地方銀行カードローン

神奈川銀行カードローンマイサポートとマイポケットは100万円以内で借りるなら低金利!

神奈川銀行カードローン

神奈川銀行は横浜市に本店を構える第二地方銀行です。

設立は1953年(昭和28年)の戦後生まれの銀行です。

預金高が4000億円超、貸出金高が3000億円超と銀行としては小規模で、同じ神奈川県にある横浜銀行が日本最大の地方銀行であるのとは対照的に、神奈川銀行は地銀・第二地銀の中でも最も小規模な銀行のひとつです。

神奈川銀行の店舗は神奈川県内にしかなく、営業エリアは神奈川県下の以下の市町村になります。

神奈川銀行の営業エリア
横浜市、川崎市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、三浦市、葉山町、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、愛川町、清川村、平塚市、藤沢市、茅ヶ崎市、秦野市、伊勢原市、寒川町、大磯町、二宮町、小田原市

神奈川銀行のカードローンは神奈川銀行の営業エリアの市町村にお住まいまたはお勤めの方が利用できます。

神奈川銀行で取り扱っているカードローンについて、他の銀行と比較しながら解説していきます。

限度額が少ない神奈川銀行のカードローン

神奈川銀行のカードローンは

の3つがあります。

限度額100万円までのマイサポート

神奈川銀行のマイサポートは限度額が最高100万円、金利は11.30%の固定金利のカードローンです。

以下の条件に当てはまる方がマイサポートでお金を借りることができます。

申し込み時満20歳以上60歳以下の方
安定した収入があって前年税込年収180万円以上の方
神奈川銀行の営業区域内に居住または勤務している方
保証会社の保証を受けられる方

審査をする保証会社は株式会社かんそうしんで、審査結果の連絡後に正式契約のために、近くの支店へ来店する必要があります。

マイサポートは神奈川銀行との取引状況に応じて、最大で年率4%の金利優遇を受けることができます。

以下のうち、1つ該当するごとに年率0.5%引き下げで、最大で4%までの金利引き下げになります。

  1. 給与振込のお取引のある方
  2. 年金振込のお取引(世帯)のある方
  3. 公共料金引落し2種類以上のお取引のある方
  4. クレジットカード引落しのお取引のある方
  5. ダイレクトバンキングのお取引のある方
  6. 貸金庫のお取引のある方
  7. 月額1万円以上の積立定期預金のお取引のある方
  8. 定期預金500千円以上のお取引のある方
  9. 保険商品を既にご成約の方
  10. 投資型商品を既に100万円以上ご成約の方

神奈川銀行で給与振込や公共料金の支払いをしている方には金利が低いのでおすすめです。

返済は借入限度額が50万円以下の場合は月々1万円、限度額50万円以上の場合は月々15000円からの返済です。

マイサポートのローンカードは神奈川銀行ATMだけでなく、セブン銀行ATMも利用できます。近くのセブンイレブンのATMから借入や返済ができるので、意外と使い勝手は悪くありません。

専業主婦でも借りれるかなぎんマイポケット

神奈川銀行のかなぎんマイポケットは限度額は30万円まで、金利が年率13.0%の固定金利のカードローンです。

限度額こそ少ないですが、かなぎんマイポケットは配偶者の方に収入があれば専業主婦の方でも10万円までお金を借りることができます。

返済は毎月5000円ずつの元利定額返済です。

審査を行う保証会社は株式会社かんそうしんです。

かなぎんマイポケットの申込みは各支店の窓口で受け付けています。ネットでは申し込めないので来店がどうしても必要です。

神奈川銀行の住宅ローン利用者専用の住宅サポートカードローン

神奈川銀行の住宅サポートカードローンは限度額200万円まで、年率6.0%の固定金利のカードローンです。

利用できるのは神奈川銀行で住宅ローンを利用中の方で、過去3年間でローンの延滞がない方です。100万円以上の申込みは前年税込年収300万円以上あることが追加条件となります。

返済額は借入限度額100万円までが月々1万円の返済、限度額が100万円を超える場合は月々15000円の返済となります。

審査を行う保証会社は株式会社かんそうしんとなっています。

神奈川銀行のカードローンの詳細を他の銀行と比較!

神奈川銀行のカードローンのスペックをメガバンクやネットバンクのカードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
神奈川銀行マイサポート7.30〜11.30%100万円1万円・15000円必要必要
かなぎんマイポケット13.00%30万円5000円必要必要
住宅サポートカードローン6.00%200万円1万円・15000円必要必要
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

神奈川銀行のカードローンは金利は低いけれど、限度額は他の銀行と比べると非常に少ないですね。

住宅サポートカードローンは限度額200万円までですが、神奈川銀行で住宅ローンを利用している方しか借りれません。貸出金が3000億円ほどの神奈川銀行で住宅ローンを利用している方はそれほど多くないはずなので、利用できる方は少ないでしょう。

金額的には消費者金融並みにしか借りれませんが、消費者金融と比較すれば金利が安い・銀行の安心感がメリットにはなっています。

月々返済額も他の銀行と比べるとやや高いです。返済のための家計やお小遣いのやり繰りは多少工夫が必要になってくるでしょう。

かなぎんマイポケットが専業主婦の方も利用できるのが、他の銀行カードローンにはないメリットとも言えますが、融資額は10万円までとそれほど多くはありません。

神奈川銀行のカードローンは限度額が少ないため、100万円以上のお金を借りることはほぼ不可能ですが、100万円以内の金額で借りるなら「消費者金融で借りるよりは低金利で安心できる」といったところですね。

神奈川銀行のカードローンの金利を他の銀行と比較

神奈川銀行のカードローンの金利を他の銀行カードローンと限度額別に比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
神奈川銀行マイサポート11.3%
かなぎんマイポケット13.0%
※30万円まで
住宅サポートカードローン6.0%6.0%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

神奈川銀行のカードローンは多くの方にとって実質的には100万円までしか借りれないものの、限度額100万円までの金利で比較すると他の銀行より低金利です。

100万円までの限度額で神奈川銀行マイサポートの年率11.3%より低い金利を提示している銀行は他にありません。

かなぎんマイポケットも30万円までの借入しかできませんが、30万円の限度額で年率13.0%で借りれるカードローンは比較した他の銀行の中にはありません。

100万円までのお金を借りるなら、神奈川銀行のカードローンはどれも金利面ではメリットがあります。

ただし契約には近くの神奈川銀行の支店まで行く必要があります。ネットバンクのカードローンが来店不要なのが普通なのと比べると、そこはどうしてもデメリットになってしまいますね。

10万円、20万円、50万円といった金額で借りたい方には神奈川銀行のカードローンはおすすめです。

神奈川銀行のカードローンの返済額を限度額別に比較

神奈川銀行のカードローンの返済額を借入残高別に他の銀行と比較してみました。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
神奈川銀行マイサポート1万円1万円1万円15000円
かなぎんマイポケット5000円5000円
住宅サポートカードローン1万円1万円1万円15000円15000円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

神奈川銀行のカードローンはマイサポートと住宅サポートカードローンが月々1万円からの返済、かなぎんマイポケットは月々5000円からの返済です。

他の銀行カードローンと比較してみると、借入残高が10万円までの場合は返済額が多いですね。借入残高10万円のとき、三井住友銀行カードローンなら2000円の返済、スルガ銀行カードローンなら3000円の返済でOKです。

かなぎんマイポケットは専業主婦の方も借りることができますが、返済は毎月5000円以上なので、返済のためのお金のやり繰りは少し大変かもしれません。

神奈川銀行のカードローンは限度額は少ないですが、100万円以内の借入であれば他の銀行より低金利というメリットがあります。

神奈川銀行の預金口座が必要で、正式契約には来店も必要ですが、10万円、20万円、30万円といった金額を少しでも低金利で借りたい方にはおすすめできます。

神奈川銀行では借り換えやおまとめローンとして利用するなら、フリーローンのラインナップが充実しています。フリーローンなのでカードローンのような少額融資を繰り返す使い方はできませんが、低金利のローンに借り換えたい方は、神奈川銀行のフリーローンをチェックしてください。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら