地方銀行カードローン

鹿児島銀行のかぎんカードローンSはメガバンクより低金利でお金を借りれる【鹿児島・宮崎県】

鹿児島銀行は鹿児島県鹿児島市に本店を構え、鹿児島・宮崎の両県に多くの支店を持つ地方銀行です。

鹿児島県や宮崎県にお住まいの方にとっては馴染みのある銀行ですね。

鹿児島銀行では個人向けの無担保のカードローン商品として、かぎんカードローンS(エス)と、かぎんカードローンの2つのカードローンを扱っています。

カードローン金利
借入限度額
主な特徴
かぎんカードローンS(エス)年率1.9%〜14.5%
10万円〜1000万円
申込みから契約までスマホアプリで完結。口座なしでローンカードとATMで借入・返済する。
かぎんカードローン年率4.5%〜14.5%
10万円〜500万円
鹿児島銀行の預金口座が必要。返済は口座からの自動引落で行う。

それぞれのカードローンについて解説しますね。

鹿児島銀行のかぎんカードローンS(エス)・かぎんカードローンの違いと特徴

かぎんカードローンS(エス)は銀行口座なしでローンカードを使ってATMで借入・返済するタイプのカードローンで、鹿児島銀行に預金口座がない方も、口座開設せずに利用できます。

一方、かぎんカードローンは鹿児島銀行の預金口座を持っている方のみ契約可能で、返済が口座からの自動引落になっています。

かぎんカードローンS(エス)の方が最高限度額も大きく最低金利も低くなっていますが、限度額ごとの金利を比べると、どちらのカードローンも同じです。

また、どちらのカードローンも審査を行う保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。別々のカードローンのように思えますが、共通点も多いです。

かぎんカードローンS(エス)の方はATMでの利用しかできませんが、銀行口座を使わないのでお金の借入や返済が通帳に記帳されてしまうことがありません。

家族に内緒でお金を借りたい場合は、鹿児島銀行に口座を持っている方でもかぎんカードローンS(エス)でお金を借りる方がよいですね。

鹿児島銀行のかぎんカードローンを他の銀行カードローンと比較!

鹿児島銀行のかぎんカードローンS(エス)、かぎんカードローンの主な商品スペックをメガバンクやネットバンクのカードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
鹿児島銀行
かぎんカードローンS(エス)
1.9%〜14.5%1000万円1000円〜利用可能来店不要口座開設不要
鹿児島銀行
かぎんカードローン
4.5%〜14.5%500万円2000円〜利用可能来店不要必須
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

金利や限度額、月々の返済額などはメガバンクやネットバンクのカードローンに比べても大きく見劣りする部分は特にありませんね。

かぎんカードローンS(エス)、かぎんカードローンのどちらも消費者金融など他社からの借り換えやおまとめローン利用には対応していません。

その代わり、鹿児島銀行では他社からの借り換え・おまとめはフリーローンのかぎんローンFなら利用可能です。

かぎんローンFは年率4.8%〜15.0%、借入限度額は最大1000万円。パート・アルバイトの方はもちろん、配偶者に安定した収入がある専業主婦の方、年金生活者の方も利用可能です。

他社からの借り換えで銀行カードローンを調べている方は、こちらのフリーローンも検討してみるとよいです。

鹿児島銀行かぎんカードローンS(エス)の金利を限度額別に他社と徹底比較!

鹿児島銀行のかぎんカードローンS(エス)は年率1.9%〜14.5%、かぎんカードローンは年率4.5%〜14.5%の金利です。

カードローンの金利は借入限度額が大きくなるほど金利も下がります。

そこで借入限度額ごとの金利を他の銀行カードローンとも比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
鹿児島銀行
かぎんカードローンS(エス)
14.5%・12.5%9.5%8.5%6.5%4.5%3.9%
鹿児島銀行
かぎんカードローン
14.5%・12.5%9.5%8.5%6.5%4.5%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

鹿児島銀行のカードローンは借入限度額が50万円以下の場合は年率14.5%、50万円以上100万円以下のときが年率12.5%です。

年率14.5%は他の銀行のカードローンと比較しても同水準ですが、年率12.5%になると他の銀行より低金利になりそうですね。

100万円未満の借入であれば、メガバンクやネットバンクよりも鹿児島銀行のかぎんカードローンS(エス)を選ぶ方が良いでしょう。

借入限度額100万円以上200万円以下の金利は鹿児島銀行のカードローンが年率9.5%です。他の銀行カードローンで同じ限度額で審査可決しても、年率9.5%より低い金利になる可能性は低そうです。

200万円以下の借入でも鹿児島銀行のカードローンは金利面でメガバンクやネットバンクのカードローンよりメリットがあります。

借入限度額が200万円以上300万円以下の時の金利も鹿児島銀行のカードローンの金利は他行より低いですね。

借入限度額が300万円以上400万円以下の時も同様で、鹿児島銀行のカードローンの年率6.5%より明確に低い金利を提示している銀行カードローンは他にありません。

借入限度額400万円以上500万円以下の時も鹿児島銀行のカードローンは年率4.5%ですが、これよりはっきりと下回る金利を提示しているのはメガバンクやネットバンクのカードローンにはありません。

鹿児島銀行のカードローンはいずれもメガバンクやネットバンクのカードローンより低金利で借りれる可能性が高いですね。金利の面では大いにメリットがあります。

鹿児島銀行のカードローンの毎月の返済額は高い?借入残高ごとに返済額を徹底比較!

鹿児島銀行のかぎんカードローンS(エス)は借入残高2000円以下の時は月1000円からの返済、かぎんカードローンは月2000円からの返済です。

カードローンは借入残高が少なければ毎月の返済額も当然少なくなりますが、借入残高が大きくなると月々の最低返済額も増えます。

借入残高ごとにどのくらい月々の最低返済額が増えるのか。他の銀行カードローンとも比較してみました。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
鹿児島銀行
かぎんカードローンS(エス)
2000円2000円15000円2万円4万円5万円
鹿児島銀行
かぎんカードローン
2000円2000円15000円2万円4万円5万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

借入残高が10万円までは鹿児島銀行のカードローンの月々の最低返済額は2000円です。これは三井住友銀行などと同じで、金額的には少ない方になります。

借入残高が50万円になると、鹿児島銀行のカードローンは月1万円の返済になります。これは他の銀行カードローンもほぼ同じですね。

借入残高が100万円以上になると、月々の最低返済額は三井住友銀行や三菱UFJ銀行を除くとだいたいどこも同じような金額設定になります。

三井住友銀行などが借入残高が多いときでも月々返済額が少ないのは、返済を長期化させて利息の総支払額を増やそうという目論見があります。

クレジットカードのリボ払いと同じように元金の返済がなかなか進まない事態になりがちなので、利用者としては注意したいところです。

鹿児島銀行のカードローンはそういった目論見もなく無難に返済を進めていける返済額の金額設定だと言えますね。

鹿児島銀行のカードローンの申込

1:鹿児島銀行公式Webサイトより申込み

2:内容確認の電話(カンタン申込み)・在籍確認

3:審査結果の連絡(電話および郵送)

4:正式契約書の郵送・返送

5:ローンカード郵送

鹿児島銀行のカードローンはかぎんカードローンS(エス)、かぎんカードローンのどちらも「通常申込み」と「カンタン申し込み」があります。

カンタン申し込みの方は入力が簡単ですが、後から内容確認の電話がかかってきます。電話の応答には多少時間がかかりますから、電話に出るのが難しい方は通常申し込みを選びましょう。

正式な契約書のやりとりは基本的に郵送ですが、かぎんカードローンS(エス)はスマホアプリ「かぎんネット」を入手すると運転免許証など本人確認書類をネットでアップロードし、スマホで申し込みを完結できます。

ただしローンカードが届くまで借入ができないので、申し込みから融資実行まで2週間程度は見ておく必要があります。

審査はかぎんカードローンS(エス)、かぎんカードローンのどちらも保証会社のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が行なっています。

鹿児島銀行のかぎんカードローンS(エス)、かぎんカードローンはともにメガバンクやネット専業銀行のカードローンより少し低金利でお金を借りれるのが一番のメリットでしょう。
鹿児島銀行に口座がない方も契約できるので、鹿児島県、宮崎県にお住まいの方なら借入先の筆頭候補として検討すべきカードローンです。

ただし申し込みから融資まで時間がかかるデメリットもあるので、急いでお金を借りたい場合はプロミス、アコムなど最短60分融資も可能な消費者金融系カードローンを選ぶようにしましょう。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら