地方銀行カードローン

北海道銀行カードローンラピッドは道銀の口座がなくてもWeb完結で借りれる!

北海道の人にとって地方銀行といえば、北海道銀行と北洋銀行のどちらかですよね。

規模的には北洋銀行の方が大きいですが、北海道銀行も全国の地方銀行と比較すればかなり大きな銀行です。

道銀として親しまれ、道内での存在感は大きいですね。

生活費など日常の出費でお金が必要になったとき、道銀ではカードローン「ラピッド」を用意しています。

道銀のカードローンラピッドの金利は低いのか、借入や返済はしやすいのかなど、他の銀行カードローンと比較しながら解説しますね。

北海道銀行のカードローンラピッドの特徴

北海道銀行ラピッド
  1. Web完結で来店不要で契約可能
  2. 北海道銀行の預金口座がなくても取引可能
  3. 他社からの借り換え・おまとめはWeb完結の道銀ベストフリーローンで対応
  4. 保証会社はアコム

ラピッドはWeb完結で契約可能。道銀の預金口座がなくても使える!

北海道銀行のカードローンラピッドは契約は来店不要のWeb完結で行えます。

札幌市内なら店舗も比較的近いですが、冬になれば雪も多く広い道内では来店不要のWeb完結申込みは必要不可欠な要素ですね。

さらに道銀の預金口座を持っていない方でも契約可能で、預金口座の開設をすることなく専用のローンカードを使って近くの提携コンビニATMなどからお金を借りることができます。セイコーマートのATMからも、もちろん利用できます。

ラピッドで借り換えやおまとめはできないが、道銀ベストフリーローンなら可能

北海道銀行のカードローンラピッドは、クレジットカードのリボ払いやアコム、プロミスといった消費者金融系カードローンからの借り換えには対応していません。

しかし北海道銀行ではWeb完結で契約できる道銀ベストフリーローンというローン商品があり、こちらは他社借入の借り換え・おまとめ利用が可能です。

道銀ベストフリーローンは金利が年3.8%〜14.0%、最大300万円の限度額です。パート、アルバイト、配偶者に収入のある専業主婦の方のお申し込みも可能です。

他社からの借り換え目的でお金を借りるなら、ラピッドよりも道銀ベストフリーローンを選びましょう。

道銀カードローンラピッドの保証会社はアコム

北海道銀行のカードローンラピッドの審査は保証会社であるアコム株式会社が行なっています。

そのため、現在すでにアコムで借入があったり、アコムが保証会社を務める別のカードローンでお金を借りている方は、審査で不利になる可能性があります。

審査は仮審査と本審査の2回あるため、アコムのカードローンのような即日審査・即日融資とはなりません。

借入までのスケジュールには余裕を持って申込みを行いましょう。

北海道銀行カードローンラピッドを他の銀行カードローンと比較

北海道銀行カードローンラピッドの主な商品スペックを他の銀行カードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
北海道銀行カードローン
ラピッド
年1.9%〜14.95%1万円~800万円1000円〜利用可能来店不要口座なしで
利用可能
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

道銀のラピッドの金利は年1.9%〜14.95%ですが、他行と比較すると最低金利は低いものの、最高金利はわずかに高いのがわかります。

しかし金利に極端に大きな違いがあるわけではないので、借りる金額によってはほとんど気にならないレベルでしょう。

ラピッドの毎月の返済額は1000円からとなっていますが、これは借入限度額400万円超の場合となります。借入限度額が400万円未満の場合は月2000円からの返済となります。

契約手続きに関しては、道銀のラピッドは来店不要、口座開設も不要なので、メガバンクやネット専業銀行のカードローンと同じくらい手続きは便利と言えます。

北海道銀行カードローンラピッドの金利を限度額別に比較

道銀のラピッドの金利を他の銀行カードローンと比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
北海道銀行カードローン
ラピッド
1.9%〜14.95%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

道銀のラピッドは限度額別の金利を公開していませんのでザックリとした比較になりますが、限度額100万円以下の場合は最高金利の年率14.95%が適用されると思われます。

100万円以下での金利の比較だと、みずほ銀行や三井住友銀行の方が金利は低いです。

ネット専業銀行はより低い金利も提示していますが、特に50万円以下の借入限度額になると確実に最高金利が適用されるので、道銀のラピッドよりも金利は3%近く高くなります。

特にパートやアルバイトの方で収入も多くない方は限度額も少なくなるので、ここは注意したいところです。

道銀のラピッドで最高限度額の800万円を借りた場合の金利は年率1.9%となります。

この800万円という限度額で他の銀行と比較すると、みずほ銀行が年率2.0%、楽天銀行が年率1.9%、オリックス銀行が年率1.7%となります。

800万円を借りる場合の金利としては、道銀のラピッドは他行と同じ水準ですね。

北海道銀行カードローンラピッドの毎月の返済額は多い?少ない?

道銀のカードローンラピッドの毎月の返済額は借入限度額400万円超だと月1000円から、借入限度額400万円以下の場合は月2000円からの返済です。

返済額はカードローンの借入残高に応じて変わってきますが、借入残高ごとにその月の返済額を比較すると、以下のようになります。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
北海道銀行カードローン
ラピッド
2000円
(1000円)※3
2000円
(1000円)※3
1万円
(5000円)※3
2万円
(1万円)※3
4万円
(2万円)※3
6万円
(3万円)※3
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

※3()内は利用限度額400万円超の場合の毎月の返済額です。

他の銀行と比較してみると、道銀のラピッドの月々返済額は、限度額400万円超のときの返済は三菱UFJ銀行とほぼ同じです。

限度額400万円以下のときの返済額も三菱UFJ銀行のカードローンとほぼ同じです。他の銀行と比べても、毎月の返済額は少ない方と言えます。

毎月の返済額が少ないのは、家計の負担が軽いというメリットがありますが、最低返済額での返済を続けていると、利息の返済総額が多くなるというデメリットがあります。

カードローンの借金は完済までの借入期間が長くなればなるほど利息の支払いも多くなります。

道銀のラピッドでお金を借りたら、最低返済額でゆっくり返済を進めるのではなく、家計に余裕のあるときにどんどんATMから追加入金して繰上返済していくことが大切です。

北海道銀行のカードローンラピッド」は来店不要のWeb完結で契約できて、道銀の口座もなしでお金を借りれるカードローン。

スペック的にもメガバンクやネットバンクのカードローンとほぼ同じです。道内にお住まいの方ならお金が必要なときに借入先の候補として考えてみてもよいですね!

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら