今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜借りたい時に借りれる銀行・消費者金融審査情報
今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜借りたい時に借りれる銀行・消費者金融審査情報
消費者金融系カードローンは今すぐお金が必要なときに、即日融資も可能なスピード対応で借りれる便利さが大きなメリット。銀行カードローンなら低金利で利息が安いのがメリット。カードローン各社の特長を踏まえて、自分にあったカードローンで借りて上手に活用しましょう。

プロミスで今すぐお金を借りる|審査と金利・最低返済額、即日融資の借り方と体験談

#プロミス

プロミス

即日融資も可能!Web完結も対応可能!
来店不要。必要書類のメール提出が可能。最短で当日振込も可能。30日間無利息サービス実施中※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。

実質年率借入限度額審査時間融資まで
4.5%~17.8%1〜500万円最短30分最短1時間融資も可能
プロミス申込みはこちら

プロミスの特長

初回30日間無利息!

無人契約機が多くて借りやすい!

インターネット振込の借入・返済が便利!

※30日間無利息にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

実質的に低金利になるプロミスの初回30日間無利息サービス

プロミスの特徴はいくつもありますが、初めてカードローンを利用する人にとって一番ありがたいのが初回30日間無利息のサービスでしょう。メールアドレス登録とWeb明細利用の登録で、初めてプロミスを利用する方は30日間無利息でお金を借りることができます。

消費者金融系のカードローンは「金利が高い!」というイメージがありますが、プロミスのように条件によって一定期間無利息で利用できるところなら、返済が短期間で済む場合は低金利の銀行カードローンよりも利息の支払いが少なく済むこともあります。

30日以内に全額返済できる場合なら、利息の支払いは0円。

例えば結婚式場の費用が足りなくてお金を借りる場合など、式を挙げてご祝儀が集まればすぐ返済できますよね?

病院で入院して退院する場合も保険金が振り込まれるまでのつなぎとして借りるのであれば、すぐに返済可能です。

このようにすぐ返済が可能な状況ですぐお金を借りたいなら、プロミスはとても便利な存在なのです。

さらにプロミスの場合、契約した日から30日無利息ではなく、契約後に初めて出金した翌日から30日間無利息です。契約後すぐにお金を借りなかった場合でも、30日間無利息はフルに30日間利用できます。

プロミスの初回30日間無利息は、無利息期間中の追加借入や、無利息期間中の完済後の再度の借入も、残り日数分だけ無利息になります。

z-promisemurisoku01.png

図のように、プロミスの初回30日間無利息は他のカードローンよりも適用範囲が広いので、短期間での借入には大きなメリットがあります。

給料日やボーナス支給日までのつなぎなど、まとまったお金が手に入るまでの金欠時には心強い存在ですね。

プロミス公式サイトを見てみる

無人契約機の数が多いプロミスならどこからでも借りやすい!

プロミスの無人契約機写真
消費者金融系のカードローンは無人契約機を全国各地に設置しているところも多いですが、その中でもプロミスはダントツに数多くの無人契約機を設置しています。

初めてだと足を運ぶのにちょっとドキドキしますが、無人契約機なら借入を申し込んでお金を受け取るまで、その場でワンストップで行うこともできるというメリットがあります。

銀行の当日振込可能時刻を過ぎてしまった場合でも無人契約機なら最短で即日融資も可能です。

プロミスの無人契約機なら全国各地に多数設置されているので、今いる場所の近くで見つかる可能性が高いです。どうしても今日中にお金を借りたい時は、無人契約機の数が非常に多いプロミスがおすすめです。

「無人契約機に足を運んだのはいいけれど、審査に通らずお金が借りれなかった・・・」

なんてことにならないように、あらかじめスマホから借入を申し込んでおき、審査結果を受けてから近くの無人契約機に行くのがスムーズにお金を借りるコツです。

プロミスの審査は最短30分。スマホからでも無人契約機から直接申し込んでも審査時間は同じようにかかりますから、スマホで申し込んで無人契約機へ行く前に、焦らずに少しだけ待っていてくださいね。

プロミスカードの受取は三井住友銀行のローン契約機でもできる!

p-lunchbreak02.jpgプロミスのカードローンは、プロミスの無人契約機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機コーナーでも、同様の手続きが行えるようになっています。

スマホから申込をして、カードの受取で近くにプロミスの無人契約機がない場合は、三井住友銀行の店舗が近くにあるか確認しましょう。三井住友銀行のローン契約機コーナーでもプロミスカードの受取が可能です。

近くにプロミスの無人契約機がない場合は、三井住友銀行の店舗やローン契約機コーナーもチェックしてください。

三井住友銀行のカードローンは、審査の保証会社がSMBCコンシューマーファイナンス株式会社となっています。

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは、すなわちプロミスのカードローンを発行している会社です。三井住友銀行と同じ、三井住友フィナンシャルグループに属する金融会社なのです。

このようにプロミスのカードローンと三井住友銀行はとても密接な関係にあるので、ローン契約機の相互利用もできるというわけですね。

プロミス公式サイトを見てみる

プロミスの毎月の返済は1000円から。お小遣いでも返済できる?!

プロミスの毎月の返済額は、借入残高に応じて金額が変動する「残高スライド元利定額返済方式」で決まります。プロミスで設定される金額以上であれば、いくらでも返済が可能です。

プロミスの毎月の返済額は規定の計算式によって算出されます。計算式は以下の通り。

【借入残高30万円以下の時】
お借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ)

【借入残高30万円超100万円以下の時】
お借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ)

【借入残高100万円超の時】
お借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ)

計算式だと難しいので、わかりやすく借入残高と返済額を表にまとめると、以下のようになります。

借入残高月々の返済額
25000円1000円
5万円2000円
10万円4000円
20万円8000円
30万円11000円
50万円13000円
100万円26000円
150万円3万円

借入残高が25000円以下の時は、月々1000円。借入残高が10万円の時でも月々4,000円以上の返済ができればOKです。

プロミス返済時の注意点

プロミスは毎月の最低返済額が1000円からと少ないので、生活費を圧迫せず、無理なく返済を進めることができます。この点はプロミスでお金を借りるメリットです。

しかし、その分、逆にプロミスが指定する返済額だけで返済を進めると、完済までの返済回数が多くなり、結果として利息の支払いも多くなってしまいます。ここはメリットとは裏腹のデメリットになります。

プロミスでお金を借りたら、家計が苦しく、お金のやりくりが大変なときは最低返済額で返済。臨時収入などで余裕のある時は多めの金額で返済して、借入残高と返済回数が少なくなるよう努めることが大切。

プロミスから指定されるままの返済額で返済していくのではなく、余裕のある時は多めの額で返済するようにしてください。

プロミス公式サイトを見てみる

プロミスへの返済方法

プロミスで借りたお金の返済方法は、プロミスATM、三井住友銀行ATM、提携ATM、コンビニATM、インターネットバンクからの振込、銀行振込、口座振替(自動引き落とし)が選べます。

このうち、手数料がかからないのが、
プロミスATM、三井住友銀行ATM、インターネットバンクからの振込、口座振替です。

コンビニATMもローソンのLoppiか、ファミリーマートのFamiポート設置店でしたら手数料無料で返済ができます。

返済期日は毎月5日、15日、25日、末日の中から選択できます。返済期日はやはり給料日の後になる日を選ぶ方が多いです。

プロミスへの返済はインターネット振込返済が便利!

金融機関からお金を借りると、支払うのは利息だけではありません。毎月の返済の支払いにかかる振込手数料ATM手数料という隠れた出費があります。振込手数料が1回216円かかるとすると、一年間で2,592円も払うことになります。


しかし、プロミスのカードローンなら三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行の口座からのインターネット振込返済なら、振込手数料が無料です。プロミスへの返済は自分の銀行口座からのインターネット振込が便利でお得です。

他社カードローンと比較しても、インターネット振込返済に関してはプロミスは手数料無料で対応している銀行が多い方です。

インターネット振込返済が手数料無料の銀行口座
カードローンインターネット返済
振込手数料無料
備考
アコム
楽天銀行、Pay-easy利用可能なインターネットバンキング対応銀行
Pay-easyはほとんどの銀行・信用金庫で対応
プロミス
三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行
その他の銀行からのインターネット振込は振込手数料が必要
アイフル
振込手数料が必要
SMBCモビット
振込手数料が必要
新生銀行カードローンレイク
三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行、Pay-easy利用可能なインターネットバンキング対応銀行
Pay-easyはほとんどの銀行・信用金庫で対応
三菱東京UFJ銀行バンクイック
三菱東京UFJ銀行
振込返済は三菱東京UFJダイレクトのみ対応(振込手数料無料)
三井住友銀行カードローン
振込返済は三井住友銀行のSMBCダイレクトのみ対応(振込手数料が必要)
みずほ銀行カードローン
振込返済は利用不可
オリックス銀行カードローン
振込手数料が必要
※ペイジーによるインターネット振込返済ができない銀行・信用金庫は以下の通り。
じぶん銀行、イオン銀行、北都銀行、山形銀行、宮崎銀行、三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、新生銀行、きらやか銀行、仙台銀行、福島銀行、大東銀行、神奈川銀行、大正銀行、西京銀行、高知銀行


インターネット振込

限度額の範囲内ならいつでも借入ができるプロミスですが、三井住友銀行、ジャパンネット銀行に口座をお持ちなら、自分の口座へのプロミスからの入金も「瞬フリ」で土日でも夜でもすぐ手数料無料で入金されます。自分の銀行口座からお金を引き出すのと全く変わらない便利さですから、自分の貯金と錯覚しないように。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行に口座がある方なら、プロミスのカードローンは借入も返済も非常に手軽な上に無駄な振込手数料を支払わずに済みますよ。

プロミス公式サイトを見てみる

プロミスのカードローンで利用できるATMを他社と比較!


プロミスのカードローンでお金を借りたり返済できるATMは、プロミスATM、提携の銀行ATM、コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM)があります。

このうち、ATM手数料無料で利用できるのが、プロミスATM三井住友銀行ATMです。

手数料無料とはいえプロミスATMは無人契約機に併設されているので、利用しずらい方もいるかもしれません。

しかしプロミスは三井住友銀行のATMも手数料無料で利用できるので、銀行からお金を下ろしているようにしか見えず、人の目が気になる方も安心です。

また、プロミスではゆうちょ銀行ATMも利用できますが、利用にはWeb明細利用の登録が必要です。ATM利用手数料は借入・返済ともに1万円以下108円、1万円超216円かかります。

提携ATMでカードローンを比較

カードローン提携ATM手数料無料提携ATM手数料あり
アコム
アコムATM
提携コンビニATM
三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、イオン銀行、熊本銀行、親和銀行、第三銀行、東京スター銀行、西日本シティ銀行、八十二銀行(借入のみ)、広島銀行、福岡銀行、北海道銀行、北陸銀行
プロミス
プロミスATM
三井住友銀行
提携コンビニATM
三菱東京UFJ銀行、東京スター銀行、福岡銀行、イオン銀行、第三銀行、熊本銀行、西日本シティ銀行、横浜銀行、ゆうちょ銀行、親和銀行(借入のみ)、広島銀行(借入のみ)、八十二銀行(借入のみ)
アイフル
アイフルATM
提携コンビニATM
三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、西日本シティ銀行、親和銀行、福岡銀行(借入のみ)、熊本銀行(借入のみ)
SMBCモビット
モビットATM
三井住友銀行
提携コンビニATM
三菱東京UFJ銀行、イオン銀行、第三銀行、福岡銀行、親和銀行、熊本銀行、ゆうちょ銀行、北洋銀行、北海道銀行、みちのく銀行、仙台銀行、常陽銀行、足利銀行、栃木銀行、千葉銀行、京葉銀行、横浜銀行、北陸銀行、大垣共立銀行、十六銀行、中京銀行、百五銀行、京都銀行、池田泉州銀行、但馬銀行、トマト銀行、西京銀行、百十四銀行、西日本シティ銀行
新生銀行カードローンレイク
提携コンビニATM
イオン銀行
ゆうちょ銀行
三菱東京UFJ銀行バンクイック
提携コンビニATM
三菱東京UFJ銀行
三井住友銀行カードローン
提携コンビニATM
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
みずほ銀行カードローン
みずほ銀行
イオン銀行
提携コンビニATM(月4回まで無料)
オリックス銀行カードローン
コンビニの提携ATM
三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行
ゆうちょ銀行
西日本シティ銀行
イオン銀行
※ATM手数料ありの場合、ATM手数料はすべて借入・返済ともに1万円以下108円/1万円以上216円です。
※提携コンビニATMはセブン銀行、ローソンATM、イーネット(ファミマ、ミニストップなど)
※アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットはクレディセゾンATMも利用可能。SMBCモビットはプロミスATMも利用可能です(ATM手数料あり)
※2016年10月24日時点
プロミス公式サイトを見てみる


プロミスはカードなしのカードレスも選べる!


カードローンは通常、契約後はローンカードを郵送またはローン契約機で受け取り、カードを使ってATMからお金を引き出して利用します。

しかし、プロミスはカードなしのカードレスキャッシングも選ぶことができ、カードなしでお金を借りることも可能です。

プロミスで申し込みをする際にWeb完結で申し込むと、手続きは全てWeb上で完結し、郵便物もなしのカードレスで申し込みができます。

Web完結のカードレスでプロミスと契約した場合、借入はスマホやパソコンからプロミスの会員専用サイトにログインし、会員サイト上で、あらかじめ登録したあなたの銀行口座へ、振込入金の手続きを行います。

プロミス会員サイトから振込入金の手続きをした後は、自分の銀行口座のキャッシュカードで近くの銀行やコンビニATMからお金を引き出せば、お金を借りたことになります。

返済は口座振替で、あなたの銀行口座からの自動引き落としで行われます。

プロミスでカードレスで借りる場合の借入・返済方法

プロミスでカードレスで契約した場合、お金を借りる場合はプロミスからの振込入金。お金を返済する時は、指定口座からの口座振替になります。

カードがないため、コンビニATMからの借入はできません。返済も基本的に口座振替のみになり、毎月一定額が口座から自動引き落としされます。

繰上げ返済や一括返済をしたい場合は、プロミスのコールセンターに連絡しましょう。

プロミスでカードレスで借りるメリットとデメリット

プロミスでカードレスで借りるメリットとしては、やはりカードの存在を誰にも知られない、という点に尽きます。

プロミスのローンカードを持たないので、彼氏彼女に財布を覗かれたときも、カードがないのでバレずに安心です。また、そもそもカードがないので、紛失してしまうこともありません。

反対にプロミスでカードレスで借りるデメリットとしては、借入も返済も、銀行口座を介した取引になるので、取引履歴が通帳に記帳される点が挙げられます。

カードの存在はバレなくても、預金通帳の中身を見られたときに、プロミスでの借入がばれてしまう可能性があるわけです。

「ウチの銀行口座はすべて妻が管理している」など、通帳を見られたら借入がバレてしまう方にはオススメできません。

プロミスでカードレスで借りるための条件

プロミスでカードレスで借りれるWeb完結申し込みは、返済が口座振替となっているので、ご利用中の契約者本人名義の銀行口座が、プロミスからの口座振替に対応していることが条件になります。

三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などのメガバンクから、ゆうちょ銀行、セブン銀行、そのほか多くの地方銀行・信用金庫など、200行以上の預金口座で、プロミスからの口座振替に対応しています。

しかし、一部の銀行や地方銀行では口座振替ができないところもあります。

有名なところでは、ジャパンネット銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、新生銀行の預金口座ではプロミスのWeb完結申し込みでは利用できません。(平成28年3月14日時点)

中でもジャパンネット銀行は、現時点ではプロミスの24時間振込サービス「瞬フリ」には対応しているのに、Web完結のカードレス申込には対応していないので、特に注意が必要です。

プロミス公式サイトを見てみる

プロミスの審査について


プロミスに申し込みができるのは、プロミス公式サイトによると、

年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方 ※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。

となっています。

しかし実際にプロミスのカードローンに申し込みをして審査に通るには、まだまだ注意すべき点がいくつかあります。

プロミスは総量規制オーバーでは借りれない!

プロミスのカードローンは貸金業法に基づく総量規制対象となっており、どれだけ粘りつよく交渉しても、あなたの年収の1/3以上の金額を借りることはできません。

ただし、この総量規制の対象となるのは、基本的には他社カードローンの借入やクレジットカードのキャッシング利用のみです。

他社からお金を借りているといっても、住宅ローンや車のローン、学生時代に借りた奨学金などは総量規制の対象にはなっていません。こうした借入は年収の1/3という制限とは無関係なので、あってもプロミスの審査においてはそれほど気にする必要はありません。


プロミス以外の他のカードローンに同時申し込みはしない!

どうしてもお金を借りたいからといって、プロミスの申し込みと同時期にアコムやモビットなど他社のカードローンも申し込む方がいますが、これは審査に落ちる要因になるので、絶対にやってはいけません。

複数のカードローンへの同時申し込みは、かなりお金に困っている方、返済能力に不安のある方という印象になり、審査では不利になっても、有利になることは一切ありません。


年収や他社借入件数、借入金額など、申し込み項目に嘘をつくのは大きくマイナスに!

プロミスの審査に通りたい一心で、年収を多く偽ったり、他社借入があるのに借入件数をゼロにしたり、借入金額を少なめに申告する方が時々います。

しかし他社の借入情報については、申し込み時にプロミス側では個人信用情報の照会ですべて正確にわかっているので、嘘をつくだけ無駄などころか、印象を悪くするので逆効果です。

プロミスにとっては情報照会すればわかる内容だけに、あなたという人物が信用に足る人かを調査する項目くらいに思った方がいいです。

年収についても、収入証明書類の提出を求められた際に嘘がばれてしまい、最悪、借入ができなくなる場合もあります。

プロミスの審査において、嘘はマイナスにしかなりません。事実をありのままに正確に申告するようにしてください。

また、嘘を付くつもりがなくても、入力ミスにより間違った情報で申し込んでしまう場合もあります。住所などを間違える方は少ないですが、メールアドレスは記載ミスが特に多いそうです。

プロミスへの申し込みは、嘘をつかないのはもちろんですが、間違いのないよう、十分注意してください。

プロミス公式サイトを見てみる

プロミスは他社借入中でも借りれる?


アコムで借りてるけど、プロミスでも借りれる?

レイクで100万円借りてるけど、プロミスも審査に通る?

こういった悩みのある方も当然いらっしゃいますよね。

プロミスのカードローンを利用したいけど、現在別のカードローンで借入がある場合、プロミスでお金を借りることはできるのでしょうか?

その点についてプロミスに問い合わせてみた結果、

「他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。」

という回答をいただきました。

アコムやアイフルをはじめとする他社カードローンで借入中の方が、プロミスでお金を借りれるか、借りれないかは、現在の借入先での利用状況によるということですね。


プロミスは総量規制対象。他社借入中の方は収入証明書類の準備を

プロミスのフリーキャッシングは貸金業法によって、カードローンやクレジットカードのキャッシング利用の合計額が年収の1/3以下に制限される総量規制の対象となっています。

そのため、プロミス以外での消費者金融系カードローン(アコム、アイフル、モビットなど)での借入やクレジットカードのキャッシングでの借入が、すでに年収の1/3相当額になっている方は、プロミスに申し込みをしても審査にはまず通りません。

他社借入の総額が年収の1/3に達していない方なら、現在のご利用状況によってはプロミスで審査に通る可能性はありますが、総量規制の影響で融資額は低めに抑えられることが多いです。

他社借入中の方がプロミスに申し込む際、借入希望額と現在の他社借入との合計額が100万円を超える場合は、収入証明書類の提示が必要になります。源泉徴収票や確定申告書の控えなど、収入証明となる書類をあらかじめ用意しておきましょう。

現在の借入が銀行カードローンだけなら可能性は十分ある!

また、現在ご利用中のカードローンが新生銀行カードローンレイクや地銀・第二地銀、メガバンクといった銀行の発行する銀行カードローンだけの場合、現在の借入は総量規制対象外での借入です。総量規制による年収の1/3の制限とは別枠の借入になります。

そのため、収入に対して無理のない借入であれば、現在の利用状況によってはプロミスで借りれる可能性も大きくなります。

現在の借入状況や返済状況は、プロミス側でも審査の際に正確に知ることができます。その上で融資可能と判断されれば、プロミスでお金を借りることもできるので、現在の他社借入が銀行カードローンによるものの場合は申し込みをしてみましょう。

プロミス公式サイトを見てみる

【口コミ・評判】プロミスで借りてみた!お金を借りた人の体験談

自分が元気で毎日しっかり仕事をしていても、家族や身内が身体を壊して入院したりすると、自分は元気なのに付き添いや看病などで思うように働けなくなってしまうことがあります。

その結果、給料も大きく減ってしまって、普段はなんともない生活が急に経済的に苦しいものになってしまう場合も。

今回はそんな経験をされた女性にお話をお聞きしました。

身内の看護で給料激減!プロミスで50万円借りたOLの節約・借金生活。

p_exp14.jpg
体験者パーソナルデータ
めそさん(仮名)/20代後半/女性
カードローン利用年:2010年
借入先:プロミス(スマホから)
借入当時の職業:会社員
当時の年収:250万円
初回借入金額:5万円
最大借入金額:50万円
申込時の他社借入:1社あり
申込んだ曜日:平日
審査結果連絡:1時間程度
プロミスでお金を借りたきっかけは何だったのですか?

身内の入院と看護が重なり、2か月の間に数日しか出勤できませんでした。おかげで給料がほとんどなく、支払いができなかったのがきっかけです。

少しの貯金はあったのですが、家賃2か月分と保険料でなくなってしまいました。他の1社からの支払いに僅かな給料をあてるとなくなってしまったため、翌月以降の生活費が0の状態です。

入院の看護にも交通費がいるのでどうにもならず、プロミスに電話をかけました。携帯電話の料金も滞納しそうな勢いだったので焦ったのもあります。

自分が元気でも身内が入院すると仕事も十分にできなくなってしまいますよね。働けなくて給料が減ってしまっては家賃や生活費などで急にお金に困りますからね。携帯電話代を滞納するまえにプロミスコール?したのはよかったです。携帯電話代の滞納で借りれない場合もありますからね。
プロミスから借りる際の職場への在籍確認の電話連絡はどう対応されました?

幸い、私の部署にはお客様から名指しでの電話が多かったので特に問題なくやりすごせました。

佐藤というありふれた名前での入電だったので助かりました。プロミスが電話に際して問題ないかと聞いてくれたので、よくある名字でなら構わないと伝えたからかもしれません。

部署以外にはお客様からの電話がないので、その場合怪しまれただろうと思いました。

プロミスの在籍確認の電話はいろいろと配慮してもらえるようですね。困る場合は電話をかける時間帯や名乗り方などをこちらで決めてプロミスのオペレーターさんに伝えておくといいですね。
プロミスで借りたお金の返済は終わりましたか?

今はもう完済しました。しかし利息しか減らないのではいつまでも元金が減らないので、ギリギリまで生活を切り詰めて支払い額を多くしました。

持っていたブランド品や服、ゲーム機などを売って、そのお金を利息より多く支払いに当てました。決して給料が高い仕事ではなかったので、本当にギリギリの生活です。

一番キツかったのは、化粧品がなくなってしまったのに買えなかったことですね。多く支払いに当てたうえ、売れるものは売ってしまったのでお金にならず、ドラッグストアの試供品をもらって耐えていました。

お金がなくて化粧品を買えず、ドラッグストアの試供品で耐えるとは、ものすごい金欠エピソードですね!本当によくがんばって返済されたと思います。利息しか払えない状態が続くといつまでも借金が減らないので、どこかで決意を固めて緊縮財政を敷くしかないですね。
プロミスのキャッシングを使って、何か良かった点はありますか?

お金が必要で支払いに迫られていても直ぐに借りられることは大きなメリットだと思います。私の場合も猶予がなく、明日にでもまとまったお金が必要だったので助かりました。

また、電話口での対応も親切でありがたかったです。追加でさらに融資してもらったのですが、毎月の返済額もきちんと教えてくれたので親切だと思います。

明日にでもまとまったお金が必要な時にプロミスのような即日融資も可能なところはありがたいですね。プロミスは電話の対応も親切なのですね。
ではプロミスを利用して失敗したと感じる部分はありましたか?

借りる時に思ったより簡単なため、少しキツくなったらすぐ借入してしまったのは失敗でした。最初の融資額を返してから考えれば良かったと思います。

追加で融資してもらった結果、化粧品も買えない状態になりました。返済額と収入の差を甘く見すぎていたと思いました。

また、利息の支払いをしても余裕がある状態で借りるべきだったと思っています。

なるほど。いくら返済するのか、そして収入に対しての返済額はきちんと把握しておかないといけないと。追加融資や限度額の増額を考える人も多いですが、少し考えたほうがいいですね。
これからプロミスを利用する方に何か一言ありますか?

支払い日が迫っているならすぐに助けてくれるので利用してもいいと思います。ですが、借りた金額と毎月の返済額をしっかり計算したほうがいいです。

結構余裕に感じるかもしれませんが、意外と利息の支払いは大きな出費になります。

化粧品が買えないほど苦労されたんですものね。毎月の返済額と一ヶ月の収入や支出をきちんと管理するのは本当に大切ですね。
※インタビュー内容はプライバシー等を考慮して加筆・修正の上、掲載しています。
プロミス公式サイトを見てみる

【口コミ・評判】プロミスでお金を借りた体験談の続きはこちら

プロミスのカードローン

#プロミス

プロミス

即日融資も可能!Web完結も対応可能!
来店不要。必要書類のメール提出が可能。最短で当日振込も可能。30日間無利息サービス実施中※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。他社ご利用の方でも審査可能ですが、お客様のご状況によってご利用いただけない場合もございます。
実質年率借入限度額審査時間融資まで
4.5%~17.8%1〜500万円最短30分最短1時間融資も可能
プロミス申込みはこちら