今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜借りたい時に借りれる銀行・消費者金融審査情報
今すぐお金を借りる!カードローンNOW〜借りたい時に借りれる銀行・消費者金融審査情報
カードローンは今すぐお金が必要なときに、即日融資も可能なスピード対応で今すぐお金を借りれる便利さが大きなメリット。カードローン各社の特長を踏まえて、自分にあったカードローンで借りて上手に活用しましょう。

低金利のカードローンで借りる

カードローン実質
年率
最高
限度額
月々の
返済額
即日
融資
詳細
みずほ銀行
カードローン
年2.0〜
14.0%
800万円1万円〜詳細
三井住友銀行
カードローン
4.0〜
14.5%
800万円2000円〜詳細
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
1.8〜
14.6%
500万円1000円詳細
スルガ銀行
カードローン
3.9〜
14.9%
800万円3000円詳細
オリックス銀行
カードローン
1.7〜
17.8%
800万円7000円
※借入残高30万円以下の時
詳細
プロミス4.5〜
17.8%
500万円2000円詳細
新生銀行レイク4.5〜
18.0%
500万円3000円詳細
アコム3.0〜
18.0%
800万円3000円詳細
アイフル4.5〜
18.0%
500万円4000円〜詳細
モビット3.0〜
18.0%
800万円4000円〜詳細

低金利で借りられるカードローン


三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」


バンクイックバンクイック

三菱東京UFJ銀行バンクイック

今すぐ借りたい人に人気!免許証だけでも借りれる!
提携ATM手数料無料。三菱東京UFJ銀行に銀行口座がなくても利用できます。

実質年率借入限度額審査時間融資スピード
1.8%~14.6%最高500万円★★★★☆★★★★☆
詳細はこちら公式サイトへ

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

来店・郵送不要!WEB完結申込なら最速で借入可能!
他社(1社)からの借り換えOK。口座残高不足時の自動融資も可能。女性にもおすすめ!※みずほ銀行住宅ローンの利用でカードローン金利優遇、0.5%引き下げ。

実質年率借入限度額審査時間融資スピード
年2.0%〜14.0%最大800万円★★★★☆★★★★☆
詳細はこちら公式サイトへ

スルガ銀行カードローン

スルガ銀行カードローンスルガ銀行

スルガ銀行カードローン

最短1分スピード回答!毎月の返済は3,000円から!
最短当日融資。パート・アルバイトもOK。スルガ銀行に口座のない方も利用できます。

実質年率借入限度額審査時間融資まで
3.9%~14.9%10〜800万円最短即日最短即日
詳細はこちら公式サイトへ

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン

借換もパート・アルバイトも専業主婦もOK!
運転免許証やパスポートだけで借りれる!

実質年率借入限度額審査時間融資まで
1.9%~14.5%800万円最短当日即日も可能
詳細はこちら公式サイトへ

低金利で融資可能なカードローンとなると、やはり銀行カードローンが一番おすすめになります。

銀行にも誰もが知る知名度抜群のメガバンクから地方銀行や第二地銀、ネットに詳しい人じゃないと知らないかもしれないネット専業銀行など、いくつか種類があります。

その中でも特に低金利を提示しているのがネット専業銀行のカードローンです。

楽天銀行やオリックス銀行など実店舗を持たない銀行は、運営コストが少ない分、大手の銀行より低金利を提供しやすいという背景があります。

ネット専業銀行にはあまり馴染みがないという理由で敬遠する方もいますが、低金利でのローン借入をお考えなら選択肢の一つとして考えてみるのがおすすめです。

ただし低金利でお金を借りたいときに注意したいのが、各銀行カードローンの最低金利ではなく、最高金利の方に注目することです。

各銀行カードローンの最低金利で融資を受けるには、借入限度額が最大までないといけません。しかし、初回から最高額の限度額で借入ができることはまずありません。取引を繰り返す中で限度額を徐々に増額してもらうのが一般的です。

そのため、初めてカードローンを利用する際は、あまり大きな借入限度額にはなりません。限度額が少ないと金利は高くなりますから、商品概要の最高金利の方にも目を向けて、最大で金利は何パーセントになるのかも考慮に入れてカードローンを選ぶようにしましょう。

金利は低い方がいい。でも、毎月の返済額も考えて!


お金を借りるなら、低金利で借りれる方が、利息の負担が少なくていいと考えるのが一般的です。

しかし、金利が低いからといって、きちんと返済できるかといえば、そこは別の問題が潜んでいます。

それが、カードローン各社が設定する毎月の最低返済額です。

低金利でお金を借りることができても、毎月の返済額が大きくて返済ができなかったり、遅れたりすると、遅延損害金が発生します。遅延損害金が生じてしまっては、低金利で借りられた意味はなくなってしまいます。

以下に主なカードローンの借入残高ごとの、毎月の最低返済額について表にまとめました。

カードローン残高
5万円
残高
10万円
残高
50万円
残高
100万円
三井住友銀行
カードローン
2000円2000円10000円15000円
みずほ銀行
カードローン
1万円1万円1万円2万円
三菱東京UFJ銀行
バンクイック
1000円
(2000円)
1000円
(2000円)
5000円
(1万円)
1万円
(2万円)
オリックス銀行
カードローン
7000円7000円1万円2万円
スルガ銀行
カードローン
3000円3000円15000円2万円
新生銀行レイク3000円3000円12000円25000円
アコム3000円5000円15000円3万円
プロミス2000円4000円13000円26000円
アイフル4000円4000円13000円26000円
モビット4000円4000円13000円26000円

※アイフルは約定日制で返済額を算出しています。
※バンクイックは年率8.1%以下の時の返済額を掲載しています。()内は年率8.1%超の時の月々返済額です。

この表で見ると、みずほ銀行のカードローンは確かに金利自体は低いものの、毎月の最低返済額は1万円以上になっています。そのため、毎月1万円を確実に返済に充てられる方でなければ、返済できずに遅延損害金が発生する恐れがあります。

低金利でカードローンを選ぶのも重要ですが、それに加えて、自分の給料やお小遣いから毎月いくらなら確実に返済できるかを考えて借入先を選ぶのも大切ですよ。