今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜借りたい時に借りれる銀行・消費者金融審査情報
今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜借りたい時に借りれる銀行・消費者金融審査情報
カードローンは今すぐお金が必要なときに、即日融資も可能なスピード対応で今すぐお金を借りれる便利さが大きなメリット。カードローン各社の特長を踏まえて、自分にあったカードローンで借りて上手に活用しましょう。

借金あるけどお金を借りたい。他社借入あり・他社借入中でも借りれるカードローン

「アコムで借りてるけどプロミスでも借りれますか?」

「プロミスで枠いっぱいまで借りてるけどアイフルでも借りれるの?」
お金が必要
すでにカードローンでお金を借りてる。限度額いっぱいまで借りているけれど、さらにお金が必要になってしまった。

安心してください。

他社借入中の方が別のカードローンに申し込んで審査に通過するには、いくつか気をつけるポイントがあります。

そこに注意すれば無事に審査に通過してお金を借りることもできます。

借りれる!一口に借金があるといっても、今の借入先がどこか、そして今の収入はいくらかによって、おすすめできる金融機関は違ってきます。それぞれ解説していきますね。


年収が少ない人で他社借入ありの人が借りる方法

年収が少ない人(およそ年収300万円未満の方)で現在カードローンで借入がある場合、新たな借入先には消費者金融系カードローンプロミス、アコム、アイフル、モビットなど)がおすすめです。

年収が少なめの方の追加借入におすすめ!

プロミス
メールアドレスとWeb明細利用の登録で初回30日間無利息。三井住友銀行のローン契約機も利用可能。

アコム
多くの人が利用していて安心。初回最大30日間無利息もあります。

アイフル
初回30日間金利ゼロ円あり。

年収300万円未満で他社借入ありの場合、低金利の銀行カードローンはまず審査に通りません。現在の借入先とは別の消費者金融で少しでも金利が安いところを選ぶのがベターです。


当サイトおすすめランキング
年収が少なめで借金のある方におすすめのカードローン

プロミスのカードローン

アコム

アイフル

カードローンの金利は消費者金融より銀行カードローンの方が年率3〜4%低いです。

しかし、パートやアルバイトの方をはじめ収入の少ない方が銀行カードローンで審査に通るのは、現在では基本的に今まで一度もカードローンを利用したことのない方が申し込む場合だけです。

一部では「銀行カードローンも審査はアコムやプロミスが行ってるから審査は通りやすい」などと言われていますが、他社カードローンを利用中の方にそれは当てはまりません。

以前は年収の少ないパート主婦でも2社、3社と複数の銀行カードローンで融資を受けられる人もいました。

しかし現在は銀行カードローンによる過剰融資・多重債務問題が国会や金融庁でも取り上げられたことがきっかけで、銀行も年収の少ない他社借入のある方への新規貸付はかなり渋るようになりました。

審査では銀行側も他社での借入状況がわかります。そして収入が少なく、すでに他社に借入がある方の申込みに対しては、手のひらを返すように審査が一気に厳しくなるのです。


借り換え希望で申し込みをしても、今は収入が少ないと銀行カードローンの審査には残念ながらまず通りません。「低収入=返済能力が低い」と見なされているのです。

目安としては、前年度の税引前の年収が300万円に満たない場合は残念ながら、他社借入がある方の銀行カードローンでの借入は難しい状況です。

しかし、消費者金融が金利が高いとはいえ、10万円を1年借りた場合を銀行カードローンと比較しても、利息は年間数百円程度しか違いません。
【参考】10万円を1年間借りた場合のカードローン金利比較

現在アコムやモビットなどの消費者金融で借りている方なら、今とは別の消費者金融系カードローンへの申し込みになります。

すでに消費者金融で借りている方がさらに消費者金融で借りる場合は、総量規制に注意です。

借入希望額は現在の借入残高と合わせて現在の年収の1/3の金額に収まるように申し込みをします。

年収240万円であれば、年収の1/3は80万円です。消費者金融ですでに50万円の借入があれば、借入希望額は30万円以内にして申し込むことが審査に通る絶対条件になります。

極力、必要最小限の金額で借入を申し込むのがベターです。

Q:年収300万円未満で他社借入があると銀行カードローンでは借りれないの?

#銀行カードローンは他社借入がない状態ならパートやアルバイトはもちろん、自身に収入のない専業主婦の方でも借りれる場合があります。

しかし銀行カードローンの過剰融資問題が表面化した現在では、銀行も低所得者に対しては貸し渋りの傾向にあります。他社での借入がある年収の少ない人にとっては審査が一気に厳しくなり、借り換え目的で申し込んでも、残念ながら大半が審査落ちするのです。

また審査落ちして借りれなかった場合でも、個人信用情報に申し込みをした履歴は残ります。すると次のカードローンの申し込みでは余計に審査で不利になる可能性があるので、試しに申し込んでみるのも避けてください。

銀行の方が安心して借りれる感じがするのはわかりますが、当サイトでは最初から消費者金融に狙いを絞ることをおすすめします。


Q:年収が300万円未満だと銀行カードローンを借り換えやおまとめ目的では借りれないの?

#厳しいですが、はっきり言うとその通りです。というのは銀行の立場で考えてみるとわかります。

まず、他社借入のない初回申込みであれば、収入の少ない人にも10万円程度から融資することもできます。

しかし借り換えは最初から融資額が大きいので、審査もどうしても厳しくせざるを得ないのです。

また銀行にとっては借り換えのための融資を行なっても、利用者がきちんと現在の借入先に一括返済をせず、お金だけを借りられてしまう可能性があります。

例えば年収200万円で消費者金融に50万円の借金がある人が、銀行で借り換え目的で100万円借りれたとします。

この人がきちんと消費者金融に50万円を返済してくれたら良いですが、そうせずに100万円の枠いっぱいまで借りられてしまうと、年収200万円の人に合計150万円もの借金ができることになります。

カードローンで年収の半分を超える借入は自己破産などの債務整理にいたるケースが多く、年収の少ない人ほどその傾向が顕著であるというデータを銀行や保証会社は持っています。銀行はそもそもリスクを嫌うところですから、年収の低い人の借り換え目的の融資はとても消極的なのです。

年収が少なめの方の追加借入におすすめ!

プロミス
メールアドレスとWeb明細利用の登録で初回30日間無利息。三井住友銀行のローン契約機も利用可能。

アコム
多くの人が利用していて安心。初回最大30日間無利息もあります。

アイフル
初回30日間金利ゼロ円あり。


今現在、銀行カードローンのみで借りている人が借りる方法

今現在、銀行カードローンだけで借りている方が次に借りるなら、別の銀行カードローンではなく消費者金融系カードローンプロミス、アコム、アイフル、モビットなど)がおすすめです。

なぜなら、属性が良く年収の多い方でない限り、今は2社目の銀行カードローンは審査に落ちることが多いからです。

銀行カードローンからの2社目に人気!

プロミス
メールアドレスとWeb明細利用の登録で初回30日間無利息。三井住友銀行のローン契約機も利用可能。

アコム
多くの人が利用していて安心。初回最大30日間無利息もあります。

アイフル
銀行カードローンの保証業務をしていないので審査も安心。

銀行カードローンからの2社目に人気なのは大手消費者金融の安心感のあるカードローンです。1社目の保証会社になっていない消費者金融を選ぶのがポイントです。プロミスは無人契約機の多さや振込手数料無料など使い勝手の良さで一番人気があります。


当サイトおすすめランキング
銀行カードローンからの2社目の借入におすすめのカードローン。

プロミスのカードローン

アコム

アイフル

銀行カードローンはそもそも借入限度額が消費者金融のカードローンよりも大きいです。

そのため年収200万円から500万円くらいの多くの方にとっては、今借りている銀行カードローンだけで収入に応じた返済可能な金額のギリギリまで、融資枠が設定されていることが多いです。

また、銀行は現在、銀行カードローンによる過剰融資・多重債務問題が表面化し、金融庁から厳しい目を向けられています。

そのため、すでに他の銀行カードローンで借りている人への新規貸付は、以前よりも審査を厳しくして貸し渋るようになっています。

すでに銀行カードローンでの借入がある方にとっては、2社目も限度額が大きい銀行カードローンで申込みをするのは、審査に落ちてしまう可能性の方が高いというわけです。

しかし、消費者金融系カードローンであれば、現在の借入で返済に遅延や滞納がない限り、審査に通る可能性は十分あります


今、2社目も銀行カードローンで借りれるのは高収入の方ばかり!

現在、銀行カードローンで2社、3社と借入ができるのは、大企業にお勤めの方や公務員の方、年収が600万円以上あるような高収入の方がほとんどです。

今の銀行は銀行カードローンによる過剰融資が社会問題として表面化し、政府や金融庁から厳しい目を向けられています。そのため、すでに他社借入のある低所得の方へは審査を大幅に厳格化して貸し渋るようになっています。

一方、収入が多く返済能力が十分な人に対しては、他の銀行カードローンで借入があっても収入証明書の提示を求めるなどして、今でも新規貸付の門戸を開いています。

例えば年収1000万円の方が楽天銀行カードローンで500万円を借入中とします。500万円は大金ですが、この方にとっては年収の半分にすぎない金額です。

そのため2社目の別の銀行ではまだ十分な返済能力があると判断し、カードローンで新たに50万円、100万円と貸付を行う可能性は十分にあります。

しかし年収500万円の方がすでに楽天銀行カードローンで500万円借りていたとしたらどうでしょう。2社目の銀行には「これ以上は無理」と判断され、審査には通らない可能性が高くなります。

今現在、銀行カードローンで融資を受けている方の2社目の借入先は、プロミスやアイフルなどの消費者金融系カードローンがよいのです。

今、銀行カードローンでの借入がある方は、消費者金融より審査が厳しいとされる銀行カードローンの審査に通った実績があるわけです。そんなに心配はいりませんよ。


銀行カードローンからの2社目は1社目の保証会社ではない消費者金融を!

銀行カードローンは審査を受け持つ保証会社が消費者金融の会社になっているところが多いです。

例えば三菱東京UFJ銀行バンクイックの保証会社はアコムで、三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスのSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

銀行カードローンからの2社目として消費者金融のカードローンで借りる場合、1社目の保証会社になっている消費者金融は避けた方がよいです。

というのも、保証会社になっている消費者金融にとっては自社のカードローンでも融資をすると、銀行カードローンの保証額と合わせたトータルの貸付リスク金額が増えることになります。

すると、2社目のカードローン申し込みでは審査に通らない、融資額が少なくなるといった可能性が出てきます。

そのため、2社目となる消費者金融のカードローンは、今借りている銀行カードローンの保証会社になっていないところがおすすめです。

主な銀行カードローンの保証会社は以下の通りです。今借りている銀行カードローンの保証会社以外の消費者金融を選ぶと良いです。

現在みずほ銀行カードローンで借りている方は保証会社はオリコなので、どの消費者金融を選んでも大丈夫です。

主な銀行カードローンの保証会社一覧

主な銀行カードローン保証会社
三菱東京UFJ銀行カードローンアコム株式会社
みずほ銀行カードローン株式会社オリエントコーポレーション
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
住信SBIネット銀行SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
新生銀行カードローンレイク新生フィナンシャル株式会社
オリックス銀行カードローン新生フィナンシャル株式会社、オリックス・クレジット株式会社


銀行カードローンで年収の1/3以上借りていても消費者金融で借りれるの?

銀行カードローンで借入をしている方の場合、すでに銀行カードローンで年収の1/3に相当する金額を借入していることも少なくないです。

年収300万円の方なら、銀行カードローンで100万円借りていたら、すでに年収の1/3相当の借金があることになります。

プロミスなどの消費者金融系カードローンは貸金業法により、年収の1/3以内の金額に貸付金額が制限されています(総量規制)。

しかし銀行と消費者金融では管理する法律が異なっています。

銀行銀行法
消費者金融貸金業法

このように貸金業法で規制されているのは消費者金融系カードローンで、銀行カードローンは貸金業法ではなく銀行法で管理されています。

そのため、銀行カードローンですでに年収の1/3に相当するお金を借りているとしても、消費者金融やカードキャッシングでの借入がなければ、貸金業法による総量規制の範囲では「まだお金を借りていない」ということになるのです。

もちろん、プロミスやアイフルなども審査の際は銀行カードローンでの借入・返済状況の参照ができるので、あなたの現在の借入・返済状況を踏まえた初回融資額が設定されます。

「銀行カードローンで年収の1/3以上の借入があるから消費者金融では絶対に借りられない」というわけではありません。そこは安心してください。

銀行カードローンからの2社目におすすめ!

プロミス
メールアドレスとWeb明細利用の登録で初回30日間無利息。三井住友銀行のローン契約機も利用可能。

アコム
多くの人が利用していて安心。初回最大30日間無利息もあります。

アイフル
銀行カードローンの保証業務をしていないので審査も安心。


 


今、プロミス、アイフル、アコム、モビットなどで借りている人がさらに借りる方法

今現在、プロミス、アイフル、アコム、モビットといった消費者金融のみで借入のある方が新たに借りるなら、他社からの借り換えができる銀行カードローンがおすすめです。

借り換えでカードローンを利用するのは、当然ながら初めて借金をする方ではなく、すでに他社でカードローンの借金がある方です。つまり、

借り換えOK=他社借入中もOK

ということ。

現在消費者金融で借入がある方も、借り換えができる銀行カードローンなら他社借入ありなのを理由に審査に落ちる可能性は低いのです。

他社借入ありでも借りれる銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
1社からの借り換えに対応。複数の借入先がある場合、みずほ銀行はそのうちの1社だけの借り換えに対応しています。金利が低いので最も借入額が大きい借金の借り換えがおすすめです。金利は一番高い場合でも年率14.0%。利用にはみずほ銀行の預金口座が必要です。

東京スター銀行カードローン
借り換えコースあり。東京スター銀行のスターワンバンクローンは限度額300万円以内の範囲なら通常のカードローンと同じく繰り返し借入が可能。地方銀行ですが全国各地から申込み可能。利用には東京スター銀行の預金口座の開設が必要です。

アイフルのかりかえMAX・おまとめMAX
借り換え・おまとめ可能な消費者金融。アイフルは消費者金融ですが、貸金業法に基づく借り換えローン(年率12.0%〜17.5%)・おまとめローン(年率12.0%〜15.0%)を扱っていて、これは総量規制オーバーでも借りれます。

現在キャッシングや消費者金融で借入のある方も借り換えOK銀行カードローンなら借りられる可能性があります。


ただし、これらの銀行カードローンの審査に通るためには

年収が300万円以上あること

借り換え目的で申し込むこと

この2つが必要です。

他社借入がある人の銀行カードローン申込みは、現在の借入金額にもよりますが、年収300万円を境に審査通過率が極端に下がるのです。

審査に通過するには、やはりそれなりの収入があることが絶対条件となります。

その上で現在の消費者金融1社あるいは2社での借入を、銀行カードローンに借り換えるのです。

「今アコムで50万円借りているけどさらに50万円借りたい」

「プロミスとアイフルで合計100万円借りているけどまだお金が必要」

そんな方も銀行カードローンへ借り換え目的で申し込むのがおすすめです。

消費者金融での借金を、銀行カードローンに借り換えることで、消費者金融の融資枠にも余裕が生まれます。

借り換え目的であれば現在の借入を理由に審査落ちする可能性は低く、さらに限度額もある程度つけてもらいやすいというわけです。


銀行カードローンへの借り換え後は総量規制の枠も復活する!

消費者金融ですでに年収の3分の1近い借入がある方は、まず現在の借入を銀行カードローンへ借り換えるのが先決です。

総量規制で制限されている消費者金融での借入を、総量規制とは無関係で借りれる銀行カードローンに借り換えて、借金を移動させるのです。

そうすれば、現在利用中の消費者金融系カードローンの年収の3分の1という総量規制の範囲内での借入は、銀行カードローンからの借入で返済することによって、再び融資枠が復活します。p-othercompany02.png

今の消費者金融での借入枠に再び余裕ができるので、再びお金が必要になった場合でも追加の借入ができるようになります。

銀行カードローンを含めた借金の総額が増えることにつながるため、借りすぎには注意が必要です。しかし一時的にどうしてもお金を借りたい時に、必要な資金を調達するには良い方法です。


借り換え後も借換専用ローンではないからいつでも追加融資が可能!

借り換え可能な銀行カードローンは決して借換専用ローンではないので、借り換え後は通常のカードローンと同じで、いつでも限度額の範囲内で追加融資が受けられます。

借り換えができれば返済利息も下がり、複数の借入がある方は1社にまとめると毎月の返済額も下がります。

今と変わらないか少しラクになるくらいで返済できるので、非常におすすめです。


当サイトおすすめランキング
他社借入中でも借りれる!借り換えOKのおすすめ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

来店・郵送不要!WEB完結申込なら最速で借入可能!
他社(1社)からの借り換えOK。口座残高不足時の自動融資も可能。女性にもおすすめ!※みずほ銀行住宅ローンの利用でカードローン金利優遇、0.5%引き下げ。

実質年率借入限度額審査時間融資スピード
年2.0%〜14.0%最大800万円★★★★☆★★★★☆
詳細はこちら公式サイトへ
東京スター銀行おまとめローン
東京スター銀行 おまとめローン

東京スター銀行おまとめローン

低金利で借り換え・おまとめに!来店不要!
借り換え後も限度額内で追加融資が可能!

実質年率借入限度額審査時間融資まで
5.8%~14.8%
(保証料を含みます)
1000万円最短3営業日数日
詳細はこちら公式サイトへ


カードローンの借金があるなら知っておきたい総量規制について

他社借入中の方が次のカードローンを申し込む際には、総量規制に注意しなくてはなりません。

総量規制とは、貸金業者からの融資額をその人の年収に応じて金額制限する規制のことです。総量規制は貸金業者の貸しすぎによる多重債務者の増加を防ぐ目的で、平成22年6月18日から実施されています。

総量規制により貸金業者での借入残高が年収の3分の1を超えると、新規の借入ができなくなります。年収600万円の方なら、貸金業者で借りれる金額は最大でも200万円までということです。

アコムのカードローンは借入限度額が最大800万円となっていますが、これはあくまで商品設計上の借入限度額です。アコムで800万円を借りるなら、年収は少なくともその3倍である2400万円は必要になります。

年収が300万円の方なら、年収の3分の1は100万円です。アコムなど貸金業者で借りれるのは最大100万円になります。

また、総量規制は借入金額については制限していますが、借入件数については制限していません。

そのため、年収300万円の人の場合、

年収300万円の人
1社から100万借入中 → 他社からはもう借りれない
4社から合計70万借入中 → 他社からあと最大30万円借入可能

ということになります。

今、消費者金融で借金がある方、新たに借入を申し込む前に必ず現在の借入総額がいくらかを確認してください。


銀行カードローンは年収の3分の1以上、総量規制を超えても借りれる!

総量規制は貸金業者の過剰な貸付を防ぐための制度ですが、これが適用されるのは、貸金業法によって管理される消費者金融などの貸金業者のみです。

銀行は貸金業法では管理されない存在なので、銀行は年収の3分の1以上、総量規制を超えても融資が可能です。住宅ローンなどは融資額が年収を上回るのが普通ですから当然ですね。

そして銀行が扱うカードローンもまた、総量規制の制限は受けず、年収の3分の1を超える借入が可能です。

また、クレジットカードのリボ払いの借金がかさんで、カードローンでの借入を考えている方もいると思います。

クレジットカードのリボ払いは貸金業法でも銀行法でもなく「割賦販売法」という法律が適用されます。そのため、リボ払い残高が年収の1/3を超えていても、カードローンでの借入は可能です。


今現在、銀行カードローンと消費者金融の両方で借りている人が借りる方法

今、銀行カードローンはもちろん消費者金融でも借入がある方で、3社目、4社目とさらにお金を借りるなら今借りている消費者金融とは別の消費者金融系カードローンがおすすめです。

プロミスで借りているならプロミス以外のアコムやアイフル、モビットのカードローンのどれかです。

おすすめ消費者金融系カードローン

アイフル
信頼性の高い事前診断。独自資本かつ銀行カードローンの保証業務も行っていないため、他社借入の影響も他より少なめ。貸金業法に基づく借り換え・おまとめローンも取り扱っています。

アコム
多くの方が利用していて安心。初回30日間無利息もあり。

プロミス
アイフル、アコムですでに借入のある方はこちらがおすすめです。

銀行カードローンと消費者金融どちらも借入ありの方は、事前診断に信頼性のあるアイフルでまずは1秒診断するのがおすすめ。


当サイトおすすめランキング
銀行と消費者金融の両方に借入中の人へのおすすめカードローン

アイフル

アコム

プロミスのカードローン

銀行と消費者金融系カードローン両方に借入している場合、少なくとも借入件数が2件はあり、すでに収入に対してけっこうな割合の借入をしているはずです。

その状態では過剰融資問題が発覚して以降、審査が厳しくなっている銀行カードローンで新たに借入を申し込むのは、みすみす審査に落ちに行くようなもの。

そうなると必然的に選択肢は消費者金融系カードローンになってきます。

しかし、消費者金融系カードローンの借入は、総量規制で年収の1/3までに総融資金額が制限されています。

すでに消費者金融でも借入があるので、総量規制の制限には注意しなければなりません。

今契約中のすべての消費者金融系カードローンからすでに年収の1/3に相当する金額を借りている場合は、残念ながら申込みはできません。

その場合、可能性は低いですが、消費者金融での借入を借り換える目的で別の銀行カードローンに申込みましょう。


他社借入ありで審査が不安ならアイフルの1秒診断でまずチェック!

銀行カードローンと消費者金融の両方で借入があると、申込み時の審査に通るか不安になるものです。

そんな時におすすめなのが、アイフルの事前借入診断「1秒診断」です。

アイフル以外にもプロミス、アコムで事前診断サービスはありますが、その中でもアイフルがおすすめなのは、この3社の中で唯一、他社借入金額に銀行カードローンでの借入も含めた金額で診断しているからです。

実際に消費者金融の審査では銀行カードローンでの借入・返済状況も個人信用情報照会で確認しています。

しかしプロミス、アコムの事前診断は他社借入状況を消費者金融での借入だけを対象としているので、事前診断と本番の審査結果に大きな食い違いが出る可能性があります。今すでに銀行カードローンで借りている方にとっては結果の信頼性が高くありません。

その点、アイフルの1秒診断は銀行での借入も含めた現在の借入状況をトータルで診断してもらえるというわけです。

すでにアイフルで借入をしていて他社を検討中の方も、アイフルの1秒診断で審査結果のおよその感触を掴むことはできるはずです。申込み前に試してみるのをおすすめします。


審査が不安なら。正式申込み前にお試し診断ができるカードローン

正式申し込み前にお試し診断ができるカードローンはいくつかあります。

申込み前の事前診断は各カードローンの公式サイトから、簡単な質問項目に答えるだけで、誰でも無料ですぐ利用できます。氏名・住所など個人情報の記入なしで事前診断できます。

お試し診断がある主なカードローン

カードローンお試し診断名入力項目
プロミスお借入診断生年月日、年収、他社借入金額
アコム3秒診断年齢、年収(総支給額)、カードローン他社借入金額
アイフル1秒診断年齢、雇用形態、年収、他社借入金額
新生銀行カードローンレイクお借入れ診断生年月日、本人年収、他社借入件数、他社借入合計金額
三菱東京UFJ銀行バンクイックお試し診断生年月、性別独身・既婚、他社借入件数、他社借入合計金額


お試し診断の結果、特に問題がなければ以下のような診断結果が出ます(プロミスの場合)。

p-promiseotamesi01.png

#お試し診断を行った結果、「融資可能と思われます」という回答が出たら、現在借金があってもまた新たにカードローンを申し込んで借りられる可能性があります。そのまま申込みをしても良いでしょう。
おすすめ消費者金融系カードローン

アイフル
信頼性の高い事前診断。独自資本かつ銀行カードローンの保証業務も行っていないため、他社借入の影響も他より少なめ。貸金業法に基づく借り換え・おまとめローンも取り扱っています。

アコム
多くの方が利用していて安心。初回30日間無利息もあり。

プロミス
アイフル、アコムですでに借入のある方はこちらがおすすめです。

銀行カードローンと消費者金融どちらも借入ありの方は、事前診断に信頼性のあるアイフルでまずは1秒診断するのがおすすめ。



正式申込み時に他社借入件数、借入金額に含める借金・含めない借金

p-othercompany01.jpg
実際にアイフルやプロミス、アコムのカードローンに申込みをする際、申込みフォームの他社借入件数や借入金額に、どの借金をどこまで含めるのか、判断に迷う方もいるかと思います。


申込みフォームに嘘の記載はもちろんいけませんが、どの借金を含めて答えるのか、判断に迷った挙句、結果的に実際と異なる内容で記入する方も少なくないようです。

申込み時に他社借入件数、借入金額に含める借金と、含めない借金を、きちんとまとめておきますね。

申込み時に他社借入件数・借入金額に含める借金

  1. 他社消費者金融カードローンでの借入
  2. クレジットカードのキャッシング機能での借入

アコム、アイフル、プロミス申込み時に他社借入に含めない借金

  1. 銀行の各種ローン(住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、フリーローン)
  2. 銀行カードローンでの借入
  3. 奨学金の返済
  4. クレジットカードのショッピング利用での未払い分(リボ払い残高を含む)
  5. 信販会社のクレジットローン
  6. 親・友人から借りたお金など金融機関以外からの借金
  7. 携帯端末の月賦払い残高

申込み時に借入件数・金額に含めない借金の種類はまだまだありますが、要するに「他の消費者金融とクレジットカードのキャッシングでの借入」以外は他社借入に含めなくて大丈夫です。

この2つの借金に共通するのは、貸金業法に基づく総量規制の対象になっている点です。

消費者金融のカードローンでは貸金業法による総量規制のしばりがとても厳格に適用されるため、総量規制対象となる借金に対しては非常に慎重にならざるを得ないのです。

もちろん、この点については申込み者の申告内容とは別に、個人信用情報のデータベースで借入状況を確認もしてきます。

ウソの申告をした場合はもちろん、間違った数値で申告してしまった場合もここで見つかってしまいます。注意しましょう。

クレジットカードのリボ払いの借金は総量規制に含まれない!

クレジットカードのリボ払い残高の借金がかさんだので、新たにカードローンで借りたいという人もいるでしょう。

クレカのリボ払いの借金は「割賦販売法」が適用されるため、カードローンの申し込み時の他社借入金額には含めなくて大丈夫です。


クレジットカードに知らぬ間にキャッシング枠が付与されていないかも確認を!

クレジットカードの場合、カード申込み時になんとなくチェックを入れてしまうなど、自分でも気づかないうちにキャッシング枠を付与している場合もあります。

それに気づかないままカードローンを申し込むと、現状の借入状況によっては審査に落ちる・少ない限度額で可決する、といったことも起こり得ます。

自分でも知らぬ間にクレカのキャッシング枠があるという場合、実際にはお金を借りていないことがほとんどです。

それでも年収の1/3に貸付が規制されている総量規制対象の借入枠を持っていることにはなってしまいます。

消費者金融系カードローンに申込みをしても、そのクレカのキャッシング枠の分だけ借入限度額が少なく設定されたり、審査に通らなかったりしてしまうのです。

アイフルなど消費者金融カードローンで申込みをする前に、現在持っている全てのクレジットカードにキャッシング枠がないかどうかも、念のために今一度確認するのがおすすめです。


2社目、3社目のカードローンはいくら借りれるの?

銀行カードローンによる過剰融資問題が表面化している現在、銀行カードローンだけで2社、3社と借入をすることは非常に難しくなっています。

カードローンの借入が2社、3社となると、銀行カードローンだけではなく、消費者金融のカードローンを利用している方も多いでしょう。

プロミス、アコム、アイフルやモビットはともに消費者金融のカードローンなので、貸金業法による総量規制の対象となっています。

今、消費者金融とクレジットカードのキャッシングでの借入がある方は、現在の借入合計額と合わせて年収の1/3以内に収まる金額が借りれる上限となります。

年収240万円の方の場合、年収の1/3相当額は80万円になります。この80万円がこの方が消費者金融やクレジットカードのキャッシングで借りられる上限です。

この方が現在消費者金融のカードローンで50万円の借入があると、残りは30万円です。実際には利息の加算も含めて年収の1/3以内に収まるよう、カードローン会社で限度額が決められるので、追加で新たに借入可能なのは15万円くらいになります。

このように、自分の年収の1/3相当の金額から、現在の借入合計額を差し引いた金額が、新たなカードローンで借りられる金額の最大値になります。

消費者金融各社は総量規制以上の貸付を行うと法律で罰せられるため、年収の1/3以上の金額を貸し付けることは絶対にありません。


2社目、3社目のカードローン申込みは収入証明書類も忘れずに!

2社目、3社目のカードローンを申し込む場合、運転免許証などの本人確認書類以外にも、収入証明書類の提出が求められます。

特にプロミス、アコムなどの消費者金融系カードローンでは現在の借入額と新たに申し込む希望額の合計が100万円を超える方は、必ず収入証明書類の提示を求められます。忘れずに準備してください。

#収入証明書類には源泉徴収票確定申告書の控え納税証明書などもありますが、多くの方にとっていちばん用意しやすいのは直近の給料明細書でしょう。これを忘れずに準備してくださいね。


2社目、3社目のカードローンが絶対に借りれない方

お試し診断を試した結果、融資可能と思われますという判定が出ても、正式申込みでは絶対に借りれない方というのも存在します。

それはどのような方かというと、

  1. 現在の借金の返済が遅れている方、滞納している方
  2. 任意整理・個人再生などの債務整理中の方
  3. 現在仕事をしておらず無職で収入のない方

などです。該当する方はカードローンの申込みは諦めてください。

まず現在の借入先で返済を滞納している方は、残念ながら新規でカードローンを申し込んでも審査に落ちます。

「滞納分を返済したいから借りるんじゃ〜!」という声も聞こえてきそうですが、こればかりは仕方ありません。金融会社にとってきちんと返済していない人は、一番信用のない方なのです。

また現在債務整理中で、任意整理・個人再生により借金の引き直しをして返済中の方も借りるのは無理です。個人信用情報に事故情報が載っていますので、新たなカードローンでの借入は残念ながら不可能です。

借金はあるけど今は事情があって仕事をしていない、収入がないという方も、残念ながらカードローンの審査には通りません。まずはアルバイトや派遣の仕事に就くことを第一に考えましょう。



借金あるけどお金借りれる?さまざまな疑問に答えます!


Q:100万円以上の借金があってもさらに借りることはできる?

レイクで100万借りてるけど他に借りれる所はありますか?

すでに200万円以上の借入があるけど、さらに借りることはできる?

確かに今借りている金額が100万円、200万円という規模になってくると、さらに借りたくても借りれるかどうか不安になってきますよね。

しかし実際のところ、他社借入中の方が新たにカードローンを申し込む際、審査では現在借りている金額そのものよりも、現在の収入と借入金額とのバランスが重視されます。

たとえ新生銀行カードローンレイクで100万円借りているとしても、あなたの年収が800万円ほどあり、レイク以外に借入がないのなら、アコムでも借りれる可能性は十分にあるでしょう。

しかしあなたの年収が200万円ほどで、すでにレイクで100万円借りているのなら、収入とのバランスからみて、アコムでは借りられないか、借りれたとしても限度額はかなり低めに抑えられる公算が大です。

金融会社から問われるのはあなたの現在の借金の金額ばかりではありません。現在の収入やきちんとお勤めかなど、貸したお金の返済能力に関する部分を非常に重視しています。

単純にすでに100万円借りているとよそでは絶対に借りられない、といった決まりや規制があるわけではありません。

100万円という借金そのものより、ご自身の収入から考えて無理なく返済可能な借入であるかを判断してください。


Q:他社借入件数4社、5社、6社あるけどお金を借りたい。借りれるところは?

現在の他社借入が4件、5件、6件となると、借入件数だけでカードローンの審査に落ちてしまう場合がほとんどです。逆に今までよく4件、5件、6件と借りることができたものだと感心してしまいます。

銀行の借り換え・おまとめローンなら全ての借入をまとめることを前提に申し込んでみるのも一つの手ですが、審査に通過できるかはかなり微妙なところです。

消費者金融であれば、借入総額がすでに総量規制の枠(年収の1/3)にひっかかっていたら、さらにお金を借りるのはまず無理です。

「総量規制以上に融資可能!」「他社借入件数5件、6件の方も融資の相談に応じます」といった文言で誘導している金融サイトも探せば見つかると思います。

しかしそういった業者はほぼ確実に貸金業登録していない非正規の金融業者、いわゆるヤミ金です。甘い言葉に乗ってしまうと、さらに大変な状況になるのは目に見えています。間違っても絶対に申込みをしてはいけません。


Q:他社借入中の専業主婦がさらにお金を借りるには?

現在借金をしている専業主婦の方の中には、専業主婦になってから今の借金を作ったのではなく、仕事をしていて収入のある時にカードローンでお金を借りるようになり、完済する前に妊娠や出産を機に仕事を離れざるを得なくなった方も少なくないと思います。

しかし仕事をしていた時と比べると、専業主婦の女性がカードローンで新たにお金を借りるのは一気にハードルが上がります。

まず、アイフルやプロミスといった消費者金融のカードローンでは法律により自身に収入のない専業主婦の方の新規申込みはできません。

一部の銀行カードローンでは専業主婦の方も借入可能なところがあります。

ただし審査を通過できる可能性は、他社借入のない主婦の方と比べると下がる点は否めません。

専業主婦の方が借入可能な銀行カードローンについては別ページにまとめています。見ておいてください。
>>専業主婦でも融資可能なカードローン



複数社のカードローンの借入は多重債務の危険も。扱いは要注意!

すでにカードローンでの借入がある方なら、返済の苦労もそれなりにきちんと認識している方がほとんどでしょう。

追加でさらにカードローンを契約する場合は、今よりさらにお金が借りやすくなり、そして返済が大変になる可能性が高くなります。

返済計画を見直して、全てのカードローンを合計して毎月いくらの返済になるのか、収入に見合っているのかの確認が必要です。借入先が増えてしまうと、自分の借金がいくらなのか、わからなくなってしまう方も出てきます。各カードローン毎に借入額、毎月の返済額、返済日などはしっかり把握するようにしましょう。

そして、借りやすくなっている分、安易な気持ちでお金を借りてしまわないように、気持ちを引き締める必要もあります。コンビニですぐ借りれてしまうけど、だからあえてローンカードを持ち歩かないといった工夫も時には必要です。

クレジットカードのキャッシングや複数のカードローンで、気づいたら給料の大半が返済に回さなければならなくなり、生活費が全然足りないといった状況になってしまう方もいるのが実際のところです。

そして返済のために他社からまた借入を検討するようになると、それはもはや多重債務です。借金をして借金の返済を行うようになると、よほど収入が増えない限り、きちんと完済できる見込みはとても低くなります。

借金してまで別の借金を返済しようとする方は、ある意味で責任感の強い、良い人であることが多いです。でもそれでキチンと完済して良い方向に人生を立て直せた人は、それほど多くありません。

借金をした状態で別のカードローンに借入をすることには、こうしたリスクがあることも考えて、慎重に利用してくださいね。

毎月の返済額が多すぎる方は、返済状況を見直して必要なら専門家に相談を!

他社借入件数が4社、5社、6社と多い方は、毎月の返済額の合計もかなりの金額になっている場合があります。今一度、現在の借入と返済状況を見直しましょう。

借入金額が少なくすぐ完済できるところからまずは完済して借入件数を減らす。

現在の収入から考えて、今後も完済できる目処がつかない場合は、借金問題を扱う弁護士・司法書士に債務整理の相談をするのをおすすめします。相談だけなら無料のところも多いです。

また、実際に弁護士や司法書士に債務整理の手続きをお願いしても、報酬の支払いはあまり心配しなくても大丈夫です。

弁護士報酬などの支払いは、まず今ある借金を任意整理などで減らした後、弁護士報酬の分割払いがはじまり、弁護士報酬を全額支払ったのちに減額後の借金の返済が始まります。

弁護士報酬の支払いと借金の返済時期がかぶらないように、きちんと返済スケジュールを調整してくれます。

借金地獄のときより、債務整理後の方が生活が楽になる方がほとんどですよ。


みんなが選ぶ!当サイト人気ランキング!

1位

アコム

アコムのカードローン
今日中にお金を借りたい方に!スマホで申込み後にむじんくんでカード受取で最短1時間で融資。
2位

最短即日!プロミス

審査は最短30分!土日の申込みも最短で即日融資も可能!メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で初回30日間無利息!返済は月々二千円〜。
3位

モビット

モビット
土日も最短で即日融資が可能!内緒で借りれるWeb完結申込みも好評!