地方銀行カードローン

宮城・福島県の方に!七十七銀行の4つのカードローンは条件が合えばとてもお得!

七十七銀行カードローン

七十七銀行(しちじゅうしち銀行)は仙台に本店を構える地方銀行です。

明治時代に全国で150行以上の国立銀行が設立されましたが、七十七銀行はその中で77番目の銀行として設立されたのが銀行名の由来となっています。

宮城県、福島県を中心に本支店と出張所を合わせて142の店舗網を持つ銀行です。

七十七銀行では個人向けのカードローンとして、

  1. 77スマートネクスト
  2. 77カードローン
  3. 77教育カードローン

の3つのカードローンを扱っています。

それぞれのカードローンについて、他の銀行カードローンと比較しながら徹底解説していきますね。

目的に合わせて使い分けたい七十七銀行の4つのカードローン

七十七銀行の4つのカードローンのうち、最も使い勝手が良いのが77スマートネクストでしょう。

借入限度額は最高500万円で月々の返済も2000円から。来店不要でパソコンやスマホから申し込みができ、審査結果も最短即日回答ですぐわかります。

返済用に七十七銀行の預金口座が必要ですが、すでに七十七銀行の普通預金口座を持っている方なら健康保険証や本人確認資料なしで申し込むこともできます。

他社のカードローンやクレジットカードで借入がある人も、おまとめや借り換えで利用することが可能です。

低金利で借りたいなら77カードローンも候補!

とにかく低金利でお金を借りたい場合は、七十七銀行の77カードローンも検討しましょう。

同じ借入限度額で比較すると、77スマートネクストよりも低金利になる場合があります。
77カードローンは限度額200万円までの申し込みなら77スマートネクストより低金利です。

77カードローンは月々の最低返済額は1万円からなので、毎月の返済は77スマートネクストより高くなりますが、その分だけ早期に完済もできます。

ご自身のお金を借りた後の返済計画に合わせて、有利になる方を選ぶと良いです。

子供の部活や受験費用でお金が必要なら77教育カードローン

子供の教育資金としての借入を考えるなら、77教育カードローンがおすすめです。

普通の教育ローンと違い入学金などをまとめて借りるのではなく、通常のカードローンと同じように少額から借入が可能なので、お子さんの部活に必要な品物や遠征代、受験費用などとして、その都度お金を借りることができます。

金利も教育ローン並みの低金利です。ただし申し込みにはお子さんの入学や在学が確認できる書類が必要になります。

七十七銀行のカードローンスペックを他社銀行カードローンと比較

七十七銀行の4つのカードローンのスペックを他のメガバンクやネット専業銀行のカードローンと比較してみました。

カードローン実質年率最高限度額月々の返済額借り換え
おまとめ
パート
アルバイト
来店口座開設
77スマートネクスト4.9%~14.8%500万円2000円〜対応不要必須
77カードローン11.0%300万円1万円〜不要必須
77教育カードローン3.975%500万円1万円〜必須必須
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜14.0%800万円2000円〜他社1件からの
借換のみ対応
不要必須
三井住友銀行
カードローン
4.0〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要
三菱UFJ銀行
バンクイック
1.8〜14.6%500万円1000円〜利用可能不要不要
オリックス銀行
カードローン
1.7〜17.8%800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
利用可能不要不要
住信SBIネット銀行
カードローン
0.99〜14.79%1200万円2000円〜利用可能不要必須
楽天銀行
スーパーローン
1.9〜14.5%800万円2000円〜利用可能不要不要

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

資金使途などが少し特殊な77教育カードローンを除外すると、77スマートネクスト、77カードローンともに他の銀行と比較しても、限度額が少なめなくらいで基本的なスペックはほぼ変わらないのがわかります。

欠点としては七十七銀行の預金口座が必須なことくらいでしょうか。

七十七銀行のカードローンの金利を限度額別に他社と比較!

七十七銀行のカードローンの金利だけに絞って、限度額別に他のカードローンと比較してみました。

借入限度額100万円未満100万円以上
200万円未満
200万円以上
300万円未満
300万円以上
400万円未満
400万円以上
500万円未満
500万円以上
600万円未満
600万円以上
700万円未満
700万円以上
800万円未満
77スマートネクスト14.8%12.0%7.7%6.9%4.9%
77カードローン11.0%11.0%7.9%
みずほ銀行
カードローン
年14.0%
※10万円以上
年12.0%年9.0%年7.0%年6.0%年5.0%年4.5%年4.5%
三菱UFJ銀行
バンクイック
13.6〜14.6%
※10万円以上
10.6〜13.6%7.6〜10.6%6.1〜7.6%1.8〜6.1%
楽天銀行
スーパーローン
14.5%9.6〜14.5%6.9〜14.5%4.9〜12.5%4.9〜8.9%4.5〜7.8%3.0〜7.8%1.9〜7.8%
三井住友銀行
カードローン
12.0〜14.5%10.0~12.0%8.0~10.0%7.0~8.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%4.0〜4.5%
オリックス銀行
カードローン
12.0〜17.8%6.0〜14.8%5.0〜12.8%4.5〜8.8%4.5〜8.8%3.5〜5.8%3.5〜5.8%1.7〜4.8%
じぶん銀行
カードローン
13.0〜17.5%9.0〜13.0%7.0〜9.0%6.0〜7.0%5.0〜6.0%4.5〜5.0%3.5〜4.5%2.2〜3.5%
静岡銀行
カードローン
セレカ/全国対応
14.5%12.0%9.0%7.0%4.0%

みずほ銀行カードローンは※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%です。

100万円以内でお金を借りるなら77カードローンがどこよりも低金利ですね。

ただし77カードローンは前年税込年収別に借入限度額が制限されており、100万円借りるのなら前年の税込年収が300万円以上であることが条件になります。

大手メガバンクの銀行カードローンは限度額別の金利にも幅がありますが、最も小さい金利が適用されるのはよほど属性が良い方に限られるので、最も大きい金利で比較した方が間違いがありません。

そうして比較すると、77スマートネクストの金利は他行カードローンと比較してもかなり低金利なのがわかりますね。

七十七銀行カードローンの月々返済額を他行と比較!

七十七銀行のカードローンの毎月の返済額を他の銀行カードローンと比較してみました。

カードローン残高5万円残高10万円残高50万円残高100万円残高200万円残高300万円
77スマートネクスト2000円2000円1万円2万円3万円5万円
77カードローン1万円1万円1万円2万円3万円3万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円1万円15000円25000円35000円
みずほ銀行
カードローン
2000円2000円1万円
(6000円)(※3)
2万円
(1万円)(※3)
4万円
(2万円)(※3)
6万円
(3万円)(※3)
三菱UFJ銀行
バンクイック
1000円(※2)
(2000円)(※1)
1000円(※2)
(2000円)(※1)
5000円(※2)
(1万円)(※1)
1万円(※2)
(2万円)(※1)
2万円(※2)
(4万円)(※1)
3万円(※2)
(6万円)(※1)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円35000円45000円
※1:借入利率年8.1%超の場合 ※2:借入利率年8.1%以下の場合 ※3:平成24年7月31日以降に契約の締結あるいは変更を行い、かつ貸越極度額が200万円以上の場合の約定返済金額

月々の最低返済額については、77スマートネクストの方は他の銀行カードローンと横並びといったところです。

77カードローンの方は月々1万円からの返済なので、借入残高によっては返済額が丘の銀行より高い場合も出てきます。

月々返済額は三菱UFJ銀行のバンクイックや三井住友銀行カードローンが安いことが多いです。

しかしこれは返済回数を多くすることで、利息の支払い総額を多くしようという営業戦略ですから、必ずしも月々返済額が少なければいいというものでもありません。

月々の最低返済額に関わらず、毎月多めの返済を心がけて早期完済を目指すのがカードローン利用の基本です。

You cannot copy content of this page
Webで申込完結が人気!みずほ銀行カードローン
詳細はこちら