舗で口座開設すれば利用可能です。

特筆すべきは金利が年率3.975%〜11.975%という点です。

審査に通過して契約できれば、誰でも年率11.975%と同じかそれ以下の金利でお金を借りることができます。

大手消費者金融が最高年率17.8%〜18.0%、他の銀行カードローンでも最高金利は年率14%台のところが多い中、京都銀行カードローンWの金利の低さは際立っていると言えます。

来店不要で契約できるが書類の郵送が必要

京都銀行カードローンWはすでに京都銀行に口座を持っている方であれば来店不要で契約できますが、Web完結ではなく契約書等の郵送が必要になります。

京都銀行から送られてくる契約書に記入して返送するので、郵送だと申込みには時間がかかります。来店不要で契約はできますが、手続きを急ぐ方は直接店頭で申込みをした方が良いでしょう。

借入限度額は年収の3分の1が上限に

京都銀行カードローンWの限度額は商品スペック上は最高500万円までですが、今は前年度年収の3分の1以内の金額しか申し込みができません。

年収300万円の方は最大でも100万円までの申込みとなります。

銀行カードローンは総量規制対象外ですが、京都銀行では金融庁の監視の下で過剰融資となりえる融資の抑制策が取られているようです。

パート・アルバイトは申込み可能だが、専業主婦や年金受給のみの方の申込みは不可

京都銀行カードローンWは満20歳以上満60歳以下の安定かつ継続した収入のある方であれば、パートやアルバイトの方でも利用可能です。

ただしパート・アルバイト、派遣・契約社員の方は借入上限が30万円までとなります。

また、学生の方や専業主婦、年金収入のみの方は利用できません。

京都銀行カードローンWは金利が最高でも年率11.975%という低金利が際立つカードローンです。

パート・アルバイトの方は30万円までですが、それでも年率11.975%という低金利で借りれるカードローンは他にないので、急ぎでなければ借入先として検討するべきですね。

京都銀行の口座を持っている方、近くの京都銀行の店舗に来店できる方であれば、手続きも多少早くなりますよ。

京都銀行カードローンWを他の銀行カードローンと比較

京都銀行カードローンWの主なスペックを他の銀行カードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
京都銀行
カードローンW
3.975%〜11.975%500万円1万円〜利用可能口座があれば
来店不要
京都銀行の
預金口座が必要
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

他の銀行カードローンと大きく異なるのが、やはり金利ですね。

最低金利は京都銀行カードローンWは他の銀行と比較しても特別低いわけではありません。

しかし最高金利は京都銀行カードローンWの年率11.975%より低いところはありませんね。

最低金利は収入や属性がとても良く最高限度額まで借りれる人でなければ提示されることのない金利ですが、最高金利は審査に通ることができれば、誰もがその金利でお金を借りることができます。

京都銀行カードローンWはパートやアルバイトの方も利用可能で、多くの方が低金利で借りられる銀行カードローンと言えます。

ただし注意したいのが毎月の最低返済額です。

京都銀行カードローンWは毎月1万円からの返済です。5万円だけ借りたとしても翌月から1万円の返済になります。他の銀行カードローンと比べて、月々の返済額の設定は高いと言えます。

どこよりも低金利ではありますが、気をつけないと毎月の返済が苦しくなる場合もあります。家計のやりくりには十分注意が必要です。

京都銀行カードローンWの金利を限度額別に徹底比較

京都銀行カードローンWの金利を限度額別に細かく分けて比較しました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
京都銀行
カードローンW
11.975%・8.975%・5.975%4.975%3.975%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

比較表の中では少しわかりずらいですが、京都銀行カードローンWの金利は限度額別に以下のように決められています。

借入限度額借入利率
30万円年11.975%
50万円年8.975%
100万円年5.975%
300万円年4.975%
500万円年3.975%

限度額も審査で5段階で決められるため、限度額100万円で審査可決し、そのうち60万円を借りる場合は年率5.975%で60万円を借りることになります。

京都銀行カードローンWはどの限度額帯でも他の銀行カードローンより低い金利を提示していますが、特に限度額100万円以内の場合は他の銀行カードローンより圧倒的に低い金利です。

100万円以内の金額を借りるなら、金利面では京都銀行カードローンWがダントツにおすすめできます。

京都銀行カードローンWの毎月の返済額は多い?少ない?

京都銀行カードローンWの毎月の返済額を借入残高別に分けて比較しました。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
京都銀行
カードローンW
1万円1万円1万円2万円3万円4万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

京都銀行カードローンWの毎月の返済額は1万円からです。毎月5日に京都銀行の預金口座から、借入残高に応じた最低返済額を自動引き落としで返済します。

他の銀行カードローンは借入残高が少ない場合は月2000円、3000円といったところもあります。そのため10万円だけ借りたい、といった場合は、他のカードローンより月々の返済が大変に感じることもあるでしょう。

その代わり、借入残高が100万円以上になると逆に他の銀行カードローンより少しだけ返済額が少なめになっています。

京都銀行カードローンWは月々返済額が他よりも多い分、早めに借入残高を減らしていくことができます。

金利が低く返済も早く進むので、完済までの利息の合計支払額も他の銀行カードローンより少なくなります。

返済を頑張って早めに完済したい人には向いているカードローンと言えそうです。

京都銀行カードローンWの申し込み

京都銀行カードローンWの申込み手順は以下の通りです。

1:パソコン、スマホで京都銀行の公式サイトより仮申込み

2:仮審査結果の連絡(電話または郵送にて)※在籍確認はここで行われる

3:申込書兼契約書をご自宅に郵送※申し込みから3営業日程度かかる

4:申込書・必要書類の提出(郵送または店頭へ持参)

5:ローンカード郵送受取、借入

ネットからの申し込みはあくまで「仮審査申込み」です。

仮審査を通過したのちに正式な申込み・契約となり、正式申込みには書類を郵送するか店舗へ来店する必要があります。

仮審査の申し込みから正式な申込書兼契約書が届くまで1週間程度かかり、書類を提出してローンカードが届くまでにさらに1週間程度かかります。

仮審査申込から実際にお金を借りるまでに2週間以上かかるので、急にお金が必要になってしまった場合にはとても間に合いません。

急にお金が必要になった場合はプロミスなど消費者金融に頼ることにしましょう。

車の車検の時期が来る、結婚式に招待されている、引っ越しが決まっているなど、あらかじめ分かっている出費に対してお金が足りないときに、京都銀行カードローンWを利用するのがおすすめです。

京都銀行カードローンWのまとめ

京都銀行カードローンWは、大手の銀行カードローンと比較しても圧倒的に低金利です。

金利だけを比較すればおすすめですが、申込から借入までの時間が非常にかかること、月々の最低返済額が1万円からで意外と返済が大変であること、この2点には注意が必要です。

また低金利とはいえ、5万円借りたい、10万円借りたいといった少額キャッシングの場合は、無利息期間のある消費者金融のカードローンの方が結果的に利息の支払いが少なく済む場合もあります。

ある程度のまとまったお金を低金利で借りたい人には、京都銀行カードローンWはとてもおすすめできるカードローンです。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら