地方銀行カードローン

肥後銀行WEBカードローンの金利・限度額・返済額を他行と徹底比較【熊本、福岡、長崎、大分、宮崎、鹿児島】

肥後銀行カードローンを解説

肥後銀行は熊本県に本店を置く地方銀行で、熊本県内を中心に福岡、長崎、大分、宮崎、鹿児島にも支店を展開しています。

熊本にお住まいの方にはひぎん、ひごぎんとしておなじみのある銀行ですね。

肥後銀行では生活資金などに使える個人向けのカードローン商品として、肥後銀行Webカードローン、カードローンBEST ASSIST、カードローンBack Upの3つのカードローンを取り扱っています。

その他、他社からの借り換えやおまとめローンとして利用できるフリーローン、マイローン「ワイド」の取り扱いもあります。

それぞれのカードローンの特徴と、メインのカードローン商品である肥後銀行WEBカードローンを他行の銀行カードローンと比較してわかりやすく解説しますね。

肥後銀行のカードローンの特徴

肥後銀行で取り扱っているカードローン商品は以下の通りです。

カードローン一覧実質年率/限度額特徴
肥後銀行WEBカードローン4.5%〜14.0%
10~500万円
肥後銀行の口座があれば来店不要。住所が九州各県内(佐賀、沖縄を除く)、東京、大阪の方。50万円以上は収入証明書類が必要。
カードローンBEST ASSIST年7.15%
100万円・200万円・300万円
肥後銀行で住宅ローン利用中の方は年5.4%。前年度年収(税込)が400万円以上の方。
カードローンBack Up12.5%・14.0%
30万円・50万円・100万円
肥後銀行のキャッシュカードやハモニカカードにローン機能を付与するカードローン。
マイローン「ワイド」10.0%・14.0%
10万円〜300万円
他社からの借り換え・おまとめができるフリーローン。借入は1回のみ。おまとめ支援プランは年率10.0%または年率14.0%。

WEB完結契約もできる肥後銀行WEBカードローン

肥後銀行

肥後銀行WEBカードローンは、肥後銀行に預金口座を持っている方であれば、原則として来店不要のWEB完結でお金を借りれるカードローンです。

肥後銀行の口座のキャッシュカードがそのままローンカードとして利用できるようになります。

金利は4.5%〜14.0%、借入限度額は10万円以上500万円までで、50万円以上の申込みには収入証明書類(源泉徴収票や確定申告書の控え等)が必要になります。

満20歳以上で満65歳未満の個人の方で、住所が佐賀・沖縄を除く九州各県、東京、大阪の方に限られます。

審査は新生フィナンシャル株式会社が保証会社となって行なっています。

高年収・肥後銀行で住宅ローン利用中の方はカードローンBEST ASSIST

肥後銀行のカードローンBEST ASSISTは金利が年率7.15%、借入限度額は100万円・200万円・300万円の3パターンのいずれかで借りれるカードローンです。

100万円を年率7.15%で借りれるのでカードローンとしてはとても低金利ですが、利用者は前年度年収400万円以上の方となっています。

肥後銀行で住宅ローンを利用している方は年率5.4%になる金利優遇が受けられます。

高収入の方が一時的にお金を借りたい場合におすすめできるカードローンです。

もしもの備えに最適な肥後銀行のカードローンBack Up

肥後銀行のカードローンBack Upは年率12.5%または14.0%、借入限度額が30万円・50万円・100万円の3パターンで決められるカードローンです。

肥後銀行のキャッシュカードや、肥後銀行のキャッシュカードとクレジットカードが一体化したハモニカカードにカードローン機能を付与するタイプのカードローンです。

クレジットカードの引き落としなどで口座残高が不足した際に自動融資してくれるカードローンです。

金利は審査の結果どの保証会社の保証が付くかによって異なり、肥銀カード株式会社の保証だと12.5%、株式会社オリエントコーポレーションの保証だと14.0%の金利になります。

肥後銀行で消費者金融やリボ払いの借り換え・おまとめするならマイローン「ワイド」

肥後銀行のマイローン「ワイド」は他社借り入れの借り換え・おまとめができるフリーローン。

他社借入の借り換え目的で利用できる「おまとめ支援プラン」は年率10.0%または年率14.0%で、借入限度額は10万円以上300万円以内です。

金利は先のカードローンBack Upと同じで、審査でどの保証会社の保証が付くかによって変わります。肥銀カード株式会社の保証だと10.0%、株式会社オリエントコーポレーションの保証だと14.0%となります。

通常のカードローンと異なりフリーローンなので、借入は原則として最初の1回のみで、少額づつ繰り返し借りるような使い方はできません。

すでにアコムやプロミスといった消費者金融系カードローンでの借入や、クレジットカードのリボ払い地獄になってしまっている方におすすめのフリーローンです。

肥後銀行WEBカードローンのスペックを他の銀行カードローンと比較!

ひぎんのメインのカードローン商品である肥後銀行WEBカードローンの商品概要を他の主な銀行カードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
肥後銀行
WEBカードローン
4.5%〜14.0%10万円~500万円5000円〜利用可能口座があれば
来店不要
肥後銀行の
口座が必要
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

金利や限度額はメガバンクやネット専業銀行と比較しても、それほど違いはありません。

借入残高に応じた毎月の返済額は月5000円からですが、他の銀行よりやや高いものの、特に問題になるレベルでもありません。

利用には肥後銀行の預金口座が必須になりますが、口座を持っていれば来店不要のWEB完結申込みができるので、契約までの手続きも不便な点はありません。

さらに預金口座のキャッシュカードがローンカードになるので、ローンカードの発送のための日数がかからないので、実際にお金を借りるまでの手続きも早いです。

メガバンクやネット専業銀行のカードローンと同様に、借入先の候補として検討してもよいカードローンと言えます。

肥後銀行WEBカードローンの金利を限度額別に他の銀行カードローンと比較!

肥後銀行WEBカードローンの金利は年率4.5%〜14.0%ですが、これを限度額別に細かく分けて他の銀行カードローンと比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
肥後銀行
WEBカードローン
14.0%12.5%9.5%7.0%4.5%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

限度額が100万円以内だと最高金利が適用されることがほとんどですが、限度額100万円以下のときは肥後銀行WEBカードローンは年率14.0%。これはみずほ銀行と並んで一番低い金利です。

収入が少ない方は審査に通過しても限度額が100万円以内になることもあるので、金利面ではメリットありです。

限度額100万円から200万円で比較すると、肥後銀行WEBカードローンは年率12.5%です。この限度額帯だとみずほ銀行や三井住友銀行の方が金利は低くなります。

限度額200万円から300万円で比較すると、肥後銀行WEBカードローンの年率9.5%は特別に低金利というわけではないですが、他行とほぼ同じ水準です。

限度額300万円から400万円になると、肥後銀行WEBカードローンの年率7.0%はこの限度額帯の最高金利だけを見て比較すればみずほ銀行と並んで最も低金利です。

限度額400万円から500万円台で比較すると、年率4.5%は他行と比べても低い方だと言えます。

まとめると、限度額100万円から300万円の間では他の銀行で低金利なカードローンがありますが、100万円未満や300万円以上の限度額になれば、他行と比べても低金利で借りれる可能性が高くなります。

肥後銀行WEBカードローンは金利面で比較しても、他の銀行よりまずまずおすすめのカードローンと言えますね。

肥後銀行WEBカードローンの毎月の返済額は高い?返済は苦しい?

肥後銀行WEBカードローンの毎月の最低返済額は月5000円からで、借入残高に応じて返済額が変わります。

そこで借入残高別に返済額がどのように変わるのか、他の銀行カードローンとも比較して見てみましょう。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
肥後銀行
WEBカードローン
5000円5000円1万円2万円3万円4万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

肥後銀行WEBカードローンは借入残高10万円までは、最低返済額が月5000円です。他の銀行と比べると、高くもなく安くもなく、ちょうど中間をとっているような金額設定です。

借入残高が50万円になると月1万円の返済となりますが、これは他の銀行でもほぼ同じです。

借入残高が50万円からさらに大きくなると、100万円くらいでは他行とほぼかわりませんが、200万円、300万円になると、月々の返済額がやや安くなる印象です。

返済額についてまとめると、肥後銀行WEBカードローンの毎月の最低返済額は他行と比較してやや安い傾向にあると言えますね。

肥後銀行WEBカードローンの申込みの流れ

1:公式Webサイトから申込み

2:電話で審査結果回答

3:契約手続き

4:キャッシュカードで借入が可能に。

肥後銀行WEBカードローンの申込みには本人確認書類(運転免許証、パスポート等)と、50万円以上の借入を希望する場合に収入証明書類(源泉徴収票、確定申告書の控え等)が必要になります。

また、キャッシュカードをローンカードとして使用するので、ひぎんの預金口座を持っていることが前提となります。

審査結果も契約の案内も電話で連絡があるので、申込みからしばらくの間は知らない番号から電話があってもきちんと出るようにしましょう。

肥後銀行WEBカードローンはひぎんの預金口座がない方には手続きが面倒ですが、すでに口座を持っている方にとっては手続きもカンタンで金利も低いので、おすすめのカードローンです。

ただし今日中とか明日までにお金を借りたい、という場合はさすがに肥後銀行WEBカードローンでは間に合いません。

急ぐ場合はプロミスやアコムといった消費者金融系カードローンを検討しましょう。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら