今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐ借りれるカードローン選びなら【カードローンNOW】
今すぐお金を借りるなら消費者金融系カードローン(アコム・プロミス等)はお金が必要なときに即日融資も可能なスピード審査で借りれるのがメリット。銀行カードローンは審査に数日かかるデメリットはあっても低金利で利息が安いのがメリット。審査に通る?返済は月々いくら?他社借入中でも借りれる?など、カードローンでお金を借りる際の様々な疑問にわかりやすく応えます。

きらぼし銀行はカードローンよりフリーローンが総量規制対象外でメリット大

きらぼし銀行カードローンを徹底解説

きらぼし銀行は2018年5月1日に、旧・八千代銀行、旧・東京都民銀行、旧・新銀行東京の3行が八千代銀行を存続行として合併して発足した地方銀行です。

総預金額は2018年9月末時点で4兆6,172億円あり、合併により地方銀行としては上位の規模を持つ銀行になっています。

本店は東京・港区南青山の旧・東京都民銀行本店をきらぼし銀行でも本店としています。

きらぼし銀行の営業エリアは東京都および神奈川県が中心で、店舗数は出張所を含めて164店舗。

東京・神奈川以外には埼玉県に3店舗、千葉県にも船橋市に1店舗のみ存在します。

きらぼし銀行で借りれるカードローン・フリーローンについて、他社の銀行ローンとも比較しながら解説しますね。


きらぼし銀行のカードローンはプラスユーネクストが借りやすい

きらぼし銀行では合併前の旧・東京都民銀行、旧・八千代銀行、旧・新銀行東京がそれぞれ取り扱っていた3つのカードローンでお金を借りることができます。

きらぼし銀行パーソナルカードローン
旧・東京都民銀行の店舗での取扱
公式サイト:https://www.kiraboshibank.co.jp/kariru/card/personal/point.html

金利 限度額 毎月の最低返済額 保証会社
年率9.80%固定 30万円、50万円、100万円 1万円〜 きらぼし信用保証株式会社
パート・アルバイト 専業主婦 特記事項
年収150万円以上で可能
お取引状況に応じて最大年2.0%金利優遇。


きらぼし銀行カードローンプラスユーネクスト
旧・八千代銀行の店舗での取扱
公式サイト:https://www.kiraboshibank.co.jp/kariru/card/plusyou-next/point.html

金利 限度額 毎月の最低返済額 保証会社
年率3.4%〜14.8% 30・50・100・150・200・300万円 1万円〜 株式会社オリエントコーポレーション
パート・アルバイト 専業主婦 特記事項
30万円まで申込可能 30万円まで申込可能
専業主婦の方も配偶者の方に安定した収入がある場合は、限度額30万円のみ申込み可能。


きらぼし銀行メディカルVIPローン
旧・東京都民銀行、旧・新銀行東京の店舗での取扱
公式サイト:https://www.kiraboshibank.co.jp/hojin/choutatsu/medical/vip.html

金利 限度額 毎月の最低返済額 保証会社
年率5.8% 300万円・200万円・100万円・50万円の4種類 1万円〜 きらぼし信用保証株式会社
パート・アルバイト 専業主婦 特記事項
医師・看護師等国家資格に基づき医療に従事する皆さまおよび准看護師の方専用のカードローン。


きらぼし銀行の3つのカードローンのうち、医療関係で働く方であればメディカルVIPローンが低金利でおすすめです。

それ以外の方であれば、プラスユーネクストが申込対象者の間口が最も広いので借りやすいでしょう。

会社員・公務員・派遣社員・契約社員の方は年収150万円以上あればパーソナルカードローンも100万円以下の金額を年率10%以下で借りられるため、これは他の銀行カードローンや消費者金融と比較してもかなり低金利で借りれることになります。

ただしいずれのカードローンも申込はネットかFAXで行えますが、正式な契約には取り扱い店舗への来店が必要です。

きらぼし銀行の営業エリアである東京都・神奈川県にお住まいの方、埼玉県と千葉県の一部地域の方のみ利用できます。

カードローンの取扱店舗の違いに注意
#

きらぼし銀行は合併して間もない銀行なので、カードローンも店舗によって取り扱いが異なります。

パーソナルカードローンは旧東京都民銀行の店舗でのみ契約が可能で、他の店舗では申し込みできません。

プラスユーネクストは旧・八千代銀行の店舗でのみ契約が可能です。

医療関係に従事する方専用カードローン、メディカルVIPローンは旧東京都民銀行と旧新銀行東京の店舗でのみ契約可能です。

2019年5月時点では、まだすべての店舗で全てのカードローンの契約ができるわけではありません。

申し込む際はその点にも十分注意しましょう。

 

きらぼし銀行カードローンの基本スペックを他の銀行カードローンと比較!

きらぼし銀行のカードローンの主な商品スペックを他のメガバンクやネットバンクの銀行カードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
きらぼし銀行
パーソナル
カードローン
9.80%100万円1万円〜利用可能契約時に来店口座開設
が必要
きらぼし銀行
カードローン
プラスユーネクスト
3.4%〜14.8%300万円1万円〜利用可能契約時に来店口座開設
が必要
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円1万円〜他社1件からの
借換のみ対応
利用可能不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
スルガ銀行
カードローン
3.9〜14.9%800万円3000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
Mr.カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

100万円までの借入ならきらぼし銀行のパーソナルカードローンが最も低金利

きらぼし銀行のパーソナルカードローンは最高限度額こそ100万円と他の銀行カードローンより見劣りします。

しかし金利は年率9.8%の固定金利で、さらにきらぼし銀行との取引状況に応じて最大2%の金利引き下げの優遇措置があります。

100万円の限度額で年率10%以下で借入できるカードローンは比較した中では他にありません。

パーソナルカードローンの利用条件を満たしている方なら、まず一番に借入を検討したいところです。

きらぼし銀行のプラスユーネクストはやや他行より見劣りする

きらぼし銀行のプラスユーネクストは金利こそ他の銀行カードローンと同等の水準ですが、最高限度額は300万円までと、やや見劣りします。

また、実際に借入するまでの手続きも契約時に来店が必要で、きらぼし銀行の預金口座があることも必須で、メガバンクやネット専業銀行のカードローンと比べると手続きがやや煩雑でめんどくさいです。

他行と比較して特別に大きなメリットは見当たらないため、すでにきらぼし銀行で取引のある方以外はわざわざ融資を申し込むこともないのでは?といった印象です。

#

きらぼし銀行のカードローンは医療関係にお勤めの方であれば、きらぼし銀行のメディカルVIPローンは年率5.8%で借りれるという大きなメリットがあります。

きらぼし銀行のカードローンでの借入を検討するなら、パーソナルカードローンの利用条件に見合う年収150万円以上の給与所得者の方か、メディカルVIPローンが利用できる医師や看護師、検査技師など医療関係にお勤めの方となりますね。


きらぼし銀行では他社借入の借金の借り換えはフリーローンで対応

きらぼし銀行ではクレジットカードのキャッシングや消費者金融などの他社カードローンでの借入など、他社借り入れがある人の借金の借り換えにはフリーローンで対応しています。

きらぼし銀行には4つのフリーローンがありますが、他社からの借り換えに対応しているのは以下の2つのフリーローンです。

きらぼし銀行のフリーローン実質年率限度額返済期間
パーソナルフリーダム
旧・東京都民銀行の店舗で取扱
年4.3%、年6.8%、年8.8%、年10.8%、年14.5% 10万円以上500万円以内最長10年
きらぼしのフリーローン
旧・八千代銀行の店舗で取扱
年4.3%・6.8%・8.8%・10.8%・14.5%最高500万円6ヵ月以上最高10年まで


きらぼし銀行のフリーローンはいずれも金利はクレジットカードのキャッシングや消費者金融からの借り換えであれば下がる可能性があります。

さらに返済期間を長く設定できるので、毎月の返済額を少なくすることも可能です。

銀行のフリーローンなので、総量規制オーバーの年収の1/3を超える借入も可能で、毎月の負担を抑えて借金を完済したい方にはおすすめです。


きらぼし銀行カードローンの申込の流れ

きらぼし銀行パーソナルカードローンの申込は以下の順に進んでいきます。

1:仮審査申込み(FAX・店頭)

2:審査結果のご連絡(電話にて)

3:本申込み(店頭にて)

4:ローンカードの郵送・受け取り


きらぼし銀行のカードローン、プラスユーネクストの申込は以下の順に進んでいきます。

1:審査申込み(ネット・FAX)

2:審査結果のご連絡(電話にて)

3:ローン契約(店頭にて)

4:融資実行

きらぼし銀行のカードローンの申込は、旧・東京都民銀行、旧・八千代銀行どちらの店舗で扱っているカードローンでも契約時には来店する必要があります。

これから新規にきらぼし銀行の預金口座を作って借りる方はどちらのカードローンでも大丈夫ですが、すでに旧・東京都民銀行と旧・八千代銀行に口座を持っている方は、カードローンを扱っている店舗に注意する必要があります。

また、銀行カードローンは即日融資ができなくなり、申込から審査結果の回答に早くても2営業日ほどかかります。

きらぼし銀行の場合、ローン契約は来店が必要ですが、ローンカードは店頭ではなく郵送での受け取りになるため、審査申込をしてから実際にお金を借りるまでには2週間程度の期間を見ておく必要があります。

急いでお金を借りたい方は、アコムやプロミスなど、消費者金融系カードローンでの借入も検討するべきです。

#きらぼし銀行は合併したばかりの銀行なので、カードローンも店舗によって取扱に違いがあるのが少しわかりにくいですね。


いずれどの店舗でも同じローンを扱うようにはなると思いますが、現状(2019年5月時点)では、旧・東京都民銀行で取り扱うパーソナルカードローンとメディカルVIPローンが金利が安く条件に合う方であればおすすめできるといったところです。

これからのきらぼし銀行に期待したいですね。


みんなが選ぶ!当サイト人気のカードローン!

SMBCモビット

土日も最短で即日融資が可能!内緒で借りれるWeb完結申込みも好評!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。